フィット/フィットHVの年間・月間の維持費。自動車税や車検代は?

投稿日:

Pocket

「ホンダフィットの維持費っていくら掛かるんだろう?」

「大学生でも購入して大丈夫かな?」

「自動車税や車検の出費はどのくらいかな?」

 

と気にしているあなた!

今日は、フィットの維持費を年間と月間に換算して算出しました。

フィットを購入後、「いつ」「いくら」支払う必要があるのかを見ていきましょう!

 

フィットの年間/月間維持費まとめ

維持費 年間 月間
自動車税 34,500円 2,875円
重量税 7,500円 625円
自賠責保険 13,920円 1,160円
ガソリン代(年間1万キロで計算) 5万~7.5万円 4,000~6,000円
駐車場代 120,000円 10000円
車検費用 40,000円 3,333円
任意保険(11等級 車両保険あり) 80,000円 6,666円
消耗品 50,000円~ 4,166円
合計 約40万円 約3.3万円

 

フィットは、ガソリン車・ハイブリッド車・1.5L車・RSと様々なグレードがあります。

基本的な維持費は、変わりませんが、それぞれ燃費が違うのでガソリン代が変わってきます。

いくら違うのかは、後述しますね。

 

それでは、維持費について詳しく見ていきましょう。

軽自動車や3ナンバー車と比較したい方は下記を参考にしてください。

 

→車の維持費を車種ごとに比較!一番高い維持費は○○だった!

 

自動車税

自動車税は毎年5月~6月に支払う税金です。

納入通知書がお家に届くので、忘れずに支払いましょう。

 

フィットは、全グレードで排気量が1,500cc以下なので、34,500円です。

月額換算すると2,875円です。

 

購入の次の年は自動車税が9,000円?

フィットハイブリッドは、平成32年度燃費基準が+30%~+50%を達成しているのでエコカー減税対象車です。

自動車税は75%の減税となるので、翌年の自動車税が9,000円になります。

購入した年は、購入月に応じて月額換算して満額支払うことになります。

また、3年目から通常の34,500円にもどるので、忘れないようにしましょう。

 

ガソリン車は、自動車税の減税はありません。

 

自動車重量税

自動車重量税っていつ支払っているのか知っていますか?

実は、車検時に法定費用として支払っています。

 

フィットは車両重量が1.5t以下なので、15,000円です。

車検は2年に1度なので、年間換算すると7,500円、月625円です。

 

エコカー減税は一度切り!?

フィットはエコカー減税対象車です。

ハイブリッド車は重量税と取得税が免税(0円)です。

ガソリン車は、1.3Lの2WD車のみエコカー減税で取得税20%、重量税25%が軽減されます。

 

エコカー減税の注意点としては、免税や減税の恩恵が受けられるのは1度きりということです。

 

自動車取得税は購入時のみなので、維持費として考えなくてもいいですが、重量税は3年目の車検時に支払うことになります。

ただし、平成32年度燃費基準が+40~+50%の車両は、初回の車検時の重量税も免除になります。つまり、5年間は重量税の支払いがありません!

 

フィットハイブリッドは、「HIBRID」と「HYBRID・S Honda SENSING」の4WD以外は+40%以上なので、5年間免税となります。

 

自賠責保険

自賠責保険も2年に一度の車検時に支払います

強制保険とも言われていて、自動車やバイクを運転するなら絶対に加入しないといけません。

 

事故を起こしてしまった時に、被害者を守るための保険です。

とは言え、補償金額が少ないので、足りない部分を任意保険で賄うことになります。

 

保険料は24ヶ月で27,840円です。

年間換算すると13,920円、月1,160円です。

 

ガソリン代

ガソリン代は、走行距離によって大きく変わってきます。

また、ハイブリッド車とガソリン車でも違ってくるでしょう。

グレードごとの月々のガソリン代を算出しました。
(ガソリン1リットル120円)

グレード 月間走行距離 実燃費 月の燃料代
HYBRID 1,000km 26km/l

4,615円

HYBRID・F/L/S 1,000km 24km/l 5,000円
13G・F/L/S 1,000km 17km/l 7,059円
15XL 1,000km 15km/l 8,000円
RS 1,000km 14.7km/l 8,163円

実際の燃費はこちらを確認してください

→フィットの実燃費はどのくらい?

