アルファード試乗レポート

新型アルファード試乗レポート!

投稿日:


2015年1月にフルモデルチェンジを行って三代目アルファード誕生!

アルファードはミニバンクラスでは国内最上級という認識があります。

実際に法人需要も高く、役員の送迎などにも使われております。

そんなこともあって、なかなか手が出ない車だと思っていました。

ちょっと背伸び感あるかな?

そう思うものの、「行ってみるくらいなら良いよね」と思うことに。

 

取扱いはトヨペット店になるため、自宅近くのお店を探して行って来ました。

一度見たら忘れない!絶大な存在感のエクステリア!

2代目アルファードからの大きな変化と言えばこのフェイスじゃないでしょうか?

アルファード エクステリア

こちらの展示車はSグレード Aパッケージ

車両本体価格 3,754,473円

このフロントグリルの存在感が凄すぎます!

どうしてもメッキの部分の光具合にばかり目が行ってしまいます!

これは眩しいです!

アルファード フロントグリル

好き嫌いも分かれそうなフェイスですよね。
周りの話を聞くとこのフェイスが苦手な人も多いです。

 

ちなみに2代目アルファードのフェイスはこれ

al

 

どうしてこのフェイスになったのでしょう?そんな疑問が頭を駆け巡ります。

クラウン・アスリートのグリルも最初見た時は驚きましたけど。

こちらを見るとクラウンがおとなしく見えるものです(笑)

アルファードも何度か見てれば慣れてしまうものか?

 

リアはフロントほどのインパクトはありません。

近未来的で洗練されたスタイルです。

アルファード リア

このくらいが丁度良いと個人的には思いますけどね。

 

あとカタログを見て気付いたことが1つ!

バンパー部分はグレードのS、SA、ハイブリッドのSRは同じものです。

でも他のグレードは下がハの字型に開いたような見た目になります。

こちらの分別化をはかったのにも何か理由があるのでしょうか・・・?気になるところです。

 

 

こちらがタイヤとアルミホイールです。

アルファード タイヤアルミホイール

18インチのTRANPATHのタイヤとアルミホイールが標準装備です。

差額対応で17インチに変更することも可能です。

 

ここまでやるの?アルファードのインテリア色々

インパクトあるエクステリアの次はインテリアです。

まずは乗ってみましょう。

アルファード 内装

内装色はブラックです。落ち着きと渋みのある色ですね。

 

アルファード シート

素材はこちらのグレードに関してはファブリックです。

色ですが、他にフラクセンというベージュ系の色も選択可能です。

個人的にはフラクセンが高級感を感じました。

 

グレードが上がるごとにファブリック+合成皮革、本革のシートと装備も変わります。

でも残念ながら伺ったディーラーはファブリックのブラックのみの展示でした。

 

ステアリングは本革巻きです。

アルファード ハンドル

こちらもグレードによって木目調が入るなど変わります。

 

 

シフト周辺です。

オートエアコンの表示はブルーを基調とした見やすいものです。

アルファード シフト

 

コンソールボックス

alfad023-005

ジュースホルダーがついていました。

こちらが運転席と助手席の間にあるのでウォ-クスルーは出来ません。

でもアルファードクラスになれば特にウォ-クスルーは必要ないですけどね。

 

サングラス入れ

アルファード 収納サングラス

 

リアのエアコン

アルファード リアエアコン

 

ダッシュボード

アルファード ダッシュボード

上の木目調の部分は開きません。収納量は車検証が入る程度の一般的なものです。

 

7人乗りのセカンドシートはリラックスキャプテンシートで間にはテーブルの設置が可能です。

後席にテレビをつけて、オットマンを利用すれば家のリビングでゆったりリラックスしている気分になれます。

 

アルファード オットマン

サードシートもセカンドシートほどの広さはないにしても意外に広い!

他のミニバンとはここは明らかな違いですね。

 

また、サードシートは畳むことは可能ですが、残念なことに床下収納タイプではないです。

シートをグッとあげて左右にそれぞれよせるタイプです。

どうしても畳んだ状態が視界に入ってしまいます。

これはアルファードの美観を損ねてならない気がしました。

alfad019-003

 

アルファードを試乗する!初めて見た機能を発見!

デザインをじっくり堪能したので次はいよいよ試乗です。

外観に負けない力強い走りを見せてくれるのでしょうか?

 

担当営業にキーを渡してもらいワクワクしながらスタートボタンを押します。

alfads-014-017

それから、パーキングブレーキをオフして・・・・

あれ?パーキングブレーキがない!

「あの~、パーキングブレーキはどこですか?」

 

実はこれが電動パーキングブレーキなのです。

電動パーキングブレーキとは、P以外にシフトレバーを入れると自動的に解除するシステム。

 

そんなちょっと恥ずかしい前振りがありながら出発です。

 

ディーラーを出ようとしたところ、まずはズンとした重さを感じます。

アルファードの前にハリアーを試乗したこともあったからかな?

 

ハンドルのクイッというスムーズさがないのです。

車体が大きいこともあって扱いしにくいような気もしました。

でもこれは単に私が慣れてないだけの話かもしれません。

 

車高が高いので視界は良好です。低い車に乗っている私にはこの視界は最高レベル!

