マツダ新型アテンザの口コミ評判。オーナーの評価はどうなの?

投稿日:


2015年1月に大幅改良をした新型アテンザ。

より洗練されたデザインに、最先端の安全技術を搭載しています。

先日、初代モデルからの世界での生産台数が300万代を達成したとの発表があり、売れに売れているアテンザ。
その人気の秘密に迫ってみます!

 

アテンザの口コミ

アテンザを実際に購入したオーナーの生の声をまとめました。デザインや乗り心地、実際の燃費などが気になっている方は是非参考にして下さい。

アテンザの良い所

  • 大きな車体なのに加速が軽々
  • ディーゼルを感じさせない静粛性と加速性
  • 個性的でスタイリッシュなエクステリア
  • 室内が広い
  • この車体の大きさに比べて燃費が良い

アテンザの悪い所

  • 車体が大きく小回りが利かない
  • 価格がやや高め
  • 車幅が広すぎる
  • 収納が少ない

まとめ

上品かつスタイリッシュなエクステリアは「これぞ、マツダ!」とマツダファンにはたまらないデザインのようです。

室内は広くて快適な反面、車幅が1,840mmと広いのは日本の狭い道路を走るのにはやや不向きと感じる方も多いようです。

性能や走行など申し分ないという高い評価が多く、悪い点は価格が高め・車体が大きいため小回りが利かないなどの意見くらいで、悪い点は無いという方も多くいました。

燃費はディーゼル車のXDで20km/lオーバー。実際の燃費も平均15km/lくらいになるので、満足度は高いです。
ガソリン車の実燃費平均は11km/lくらいです。

総合的に、かなり評価・満足度の高い車のようです。

ライバル車はスバルレガシぃB4、BMW3シリーズ、マークXあたりになるので、試乗して乗り比べて見てください!

比べてみるとアテンザの魅力がわかると思いますよ!

 

 

マツダアテンザの魅力

洗練されたデザインに申し分ない走行性。一度でも試乗するとその魅力に引き込まれることまちがいなし。

そんなアテンザの魅力をまずは動画で見てみましょう↓

 

マツダらしい流れるようなエクステリア

マツダの2.5lサイズセダンであるアテンザのエクステリアを見ると、ライバルのエクステリアが大人しく見えてしまいます

アテンザエクステリア

マツダ共通のデザインコンセプトである「魂動デザイン」はもちろんアテンザでも採用。

ライバルと比べてサイズが大きいことも理由として挙げられるが、エクステリアの躍動感は唯一無二のものです。
ライバルのBMW3シリーズは、小さい外寸でも広い室内空間を実現するために効率的なデザインを採用しています。

同じくライバルのスバルレガシィは北米を主力市場としていることから、簡素で無骨な印象のエクステリアです。

 

渋いインテリアが特徴のアテンザ

車内に入ってみますと、アテンザの渋いインテリアが非常に特徴的です。
レガシィは黒を基調としてインテリアデザインで、エクステリア同様に機能重視といったところ。

3シリーズは赤を基調としており、これ以外にも多彩なコーディネートが可能です。
一方でアテンザは、白をベースとしたインテリアを採用しており、ライバルと比べて上質な感じさえうかがえます。

白以外にブラックも用意されているアテンザのインテリアですが、差し色としてワインレッドが入っているあたりが非常に渋いですね。

アテンザインテリアアテンザ内装

 

 

同じディーゼルエンジンでも個性が異なるアテンザ

アテンザと3シリーズは両方ともディーゼルエンジンモデルがありますが、同じディーゼルでも大きく特徴が異なります。
アテンザは2.2L、3シリーズは2Lのディーゼルエンジンを採用。

変速機はアテンザが6速ATなのに対して3シリーズは8速ATのため、加速のスムーズさは3シリーズに軍配が上がります。
乗り心地に関しては、固めの3シリーズに対してそれよりはアテンザの方が穏やかな乗り心地です。

 

リッター20km越えの低燃費

アテンザの2.2Lディーゼルモデルの燃費は20km/lと、リッター20kmを越えています。
ちなみに、それよりも排気量の小さいアテンザの2Lガソリンエンジンでも17.4km/lの燃費です。

アテンザのディーゼルは、3シリーズのディーゼルよりもさらに燃費が良いのが自慢です。
アテンザのディーゼル車は400万円を超えますが、3シリーズはそれをさらに上回る500万円超です。

レガシィは300万円以下の価格を実現していますが、それに対してはアテンザもガソリンエンジンモデルで十分対抗できます。
3シリーズよりも割安で上質なセダンが購入できるのは、大きなメリットですね。

 

アテンザの総合評価

アテンザは走りにこだわる40代以上の方には非常に魅力的な車だと思います。

若者の車離れやセダンの不人気が言われていますが、20~30代の若い人たちに走ることの楽しさを知って欲しいですね!

ただ、価格がガソリン車で270万円~、ディーゼル車に関しては317万円からとちょっと高いかもしれません。

でも、ミニバンに乗るよりも絶対に楽しい車なので積極的に試乗をしてみることをおすすめします。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-アテンザ, マツダ
-, ,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.