自動運転システム(プロパイロット)で事故!責任は誰に?

更新日:

Pocket

先日、日産セレナの試乗中に追突事故が起こった。
試乗中の運転手に、同情した店員が「ブレーキは我慢してください!」といった所、自動ブレーキが作動せずに、停車中の車に衝突してしまったらしい。

→https://headlines.yahoo.co.jp/

自動ブレーキシステムや自動運転技術は、開発されて数年とまだまだ新しい技術です。

こういった事故が起こるんじゃないかなぁ・・・と多少の不安はありましたが、「メーカー側も実験に実験を重ねているはずだから大丈夫だろう。」と安易に考えていた矢先の事故。

やはり、機械に運転を任せるのは不安でしかないですね!

ところで、こうした事故を起こした場合、誰が責任を取るのでしょうか?

ディーラーの店長、店員、運転者が書類送検

今回の事故では、販売店の店長と同乗した店員が、業務上過失傷害で書類送検。

また、運転者も自動車運転処罰法違反(過失傷害)で書類送検された。

→https://www.chibanippo.co.jp/

運転者も書類送検?

とちょっとやるせない気持ちにもなりますよね。

今回の書類送検には、警察側は「自動運転機能は、あくまでも支援システムで限界がある。運転者が機能を理解すべき。警鐘を鳴らすため立件した」と話しているそうです。

 

私もセレナに試乗してプロパイロットを試してきましたが、結構怖いです。

→新型セレナプロパイロットに試乗

確かに、試乗中に店員さんに「ブレーキは踏まなくていいです」と言われました。

その時に雨が降っていたらと思うとゾッとします!

 

試乗中じゃなければ誰の責任になるのか?

今回は試乗中で、同情した店員に指示されてブレーキを踏まなかったわけですが、もし、試乗中ではなく購入後にこうした事故が起きた場合は誰の責任になるのでしょうか?

今のところ、自動ブレーキシステムによる事故の道路法はないため、全て運転手の責任となります。

今回の事故のように、過失傷害で書類送検されることになります。

じゃ、メーカー側には責任はないのか?
自動車保険はどのように適用されるのか?

 

という疑問が出てきますが、今のところ何も決まっていないんです。

ネーミングとCMのイメージが悪い

今回はセレナの「自動運転システム"プロパイロット"」搭載車両での事故でした。

私が思うに、このネーミングがダメですね!

「自動運転」というと、操作しないでも車側が全てやってくれると勘違いしちゃいますから。

現段階では、「自動」ではなく「支援」なので、ネーミングを変えないといけないですよね。

「運転支援システム」とかの名前なら勘違いが少なくなると思います。

あとは、「やっちゃえ日産!」のCM。

手放しで運転していたり、脇見運転をして談笑しながら帰るお父さん。これは勘違いしちゃいますよね。

 

こうしたイメージが先行しているせいで、前方不注意やシステム過信が事故を招いてしまいます。

まとめ

実は、先日妻が追突されて、ひどいムチウチになりました。

幸い、相手はきちんと保険に入っていたので、車の修理や治療費はすべて保険でまかなえてました。

しかし、ムチウチによる痛みや精神的苦痛、そして体が動かせないことで時間が奪われました。

これらは、お金だけでは解決しません。

もし、障害が残ったり、死亡していたらさらなる苦痛が待っていたでしょう・・・。

事故は起こしたくありませんし、合いたくもありません。

事故を軽減するための、自動運転システムで事故を起こすなんてもってのほか!

システムの開発もしっかりして欲しいところですが、ネーミングやCMなどでのイメージも考えてほしいですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ニュース

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.