フリードがフルモデルチェンジ!新型フリードは何が変わる?

投稿日:


2016年9月16日。新型フリードが登場しました。

2008年に登場して依頼、8年ぶりのフルモデルチェンジですね。

 

さて、そんな新型フリードは何が変わったのか?

変更点や特徴は以下のとおりです。

  • より洗練されたデザイン
  • 室内が広くなった
  • ホンダセンシングで安全性UP
  • 燃費がグーンとUP
  • フリードスパイクがフリード+へ改名

それぞれを詳しく見ていきましょう!

【画像あり】デザインはこう変わった!旧型と比較

freedsin02

freedsin03

画像参照元:公式サイト

気になるデザインですが、そこまで大きな変化はないようですね。

 

ちなみに旧型フリードはこちら

freed001

ちょっと目つきが変わったかな。

フィットやシャトル、ステップワゴンと共通のフロントマスクを採用しています。

ボディカラーは新色を2色追加して、全9色から選べます。

 

ライバルのシエンタと比べると、フリードのほうがかっこいいかなぁと個人的には思います。

どうもシエンタのデザインが好きになれない・・・。

 

居住空間が広くなった!

旧型とくらべて室内長が9センチ長くなりました。後部席の居住空間が広くなり、居住性がUPしているようです。

5ナンバーミニバンと比較するとやっぱり狭いし3列目も座り心地は悪いですが、3列目は非常用と割り切れば全然だいじょうぶですね!

4人家族なら3列目は要らないので、より荷物がつめるフリード+という選択もありですね。

フリード+にはユーティリティボードが標準装備なので荷物が積みやすくなっていますよ。

 

ホンダセンシング搭載で安全性もバッチリ

単眼カメラとミリ波レーダーによる安全装備「ホンダセンシング」がグレードごとに設定されています。

ホンダセンシングは以下の機能がついています。

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • ACC(アダプティブクルーズコントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行者発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

※グレードごとに付いている機能が違うので確認してください。

 

難しいキーワードが並んでいますが、つまり、衝突や車線のはみ出しを防いでくれるシステムです。

最近の車にはついていて当たり前の機能となりましたね。

シエンタにもトヨタセーフティセンスCという同じような安全装備があります。

 

燃費がグーンとUP

気になる燃費ですが、ガソリン車が19.0km/l、ハイブリッド車が27.2km/lです。

旧型がガソリン車16.6km/l、ハイブリッド21.6km/lなのでかなり低燃費になりました。

実際の燃費は7割位になるので、ガソリン車で13km/l、ハイブリッドで19km/lです。

ちなみに、シエンタの燃費ですが、ガソリン車20.6km/l、ハイブリッド車27.2km/lです。

ほぼ同じですね。

  燃費JC08 実燃費(予想)
新型フリード 19km/l 13.3km/l
 ハイブリッド 27.2km/l 19.0km/l
旧型フリード 16.6km/l 11.6km/l
 ハイブリッド 21.6km/l 15.1km/l
シエンタ 20.6km/l 14.4km/l
 ハイブリッド 27.2km/l 19.0km/l

2列シートのフリード+

フリードには2列シートも用意されています。
今まではフリードスパイクという名称でしたが、フリード+と改名しました。

軽自動車のN-BOXが売れているのでN-BOX+と統一したのかな?

フリードとフリード+の違いは、3列シートか2列シートというだけです。基本的なスペックは変わりません。

 

フリード+は2列シートなのでそれだけラゲッジスペースが広く使えます

荷物をたくさん積む人、アウトドアに行く人、3列目なんかいらないよ!というなら検討してもいいでしょう。

 

本当に小回りがきくの?

フリードはコンパクトミニバンというタイプなので、ミニバンの中では小回りが効きます。

ミニバンは車体が大きくて運転が心配という方も大丈夫!というのがフリードの売りとなっています。

 

全長は4.265mで最小小回り半径は5.2mです。ライバルのシエンタも5.2mです。

他のミニバンと比較するとヴォクシー5.5m、ステップワゴン5.4mなので、多少は小回りが効くでしょう。

とは言え、やはりミニバンなので狭い駐車場や道では苦労します。

ちなみに、コンパクトカーのフィット4.7m、N-BOXは4.5mです。

 

まとめ

フリードの待望のフルモデルチェンジ。その評価はどうなんでしょう?

実際に試乗したり、口コミ評判を読み漁ってまとめましたので評価が気になる方はこちらを参考にしてください。

→新型フリードの口コミ

新型フリードは、室内が広くなって安全装備も充実。さらに、インテリアも高級感UPしています。

気になる方はぜひ試乗にいって実際に見て触ってきてください。

そして、ライバルのトヨタシエンタと比較するといいでしょう。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-フリード

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.