セレナがついにフルモデルチェンジ!気になる価格やデザインは?

投稿日:

Pocket

ライバルのヴォクシーやステップワゴンが続々とフルモデルチェンジをするなか、まだかまだかと首を長くして待っていたセレナのフルモデルチェンジ。

2016年8月、ついに来ました!

今回のモデルチェンジではデザインはもちろん、様々な変更点があります。
その中でも注目されているのが「プロパイロット」という自動運転技術。

詳しくは後述しますが、コレを読んだあとは試乗に行きたくなることまちがいなしです!

【画像あり】外観デザインはこう変わる

さて、まずはデザインから。

エクステリアデザインはこんな感じです。

新型セレナ

 

ハイウェイスター↓

新型セレナハイウェイスター

現行型はこちら↓

日産セレナモデルチェンジ

セレナらしさを残しながら、よりシャープに、よりスタイリッシュになっています。

雑誌等で外観の変化を紹介している文章を読んで見ると・・・

フロントにVモーショングリル+ブーメラン形ランプ、サイドにピラーをブラックアウトしたフローティングルーフ、リアにブーメランシグネチャーが確認でき・・・・

と説明されていました。

うーん、カタカナが並んでいてよくわかりません(爆)

最近の流行を取り入れたデザインのようですよ。

ま、デザイン面は賛否両論別れるところですが、個人的にはかなり好きなデザインです。

画像より実物を見るとまた違って見えるので、時間があるときに日産ディーラーにでかけてみるといいでしょう。

セレナの特徴としては、前席の窓が一段下がっていること。
serena116
もちろん新型セレナも採用されていて、視界が広く保たれていますよ。

全体的なデザインは動画で確認してください。

内装も充実?こんな工夫が!

内装はそこまで大きな変化はないですが、流行のステッチを入れるなど未来的なデザインを演出し質感をUPさせています。

新型セレナ内装

ステアリング(ハンドル)はD型と呼ばれるデザインで円形ではなく下側が直線になっている。

現行セレナのインパネ周りはこんな感じ↓

sereba114

2列目~3列目シートの居住がUP

2列目シートは柔軟性とサポートを改善し座り心地が良くなっています。
3列目シートは少し窮屈ではありますが、かなり改善されていて、すわり心地も居心地も良くなっています。

Lクラスミニバンには劣りますが、大人が座ってもそこまで窮屈でもなく疲れにくくなった感じです。

後部席にもUSB電源ソケット

ちょっとうれしい装備が後列にもUSB電源ソケットです。
グレードによってついていないのですが、子供もスマホやタブレットを持つ時代ですし、旅行にいく時に3DSを持って行く場合も重宝しそうです。

デュアルバックドア

また、バックドアにも工夫がされています。
ステップワゴンのワクワクゲートに対抗して、デュアルバックドアを採用。

バックドアの半分から上が開くようになっていて、後ろのスペースがない場合も荷台から荷物が取り出せます。

これは非常に嬉しい装備ですね。
ステップワゴンのワクワクゲートは縦に線が入るからなんかダサいと思っていたんです。

デュアルバックドアなら変な線も入らないし、狭いスペースで大活躍。
基本的にバックドアから車に入ることはないので、ワクワクゲートよりこっちのほうが良さそうです。

燃費はチョイ向上。本格ハイブリッドは見送り

最近は低燃費を売りにした車がどんどん出てきています。
ミニバンもハイブリッド化してトヨタシエンタHVは27.2km/lという脅威の低燃費。

では新型セレナはどうなのか?というと、残念ながら今のところハイブリッドモデルは無いです。

今までのS-ハイブリッドを引き継いでいます。

燃費は少し向上して17.2km/l!ガソリン車のミニバンとしてはまずまずではないでしょうか?

実燃費は12km/lくらいになると予想されます。
新型セレナのグレードとのカタログ燃費と実燃費予想はこちらに詳しく書いたので気になる方は見てやってください。

→新型セレナのグレードごとの実燃費予想。ライバルと比べるとどうなのか

今回の大目玉「プロパイロット」で自動運転が可能になるのか?

さてさて、今回のモデルチェンジの大目玉は自動運転技術の「プロパイロット技術」です。

serenasingata01

日産が20年かけて研究を続けている自動運転技術、新型セレナはどのような走りを見せてくれるのでしょうか?

やっちゃえ日産!

 

えー、残念ながら自動運転技術といってもすべてがオートマではありません

今回セレナに搭載されるプロパイロットは「単一車線自動運転技術」ということで、高速道路で単一車線に限り、アクセル・ブレーキ・ハンドリングをサポートするという技術です。

自動運転というより、高速道路運転サポート技術といったほうが良さそうですが、それでもなかなかすごい技術です。

連休の帰りの高速道路や渋滞でかなり楽になるでしょうね。

一応日本初の技術!と言っていますが、基本的にはスバルのアイサイトと同じです。

単眼カメラなのでコストが安いというのがアイサイトとの違いですかねぇ。

アイサイトとの違いなどもっと詳しく知りたい方はこちら。→日産プロパイロット技術とは?

グレードごとの価格はいくら?

気になる価格ですが、今のところグレードやら価格やらの詳細はまだ未公開です。

ただ、300万以下でプロパイロットがつけられる!という情報はゲットしました!

プロパイロット技術の素晴らしいところは単眼カメラを使うことで低コストでつけられること。

一般家庭のお父さんのために低価格帯でプロパイロット付きの車が乗れるのは嬉しいかも。

グレードや価格は発表次第公開していきます

予約開始、販売はいつから始まる?

新型セレナは8月24日発売開始です。
すでに予約は始まっているので、すぐにでも買いたい人はディーラーへGo!

試乗して確かめたい!という方は発売を待ちましょう。フルモデルチェンジを狙っている人はいっぱいいると思うので試乗も賑わうでしょうね。

ただ、プロパイロットは高速道路でのシステムなので試乗では試すことができないと思います。

納期は1~3ヶ月ということで、そこまで待つことは無いでしょう。

 

モデルチェンジ後の値引きはどこまで可能か?

基本的にモデルチェンジ直後は値引きに期待してはいけません!

すでに商談はスタートしていて、値引き相場としては15万円くらいが妥当のようです。

ただ販売店によってはかなり渋く7~8万円までというところが多いです。

ヴォクシーやノア、エスクァイア、ステップワゴンと競合させて交渉していきましょう。

うまく行けば、オプション値引きも合わせて20万超えも狙えるでしょう。

ちなみに、ライバル車の値引き相場ですが

ヴォクシー・ノア→28万円
エスクァイア→26万円
ステップワゴン→28万円

となっています。

発売から半年ほど経てば値引きも緩んできてライバル車と同じくらいになると思われます。

 

まとめ

今回のモデルチェンジで、顔つきがかなりシャープになりました。

この変化をどう捉えるかは人それぞれだと思いますが、気になる方はぜひ販売店にいって実車を確認してみてください。

目玉となるのは「プロパイロット技術」ですが、完全自動運転ではありません。

高速道路で、前の車を追従したり、コーナーのハンドリングをサポートして車線の真ん中をキープしたりできます。

なので、渋滞でのストレス解消に繋がると思います。ぴょん吉としては、運転が楽になることによる居眠りが気になるところですが・・・。

ハイブリッドがないのは残念ですが、そこはトヨタに譲りましょう。

発売は8月24日です。今頃予約殺到していると思うのですぐに買い換えたいなら今すぐ販売店へ行こう!(日産の回し者ではありません)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-モデルチェンジ情報, セレナ
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.