車のスパークプラグの交換費用は?寿命で交換しないとどうなるかまとめました

投稿日:


先日11年目のセレナを車検に出したときに

「スパークプラグが寿命なので交換しておきます」

と電話で言われ、交換しました。

後から調べたところ、プラグを交換しなくても車検は通るし、不具合が出てから交換しても良かったらしい。

ということで、今後のためにもスパークプラグについて調べ上げました。

 

難しい話はしません!

スパークプラグの役割とか寿命とか、交換費用についてわかりやすくまとめました。

 

スパークプラグとは

車はガソリンを燃やして走っていますよね。

そのガソリンに火をつける役割をしているのがスパークプラグです。

 

いわばライターのようなものです。

 

スパークプラグには、普通のスパークプラグ、白金プラグ、イリジウムプラグと幾つか種類があります。

車種によってどのプラグがついているのかが違ってきます。

プラグの種類によって寿命や金額も変わってくるのでご注意を!

 

スパークプラグの寿命は何年?

スパークプラグは消耗品なので、定期的に交換が必要です。

あとで詳しく書きますが、プラグを交換しないと、うまく着火できなくなるので、走行に不具合が出ることがあります。

では、どのくらいで交換しないといけないのでしょうか?

寿命はプラグの種類や車種によって変わってきます。

 

一般プラグの場合、交換の目安は15,000キロ~20,000キロと言われています。

ただ、軽自動車の場合は、寿命が早く、7,000キロ~10,000キロです。

 

イリジウムプラグや白金プラグの場合は、10年または10万キロが寿命と言われています。

 

 

我が家のセレナは白金プラグで、11年目、10万キロオーバーということで、交換をしていただきました。

 

 

「プラグの交換時期は自分で確認しろ!」

ということが書かれているブログなどもありますが、基本的にエンジンルームは見ないですよね(笑)

なので、1年点検や車検時に調べてもらうといいですよ。

 

車を長く乗りたいなら、1年毎に点検してもらうといいですよ。整備について無知ならなおさらです。

 

スパークプラグの交換費用はいくら?

交換費用はいくらなのか?というのも、スパークプラグの種類によって変わってきます

また、工賃はエンジンの種類や車種、交換する場所によっても変わってきます。

 

一般のスパークプラグの部品価格は1本1,000円程度です。

軽自動車には3本、普通車には4本ついているものが多いので、3,000円~4,000円程度ですね。

 

イリジウムプラグややっきんプラグはもう少し高く、1本2,500円くらいです。
4本交換すると10,000円です。

工賃

工賃は、エンジンの種類によって変わってきます。

 

4気筒エンジンなら、とっても簡単に交換することができます。

作業時間としては30分位なので、工賃は3,000円程度です。

 

6Vエンジンの場合は、部品を取り外して交換しないといけないので、工賃はやや高くなります。

大体8,000円~10,000円が相場です。

 

ちなみに、我が家のセレナのエンジンの種類は「直列4気筒DOHC」とのことですが、工賃は1万円ほどかかっています。

このあたりはよくわかりませんが、他の人の経験談を調べてみても相場みたいです。

 

スパークプラグを交換しないとどうなるの?

スパークプラグを交換しないと、エンジンに不具合が起きます。

 

ライターがなかなかつかなくてイライラする時のようなものです(笑)

 

ガソリンにうまく着火できなくなると以下のような不具合が出ます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 燃費が悪くなる
  • エンジンパワーが減り、加速や出足が遅くなる
  • アイドリングが不安定になる
  • エンストする
  • セルは回るがエンジンがかからない

 

最終的には、エンジンがかからなくなってしまうので、交換の目安の走行距離に達したら、交換したほうがいいですね。

「不具合が出てから交換する」という考えの方もいるようですが、ぴょん吉は「不具合が出る前に交換する」派です!

交換したからと行って、劇的に燃費が良くなったり、加速が良くなったりすることはないです。

わかるようなわからないような・・・。くらいなので、あまり期待しないようにしましょうね!

 

スパークプラグを自分で交換することもできる?DIY

4気筒エンジンであれば、簡単に交換できるので、やり方と工具さえあれば1時間もかからずできます。

You Tubeを探せば動画もたくさんあるので、「車種 スパークプラグ交換」などで調べてみてください。

ちなみに、6Vエンジンになるとかなり複雑になるので、自分で交換するのはやめたほうがいいでしょう。

車検や1年点検のときにチェックする項目なので、そのときにディーラーや整備工場に任せてしまったほうが楽ですね。

 

 

まとめ

スパークプラグは車が走行するために重要な部品です。

交換の目安は、プラグの種類によって異なるので、車検や点検時に聞いておくといいですよ。

 

交換費用は、工賃含めて5,000円~2万円です。

一般的なスパークプラグは5,000円程度と安めですが、長持ちする白金プラグやイリジウムプラグだと2万円と高くなりますが、寿命が10万キロと長くなります。

 

多くの人は、スパークプラグの存在自体知らないかもしれませんね。

車検や1年点検時に、言われて「なにそれ?」って言う感じでしょう。

 

スパークプラグは消耗品なので、どんなものかわからなくても、交換はしておきましょうね!

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-故障・修理

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.