ライトがつかない!?ヘッドライトの故障の原因と対策、修理費用

投稿日:

Pocket

夜間の走行に欠かすことができないのがヘッドライトです。

より安全性を高めるために、昼間でもライトを点灯して走行しているという方もいらっしゃるでしょう。

また、基本的にヘッドライトがつかない状態の車を運転することは、非常に危険ですので法でも禁止されています

そんなヘッドライトに関するトラブルは、実は少なくありません。

では、ヘッドライトのトラブルにはどんな原因があり、そしてどう対処すれば良いのでしょう?
ここではヘッドライトに関するさまざまなトラブルの原因と対処法、そして修理に必要な費用などについてもご紹介してみたいと思います。

ヘッドライトのトラブルにはどんなものがあるの?原因と対策

まず、最初に挙げられるのが「ヘッドライトがつかなくなってしまう」というものです。

その原因には3つものがあります。

 

  1. 片方だけ切れている
  2. 両方切れている
  3. ハイビームとロービームの切り替えが出来ない

 

片側だけ切れているケース

最初に考えられるのは球切れです。

ハロゲンライトの場合、寿命はそれほど長くはありませんので、球切れによって点灯しなくなってしまうことがあります。

ヘッドライトの片側だけつかなくなってしまった場合、ほとんどが球切れなので、交換しましょう!

球切れへの対処法

球切れの場合は、球を交換することによって対処可能です。

ガソリンスタンドなどでも数千円で交換できます。

自分でできるなら、数百円でライトを買ってきてつければいいでしょう。

 

片方の球が切れたということはもう一方も寿命が近いことを意味します。

そのため、できれば両方まとめて交換することをおすすめします。

 

ヘッドライトの種類は、ハロゲン・HID・LEDの3種類があります。

最近はHIDが主流ですね。

ハロゲンよりも明るく、寿命が長い(5~6年)のが特徴です。

寿命が長いと言えばLEDですが、今のところ純正以外はやめておいたほうがいいです。

 

車検や12ヶ月点検などの定期点検をしっかりやっていれば、球切れはあまり起きません。

しかし、まれに走行中に切れてしまうこともあります。

夜間にライトが切れてしまった場合、そのまま走行するのは危険なので、路肩に止めてJAFなどを呼ぶほうが良いでしょう。

 

 

両方が切れているケース

では、両方同時にヘッドライトがつかなくなってしまった場合はどんな原因が考えられるのでしょう。

これにはいくつかの原因が考えられます。

最初に疑うべきポイントはヒューズ切れです。

 

この場合、両方同時に点灯しなくなってしまいますので、ヒューズボックスの中を確認しましょう。

銅線が切れているならヒューズ切れ確定です。

 

ヒューズボックスの位置はメーカーや車種によっても異なりますので、事前に確認しておくと、いざという時に焦らずに済むでしょう。

一般的にはダッシュボードの裏や、エンジンルームにあることが多いです。

 

説明書を見ればかならずどこにあるのかは記載されていますので、確認しておきましょう。

よくわからない・・・という方は、ディーラーに持っていくのが一番手っ取り早いですよ。

なお、ヒューズにも問題ない場合、接触不良などの電気系トラブルが原因となっている可能性が高くなります。

 

ヒューズ切れへの対処法

ヒューズ切れの場合も、ヒューズを交換することによって対処できます。

ヒューズは100円程度と非常に安価ですし、自分で交換することも容易です

修理工場やディーラーなどに依頼しても500円~3,000円くらいでやってくれるでしょう。

 

ハイ・ロービームの切り替えトラブル

「ヘッドライトがつかない」という以外にも、さまざまなトラブルが起こり得ます。

中でも、特に困ってしまうのがハイビームとロービームの切り替えができなくなってしまうというものでしょう。

この場合、2つの原因が考えられます。

 

まず、最初にチェックしたいのはスイッチの接触不良などの電気系のトラブルです。

そして、次にチェックしなければならないのが、ライトそのものの故障です。

 

いずれにしても、深刻なトラブルですので、早い段階での対処が必要です。

車のヘッドライトは安全なドライブをするために欠かすことができないものです。

 

ここにトラブルを抱えたまま走行するのは危険なだけではなく、罰せられてしまうこともあります。

なので、少しでも異常を発見したら、できるだけ早く対処しましょう。

 

電気系統トラブルへの対処法

電気系統のトラブルによってフロントライトがつかなくなってしまった場合も、接触不良などであれば、接点復活剤をふりかけるだけでも十分に対応可能です。

ですが、トラブルの原因箇所の特定が難しいことからプロに依頼するのがベストかもしれません。

この場合、部品の交換などが必要なければ、数千円で対応できます。

 

ヘッドライト本体のトラブルへの対処法

ヘッドライトのシステムそのものを交換しなければならなくなってしまった場合、その修理費はかなり高額になってしまいます。

左右両方を交換するとなれば工賃も含めて10万円以上かかってしまうというケースも少なくありません。

 

ヘッドライトはドライブの安全を守る重要アイテム

たかがヘッドライトと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、場合によっては修理にかなりの費用がかかってしまうこともあります。

そのため、できるだけ信頼することのできる修理工場やディーラーに依頼するようにしましょう。

ヘッドライトの不具合、トラブルにもさまざまなものがあります。

一見するとまったく同じトラブルのように感じられるようなものだっても、原因はさまざまですので、それを把握した上でどのような対処法がベストなのかを考えるようにしましょう。

いずれにしても、走行の安全性に大きく影響しますので、しっかりと対応するようにすべきです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-故障・修理

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.