マツダプレマシーの口コミ評価まとめ。フルモデルチェンジはいつなの?

プレマシー口コミ

マツダプレマシーってどうなの?と購入を迷っている方に、実際に乗っている方の生の声をお届けします。

 

1999年に発売され2度のフルモデルチェンジをし現在3代目のプレマシー。

といっても、3代目は2010年から販売されているので5年経った事になりますね。
2013年にマイナーチェンジをしていますが、次期プレマシーがいつ出るのかも気になるところです。

モデル末期ということもあり、大幅値引きも期待できますよ。

 

プレマシーの口コミ評判

プレマシーに実際に乗っている方の評価をまとめました。試乗に行く前にチェックしておきましょう。

満足しているところ

  • シートアレンジが豊富
  • 乗車人数が最大時でもパワーが落ちない
  • 乗り心地がよく、長時間運転でも疲れにくい
  • コスパが良い
  • イメージ通りのドライビングが出来る

 

不満なところ

  • 後ろの窓が小さめなので注意が必要
  • 燃費が悪い
  • ブレーキの甘さがやや気になる
  • 高速走行時のロードノイズ
  • 内装のチープ感

 

総合評価

この大きさで走行性もよく室内も結構広い。コスパが高いという声が多いです。
その代わり、内装にややチープ感が出てしまうみたいです。

同タイプのライバルといえばフリードやシエンタが人気ですが、乗り比べてみるとプレマシーの走行性の高さに驚くと思います。

燃費に関しては、多くの車がそうですが、カタログ値を期待するため、実際の燃費にはガッカリする事が多いようです。

カタログ値で16.2km/l(JC08)で実際の燃費は10~13位になるようです。市街地では10km/lを切ることもあります。
ただ、ライバル車と比較しても悪くはないです。ミニバンとなると車体が重いので燃費が悪いのはしかたないですね。

また、このクラスのミニバンは3列目が狭くシートのすわり心地が良くないです。
プレマシーもやはり3列目の実用性は低いので注意が必要です。

プレマシーは月間販売台数が300~1000台と、トヨタやホンダ車に比べると人気は無いです。
ただ、マツダ車は走行性がよく、コスパも高い車が多いので、ぜひ試乗して見て欲しいです。

→5ナンバーミニバンランキング!人気車を徹底比較

 

次期プレマシーはいつ?フルモデルチェンジ情報

今のモデルは5年めとなり、そろそろモデルチェンジなんじゃない?という期待もチラホラ出てきています。

新型プレマシーの噂もでていますが、2016年末か2017年になるようです。
フルモデルチェンジの情報はほとんど噂レベルですが、最近のマツダの傾向を見ていると他社との差別化を図ってくると思われます。

フルスカイアクティブ技術を搭載し、ディーゼル車も加わるという話です。

デザイン性や走行性を高めて走りを求めるユーザーにアプローチしてくるでしょう。

また新しい情報が入りしだい最新情報をお届けしますね!

 

プレマシーの実燃費はリッター何キロ?

先ほども書きましたが、プレマシー燃費はカタログ値で16.2km/lです。

実際の燃費は6~8割と言われているので10~13km/lとなるでしょう。

マツダはスカイアクティブ技術を搭載して燃費性能を高めています。
これにより、プレマシーの燃費は16.2km/lにまで向上しています。
ライバルのトヨタウィッシュと比較すると、ウィッシュのカタログ値が14.4km/lとなっていますので、プレマシーのほうが燃費性能は上です。

最近はどこも低燃費化してきて、燃費だけを見ればフリードハイブリッドが21.6km/lと頭ひとつ抜き出ています。

ガソリン車の中ではまずまずの燃費でしょう。

 

プレマシーの値引きはいくら?お得に買う方法

モデル末期ということもあり、値引きはかなり期待できます。

目標値引き額は35~38万円。

オプションも含めて総額で40万円以上値引きできれば上出来でしょう。

値引交渉のコツは、OEMである日産ラフェスタハイウェイスターやライバルのフリードやウィッシュを競合させるといいでしょう。

交渉は「かけひき」がポイントです。相手の出方を見ながら押したり引いたりしましょう。

ただ、かけひきが苦手な方もいるでしょう。

そういう方は、今乗っている車を高く売ることを最優先にすればいいでしょう。

複数の買取業者に査定士てもらうことによって、下取りに出すよりも20万円以上も高く買い取ってもらえるかもしれません。

ネットの一括見積りなら無料だしたった1分でできますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

僕もこのことを知らずに、23万円も損するところでしたから・・・(笑)

→20万円以上も損しそうになった車買い替え体験談

 

プレマシーの魅力

まずは試乗動画を御覧ください↓

ついついアクセルを踏んじゃいたくなる走りが魅力のようです。

 

スタイリッシュなエクステリアのデザイン

プレマシーを外から見たとき、まずミニバンらしからぬスタイリッシュなエクステリアに目を奪われます。
ミニバンというと「箱型」をイメージしますが、プレマシーは流線型のフォルムでかっこいいです。

自然界の水や風の流れの美しさをイメージさせる、「NAGARE」というボディデザインを施しているそうですよ。

マツダならではのレッドマイカのボディカラーも、街中で存在感を発揮します。
「丸みがある」「数字以上に大きく見える」という口コミもあります。

 

おしゃれなインパネ周り

プレマシーもライバルのウィッシュも、スポーティーなインテリアが特徴的ですが、プレマシーの方がよく作りこまれています。

ウィッシュのインパネ周りは、1つのダイヤルと複数のスイッチで構成されていますが、プレマシーは3つのダイヤルで分けています。
しかもこのダイヤルにはシルバーのリングを採用していますので、美しさと視認性を両立させています。
操作性はプレマシーのほうが優れていますね。

シートに違いあり

実際に座ってみると、両者には大きな違いがあります。
1列目シートの座り心地は、ウィッシュが意外と硬いのに対して、プレマシーはホールドする感じです。

プレマシーのこの座り心地を「安定している」「窮屈な感じ」という人もいるので、好みの問題でしょう。
2列目はシートは、ウィッシュが硬めでプレマシーは柔らかめとなっています。
2列目はリラックスが求められますので、プレマシーの方が上でしょう。

ドライバーの感覚と一体化するプレマシーの走行性能

リニューアルされたプレマシーは、ドライバーとの感覚が一致する走行性能を手に入れました。
ウィッシュの走行性能が若干かたくてぎこちないのに対して、プレマシーは「柔軟でスムーズ」との声もあります。

あまりに機敏過ぎないプレマシーは、自然な反応で極めて穏やかなのです。
しかもその反応が、ドライバーの想定している反応とほぼ一致しているので、ドライバーはより「操っている気分」になるのです。
ミニバンらしからぬ「走る楽しさ」、プレマシーにはそれがあります。

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  2. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…
  3. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る