ウェイク

ウェイクの口コミ評判は?値引き相場の最新情報もあります!

投稿日:2015年8月31日 更新日:


ダイハツウェイクは2014年11月にデビューした車で軽自動車の中で車内高がNo1となっています。
その高さは1,455mmという高さなので、高学年の子が立っても頭がつかないほどです!(小学6年生男子の平均身長は145cm)

このくらい高さがあると27インチの自転車も楽に積めます。

両側スライドドアですから小さな子供がいるファミリー層にもおすすめの軽自動車です。

そんなウェイクですが実際の乗り心地やパワー、燃費などはどうなんでしょう?

ウェイクってどうなの?オーナーの生の声をまとめました

ウェイクを実際に購入した方の口コミを集めてまとめました。
これから試乗に行こうと思っている方はどこを重点的に見ればいいのか分かるでしょう。

Good(゚∀゚)

・目線が高く視界がいいので運転しやすい
・高速道路も安定して走ります
・室内の広さはさすがです!
・アウトドアスポーツに持ってこいの軽だね!
・子供2人でもファーストカーとして使える!

Bad(T_T)

・デザインはかっこ良くないかな。軽バンのようだ・・・。
・車重が重いのでノンターボだとパワー不足を感じる
・価格が高め

口コミまとめ

たくさんの口コミをチェックしてみましたが、かなり高評価でした。
子育て中のファミリーやアウトドア大好きの独身の男性など幅広い人々が購入しています。

中でも意見が多かった口コミを細かく見て行きましょう!

室内が広い!

やはり室内の広さに大満足!という声が多いです。
1,455mmの室内高は実際に乗ってみるとかなりの高さです。
どれだけ高いかというと、トヨタアルファードの室内高が1,400mmなので最高峰ミニバンよりも高いのです。

室内が広いので様々なシーンで活躍します。
例えば、釣りが好きなら天井にロッドを収納することもできます。
天井スペースにネットを張ってキャンプ用品を詰め込んでいる人もいますよ。

高さがあるので、27インチの自転車も楽々積めます
またゴルフバッグも縦に詰めるのでウェイクで仲間と一緒にゴルフにも行けそうですね。

シートがフラットになるので車中泊でぐっすり眠れます。

 

横風やカーブの時の安定性はどう?

これだけ高さがあると、横風やカーブの時の安定性が心配する人も多いと思いますが、思ったよりも安定しているという声が多かったです。

車高が高い車はどうしても横風を受けやすいしカーブのロールも気になります。
でもそれはウェイクだから特別にひどい!というわけではなく、NBOXもアルファードもそれなりに影響を受けます。

気になる方は、試乗の際にちょっとスピードを上げてカーブを曲がって見るなどチェックしてみてください。(無理の無い範囲でね!)

 

加速性やパワーは?

加速やパワー不足を感じる・・。
という気になる声もチラホラありました。

大きくて思い車なので軽自動車の660ccという排気量ではちょっと心もとないかもしれません。

街中だけで使うならそこまで気にすることはないでしょうが、アウトドアで山に行ったり高速をよく使う方はターボ車を選ぶべきでしょう。

ターボ車なら、加速もパワーもグンとUPしてコンパクトカーよりも快適な走りを見せてくれるでしょう。

ただ、その分燃費には目をつぶってくださいね。

 

実燃費はどのくらい?

燃費はこのサイズならまずまずという評価でしょう。
カタログ燃費が25.4km/lで、実際の燃費は15~20km/l位になるようです。

4WDやターボだともうちょっと悪いので街中で15km/lを切ることもあるでしょう。

ライバル車と比較すると、N-BOXが25.6km/lでハスラーが32.0km/l(JC08)です。

スズキの軽自動車はS-エネチャージ搭載で燃費は別格です。
そのことを考えたら、なかなか良い燃費なのではないでしょうか?

