タントミラクルオープンドア

両側スライドドアのオススメ軽自動車5選!子育てファミリーに人気なのはどれ?

投稿日:


ここ数年の軽自動車新車販売台数でトップにいるのはスライドドア軽自動車です!

つまり、ひじょーに売れていますw

 

その中で、「どの車種が人気なのか?」「おすすめはどの車なのか?」を書いていきます!

現在販売されているすべてのスライドドア軽自動車を掲載しました!

また、中古車を探している方には中古車情報も掲載しましたので、参考にしてください。

 

スライドドア軽自動車一覧&人気ランキング

人気順位 メーカー 車種名
1位 ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム
2位 ダイハツ タント/タントカスタム
3位 スズキ スペーシア/スペーシアカスタム
4位 日産 デイズルークス
5位 ダイハツ ムーヴキャンバス
6位 ダイハツ ウェイク
7位 スズキ エブリィワゴン

 

それでは、一台一台、写真付きで紹介していきましょう!

 

1位 ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム

ホンダN-BOX 外観 

タイプ ハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費 20.8~25.6km/l
車両価格 119.8万円~193.9万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1780mm
室内サイズ(長×幅×高) 2180mm×1350mm×1400mm
両側スライドドア メーカーオプション
ターボ車/4WD あり/あり
安全性能 ASV+
シティブレーキアクティブシステム

とにかく売れています!

販売開始されてから、2014年以外は軽自動車の新車販売台数でNo1なんです!

 

N-BOXは燃費性能や安全性能はライバルに負けていますが、室内空間の高さや走行性能、デザイン性でNo1を維持しています。

ホンダの特許技術である、センタータンクレイアウトのお陰で、室内の高さが1400mmと非常に高く、後部席も広いので使い勝手がいいです。

 

また、ノンターボでも馬力があり、コンパクトカー顔負けの走りを見せてくれます!

デザインも、角ばった印象でパパとママ両方に人気があります。カスタムモデルを選べばさらに厳ついデザインになりますよ!

 

スライドドアはCとGグレードは手動になっているので注意してください!

G・LパッケージとG・ターボLパッケージは左側がパワースライドドアで右側が手動になっていて、メーカーオプションで両側パワースライドドアに変更できます。

 

安全性能は衝突を回避してくれる「シティブレーキアクティブシステム」を搭載。安全性を高めたいなら、前席用i-サイドエアバックシステムとサイドカーテンエアバッグシステムを合わせたあんしんパッケージをメーカーオプションでつけることをおすすめします。

 

→N-BOXの詳細をもっと詳しく見るならこちら

 

2位 ダイハツ タント/タントカスタム

タイプ ハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費 24.6~28.0km/l
価格 128.5万円~162.5万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1750mm
室内サイズ(長×幅×高) 2200mm×1350mm×1365mm
両側スライドドア メーカーオプション
ターボ車/4WD あり/あり
安全性能 ASV++
スマアシⅢ
OEM スバル シフォン

可愛らしいデザインと、開放感たっぷりのミラクルオープンドアで子育てママに人気の軽自動車です。

ちょっとデザインが可愛すぎだろ!というパパにはカスタムモデルもありますよ。

 

 

グレードG'SAⅢは左右パワースライドドアを標準装備です。

他のグレードは、左側がパワースライドドアで右側は手動となっています。メーカーオプションで両側スライドドアにする事ができますよ。

 

安全装備は、スマートアシストⅢ(スマアシⅢ)がついていて、予防安全性能評価でASV++を獲得しています。

人や車などを感知して自動ブレーキを掛けてくれたり、車線逸脱警報、誤発進抑制(前方・後方)、先行車お知らせ、オートハイビームなど多岐にわたる機能がついています。

安全性能においては、N-BOXよりも上ですね!

 

 

 

→タントの詳細はこちらをチェック

 

 

3位 スズキ スペーシア

 

タイプ ハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費 25.6~32.0km/l
価格 127.4万円~168.6万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1735mm
室内サイズ(長×幅×高) 2215mm×1320mm×1375mm
両側スライドドア グレードによる・メーカーオプション
ターボ車/4WD あり/あり
安全性能

ASV++
デュアルカメラブレーキサポート
全方位モニター

OEM マツダ フレアワゴン

スペーシアは、とにかく低燃費です!

S-エネチャージ搭載で、カタログ燃費が32.0km/lでスライドドア軽自動車でNo1です。

安全性にも優れていて、衝突回避システムの他に「全方位モニター」がオプションで用意されています。

駐車が苦手な方は、全方位モニターを付けると、空から見たような映像でサポートしてくれますよ!

