日産デイズの口コミ評判は?値引き相場情報と交渉のコツも

デイズの口コミ

2013年に登場した日産デイズ。
今まで日産の軽自動車と言ったらOEMがほとんどでしたが、このデイズで軽自動車商戦に本格参加してきました。

正確に言うと日産と三菱の合弁会社NMKVが開発した車で、三菱ではekワゴンとして販売されています。

ワゴンRやムーヴと同タイプのトールワゴンで、室内が広くて燃費がいいのが特徴です。

デイズの最大の特徴はエマージェンシーブレーキとアラウンドビューモニターです。

販売から売り上げも好調ですが、乗り心地や居住空間、パワー、実燃費は実際どうなんでしょう?

日産デイズの口コミ。オーナーの生の声を集めました

日産デイズって実際のところどうなの?

そんなあなたに、デイズに乗っているオーナーの生の声を集めました。
ここが良い!ここが不満・・・。という意見を分けてまとめていますので試乗するときに注目する点がわかると思います。

満足!

・窓が大きくて視界がいい
・アラウンドビューモニターがかなり便利
・内装のデザインがライバル車に比べて良い
・エアコンなどの操作がタッチパネルで先進的
・洗練されたデザインで気に入っています
・ターボが付くだけでこんなに変わるなんて!

不満・・・

・アイドリングストップがイマイチなのでOFFにしています
・燃費があまり伸びない
・パワーが無いので加速がトロイし坂道はベタ踏みでも登って行かない
・エンジン音やロードノイズがうるさい
・右折時にAのピラーに死角ができてちょっと怖い
・不規則な振動があり乗り心地があまり良くない
・エアコンのタッチパネルが使いにくい

まとめ

デザインがカッコイイ!という声が結構多くありました。

外観は好みがあると思いますがサイドのラインがシャープでカッコイイですね。
顔つきもハイウェイスターはなかなかかっこよく、通常グレードも可愛くデキている印象です。

一番の特徴は内装のタッチパネルでしょう。
「タッチパネルが先進的でかっこいい!」という意見が非常に多かったです。
ただ中には「タッチパネルなので指紋や汚れが目立つ」という方もいました。

この辺りも好みだと思うので、実際にみて触ってみるといいでしょう。
タッチパネルの操作は今までなかったものなので操作に慣れが必要かもしれませんね。

乗り心地についてはちょっと残念な声が多かったです。
変な振動があったり、アイドリングストップが挙動不審だったり、パワー不足だったりと不満の声が目立ちました。

低速時にガクガクと振動するノッキングが発生するかもしれないので、試乗時にじっくり観察してみてください。

また、アイドリングストップが変なところで作動したりしなかったりと不安定という声もありました。
不要であればOFFにしておけば問題無いでしょう。

パワー不足は軽自動車なのである程度は仕方ないでしょう。
パワーがほしい!という方はターボ車を選択すると、加速性が全然違いますよ。

また、「右Aピラーの死角が気になる」という声もありました。
目線の位置にもよると思うので、ここも試乗の時に要チェックですね!

書いてみると不満点のほうが多くなって、低評価の車の印象を与えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ評価は高いです。

実際に他の車の乗り比べてみるとよくわかると思うので、時間があるときに試乗してみてくださいね。

デイズの実燃費はどのくらい?

カタログ燃費は30.0km/lということですが、実際の燃費はどのくらいか気になったので、燃費レポートをみて平均値を出してみました。

通常の車はカタログ燃費の60~80%と言われていますが、デイズはどうなんでしょう?

デイズの実燃費平均は16.4km/lでした。

たくさんの燃費レポートを見てきましたが、20km/lを超えたという方はほとんどいませんでした。

30.0km/lに対して60~80%を計算すると18~24km/lとなりますよね。
こう考えると、デイズの実燃費はあまりよくないかもしれません。

燃費だけを考えるなら、ワゴンRが一押しです。
軽自動車初のハイブリッドシステム搭載でカタログ値33.0km/lですからね。
実燃費平均も20km/l位なのでかなり低燃費ですよね。

→ワゴンRの詳細はこちら

とはいえ、車は燃費だけで選ぶものじゃないので総合的に見て判断して下さい。

デイズの値引き相場はいくら?限界値引きを引き出す交渉術

デイズの値引き相場は15万円です。
ライバル車と比べるとかなり値引きがゆるいようです。

オプションも含めた総額から17万円は狙えるでしょう。

交渉のポイントは、ライバル車との競合です。
ワゴンR、N-WGN、ムーヴを競合にだして交渉してみましょう。

また、姉妹車であるekワゴンとの競合も有効です。

最初は全ての車の試乗を兼ねて、値引きやサービスがどの程度なのかを探ってみてください。
試乗してみると、候補の車も絞れてくるので最終的には2~3台で交渉すると良いでしょう。

「ワゴンRと迷っているんですが、あちらのほうが燃費もいいし人気もありますよね。ただ予算が・・・・」

「私はデイズが良いと思っているのですが、妻がムーヴが気に入っていて。価格面でもう少しお得になれば妻も説得しやすいのですが・・」

などなど、うまく駆け引きして値引きを引き出せるよう頑張ってください。

さらにお得に買うためのマル秘テクニック

 

デイズをもっと安く買いたい!
値引交渉は苦手で・・・でも予算がたりない!

