カーナビの故障

カーナビの故障…修理にかかる費用は?スマホが代用になる?

投稿日:


僕は自他共認める方向音痴です。

しかし、好奇心旺盛で知らない道に入るとワクワクして、必ず道に迷ってしまいます。

同乗者には怒られるし、約束の時間には遅れるし・・・。

 

しかも、なぜかカーナビには頼りたくない派だったんです。

地図も見ないで、道路標識と勘に頼っていました。

あれから10年・・・。
子供が生まれ旅行や送迎が多くなってきたときに、カーナビの便利さを知りました。

いやぁ、マジ便利っすね!!!

今やもうカーナビなしでは生きられない!くらいの重要度です。

しかーし!
先日、カーナビが突然の故障

全く動かない。
行き先の設定もできないし、道も案内してくれません。

非常に困りました。

そんな経験から、カーナビの故障の原因と対策、そして修理費用はいくらかかるのかをお伝えして少しでも役に立ってもらえたらと思います。

カーナビの寿命は?

カーナビはいろんな部品から成り立っていますが、一番故障しやすいのがHDD(ハードディスクドライブ)です。

パソコンや録画機能付きテレビなどでもおなじみのHDD。

実は、こいつの寿命はカーナビで4~5年と言われています。

 

ただ、この数字はただの平均を出しただけで、2年で壊れる人もいれば10年以上持つ人もいます。

ハードディスクは高温多湿に弱いので、車の中の状況がどうなっているのかにもよりますよね。

また、振動で故障することもよくあります。

なので、あなたの車のカーナビがどのくらいで寿命を迎えるかは、「わからない」と言うしかないでしょう。

とは言え、故障は突然やってきます。
その原因と対策について見ていきましょう。

 

カーナビのDVDが映らない!

カーナビのDVDが映らなくなることもよくあることです。
我が家のDVDも8年で逝ってしまいました・・・。

DVDの故障の原因の多くはピックアップレンズの劣化です。

交換費用は4~5万円です

ピックアップレンズの故障については下記に詳しく書きましたので、DVDが見れない!という方は参考にしてください。

→車のDVDが映らない!ピックアップレンズの交換費用はやめました

 

 

内部破損等の物理的な故障

まず考えられるのは、振動などによって内部でハードディスクなどが破損してしまうというものです。

もちろん、カーナビは車に搭載される前提で設計されていますので、ちょっとした振動によって壊れてしまうようなことはありません。

ですが、長期的に使用していると、振動によるダメージが蓄積され、内部のパーツなどが破損してしまうことがあるのです。

その結果として、正しく動作しなくなってしまうのです。

 

ハードディスクが故障した場合の修理費用は約3万円程度です。

工賃なども含めれば5万円ほどになるかもしれません。

 

液晶のトラブル

もちろん、カーナビが壊れてしまう原因は内部破損だけではありません。

液晶のトラブルによって、表示されなくなってしまうこともあるのです。

一般的に、カーナビのモニタはバックライトによって照らし出されています。

このライトにも当然寿命がありますので、これが切れてしまうと画面が暗くなり、ほとんど読み取れなくなってしまうのです。

もちろん、1年や2年でバックライトが切れてしまうようなことはありませんが、10年も経過すれば、バックライト切れを起こしてしまう可能性は十分にあります。

 

タッチパネルの故障

最近のカーナビはタッチパネルのものも増えてきましたね。

そこで、問題になるのがタッチパネルを押しても反応してくれないという故障。

ただ反応しにくいのであれば、違う指で試したり、息を吹きかけたりすればいいでしょう。

ただ、故障の場合は液晶を交換しないといけないでしょう。

 

液晶の交換は15,000円~20,000円でできます。

工賃なども含めて3万円以内でできることが多いようです。

 

電気系統系・バッテリーのトラブル

さらに、電気関係のトラブルによってカーナビが動作しなくなってしまうこともあります。

接触不良などによって、カーナビに電気が供給されなくなってしまうと、当然使用できなくなってしまうでしょう。

また、動作が不安定になってしまうというトラブルも少なくありません。

この原因となるのが、バッテリーの劣化です。

バッテリーが劣化すると車内に必要な電気の供給ができなくなってしまいます。

カーナビも機種によっては正常な動作のためにかなりの電力を消費しますので、これが不足してしまうこともあるのです。

このように、同じカーナビの不調であってもさまざまな理由・原因があるのです。

 

ただのバッテリー上がりなら、バッテリーを充電すれば治りますが、バッテリーの劣化の場合、交換が必要です。

バッテリーは車種によって価格が違いますが、1~2万円ほどでできるでしょう。

 

まずは保証期間を確認!カーナビは修理費用はいくら?

