ヴェルファイアZ-Aゴールデンアイズ購入レポート

投稿日:


結婚前から5人乗りのセダンを所有していました。

結婚後に子供が2人生まれ、遠出や家族旅行にその車で行くことが増えました。

 

そして、子供達も大きくなり旅行に行く荷物も増えた為、セダンタイプでは車内が狭くなり遠出には向かなくなりました。

また、妻の両親や祖母と旅行に行く機会も増え、義父の車と合わせて2台で移動することになり、せっかく同じ場所に行くのだから1台の方が良いという考えからミニバンの購入を決意しました。

 

アルファード、エルグランドと比較してヴェルファイアに決定

 

ヴェルファイアに決めた1番の理由は

「7人(大人5人子供2人)が乗って遠出するなら、広い方が良い!」

と言う妻の意見でした。

 

比較したヴォクシーやノア、セレナも7人乗りですが、7人乗車して荷物も沢山載せるとなると、もう少し広い方が良いのかなと感じました。

展示車に妻と座ってみて、荷物を載せたと仮定してシートをセッティングしてみての感想です。

 

なので、ヴェルファイアかアルファード、エルグランドから選ぶことになりました。

 

エルグランドはインテリアのデザインや質感は高級感があり好印象でした。

しかし、エクステリアのフロントの拘り感や迫力と比較してリアのシンプルさが個人的にはもう少し迫力あるデザインの方が良いと感じました。

 

エクステリアのデザインが前後バランスの良さげなヴェルファイアかアルファードに絞ることにしました。

その時にタイミングよくヴェルファイア、アルファード共に限定車発売の話しを聞き、このタイミングなら限定車にしようと考えました。

 

車内のルーフやピラーが最上位モデルの「Executive Lounge」と同じブラックに変更されたことで、より高級感が増したことが大きなポイントでした。

 

内装のデザインやシートアレンジも同じで、どちらにするか迷いました。

 

シートの色使いがアルファードはブラック×ブラウンでカジュアルな印象に対し、ヴェルファイアはブラック×ブルーとなりシックな印象です。

 

そして、グリルやテールランプの形状がヴェルファイアのほうが好みでした。

妻とも意見が合致したため、ヴェルファイアゴールデンアイズを購入することに決定しました。

 

付けたオプション

オプションは、以下のものを付けました。

ボディカラー(バーニングブラッククリスタルシャイン)32,400円

カタログカラーの赤紫。影なら黒、光が当たると赤紫です。

ヴェルファイアバーニングブラッククリスタルシャイン

202ブラックよりは洗車キズがマシですが、スグに洗車キズが入る感じです。

でも、この色にして良かったと思います。カッコイイですから。

リセールを考えるなら202ブラックですかね。

 

サイドバイザー 30,240円

雨の日でも少し窓が開けられます。

実際はあまり使用していません…。

あれば良いかな程度です。

IRカットフィルム(スモーク) 27,000円

IRカットフィルムにはスモークとクリアがあります。

まだ夏は経験してないので断熱効果は未確認です。

スモークにしたことで車内からの視認性が悪くなったとは感じません。

モデリスタフロントリップ、サイドスカート

見た目のカッコ良さが上がりました。

取り付けることで3cmほど下がるみたいで、ネットの書き込みで擦ったという事を聞きますが、私は擦ることもなく乗れています。

フロントリップのメッキ部分がフォグのメッキモールより明るいので、同じ濃さなら更に良かったです。

リアも着ければ良かったかなと思いましたが、リアは無くても、バランス良くまとまっていると思います。

フロアマット(ロイヤル)88,560円

車内は土禁にしてあるので、マットの足触りの感触がよくてお気に入りです。

社外品も考えましたが、ピッタリ合うので純正にして良かったと思います。

 

30万円の値引きに成功!

