ダイハツキャストの口コミ

ダイハツキャストの口コミ評判は?燃費や内装、乗り心地をリサーチ

投稿日:


既にヒット作となっていたスズキ・ハスラーのライバルとして、ダイハツが発表したキャスト。

軽自動車、SUVというジャンルは同じであるものの、キャストは「スタイル」、「アクティバ」、「スポーツ」という3つのモデルで異なるキャラクターが選べるのがポイント。

キャストの口コミ・評価はどうなのでしょうか?

満足している点と不満な点で多い声をまとめました。

気に入っているポイント

  • 「スタイル」がかわいい! 女子が乗れるオシャレな軽がやっとできた!
  • 「アクティバ」のハスラーより落ち着いていて、癖のないデザインが好き。
  • 「スポーツ」で昔乗っていたミラジーノを思い出し、即買いしました。
  • ボディカラーがたくさんあるのがいい。服を選ぶ感覚に近い。
  • 収納が使いやすいですね。細かい配慮が感じられます。
  • 燃費には満足しています。1~2人の街乗りなら、これ一択。

 

不満なポイント

  • 値段が高かった。まぁ、それでも買っちゃいましたけど…。
  • ハスラーの後追い感があるのは否めない。なんとなく後ろめたい。
  • 乗り心地はそれほど良くない。というか、ちょっとゴツゴツしている。
  • 意外と車高が高い。立体駐車場に入れられないこともあって買い物には不便。
  • 後部座席は大人が乗るには狭い。特に、頭の上がキツい。
  • ターボ車の燃費。もうちょっと頑張ってほしかった。

 

おススメのポイントは? 部位別レポート!

不満な点もありますが、なかなか好評化のキャスト。

発売から時間がたち、街で見かけることも多くなってきましたね。

先日も街中で走っているキャストを見ましたが、なかなかオシャレでかわいい感じでした!

3つのバリエーションからお好みで!

ハスラーと同じなのは軽自動車でSUVということ以外は全然違う。というのが、キャストという自動車のポイントです。

「スタイル」、「アクティバ」、「スポーツ」という3つのバリエーションがあって、自分の好みに合わせて選択可能。デザインには統一性があるものの、要所が違うので、別の車のような印象を受けることもあります。

大人な女性の雰囲気…「スタイル」

caststyl01

キャストスタイルの内装

まず、「スタイル」ですが、スズキ・ハスラーやキャスト アクティバと比較すると、SUV特有のアウトドア感はなく、バンパーモールやサイドロッカーモールに施されたメッキで、洗練された上品さを演出しています。

これは明らかに都会派を狙ったもので、CMに人気女優の木村文乃さんを使用していることからも、大人の女性をターゲットにしたモデルだと言えます。

ベースとなっているのはベストセラーのダイハツ・ムーヴですので、信頼性は抜群。ファッション性だけでなく、実用性も兼ね備えたしっかり者なのです。

 

アウトドアスタイルの「アクティバ」

castactiba01

キャストアクティバの内装

スズキ・ハスラーの対抗モデルとしてデビューしたキャスト アクティバ。

スタイルやスポーツよりも地上高を上げることで、雪道などアウトドアでの利便性をアップしています。

ロアボディやサイドドアモールはガンメタリック塗装されてエクステリア全体を引き締めていて、きらびやかなキャスト スタイルとは一線を画しています。

コペンから受け継いだ走行性能…「スポーツ」

キャストスポーツ

キャストスポーツの内装

その名の通り、スポーツ性を押し出した硬派な存在がキャスト スポーツ。

足回りには、コペンの技術が採用された専用のサスチューンが施されていたり、他の2モデルが15インチタイヤなのに対して、スポーツは16インチだったりと、走りに関連するポイントの強化には余念がありません。

もともとターボモデルは優れた加速力を持っていますし、そこにスポーティな足回りをミックスすることでキビキビとした走りを実現しています。

ムーヴ譲りの基本性能で乗り心地もバッチリ

車体の基本構成は、ヒットモデルのムーヴから受け継いでいます。

ムーヴ

なので非常に信頼性がありボディには軽量高剛性な「Dモノコック」を採用。
軽自動車と聞いてイメージされるような「フラフラ感」はなく、しっかりと落ち着いた乗り心地です。

ダイハツご自慢の低燃費技術、「e:Sテクノロジー」ももちろん盛り込まれていて、アイドリングストップ機能も全車に搭載。ターボ非搭載の2WDグレードでは、リッター30km/L(JC08モード)も実現しています。

豊富なカラーバリエーション

castcara

画像参照元:キャスト公式サイト

多くのカラーバリエーションの中から自分好みの色を選べるのも、キャストを魅力のひとつです。

キャストの場合、まず通常のボディカラーとして7色の中から選ぶことができます(スポーツのみ3色)。

castcara01

また、より個性的なカラーを求めている場合は、メーカーオプションの「デザインフィルムトップ」を選択することで、ルーフ、ルーフサイド、リアスポイラーがラッピングされるなど、ツートーンカラーを楽しむことができるのです(アクティバとスポーツはスリートーンに)。

castcara02

castcara03

しかも、デザインフィルムトップを選択しても追加料金は4万3200円。人とはちょっと違ったカラーリングを求める方にはおススメできるオプションですね。

人気色は、やはりイメージカラー担っている色です。

スタイルならファイアークォーツレッドメタリック(赤)ですし、アクティバならディープブルークリスタルマイカ(青)です。

また、多くの車は白か黒が人気です。

数年後に売ることを考えているなら人気色を選んでおくと後々高く売れるでしょう。売ることを考えないのなら、自分が好きな色を選ぶといいでしょう。

安心の衝突被害軽減ブレーキ搭載

castanzen

キャスト スタイルとアクティバにラインナップされている、ベースグレードの「X」を除いては全車に衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストII」が標準装備されています。