では、カーナビのトラブルはどのように解消することができるのでしょうか?

まずは故障してしまった時の修理費用について考えてみましょう。

 

メーカー純正のカーナビの場合、ディーラーに持ち込んでの修理となります。

そのため、費用はやや高くなってしまう傾向にあるでしょう。

ただ、メーカー純正のものの場合、長期間の保証サービスが用意されていることもあります。

その場合は無料で修理を受けられるケースもあります。

なので、保証の有無についても修理に出す前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

メーカー純正のものでない場合、修理はメーカーの送っての対応を受けることになります。

この場合も買ってからそれほど期間が経過していない場合、保証を受けられることもあります。

ただ、保証期間はそれほど長くはありません。

有償修理となる場合、やはりかなり高価で3~10万円ほどになるでしょう。

 

修理するくらいなら買い替えたほうがお得!?

いずれにしても、修理の費用はちょっと高めになります。

数万円にもなれば新しいものを購入した方が安いというケースもあるでしょう。

近年ではそれほど機能にこだわらなければ1万円程度から購入できるカーナビも登場しています。

なので、修理に必要な額によっては買い替えも視野に入れて検討する必要があるでしょう。

故障を機会に、カーナビをスマホやタブレットで代用

近年ではカーナビの代用になるものも多くなってきました。

その代表となるのがスマートフォンやタブレットでしょう。

sumahonabi

最近のスマートフォンの多くにはGPS機能が搭載されていますので、地図アプリなどを使用することによって、現在地の確認ができるだけでなく、ナビゲーションとしても使用することが可能となっています。

また、最近ではカーナビのように音声でルートを指示してくれるものも登場しています。

専用のアタッチメントなどを使用すれば、車にしっかりと固定することもできますので、十分にカーナビの代用となってくれることでしょう。

グーグルマップはめちゃ便利

僕が愛用しているのはグーグルマップです。

愛車のカーナビはまだ健在ですが、10年前のものなのでデータがかなり古くて使いにくい部分もあります。

また、目的地の設定も面倒くさい場合もあり、音声検索ができるグーグルマップの利用率がかなり上がってきています

 

ただ、かなり細い道などを選んで最短距離で行こうとすることもあるのが玉に瑕ですが・・・。(設定による?)

グーグルマップは渋滞予想もしてくれるので、かなり優秀ですよ。

カーナビアプリは有料のものでもっと優秀なものもあるようですが、僕としてはグーグルマップだけで十分です。

画面が小さくて見づらい・・という方は、タブレットなどを使ってもいいでしょうね。

ただ、ネットが繋がらないと使えないので注意が必要です。

まとめ

カーナビの故障は運ともいえます。

我が家の愛車のカーナビは10年以上持っていますが、2年で壊れた!という方もいます。

PCも同じで、いつ壊れるかわからないんですよね。

 

純正ナビの場合は、保証期間内なら無料で修理してくれるでしょう。

保証期間を過ぎていると、結構高額な修理費用になると思います。

どの部分が故障しているかによって料金は違ってきますが数万円はかかるでしょう。

それなら1万円から変えるポータブルナビなどに変更するのも一つでしょう。

また、最近はアプリのカーナビもかなり優秀になってきました。
グーグルマップや、Yahooカーナビ、ナビロ、カーナビタイムなどいろいろ出ています。

カーナビが故障した場合、修理するのか、買い換えるのか、スマホやタブレットで代用するのかは、あなたの考え次第です。

一度アプリなどを使ってみると良いかもしれませんね。
僕も最近使い始めたのですが、かなり便利です!

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-故障・修理

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.