 

スライドドアは、グレードGは手動で、グレードXは左側がパワースライドドア、右側がオプションで電動に変更できます。

カスタムタイプではGS以外は両側電動スライドドアになっています。

 

ターボの設定は、カスタムXSターボのみ。

 

→スペーシアの評価はどうなの?オーナーの生の声をまとめました

 

4位 日産 デイズルークス

タイプ ハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費 20.4~22.0km/l
車両本体 142.5万円~203.7万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1775mm
室内サイズ(長×幅×高) 2235mm×1320mm×1400mm
両側スライドドア オプション
ターボ車/4WD あり/あり
安全性能 ASV+
エマージェンシーブレーキ
アラウンドビューモニター

三菱と共同開発し、今では日産の唯一(デイズ・デイズルークス)の軽自動車となっています。

日産ブランドのおかげもあり、燃費不正後も売上を伸ばしています。

 

グレードやカラーバリエーションも豊富で、ターボモデルや4WDも選ぶことができます。

デザインが物足りないなら、ハイウェイスターを選ぶと良いかもしれません。

 

三菱の燃費不正があり、燃費を修正しています。

スライドドア軽自動車の中では、燃費は一番悪いです。

 

→デイズルークスの口コミ評価まとめました

 

5位 ダイハツ ムーヴキャンバス

画像出典:ムーヴキャンバス公式サイト

タイプ トールワゴン
カタログ燃費 27.4~28.6km/l
価格 118.8万円~166.8万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1655mm
室内サイズ(長×幅×高) 2155mm×1345mm×1285
両側スライドドア グレードによる
ターボ車/4WD なし/あり
安全性能

 

スマアシⅡ

2016年9月に発売開始された、ムーヴの派生モデルです。

 

車高は他のスライドドア軽自動車に比べて低く設定されています。

とにかくデザインがかわいくて、女性に人気です。

 

内装もこんな感じでオシャレです↓

 

子育て中のママさんにもおすすめですが、ターゲットは一人暮らしの女性や親と同居している女性とのことです。

 

両側スライドドアか手動かはグレードによって異なり、GとXリミテッドは両側電動スライドドアで、その他は両方手動になっています。

オプション設定はないので、注意しましょうね!

 

またターボ車の設定もありません。

安全性能は、スマアシⅡを搭載しています。より安全性の高い軽自動車を選びたいなら、タントのほうがいいでしょう!

 

→ムーヴキャンバスをもっと詳しく見るならこちら

 

6位 ダイハツ ウェイク

ダイハツウェイク 外観

タイプ ハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費 23.2~25.4km/l
車両本体価格 135万円~184.1万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1835mm
室内サイズ(長×幅×高) 2215mm×1345mm×1455mm
両側スライドドア ○or×orオプション
ターボ車/4WD あり/あり
安全性能  スマアシⅡ
OEM トヨタ・ピクシスメガ

とにかく広い!高い!

室内の高さがN-BOXより5.5cmも高いのでかなり余裕があります。

 

そんな高さいる?と思うかもしれませんが、これが意外と便利なんです!

子どもをチャイルドシートに乗せるときも、かなり余裕を持ってできます。

小学生くらいの子どもなら立ち上がっても、頭がつかないので着替えも移動もラクラク!

 

 

他の車種と比べて価格が高いし、燃費も悪いので、「ここまでの高さはいらない!」というなら、N-BOXやタントでいいでしょう。

 

スライドアは、Dグレード以外は両側電動スライドドアです。

安全性能はスマアシⅡ搭載なので、タントのほうが優れていますね。

 

→ウェイクってムダに広いだけ?オーナーの満足点と不満な所

 

7位 スズキ エブリィワゴン

タイプ ワンボックス・軽キャブワゴン
カタログ燃費 14.6~16.2km/l
車両本体価格 142.5万円~178.2万円
サイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1910mm
室内サイズ(長×幅×高) 2240mm×1355mm×1420mm
両側スライドドア ○or×orオプション
ターボ車/4WD 全グレード/あり
安全性能  ASV

今まで紹介してきた車種とはちょっとタイプが違う、軽キャブワゴンです。

商用車などで使われることが多いですが、とにかく室内が広い!

全グレードがターボ車でパワーは申し分ないです。

ただ、燃費が悪い。他社と比べても16.2km/lはかなり悪い方でしょう!

 

グレードは、PZターボスペシャル・PZターボ・JPターボの3つあり、PXターボスペシャルは両側電動スライドドア、PZターボは片側、JPターボは手動です。

 

あまり、個人で購入する人は少ないですが、一応こういう車種もありますよ!ということで紹介しておきます。

 

中古車もチェック!中古車探しのポイント

スライドドア軽自動車は、オプションや税金などを含めると、総額200万円を超えてくるほど価格が高いです!

なので中古車を検討する方もいるでしょう!

