ハスラー試乗レポート!J-STYLEと比較して来ました


2014年1月の発売以降、好調な売り上げをキープしているスズキのSUV軽自動車「ハスラー」

キャッチコピーは「遊べる軽!ハスラー」で、カタログを見るだけでも遊び心満載の楽しそうな車であることが伝わります。

テレビCMでも見かける機会が多く、興味を示されている方も多い車種ではないでしょうか?

今回も家族を連れてスズキのディーラーへ!

写真たっぷりで、ハスラーの魅力を徹底検証したいと思います。

 

~外観~ J-STYLEも撮ってきました

ハスラーのグレードはX、G、Aグレードとあり、XとGグレードにはターボモデルの設定があります。
他にも特別仕様車のJ-STYLE(Jスタイル)が用意されています。

どれを選ぶかはお好みで・・・ということで、試乗車は人気車種のためか2種類ありました。

特別仕様車のJ-STYLEが展示車としてあったので、試乗車のGのグレードと比較してみましょう!

J-STYLEのエクステリア

まずは特別仕様車のJ-STYLE

スズキハスラーJ-STYLE 外観エクステリアデザイン

ボディカラーはクールカーキパールマイカメタリック

スズキハスラーJ-STYLE 外観エクステリアデザイン

スズキハスラーJ-スタイル 外観エクステリアデザイン

スズキハスラーJ-STYLE 外観エクステリアデザイン 後

ミリタリーを意識したようなで男性が好みそうなカラーですね。

特別仕様車は他にフェニックスレッドパール、ブルーイッシュブラックパールの設定があります。

しかもホワイト2トーンルーフのみのようです。

そして、この3色の2トーンルーフカラーはJ-STYLEでしか買えないものなのです。

全体的にホワイトを使ってオシャレにしあげています。

ホイールはアルミじゃなくて15インチのスチールホイール

hustler43

鉄チンだけど、白いとなんかおしゃれに見えますね!

 

ドアミラーはLEDターンランプつきドアミラー

hustler44

こちらも白。おしゃれです♪

下から見上げてみましょう。

hustler45

フロントバンパーガーニッシュにフロントグリルにはHUSTLERのロゴ入り!

hustler46

ディスチャージのヘッドランプにLEDフロントフォグランプも装備されています。

hustler47

通常モデルは後から紹介するにして、特別仕様車は外観には特徴を持たせていますね。

 

標準モデルGのエクステリア

ではこちらが通常モデルになります。

hustler48

GグレードのNAモデルでボディカラーはキャンディピンクメタリック/ホワイト2トーンルーフ。

hustler49

hustler50

これは女性好みのカラーですかね・・

ちょっと男性には奇抜すぎるカラーかも知れません。でも、ピンクが好きな方には良いかもしれませんね!

別のディーラーで撮影したボディカラーも参考にのせておきます。

hustler01

フェニックスレッドパール

hustler02

スチールシルバーメタリック

ボディカラーはダークなものからヴィヴィッドなものまでと幅広いですね。
単色と2トーンカラーを合わせると10色もあります。2トーンカラーはオプション料金がかかりますが、おしゃれで人気があるようです。

外観としては先に紹介したJ-STYLEとの違いで書いてみます。

パッと見ると違いはなさそうなのですが、ちょっとした違いは結構あるものです。

hustler03

フロントにHUSTLERのロゴがないです。
またバンパーのカラーが違います。

 

hustler04

ホイールはインチも計上も同じでしたが、最上位のXグレードになるとアルミホイールになるようです。

フォグランプもXグレードには装備されていますが、Gグレードには装備されていません。

hustler05

Xグレードですと見栄えは良いしJ-STYLEとは違った良さがあると思います。

でも、Gグレードだと少し外観が寂しく見えるかも?

その辺は実際に比較してみると良いでしょうね。

 

~内装~ インテリアも2トーンカラーでおしゃれです!

では内装を見ていきますが、こちらの遊び心はどうなっているのでしょうか?