これは、衝突回避支援や車線逸脱警報、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能などがまとめられているもので、事故回避には非常に役に立つ構成です。

ベースグレードの「X」と、その上のグレードの「X SAII」の差額は6万円程度。この値段で安全装備が手に入るのは非常にお手頃と言えます。

グレードを検討する際は「X SAII」以上の、スマートアシスト標準装備のモデルを選んでおきましょう。

キャストの実燃費はどのくらい?

キャスト スタイルとアクティバのカタログ上の燃費値(JC08モード)は、先に紹介したとおり、ターボ搭載車で25.0~27.0km/L、ターボ非搭載車で26.8~30.0km/L

キャスト スポーツはターボ搭載車のみの設定で、24.6~24.8km/Lです。

グレードごとの燃費はこんな感じ。

キャストスタイル 2WD 4WD
X 30.0km/l 26.8km/l
X SAⅡ 30.0km/l 26.8km/l
G SAⅡ 30.0km/l 26.8km/l
Gターボ SAⅡ 27.0km/l 25.0km/l
キャストアクティバ 2WD 4WD
X 30.0km/l 26.8km/l
X SAⅡ 30.0km/l 26.8km/l
G SAⅡ 30.0km/l 26.8km/l
Gターボ SAⅡ 27.0km/l 25.0km/l
キャストスポーツ 2WD 4WD
SPORT SAⅡ 24.8km/l 24.6km/l

これはあくまでも参考数値であって、カタログにも「走行条件によって燃費は異なる」といった趣旨のことが書かれています。

では、実際に公道を走った時の燃費(実燃費)はどのくらいでしょうか? 走り方によって違うので、あくまでも目安ですが、JC08モードの場合「カタログ値のおおよそ7割程度」というふうに言われています。

これを当てはめてみると、キャスト スタイルとアクティバの場合

ターボ搭載車で17~19km/L程度、ターボ非搭載車で18~21km/L程度です。

キャストスポーツの場合は17km/L程度となります。

 

軽自動車の燃費としてはかなりいい!とはいえませんが、まずまずといったところ。

ちなみにライバル車のハスラーはカタログ燃費が24.2~32.0km/lですので、キャストより多少燃費がいいですね。

→ハスラーの実燃費はどのくらい?

スタイル・アクティバ・スポーツの違いは?

キャストの3つのバリエーションモデル、それぞれの違いはデザインにあります。

スタイルはその名の通りスタイリッシュで可愛いらしい雰囲気があります。

アクティバはSUVモデルで、デザインもスタイルより少し大人な顔つきです。また地上高が高くなっていてアウトドアにも向いています。

スポーツはデザインも違います、走行性に重きをおいています。

では価格の違いはどうでしょう?

それぞれのグレードごとに価格をまとめました。

キャストスタイル 2WD 4WD
X 1,220,400円 1,344,600円
X SAⅡ 1,285,200円 1,409,400円
G SAⅡ 1,414,800円 1,539,000円
Gターボ SAⅡ 1,517,400円 1,641,600円
キャストアクティバ 2WD 4WD
X 1,220,400円 1,350,000円
X SAⅡ 1,285,200円 1,414,800円
G SAⅡ 1,414,800円 1,544,400円
Gターボ SAⅡ 1,517,400円 1,647,000円
キャストスポーツ 2WD 4WD
SPORT SAⅡ TURBO 1,620,000円 1,744,200円

まず、キャスト スタイルとアクティバの価格設定は、それぞれのグレードでほとんど違いません。

2WDは同価格、4WDはアクティバのほうが少し高く設定されています。多少の差はあるものの、現実的にはディーラーでの商談(値引き)によって無くなる程度のものです。あまり気にしないで良いでしょう。

キャスト スポーツのグレードは「SA II TURBO」のみの設定で、2WDが162万円、4WDが174万4200円となっており、他の2モデルより10万円程度高額となっています。

キャストの値引き相場は?

最後に、キャストの新車値引き相場をチェックしていきましょう。

新車の商談の際は「車両価格から10万円引き」を目標としてください。なおかつ、オプションからの値引きも提案すると、より良い条件が出るかもしれません。

通常は5~7万くらいしか値引きは出ないと思っていてもいいでしょう。ただ、交渉次第で10万円超えを狙えます。

ハスラーやマツダクロスオーバーと競合させてうまく交渉して見てください。

また、買い替えの方は今乗っている車を下取りに出すだけじゃなく、買取専門業者にも見積もりしてもらいましょう。

値引きの詳細はこちら→交渉が苦手でもできる、車値引きの3つのポイントとは?

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-キャスト
-

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.