 

中古車を選ぶなら、上記に上げた他にも車種はあります。

スズキパレットや日産ルークス、タントエグゼなどがありますよ。

 

中古車を選ぶ場合は、車の状態をしっかりと確認したほうがいいでしょう。

購入してから修理やメンテ代でお金がかかってしまうと「やっぱり新車のほうがよかったね・・・」なんてことになりますから。

 

いい状態の中古車を探せることが出来たら、新車よりも断然お得です。

両側スライドドアなどの希望のオプションがついている車種を探すことがポイントになります。

 

中古車を希望の方は下記の記事も参考にしてくださいね!

→失敗しない中古車の選び方

 

スライドドア軽自動車のメリット・デメリット

本当にスライドドアが必要なのか?

200万円も出してスライド軽自動車を買う必要があるのか?

 

と疑問を持っている方に、スライドドアならではのメリットとデメリットをお伝えします!

 

メリット

スライドドアの最大のメリットが、駐車場などで隣の車にドアをぶつけないことでしょう。

小さな子供だと、いきなりドアを開けて、ゴツン!!!なんてこともありますから・・・。

他にも、下記のようなメリットがあります!

 

  • 車内空間が(特に高さ)が広いので子どもの世話がしやすい
  • ワンタッチで開くので、抱っこや荷物を抱えて両手が塞がっている時に便利
  • 人も荷物も乗り降りしやすい

室内空間が広いのが最大の魅力でしょう。

ミニバン並みの高さがあるので、子どもの世話もしやすいし、子どもが大きくなっても狭さを感じません!

また、ワンタッチで開閉できるので力もいらないし、運転席のスイッチで閉めることもできるので楽ちんですよ。

 

デメリット

続いてデメリットを見ていきましょう。

 

  • 車重が重く燃費が悪くパワー不足を感じる
  • 価格が高い
  • デザインが面白くない
  • 雨のときは傘を挟めないので濡れてしまう
  • スライドドアの開閉に時間がかかる

 

スライドドアの中にはモーターが入っていて、その分車重が重くなっています。

車重が重いと、燃費が悪くなりますし、出足も悪くなります。

とは言え、スズキスペーシアは32.0km/lとトールタイプの軽自動車よりも燃費がいいです。

N-BOXも馬力があるので、パワーがあります!もっとパワーが欲しければターボ車を選ぶとかなり快適になるでしょう。

 

あと、雨が降っているときは傘を挟めないので、濡れてしまいますが、車内が広いので中に入ってしまえば問題ないでしょう!

 

スライドドアの開閉がゆっくりでストレスを感じる!なんて声も聞きます。

確かに、閉まるまで待つのはちょっとストレスになりますね。

最近では、ロック予約ができる車種もあるので、チェックしてみてください!

 

価格面とデザイン面は致し方ないですね。

 

 

デメリットはいろいろありますが、それでも子育て中にはスライドドアはとっても役立ちます!

私も二人目が生まれた時にスライドドアを購入しましたが、「もっと早くに買っていればよかった!」と感動しました。

 

電動スライドドアは必要?両側片側どっちにする?

両側合ったほうが便利です!

ただ、多くの車種で右側の電動スライドドアはオプション扱いになっています。

予算と相談して決めてくださいね!

 

基本的に、片側電動スライドドアは左のみ(助手席側)になっています。

たとえば、一人で買い物に行って両手が塞がっている時に、運転席側(右)のスライドドアが手動だったら面倒ですよね。

もし、電動だったら両手が塞がっていてもボタン一つで開けられるのに・・・。

 

たったそれだけのことですが、以外にストレスに感じます。

 

我が家は片側のみだったんですが、子どもが右側から出ようとして、開けられずいつも半ドアになっているんです。

それに気づかず、ルームライトがついていたり、ロックがかからなかったりとちょっとしたストレスは感じました!

 

予算があるなら、両側電動スライドドアにしたほうが良いと思いますよ!

 

まとめ

スライドドア軽自動車は、売れている車種で考えると、N-BOX・タント・スペーシア・デイズルークスの4台がおすすめです。

それ以外には、女性ならムーヴキャンバスもいいですし、もっと広い車種がほしいならウェイクも選択肢に入れると良いでしょう。

商用利用を考えているなら、エブリィワゴンなんかもいいですね!

 

車種ごとに特徴があるので、迷うようなら3~4台乗り比べてみることをおすすめします。

その上で、デザイン、安全性、走行性で自分の好みを選ぶといいでしょう!

 

私の母が最近N-BOXを購入しました。

後部席に乗る機会があったのですが、めちゃくちゃ広いです!

下手したら、ミニバンの2列めよりも快適かもしれません!

 

実際に見て乗ってみると印象が変わりますから、ぜひ試乗して見てくださいね!

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-軽自動車

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.