J-STYEのカラーパネルはボディカラー同色になっていますね。

hustler07

hustler08

通常モデルだと、カラーパネルはホワイトです。

hustler09

カタログを見ると、ボディカラーがパッションオレンジの場合、カラーパネルはオレンジになるようです。

 

ドアにはドリンクホルダーはついていません。

hustler10

スピーカーのまわりを囲むように塗装がされていて、それがヘッドライトと同じ形になっています。
この辺のこだわりも素敵です。

ナビゲーション周りもカラーパネルを使っています。ただ、ナビは全グレードオプションです。

hustler11

エアコンはフルオートエアコンが標準装備でした(Aグレード以外)

hustler12(写真は標準モデルです)

ボタンの作りも丁寧で操作はしやすくなっていますね。

 

エアコンの下には収納やフックもあります。

hustler13 hustler14

機能の面でも手抜きはありません。

助手席で目に入ったのがコチラ・・・

hustler15

「ここを押すと・・・」と書いてあるので押してみます。

hustler16

パカっ!収納でした。(写真がちぐはぐでスミマセン汗)

平らの状態になってテーブルを思わせるようなデザインです。

hustler17

グローブボックスの上もちょっとした物置になるので、収納には困らないのではないでしょうか?

hustler18

グローブボックスもちゃんとあるので車検証などは収納できます。

収納が結構多いですね!

ドリンクホルダーは運転席&助手席ともに収納式です。

hustler19 hustler20

また、助手席をパタンと倒すとこんな感じにアレンジができます。

hustler21

テーブルとして使えちゃいます!ひとりランチまたは、後部席で子どもとご飯を食べるのに便利かも?

シートにもボディカラー同色のバイピングつきです。

J-STYLE シート

hustler23

J-STYLEと通常モデルのパッションオレンジ、サマーブルーメタリック、キャンディピンクメタリックは同色になります。

 

ベンチシート仕様ですが、運転席と助手席の間には収納付きのアームレストつきです。

hustler24 hustler25

大きさはありませんが、収納は多くて困りませんからね。

また、助手席の下にもアンダーボックスの収納がありました。

内装も遊び心があって楽しいですね。

プラスチック多めですがチープ感が少なく、あえて良さを引き出しているのではないでしょうか。

 

続いては後部座席です。

こちらのドアにはドリンクホルダーがありました。

hustler27

取っ手の白もおしゃれです。

 

 

hustler26

結構広いですね。175センチの僕が座っても余裕があります。

160mmのスライドが可能なので、ラゲッジルームに物を置かない時はマックスにスライドすればさらに広く使えます。

hustler29

ラゲッジルームはやや狭めですかね。

hustler30

防水加工してあります。
アウトドアスポーツを想定しているので、こういうのは嬉しいですよね!

スノボーに行った後にボートや靴に雪がついていても濡れないし、汚れがついてもサッとひとふきすればOK!なのは嬉しいです!

 

フラットにすればこれだけ広くなるので、いろいろ積めそうです。

hustler31

ラゲッジルーム下には収納はありません。

発泡スチロールがそのままでパンク修理キットが入っていました。

hustler33

この辺は目隠しが欲しいですが、これも愛嬌でしょうか?う~ん・・・。

内装を見てきましたが、色遣いに収納にとちょっとした部分にも面白さや楽しさがありますね。

外観同様に内装の評価も高いのではないでしょうか。

 

~試乗~ 乗り心地やパワーはどうなのか?

では早速試乗に出掛けましょう。

試乗したのは特別仕様車のJ-STYLEです。

特別仕様車と行っても、違いはデザインだけなので、乗り心地は標準モデルと変わらないです。

hustler34

エンジンスタートはプッシュ式スタートシステム(Aグレード以外標準装備)です。

メーターはこんな感じです。

hustler35

タコメーターはマルチインフォメーションディスプレイで切り替えで表示可能です。

まずエンジンをスタートするとブルブルとした振動はするのですが、耳障りやストレスを感じるようなものではありません。

最近の軽自動車は全体的に静粛性にかなり力を入れていますね。

ハスラーも例外でなく、エンジン音の静かさは評価できるものだと思いました。

営業スタッフの話ではハスラーは遮音性にも力を入れているのだそうです。

窓が大きくとられているので視界は良いです。

hustler36

車高もあって視界も高いので運転しやすいですね。

 

乗る前は、軽自動車だし、車重も重そうだから加速はもっさりするのでは?とそこまで期待していませんでした。

でも、実際に乗ってアクセルを少しグッと踏んでみると結構良い具合の発進をしてくれます。

加速の良さに同乗していた家族もビックリ!

