マツダデミオ試乗レポート!

投稿日:2014年11月17日 更新日:


みごとに日本カーオブ・ザ・イヤーを獲得した、マツダの新型デミオの試乗をしてきました。

今回はディーラー訪問だけでなく、お借りしたデミオ(ガソリン車)で道路をガンガン飛ばしてみましたので、その感想をしっかりとご報告したいと思います。

あのDEMIOがやってくれました!

正直なところ、これまでのデミオにはあまり感心しておりませんでした。

先々代、先代を何度かレンタカーで利用したことがあるのですが、前席でも姿勢を正して座らなければいけない窮屈感、それほど主張やヤル気の感じられない内装、急な坂道ですぐに根を上げるシフト力のなさ、そして、なぜかまるで遊びのないチューニングのブレーキとハンドル、、、。お財布に優しいコンパクトカーを作ったらこうなりましたー、という感じの車に思えていました。

もちろん日常使いの自動車としては、立派に使えるんですけれどね。

ところが、今回モデルチェンジした新型デミオは、そんなネガティブなイメージを真っ更に裏切ってくれたスーパー・コンパクトカーでした。

このデミオ、スゴイ!伸び伸びと座れちゃう!内装も外装もカッコいい!踏み込めばぐいぐい加速する!ハンドルも使いやすいしアクセルがアコーディオン式になってる!

これで200万前後でも買える(ガソリン仕様はもっと安い!)のなら、そりゃ取れますよ、カーオブ・ザ・イヤー。

ドライバー席の快適さが素晴らしい

エンジンと前輪を前方に動かしたことで、運転席の足元にかなりの余裕ができました。

シート位置を下げ背もたれも倒して、スポーツカー気分のシートポジションでも運転できます。
もちろんチルトでハンドル位置の微妙な調整もOKです。

アコーディオン式のアクセルは、高いヒールを履いた女性にも踏みやすくて嬉しいと思います。

窓を操作しようとすると、逆“への字”型に角度がついた窓の下で、ちょうどひじを少し曲げて腕を置けるようになっています。

更にシートの両端が内側に屈折して身体を包みこんでくれて、フィット感、安定感もばっちりです。

demio01 demio02 demio03
インパネも、コマンダーコントロールと呼んでいるナビ操作用の装置も高級感があります。

助手席の前から運転席にかけて、一本の銀色の線が走っているデザインもセンスの良さを感じます。

後部座席は、やはり前席ほど快適ではありませんが、前席シートを少し薄くすることで、先代モデルよりも足元の空間は広くなっているそうです。
demio05demio04
また、ラッゲージルームは底に凹凸がなくまったくフラットに作られていて、使い勝手が良さそうです。
demio06
エクステリアもカッコ良い!

demio001
demio08
欧州の自動車雑誌などでは、マツダの外装は長年可哀そうになるほど酷評され続けていました。

それが転機を迎えたのが“魂動”デザインを取り入れ始めてからで、CX-5のデザインは欧州でも高く評価を受けました。

同じ“魂動”の流れに乗ったデミオ、外装もなかなか素敵です。

アクセラと比べるとおとなしめですが、後方へ流れていく様な動きと力強さを感じます。

面構えも中々のふてぶてしさ。眼を意識してデザインしたというライトも凛々しいです。

ディーゼル車には、ノーズにレッドが一筋入っています。
demio09

 

サイドミラーですが、運転席から見ると上側のサイドがトンガって見えて“格好いいけど擦っちゃいそうー”と思ったのですが、実は実際の形状ではそれほど出っ張りがないのです。この演出、ニクイです!
demio10demio11

人馬一体の走り+高速安定(ガソリン車試乗)

さて、肝心のドライブフィーリングですが、、、これ良いです。

今までのデミオは何だったのでしょうか。
とにかくアクセルの踏み込みやブレーキに対するレスポンスが速くてとても自然、車との一体感を感じられました。

急な踏み込みには、懸命に頑張っているらしきエンジン音は聞こえるのですが、体感としては車が無理をしている様な様子も感じられず、私の右足の意思通りに、スムーズに加速・減速してくれました。

ステップA/Tですが、(日本のA/Tでは常識ではありますが)メーターもエンジン音も気にしなければ、シフトチェンジに気づけない程スムーズな切り替えでした。Sky-Active、やっぱりすごい!

マツダの公式HPを拝読しましたところ、小型車の小回りの良さと引換えとなる、高速カーブでの過敏すぎる反応にも対策を施しているとのこと

むむ、これは試して差し上げなければ失礼でしょう、ということで、白バイさんが見ていたら怒られそうな位のスピードで直角カーブを何度か試してみました。

むむむ、確かに3ナンバーの自動車と遜色ない安定感で曲がれます。

そういえばディーラーさんも、高速での安定感が自慢と言っていました。
確かにスピードを上げても、車が頑張っているなっという気配は感じるのですが、コンパクトかーでありがちなパタパタ感やエンジンの息切れは、少なくとも顕著には感じられません。

ところで、ガソリン車試用にはスポーツモードが設定されています。
他社の自動車のスポーツモードの印象から、スイスイと加速して滑る様に走ってくれるものと、タウン走行でスポーツモードに入れたら、エンジンを吹かしまくってしまいました。

ディーラーで確認したところ、デミオの“スポーツモード”は、思い切った踏み込みが苦手な女性ドライバーなどでもスムーズに加速できる様に、少しの踏み込みでもトルクを増してくれる機構なのだとか。

その為に、そもそもトルク力万全のディーゼル試用では設定がないそうです。

 

終わりに雑感など

公称の燃費はディーゼルA/T車で26.4km/L、ガソリンA/T車24.64km/Lとのことです。

ディーラーで実燃費を確認したところ、まだユーザーのフィードバックが集まっておらず、まだ何ともいえないとのこと。

燃費重視で車を選ぶ方は、クチコミ情報が固まるまで様子をみた方が良いかもしれませんね。
ちなみに、CX-5と同じく、注文は圧倒的にディーゼル仕様が多いそうです。

個人的な発言にはなりますが、デミオでとても嬉しかったのは、ちゃんとM/T車が設定されていること。

日本では新車販売のM/T率は2%とも3%ともいわれますが、この数字の背景には、ユーザーのM/T離れだけではなく、乗りたくてもM/T設定車が商用車とスポーツカーしかない!という(個人的に)悲しい状況もあると思うのです。

日本市場でもM/T車を設定してくれたマツダには感謝してしまいます。

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-デミオ, 試乗レポート
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.