エアコンの臭いの原因は?どう対策すればいい?

投稿日:

Pocket

車のエアコンをONにすると、いやーな臭いが・・・。

エアコンを付けるのも嫌になりますが、暑さや寒さには耐えられません。

そこで、安易にやるのが芳香剤。エアコンの送風部分に付けられる物もありますよね。

でも、あれってかえって臭くなりませんか?
エアコンの内部から出てくる臭いと芳香剤の香りが混ざって余計に臭くなる。

あると思います!!!(古い)

家庭のエアコンであればフィルター掃除をしたり、専用のスプレーなどを使用したりすることによって、簡単に対策を打つことができます。

車のエアコンの臭いは元から断ち切るのが一番です。

 

 

そこで、ここではエアコンの臭いの原因や対策、そして費用などについて考えてみます。

ぜひ参考にしてください。

エアコンの臭いの原因で一番多いのがカビ!

そもそも、どうしてエアコンから臭いが出てしまうのでしょう?

その原因にはいくつかのものがありますが、真っ先に考えられるのが「内部(エバポレータ)にカビが発生している」というものでしょう。

特に、冷房を使用する際には、内部に結露などが発生してしまうことがあります。そこでカビ菌が繁殖してしまうのです。

エアコンをONにした際にカビ臭さを感じるのであれば、その原因は間違いなくカビの発生であると考えて良いでしょう。

最近の車のエアコンは、内部に抗菌処理などが施されているケースも多く、カビの発生を抑制できるものも少なくありません。

ですが、いくら抗菌処理がされていたとしても、長く使用しているとその効果は徐々に薄れてくるものです。

その結果、カビが増殖し放題になってしまうのです。

酸っぱい匂いがする

酸っぱい匂いがする・・・と悩んでいる人も多くいます。

酸っぱい匂いはたぶん酢酸菌でしょう。何処かから酢酸菌がエアコン内部に入って繁殖させてしまったのでしょう。

エタノールを吹き付けたら酸っぱくい匂いが発生した・・という方もいます。
エタノールは酸化すると酢酸になるので、エタノールを吹き付けるときは注意しましょう。

 

タバコ

その他、エアコンの内部にタバコのヤニなどが付着して臭いが発生することもあります。

車の中でタバコを吸うのなら、しっかりと対策しなければ、臭いはどんどん強くなってしまう一方です。

  • タバコを吸う時は窓を開ける。
  • 車ではタバコを吸わない。

などのルールを決めておくと、エアコンの臭いは軽減されるでしょう。

もし、車を売ることを考えているならなるべく車内ではタバコは吸わないほうがいいでしょう。

臭いが減額の原因になりますから!

 

実は怖い!?臭いだけじゃないカビのリスク

カビには、単に臭いが出てしまう以外にもさまざまなデメリットがあります。

エアコンの風と一緒にカビの胞子も飛んでくることになりますので、車内のいたるところにカビが発生してしまう原因となってしまうのです。

また、カビの胞子を吸いこむことによって健康に害を及ぼしてしまうことも少なくありません。

特に小さなお子様などの場合は、ぜんそくの発作などを引き起こす恐れもありますので、早急な対策が必要なのです。

うちの息子はアレルギー持ちなんですが、車に乗るとすぐに鼻を痒がっていたんです。

もしかしたら・・・?
と思ってフィルターを交換したら痒みが軽減されたようです。

シートのホコリなどの影響もありますが、エアコン内部のカビは要注意ですね!

 

自分でできるエアコンの臭い対策

もっとも手軽にできる臭い対策として、エアコンに取り付けるタイプの芳香剤や消臭剤を使用しているという方もいらっしゃるでしょう。

確かに、臭いだけに観点を置けば、これでもある程度の対策になります。

ですが、この方法の場合、あくまで臭いをごまかしているにすぎません。

根本的な解決にはなっていないのです。

もちろん、カビの胞子が飛散するのを防げませんので、あくまで“その場しのぎ”の方法として考えるようにしましょう。

では、根本的な臭い対策をするにはどうすれば良いのでしょうか?

熱を使ったカビ対策

最初にためしていただきたいのが、「暖房の温度設定、風量を最大にしてしばらく放置する」というものです。

時間は5~10分程度で構いません。

こうすることによって、熱で内部のカビを弱らせる効果が期待できます。

実は家庭用のエアコンに搭載されている内部クリーンという機能は、こうした動作をしているケースがほとんどです。

つまり、家庭用エアコンの内部クリーンと同様の効果が期待できるのです。

 

手軽に使える臭い対策にはスプレーがおすすめ

簡単にできる方法としてはエアコン消臭スプレーも試してみる価値があるでしょう。

使い方もとても簡単で、ノズルを送風口に差し込んでスプレーするだけです。

発生したカビを除去できるだけでなく、新たなカビの発生を防ぐこともできます。

価格も1,000円~2000円程度で売られています。

カー用品店でも売っていますし、Amazonにもありますよ。

また、近年では気軽にスチーム洗浄をすることのできるアイテムなども販売されています。

それほど高価ではありませんが、臭いの原因を断つこともできますのでチェックしてみましょう。

このように、自分でできることも少なくありませんが、それでも臭いを抑えることができないという場合は、やはりプロの手を借りる必要があります。

 

根本からエアコンの臭いを断つにはどうすればいい?

では、根本からエアコンの臭いを断つ方法について考えてみましょう。

まず、最初に挙げられるのがエアコンフィルターの交換です。

 

これも、その気になれば自分でできないわけではありません。

ですが、メーカーや車のタイプによってフィルターの位置は違っていますし、交換用のフィルターの入手ができないケースもあります。

そのため、ディーラーに依頼するのがベストです。

交換の頻度は年に1回程度がベストとも言われています。

臭いが気になってから交換すればいいと思いますが、アレルギーだったりカビが嫌だというなら1年毎に交換してもいいでしょう。

費用は1,000円程度で済みますので、定期的に交換してみてはいかがでしょうか?

 

エアコンの内部洗浄

また、ディーラーや修理工場でエアコンの内部洗浄を行っていることもあります。

これを行うことによって、エアコン内部のカビなど、臭いの発生の原因はほぼ除去することができます。

エアコンの内部洗浄の料金は5,000円程度で出来ますよ。

 

まとめ。エアコンの臭い=カビ対策!

このように、エアコンの臭いの原因の多くはカビの発生です。

エアコンフィルターの好感は1000円程度でできますし、内部洗浄は5,000円程度です。

12ヶ月点検などをしている方は、そのときに一緒にお願いしても良いかもしれませんね。

また、市販のスプレーなどでもある程度対策や予防ができます。

強烈な臭いを発している場合は、市販のものに頼るよりディーラーやオートバックス、イエローハットなどでできるので任せちゃったほうが楽でしょう。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-故障・修理

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.