ターボモデルは用意がなかったので試乗していませんが、NAモデルでも十分かなとすぐに思ったくらいです。

スノボをするために買うなら、4WD&ターボは必要かと思いますが、街乗りがメインならNAでも十分ですね。

エンジンの音も音だけ聞くと軽自動車には思えないような低めな音で私は好みです。

 

アイドリングストップ機能はどうでしょう?

13km以下の速度になるとアイドリングストップ機能がスタートするのですが、これがハイブリッド車と思えるくらいの静粛性です。

ストップする際にはどうしても振動が伝わりやすいのですが、私はいつストップしたのかが分かないくらいのものでした。

あとから、営業担当者に聞いたのですが、2015年5月に一部改良してS-エネチャージ搭載したそうです。
S-エネチャージはソリオのマイルドハイブリッドと同じシステムです。

モーターだけでの走行は無いですが、発進時にモーターアシストを使うのでとても静かで燃費も良くなるようです。

ちなみに、S-エネチャージ搭載グレードはG・X・J-STYRLEのみです。
Aはエネチャージも搭載していないので、燃費も悪く走行性も全然違ってくるでしょうね。

エンジンがストップしている際にはエアコンは送風状態になりますが、エコクールを採用しているので冷たい風が出てきます。

なんでも、エアコン内に蓄冷剤が入っていて、冷房を使うと凍るらしいです。蓄冷剤に送風するので冷たい風が出てくるという仕組みのようです。

真夏は非常に嬉しい装備なんじゃないでしょうか?

乗り心地は固めと口コミサイトでは見ていたので、その辺を意識してみました。

でも段差で突き上げられることや、ちょっと路面状況の悪い道にあたっても嫌な感じは残りませんでした。

個人的にはそこまで固くもなく柔らかすぎずちょうどいい感じですね。

やはり、売れている車であることを再認識します。

操作性に静粛性にアイドリングストップ機能に乗り心地など・・・軽自動車であることを忘れるくらいのレベルです。

 

ハスラーの実燃費はどうなの?

「燃費は思ったよりも良くないと思います。」

そう営業スタッフにもハッキリ言われてしまいました。

カタログ燃費は32.0km/lですが、実際の燃費はどのくらいになるのでしょうか?

営業タント者によると・・・

「平均して18~19km/l程度を考えて頂ければ」という案内です。

渋滞の道の走行や、エアコンをつけてしまうと13km/l程度も普通にあるそうです。

 

ネットで燃費レポートを確認すると、やはり平均燃費は18~20km/lというのが多いです。

S-エネチャージ当最後の平均燃費は20.6km/lでした。

確かに、カタログ燃費と比較するとちょっと残念な数字かもしれません。

 

低燃費推しの費用対効果は残念ながら望めないかも知れませんね。

でも低燃費というよりも、遊び心を売りにしている車なので低燃費云々を求めて良いのか?ともなりますが・・・

いずれにせよ、燃費は期待してはいけなそうです。

 

~価格~ 見積もりとってみました!値引きはいくらまでできる?

ハスラーの車両本体価格は1,078,920円~1,664,280円と幅広いです。

ただ走るだけ!であれば、一番シンプルなAグレードの選択肢もあるかも知れませんが、あまりおすすめできません。

せっかくハスラーを買うなら、ある程度の装備や機能を充実させたいですよね!

だから、やっぱりおすすめはGかXでしょう。さらに他の人と差別化したいならJ-STYLEがおすすめです。

J-STYRLEとGグレードの見積りをとってみました。

J-STYLE

38※クリックで大きくなります

1,858,572円

あとはNAモデルのGグレード

39

※クリックで大きくなります

1,725,894円

Xは車両本体価格が142万円~なので、同じオプションをつければ181万円ほどになるでしょう。

また、2トーンカラーを選択すると+4万円かかります。
4WDは+12万円程度。ターボは+7万円程度かかります。

 

この乗り出し価格はどうでしょうか?