アルファード 視界 運転席

走行中の撮影は出来ないので試乗車からの撮影です。

実際に運転すると「こんなに先まで見えるんだ~」と感激しますよ。

 

シフトをDに入れてアクセルをゆっくり踏み込みます。
滑り出しはスーッと好調です。

車体の重さでついていくのがやっとでは?と思いましたが、さすがはアルファード余裕があります。

どの程度の加速か知りたくて、直進でアクセルを何度かグッと踏んでみましたがグーンと一気に加速!素晴らしいい!!

 

静粛性も確認したかったのでカーオーディオをOFF。
エンジン音が気にならない静粛性。ロードノイズや風きり音もほとんど拾わず静かでした。

もっとガーッというノイズが入ってくると思っていたので充分満足出来るレベルです。

恐らく、ハイブリッド車になればこれ以上の静粛性でしょう。

 

燃費はカタログ値で11.6km/Lですが、実際の燃費はどのくらいなのか?
ということで、たった4kmの試乗でしたが平均燃費を確認してみました。

ちょっとアクセルを踏みすぎたこともあって平均燃費は5.8km/L・・・。

え!?燃費悪すぎ(笑)

担当営業の方に実燃費はどのくらいか聞いた所、8km/lくらいとのことです。

ま、これだけ車体が大きいから燃費が悪いのは仕方ないと言えば仕方ないですけど。

 

今回試乗したのは2500ccでした。

2500ccでこれだけ走りに満足出来たので3500ccやハイブリッドはどうだろう?と興味が湧いてきます。

興味があるので機会があれば何処かで試乗したいと思いました。

 

アルファードを見積る!値引きはやや渋め?

まずアルファードはグレードが沢山あり、オプションも凄く豊富です。

カタログも他の車種と比べると内容の中身が濃いです。

 

その中で今回私が見積もったものはコチラ!

alfadsecuredownload-018

SグレードCパッケージ

 

試乗車・展示車となっていたAパッケージよりも上位モデルになります。

本革シートやパワーシートもついています。

レーダークルーズコントロールや後席テレビやパノラミックビューモニターもつけてみました。

こちらに関してはナビとあわせた価格で885,600円!

ナビで90万円近いなんて、さすがアルファード!

分かってはいたけど良い値段ですね・・・・

 

他にもアイドリングストップ機能がオプションだったのでいれました。

他の車だとアイドリングストップは標準装備ですが、アルファードにアイドリングストップがオプションとはちょっと驚きです。

 

車両本体価格が4,173,709円。

で、総額は5,839,803円となってしまいました。

た、高い・・・・。

 

となると値引きにも少し期待したいのですが、この時に言われたのは570万乗り出しとのこと。

 

ただ担当営業の方の権限ではこのくらいとのことなので、もう少しは期待出来そうです。

もともとトヨタは渋めの印象があるので大幅はないのかも知れません。

雑誌などの情報ではアルファードは車両本体から18万円、オプション入れて20万円以上が目標とのことです。

 

交渉にはヴェルファイアと競合させるか、ネッツVSトヨペットで対決させるといいかもしれませんね。

あまり強く値引き交渉をして買う車ではないのかも知れません。

 

納車期間に注意!

納車タイミングですが、発売して間もないということからちょっと時間がかかるようです。

選ぶグレードによって様々なのですが、Sグレードで大体5か月~半年になる場合もあるそうです。

楽しみな反面、買ったことを忘れそうですね(笑)

買い替えの場合は愛車の車検や売りどきなど注意しましょう。

 

アルファード総評!まずはカタログを熟読すべし!

今回、ディーラーに試乗して展示してあったのは下位グレードでしたが、かなり満足度は高かったです。

他にもハイブリッドをはじめGやXなどのグレードがあります。

そしてその中でもまた細かく分かれる感じです。

まずはどんなグレードがあって、装備はどんなものかを知ろうと思いました。

そのためにはカタログ熟読が必須です。

カタログを見ていると、ディーラーでは気が付かないことが色々わかります。
それを踏まえてまた市場に行くと新しい発見もあるでしょう。

アルファードクラスになると本当に高い買い物です。

失敗のないようにカタログを熟読して何度も試乗をしてみるといいでしょう。

 

アルファードはやはり、室内が広くてゆったりと乗れるので、社用車やファミリー層に人気です。

ただ、小さな子供がいるファミリー層にはどうか?と考えてみると
食べ物や飲みものをこぼしたり、落書きされたらショックです・・・・。

ファミリーだったら小学生以上くらいが良いのではというのが個人的主観です。

 

ある程度子供が成長したファミリー友人や知人でお出掛けの機会が多い方向けでしょうか?

このアルファードでお出掛けだったら「おおお!」となることでしょう。

最上級ミニバンで少しお洒落なお出掛けとかしてみたいですよね。

alfad016-001

我が家はどうしてもフェイスが気になりますが、前向きに考えたい車の1つです。

 

ヴェルファイア都の違いは外観が違うだけとのことです。

なので、ヴェルファイアも一回商談に行ってみて試乗することになりそうです。

あとはアルファードでもハイブリッドや別のグレードにも試乗ようと思います。

値段が値段なので納得できる答えを出したいと思います。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-試乗レポート, アルファード
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.