 

月間走行距離は1000kmで算出しましたが、送迎やお買い物程度なら月間300kmくらいなので、ざっくり1/3程度になりますね!

うちは、通勤や買物、子ども3人の送迎が毎日あるので、車の使用頻度が高い方です。

 

 

フィットの燃料タンクの容量は40Lなので、1度の補給でハイブリッド車なら約1,000km、ガソリン車なら約680km走ります。

ガソリン満タンで1ヶ月に1度入れるか入れないかですね!

 

ガソリン代は車の維持費の中でも大きな割合を占めます。

1円安いガソリンスタンドを探したり、エコ運転を心がけてもそこまで大きく節約は出来ません。

車を所持するなら必要経費として考えましょう。

 

駐車場代

駐車場台は、毎月支払うもので、地域によって大きく変わってきます。

田舎なら月額3,000円~5,000円ですが、都会なら1万円~3万円ほどかかります。

 

アパートやマンション、月極等によっても金額は異なってきますので、駐車場台はあらかじめ調べておくと良いでしょう。

 

車検代

車検は新車で購入した場合、初回は3年目それ以降は2年に一度受けなければいけません。

車検費用は次の3つに分けられます。

車検基本料 点検費用・検査代・代行手数料
法定費用 重量税・自賠責保険量・印紙代
修理交換費用 ブレーキパッド・スパークプラグ・ベルト類など

 

法定費用を差し引いて、初年度で4万円程度。それ以降は10万円ほど見ておけばいいでしょう。

 

車検はどこで受けるかで費用が変わります

一般的に、ディーラー車検は高く、専門店やガソリンスタンドなどのほうが安くなっています。

一番安くするならユーザー車検で、自分ですべてやるので基本料は0円になります。

→車検の費用の相場。どこでやると安いのか?

また、車が古くなればなるほど交換や修理する箇所が増えるので、車検費用は高くなるでしょう。

 

自動車保険料(任意保険料)

自動車保険料(任意保険料)は、年間払いか月払いを選択できます。

保険料は、年齢や等級、条件によって大きく違ってきます。

フィットは1,500cc以下のコンパクトカーなので、高級車よりも安いですが、等級が低ければそれなりに高いです。

 

免許取り立ての6等級なら年間20万円ほどします。

14年間、無事故で20等級なら、年間5万円まで安くなりますよ

車両保険を付けないと、40%ほど安くはなりますが、もし事故った時に自分の車の修理費用はでません。

任意保険は、代理店型とダイレクト型があり、ダイレクト型のほうが年間2~3万円安いですが、自分である程度勉強する必要があります。

ちょっとでも安くしたいなら、最低限の知識を付けて、ダイレクト型を選ぶといいでしょう。

何にせよ、まずは一括見積もりをとってみて、保険会社ごとの違いを確認してみましょう。

→保険の見直しならまずは一括見積もり

 

消耗品費

消耗品には、オイルやウォッシャー液、バッテリー、タイヤ、ベルト類などがあります。

 

 

オイル交換は、半年または5,000キロ毎に交換します。費用は3,000円程度。

タイヤは3年程度、2万円。

バッテリーは5年程度、1万円。

タイミングベルトなどは10年、5~10万円。

 

 

車検時に交換する時もありますし、いきなり故障して交換が必要になることもあります。

月額換算するとそこまで高くはないですが、その時の出費は結構でかいです。

 

まとめ

フィットの維持費は、年間約40万円です!月額に換算すると3.3万円!

「意外と高い!」と感じたのではないでしょうか?

 

今日紹介した他にも、高速代や洗車代、出先度の駐車場代、芳香剤などのカー用品代などがかかってきます。

車は便利ですが、お金がかかるんです・・・。

 

フィットは、コンパクトカーで燃費もよく車両クラスも低いので、それでも安い方です。

ミニバンやSUVなどはもっと高額になりますよ。

維持費を安くしたいなら、軽自動車が一番です。

自動車税や保険料、車検など全てにおいて安くなります。高速代も違いますしね!

 

とはいえ、比較してみるとそこまで大きく違わないんです。

→軽自動車と普通車の維持費ってどれだけ違うの?

 

車を買うなら、年間30~40万円かかると覚悟しましょうね。

もし、ローンで購入するなら、毎月の支払いが増えるのも覚えておきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-フィット

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.