最近の軽自動車はかなり良い値段がするように思いますが、相応の性能や快適さもあります。

こちらの見積書ではナビゲーションに147,258円のものを追加しています。
その他のオプションは最低限のものに抑えました。

「ナビゲーションは要らない!」
「ナビゲーションは道だけ教えてくれれば良い!」

そんな方でしたら、カーショップなどでご自身で見つけてみるのも価格をおさえる方法の1つではないでしょうか。

また、諸費用が約13万円かかっています。

オプション+諸費用で約38万円かかっている計算になりますね。

 

ハスラーの値引き相場はいくら?

総額180万円となると結構なお値段ですよね。

少しでも安く買いたいなら値引交渉は必須です。

ということで、営業担当者さんに「値引きはどのくらいまでできますか?」と直球をぶつけてみました。

 

「3万円であとは相談ですかね・・・」
と営業も歯切れが悪くなります。

ウーン、値引きもかなり厳しそうです。

 

自宅に帰って、雑誌を広げ最新値引き情報を確認してみると

目標値引き額は12万円

と書いてありました。

J-STYLEでオプションもたっぷりつければ15万円以上も狙っていけそうです。

ハスラーの値引交渉のポイントは、ライバル車との競合です。

ライバルはN-BOXスラッシュやウェイクあたりが良いでしょう。
さらに効果的なのは、マツダフレアクロスオーバーです。

フレアクロスオーバーはハスラーのOEMなので、違いはエンブレムのみ。
マツダとスズキのディーラーに行って感触が良い方と交渉すると良いかもしれません。

 

私の知人は他社競合を一切せずに、ハスラー褒め作戦に出て、18万円の値引きを勝ち取っています。

実際に買われた方の体験談でも5万円~15万円の値引きで契約した例が多いので、様子をみながら良い数字をゲットしたいですよね。

 

もっと安く買いたいなら、今乗っている車を高く売ることが大切です。

ディーラー下取りはあまり高く売れないので、買取専門店に売るのがベストです。

インターネットの一括見積もりを使うと、無料で複数の業者に見積り依頼ができるのでとっても便利です。
なんでも、下取りよりも平均16万円も高くなるようなのでやらなきゃ損ですよね^^;

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

総合評価 ハスラーは買いなのか?

hustler39

軽自動車の中では外観・内装・走行性など・・・すべてにおいてハイレベルであることを感じます。

これならば試乗して購入してしまう気持ちが分かります。

試乗が終わってから家族と「出掛けるのが楽しくなりそうな車」だと話しました。

ファーストカーとして成り立つか?と言われたら、成り立つとは思います。

でも、未就園の子供がいるファミリーは使い勝手は不向きという印象です。

何かと荷物が多い未就園の時期はベビーカーも含めてママも荷物が多くなりがち・・・

後部座席にチャイルドシートをのせて、隣にはママが座って子供のお世話!となるとそれでいっぱいです。

ラゲッジルームにもう少しゆとりがあれば違ったのでしょう。

でも後部座席を倒すことも出来なくなるので、流行の大型ベビーカーも商品によってはのせられません。

後部座席でサッと着替えなんてことも難しいですよね。

ファミリーにはそんな感じに難点も多少出てしまいますが、あとは年齢や性別を問わずハスラーの遊び心を思い切り楽しめるかと思います。

実際にシルバー世代の方にも好評なのだとか。

運転していて凄く楽しいか?と聞かれたら爆発的な加速があるわけじゃないし、走行性もそこまで高くないのでそういった楽しさは無いと思います。

普通に走ることを求め、独創的なデザインや遊ぶことにウェイトを置かれる方には最高の1台になりそうですね。

 

タイプ別に軽自動車を比較ランキングしたので参考にして下さい。

→軽自動車人気ランキング!人気度や燃費、デザインでタイプ分けしました

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…
  2. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  3. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る