そんな方にはとっておきの方法があります。

それは、下取り車をなるべく高く買い取ってもらうことです。

車を買い換えるときにはディーラーに下取りに出すと思います。

しかし、それだとあまり高く買い取ってもらえません。
高価買取りならアップルやガリバー、カーセブンなどの専門業者のに売るのが正解。

でも、買取業者に持っていくのは面倒ですよね。

そんな方にオススメなのがインターネットの一括査定です。
無料で使えるしたった1分の入力で、約10社に見積り依頼ができます。

下取りよりも平均16万円も高く売れるようです。
愛車が50万円で売れたら、値引きと合わせて67万円引きで購入できます。

デイズの最低グレードなら108万円なので、オプションと諸費用入れても50万円くらいで買えることになりますね。

まずは一括査定でどのくらいで売れるのか確かめて見るだけでもOKですよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

デイズの魅力は?

先進技術を惜しげもなく投入

日産の軽自動車「デイズ」には、日産の先進技術が惜しげもなく投入されています。

その代表格といえば「アラウンドビューモニター」。
まるで上空から見ているように、自分の車をモニターすることができる機能です。

日産では「ノート」などに投入されている先進技術を、軽自動車では初めてデイズにも投入しています。

また、「スーパーUVカット断熱グリーンガラス」を一部グレードに設定。
フロントドアからの紫外線を99%もカットしてくれます。

「40代女性をメインターゲットに据えただけのことはある」と好評です。
また、こちらもグレード別設定にはなりますが、オートエアコンを搭載しています。

しかも、ダイヤル式ではなくタッチパネル式という先進性が魅力的。
見やすい表示部、そして操作音もしますので操作性も抜群です。
ライバルのワゴンRには搭載されていないこれらの先進技術、デイズは技術の結晶です。

先進技術は安全性能にも

デイズに投入されている先進技術は、快適性を追求するだけではありません。
安全性の向上にも、2つの先進技術が投入されています。

まずは「エマージェンシーブレーキ」。
赤外線のレーザーレーダーで、前方車両と衝突の危険性があるかを察知します。
衝突の可能性が高まると、警告灯がブザーが作動します。
それと同時に、自動的に緊急ブレーキが作動します。
ドライバーに注意喚起をするとともに、最悪でも衝突の衝撃を緩和してくれます。

もうひとつが「踏み間違い衝突防止アシスト」。
ブレーキペダルと間違えてアクセルを強く踏み込んだ際、前方に壁などがあると警告灯とブザーで警告します。

さらに自動的にエンジンの出力を抑えることで、衝突被害を軽減してくれます。

最近ではアクセルとブレーキの踏み間違いの事故が多いので、お年寄りなどにおすすめですね。

ライバルよりも上質なインテリア

ワゴンRと比べて、「デイズのインテリアは上質」との口コミがよくあります。
これは、日産と三菱自動車の合弁会社が開発を行ったからです。

上質感には定評のある日産が設計から参加したことで、これまでのOEM供給よりもはるかに上質となりました。

通常のデイズでも、黒ベースのインテリアとアイボリーベースのインテリアの2種類があります。

黒ベースですとよりスポーティーに、アイボリーベースですとより開放感あふれたインテリアとなります。

特に、ハイウェイスターやライダーなどの上級グレードでは、さらに上質感が高まっています。

 

デイズのグレード一覧表

 グレード 燃費(4WD) 価格(4WD)
J 25.8km/l 1,098,360円
S

30.0km/l(26.0)

1,152,360円
(1,273,320円)
X 30.0km/l(26.0) 1,254,960円
(1,375,920円)
ハイウェイスターJ 25.8km/l 1,254,960円
ハイウェイスターX 30.0km/l(26.0) 1,347,840円
(1,468,800円)
ハイウェイスターG 30.0km/l(26.0) 1,419,120円
(1,540,080円)
ハイウェイスターG ターボ

23.4km/l(22.6)

1,527,120円
(1,612,440円)
Vセレクション+SafetyⅡ 30.0km/l(26.0) 1,406,160円
(1,527,120円)
X Vセレクション+SafetyⅡ 30.0km/l(26.0) 1,280,880円
(1,401,840円)
ライダー 1,416,960~1,689,120円
ライダーブラックライン 1,416,960~1,689,120円

 

タイプ別に軽自動車を比較ランキングしたので参考にして下さい。

→軽自動車人気ランキング!人気度や燃費、デザインでタイプ分けしました

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…
  2. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  3. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る