【2017年】新型CX-5の値引きはいくら?限界値引きを引き出す交渉術

投稿日:


2017年2月にフルモデルチェンジを果たしたCX-5。

モデルチェンジしたばかりだから、値引きは難しいんじゃない?

と思っているあなた!

しっかり値引き交渉をすれば、大幅値引きも可能です!交渉しないと損なのでダメ元でもしっかり交渉していきましょう!

 

2017年新型CX-5の値引き相場と推移

フルモデルチェンジをしてから、まだ日が浅いですが、値引き額も徐々にではありますが緩んできています。

また、6月にはライバルのハリアーがマイナーチェンジを予定しているので、値引きのチャンスでもあります!

 

現在の値引き相場→17万円

 

オプションも含めて18万円の値引きが引き出せたら成功です。

ただ、中には30万円の値引きに成功した!という方もいるので、ガッツリと値引きしたい方は交渉を頑張っていきましょう!

 

値引き額の推移

フルモデルチェンジ後の値引き推移は以下の通り。

 

値引き相場
1月 15万円
2月 15万円
3月 16万円
4月 16万円
5月 17万円

12月の予約の時点では10万円が限界でしたが、徐々にゆるくなってきて、17万円まで来ました!

 

上位モデルのLパッケージやプロアクティブやディーゼルは20万円を目標に頑張っていきたいですね!

 

限界値引きを引き出す交渉術

どうしたら、CX-5の限界値引きが引き出せるのでしょうか?

 

値引き交渉のポイントは3つあります。

 

 

1.ライバルとの競合

2.資本の異なるマツダ店での交渉

3.下取り車の買取額UP

 

 

です。

一つ一つ見ていきましょう。

 

ライバルとの競合

車値引きの鉄板ですが、やはりライバルの存在はでかいです!

「○○と迷っていて・・・」という一言があると、店員の目の色が変わります(笑)

 

もし、CX-5だけに絞っているとしてもライバル車の調査は忘れずに行いましょう。

いやいや、CX-5しか考えていないからそんな時間はない!というなら2番の経営資本の異なる店舗での交渉を考えてくださいね。

 

CX-5のライバル車は「トヨタハリアー」「日産エクストレイル」「スバルフォレスター」の3車です。

 

この3つ以外にあなたが気になる車があるなら、それを競合にしても構いません。

この3車の値引き相場は以下のとおりです。

 

車種 値引き相場
ハリアー 25万円(新型は15万)
エクストレイル 35万円(新型は20万)
フォレスター 23万円

 

ハリアーとエクストレイルは6月にマイナーチェンジを予定しているので、そっちに取られないように必死になるはずです。

競合の本命はトヨタハリアーでしょう。

 

トヨタとマツダの販売店を行き来して、交渉をしてみましょう。

 

交渉例としては

「僕はCX-5が気に入っているのですが、妻がハリアーのほうが気に入ってしまって・・・。」

「先日ハリアーを見てきたのですが、値引きも結構頑張ってくれるようで迷っています」

などとジャブを入れてみましょう。

 

経営資本の異なる販売店で同士討ち

近くに経営資本の異なるマツダディーラーがあるなら同士討ちも効果的です。

どのように経営資本の異なる販売店を探すのか?

 

まずは、マツダの公式サイトの店舗検索を見てみましょう。

http://www.mazda.co.jp/purchase/dealer/

 

こちらでお住まいの都道府県を入れて、販売会社名選択を押すと、経営資本の異なる店舗が見つかります。

マツダの店舗はあまり多くありません。

神奈川県で検索すると上記のようにたくさん出てきますが、殆どの場合は「株式会社○○マツダ」と「オートザム」の2店舗でしょう。

 

経営資本の異なるディーラーに行くと、対応や値引き額がぜんぜん違うこともあります。

見積もりを取ってみて、良い条件が出たら、その条件をもって他のディーラーに交渉してみましょう。

 

下取り車の買取額UP

下取り車があるなら、下取り価格もしっかりと交渉していきましょう。

実は、ディーラーで下取り車「あり」と「なし」では値引き額が変わってきます。

 

なぜなら、下取り額と値引き額をうまく調整しているから。

 

つまり、値引き交渉をガンガンしてくるお客さんには、下取り額を少し下げて値引き額を上げる。

値引き額を抑えながら、下取り額をあげて、お得に見せている。

ということをしてきます。

 

できれば、ディーラーに行く前に、買取専門店に査定をしてもらい、愛車がどのくらいで売れるのかを知っておくと良いですね。

 

最初に下取りありで、値引き交渉をしていき、あとから「やっぱり友だちに売ることになりました!」と下取りキャンセルするのもありです。

 

また、最初は下取り無しで、値引きを引き出していって、「下取りは高く買い取ってくれるところで売ります!」と買取専門店と競合させるのも良いかもしれません。

 

ただ、買取専門店とディーラー下取りでは、買取専門店に分があります。

平均16万円も高くなった!というデータもあるので、愛車は買取専門店に売ったほうがお得に買い換えられるかもしれません。

 

また、買取専門店も1社だけではなく複数の業者に査定してもらったほうが高く売れます

50万円以上の差がついた方もいるので、やらないと損ですよね!

 

無料ですし車種と年式、走行距離を入力するだけなので、気軽にやってみてください。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

CX-5のディーゼル車は補助金が出ます

クリーンディーゼル車にはCEV補助金がでます。

年々金額は減っていますが、H29年度も延長しています。

 

CX-5の補助金は3万円・・・。

2年前のH27年は12万円だったのですが、かなり減っていますね。

 

まぁ、ないよりはマシ程度ですが、ディーゼル車を購入するなら確認しておきましょう。

(たぶん、店員さんから案内があると思いますが)

 

詳細はこちらを確認してくださいね。

→CEV補助金の概要や各種手続きについて

 

CX-5の関連記事

CX-5についてもっと知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

 

→CX-5の口コミってぶっちゃけどう?オーナーの生の声を集めました

→CX-5の実際の燃費を検証。ライバルと比べてみたら

→CX-5を高く売る!買取額の相場や高く売るポイント

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-CX-5

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.