知り合いの車屋経由でディーラーに発注したため車体とオプション合わせて約30万円の値引きをして頂けました。

ゴールデンアイズ発売当初でしたが、かなり値引きして頂けたと思います。

現在ではネットに書き込みされている値引き額のほうが高いです。

車両本体価格で38万円、オプションを含めると40万円以上の値引きが狙えるようです!

→ヴェルファイアの最新値引き情報はこちら

 

ちなみに、下取りは無しでした。

 

乗り出し価格(合計金額)はいくらになったのか? 

最終的な乗り出し価格は4,140,000円でした。

 

頭金を100万ほど払い、5年ローンを組みました。

毎月の支払いが5.5万円とちょっと大きいですが、頑張りますw

 

納車の期間

発表前の5月中旬に仮予約をして、7月の発表後に本契約。

9月中旬に納車されました。

ネットの書き込みを見ると、自分より遅く注文した方の方が早く納車されていました。

地域差によるものと思います。

 

納車されてからの感想

感想は「大きい!ゆったり乗れる!」に尽きると思います。

家族で出かける場合、私がほとんど運転しますが、遠出をしても運転による疲労は少ないと感じました。

 

シートがゆったり

助手席に座ると改めて、ゆったりと座れることに驚きますが、セカンドシートの方が乗り心地が良くゆったり座れます

サードシートは乗り心地が悪い車が多いと聞いたことがありますが、ヴェルファイアは全くそのようなことはなく、サードシートでもゆったりと楽に座っていることが出来ます

チャイルドシート2台乗せてもかなりゆったり♪

 

シート形状やクッション性の良さ、そしてファブリックシートの触り心地の良さが揃うことで、ゆったりと楽に座っていられる空間を生み出しているのだと感じました。

運転するより運転してもらう車だと思います。

 

ZA、Z-Aエディション、ゴールデンアイズのスーパーロングスライドはあまり使うことがありませんでしたが、使ってみると、さらにゆったりと座れ、広々とした空間は車の中ではあり得ないくらい広く感じました。

 

大きな車だけど運転しやすい

また、車体の大きさから運転しにくそうなイメージがありましたが、前方の視界がよく、車幅の感覚が掴みやすいので運転しやすいです。

ただ、チョイ乗りをするには大き過ぎて不便だと感じることもあり、チョイ乗りには適していないと感じます。

遠出をするには最高の1台です。

 

車重が約2トンもあり重量級な車体ですが、遅い走らないという感覚は全くありません。

2.5Lエンジンで充分な加速力があり、よく走りますよ。

ただ、高速道路で飛ばしているヴェルファイアなどを見かけますが、流れに乗ってゆったり走る車だと感じています。

 

パワーバッグドアが便利

ゴールデンアイズはベース車両のZA、Z-Aエディションにはないパワーバックドアがついています。

ヴェルファイアパワーバッグドア

 

大きなバックドアが楽々閉まるのでコレが重宝します。

 

荷室も広くて荷物がたくさん積めます。

サードシートを倒せばさらに広々!

 

後方の視界は悪い

あと、後方の見切りは悪いので注意が必要です。

バックカメラは必ず装着した方が良いと思います。

 

ヴェルファイアの購入を迷っている方に

買って良かった!そう思える一台です。

高級感のあるだけの車だと言われることもありますが、その乗り心地や内装の質感は間違いなく高級車であり、所有する満足度の高い車です。

 

ヴェルファイアはグレードが豊富でグレード選びに迷うかも知れません。

必要な装備の見極めをして、本当に欲しいグレードを選んでください。

 

車体が大きいことに対抗ある方、マズは試乗してください。意外と乗りやすいですよ。

 

「7人乗れて、遠出も出来て、さらに快適に移動したい」そう考えているなら、間違いなくヴェルファイアかアルファードです。

 

ヴェルファイアは幅広に、アルファードは縦長に見せようとするエクステリアデザインになっているようで、乗り心地に差はありませんので、好みで選ばれたら良いと思います。

この記事が少しでも役に立てば幸いです。よいカーライフを。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-購入レポート

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.