 

価格はいくら?総額で200万超えだと・・・

価格は軽自動車の中でも高めで135万円~187万円です。
オプションや諸費用を入れたら200万円は超えてきそうです。

他のライバル車と比べても5~10万円高めの設定ですね。
でも、それだけの価値はある車で、コンパクトカーよりも使い勝手がいいかもしれません。

まずは試乗して見て下さい。
200万円の価値が分かるかもしれません。

ウェイクの値引き相場は?限界値引きを引き出す交渉術

とは言え200万円は大金です。
なるべくなら安く買いたいですよね。

そこで値引交渉をして行くわけですが、ウェイクは結構値引きが引き出せます。

ウェイクの値引き相場は車両本体価格から12万円です。
オプションを含めた総額からは15万円以上も狙えます。

交渉のポイントはライバルであるN-BOXやタント、またはハスラーやN-BOXスラッシュなどと競合させると効果的です。

またOEMのトヨタピクシスメガとの競合もいいですよ。
ただ、トヨタは値引きが渋めなので、ウェイクのほうが値引きがしやすい傾向にあるようです。

値引きよりも大切な下取り価格。更に安く買うために

 

さらに安く買いたいなら、今乗っている車をなるべく高く売りましょう。
ディーラーに下取りに出すとあまり高く売れません。
高く売るには買取専門店に査定してもらいましょう。

ネットで簡単に複数の買取業者に見積依頼ができるので利用するといいですよ。

無料だし1分の入力で終わります。
たったこれだけで下取りよりも17万円も高く買い取ってもらったという方もいるのでやらないと損ですよね!

例えばあなたの愛車が下取り価格20万だったとしたら、買取業者なら37万円の価格が付くかもしれないのです。

値引き15万円と合わせれば52万円引きでウェイクが買えることになりますね!

まずは気軽に一括見積りしてみてください。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

ウェイクの特徴と魅力

「デカデカ」なエクステリア

ダイハツの軽自動車「ウェイク」は、軽自動車にしては大きいエクステリアに注目です。
そもそも、「ウェイク」と正式に名前がつく前、この車は「デカデカ」と呼ばれていました。

特にウェイクでサイズ的に注目なのが、全高です。
ライバルであるホンダのN-BOXの全高が1780mmなのに対して、ウェイクは1835mmと55mmも高いのです。

全高の高さは、出入りにも大きな影響を及ぼします。
スライドドアを開けた際の開口部の高さは、N-BOXが1245mmなのに対してウェイクは1286mmです。

充実のオプション

外で思いっきり遊ぶことを想定しているウェイクには、それに役立つオプションが充実しています。

例えば、バックドアタープ。
タープですので、もちろん日よけとして使っていただくのもいいでしょう。
海水浴に行くときには、タープを閉じて着替えスペースとして活用もしていただけます。

下にテーブルやいすを置けば休憩所にもなります。
サイクルホルダーセットというオプションもあります。

タイヤを取り外さなくても、そのままの状態で自転車を2台積むことができます。

シートエプロンを装備すれば、使用済みのサーフボードなどをそのまま積み込んでもシートはぬれません。

 

特別仕様車はさらにすごい

これだけ見ても、アウトドアが楽しくなりそうなウェイクですが、特別仕様車はさらに突き詰めています。

特別仕様車には3種類あり、まずは「mont-bellバージョン」です。
アウトドアブランドとして有名な「mont-bell」と共同開発した車です。
シューズの泥を簡単にふき取れる「イージーケアフロア」。
トランクの下には90Lもの大容量収納が出現します。
その他、ユーティリティフックや固定ベルト、デッキボードなどもついています。

もう一つの特別仕様車は「波伝説バージョン」。「波伝説」との共同開発車です。
イージーケアフロアもついていますし、専用デザインの大型インパネトレイマットもついています。
リアには専用のエンブレムも装着されます。

3つ目はFINE SLECTION(フィンセレクション)で厳選した装備をセットした特別仕様車です。

外観面では14インチアルミホイールやフードがニッシュ、UVカットガラスなどが標準装備されています。
また、レジャーユースには嬉しいレジャーベースパックと純正ナビ装着用アップグレードパックがついています。

 

スマアシも付けられます

ダイハツが誇る先進安全技術「スマートアシスト」をウェイクにもつけられます。

低速走行時に衝突しそうになると、警報を鳴らして緊急ブレーキを作動させてくれます。

前方に車両や壁があるとき、アクセルペダルを強く踏み込むと、急発進を抑制してくれます。

通常モデルに4万円程度プラスすれば、最新技術が手に入ります。
「いろいろな人が乗る軽だからこそ、お手頃な安心技術はうれしい」との声もあります。

 

タイプ別に軽自動車を比較ランキングしたので参考にして下さい。

→軽自動車人気ランキング!人気度や燃費、デザインでタイプ分けしました

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ウェイク, ダイハツ
-

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.