日産ジューク試乗レポート

日産ジューク試乗レポート!乗り心地や燃費の評価は?

投稿日:


ジュークは2010年6月に発売され、日産自動車にて製造・販売されているコンパクトクロスオーバーSUV型乗用車です。

2014年に行われたマイナーチェンジを経て現在に至っておりますが、試乗出来るディーラーが少ない状況でした。

試乗したいという需要がないのかな?
2014年は月間新車販売台数が約14,000台で月の平均が1,000台なのでちょっと低迷してはいますね。

詳しいことは分かりませんが、何とか試乗車を探して行って来ました。

 

~外観編~かっこいい?ダサイ?あなたはどっち。

やっと見つけた試乗車ですが、いざ行ってみるとこちらが用意されていまいた!

日産ジュークニスモ外観
何と試乗車がニスモ仕様だったのです。

展示車は15RXでした。

日産ジューク15RX

こちらは展示車になり、試乗は不可ですので写真撮影のみさせて頂きました。

日産ジューク リアデザイン

juke00201

juke02101

イギリスのデザイナーが手がけたそうです。

日本国内では似たデザインの車は殆ど見ることがなく、独創的なデザインであると思います。

発表から5年が過ぎていますが、古さは全くありませんね。

 

juke02701

ヘッドライトはこの丸い部分になるそうです。

64,800円のオプションでキセノンヘッドランプへの変更が可能です。

 

juke01001

で、こっちがウィンカーです。

 

juke00401

サンダーテールも他にないデザインで格好良いと思います。

こうして見ると可愛くもあり、格好良くもあり好きな人にはハマるデザインですね。逆にカッコ悪いと思う人もいるでしょうが。

 

juke00801

215/55R17のアルミホイールが装着されていますが、これは86,400円のオプションです。

標準装備は205/60R16でホイールカバーです。

16インチでも良いかとは思いますが、せめてアルミにして欲しいですよね。

 

なお、ジュークは9種類のボディーカラーから選ぶことが可能!

そこにパーソナライゼーショングレードを選べば、エクステリアにインテリアにとそれぞれの専用パーツのカラーを選択することが出来ます。

 

自分好みの誰かと被らないジュークに仕上げるのも可能です。

遊び心がつまっていて楽しさもありますね。

 

スペック・サイズ

価格 1,737,720円~3,434,400円
燃費 12.6~18.0km/l
全長×全幅×全高 4,135×1765×1550mm
室内長×室内幅×室内高 1,835×1,470×1,215mm
ホイールベース 2,530mm
車両重量 1,170~1,400kg
グレード 15RS/ 15RX/ 15RX Urban Selection/ 16GT / 16GT FOUR/NISMO/NISMO RS

 

 

~内装編~室内の広さはどのくらい?

見た目では3ドアに見えますがちゃんと5ドアあります。

jukedoa

juke00501

juke00101

シート地は「スエード調トリコット」。触れてみると真ん中の部分はサラっとした素材で、良い感触です。

シートのサイドが立ち上がっているので乗り降りの時にちょっと引っかかります。

 

juke00601

ステアリング

 

juke02401

シフト

juke01101

ルームミラー

juke01801

ジュースホルダー

juke02901

ダッシュボード

 

こうして見ると国産ではなかなか見ないデザインかなと思いました。

あと担当営業がオススメポイントとして紹介していたのはエアコンの部分!

juke02001

液晶の部分にはエアコンの情報だけでなく、D-modeボタンを押すことで車の情報の入手が可能!

これがジュークにのみ採用された技術と言うことを推していました。

 

後部席

では次は後部座席です。

juke02301

juke00301

やっぱり天井はちょっと低いです。座る人の体格にもよりますが170位上の男性ならちょっと窮屈かもしれません。

足元の余裕も少ないです。乗車人数としては3人以内でおさえたいところです。

 

~試乗編~乗り心地はココが不満でした

では試乗にいってきまーす!

 

展示車はニスモ仕様のみという状況で参考になるかな?と思っていました。

すると店長が「従業員のもので良ければRXの試乗が出来ますので如何ですか?」と言ってくださいました。

どうやらニスモ仕様はベースグレードとは全く別物なのかも知れませんね。

そこは店長の提案どおり、従業員の試乗車をお借りしました。

 

ニスモ仕様のメーターだけ撮影しておきますが、こんな感じです。

juke03001

 

ベースグレードの速度は180kmまでの表示ですが、ニスモは240kmまであります。その他は同じでした。

 

スタートはプッシュ式でエンジンの始動音もなかなか低音で良いです。

アクセルを踏んでみるとスッと出足がよく1500ccとは思えない感触があります。

乗り心地

少し走ってみると、他の1500ccクラスの車と比べて車への振動が伝わりやすい気がします。

シートもスポーティーさがあることから固めです。

慣れていないこともありますが、少しだけ疲れを感じました。

でも、この手の車はある程度の乗り心地の悪さは仕方ないのかも知れません。

スポーティーな車が好きだ!と言う方には丁度良いのかも。

 

運転席のみの意見になりますので、試乗の際は後部座席にも乗ったほうが良いでしょう。

また違った乗り心地を感じるのではないでしょうか?

 

死角が多い

他のマイナスポイントとしては死角が広いということでしょうか?

Aピラーとサイドミラーが大きさが原因かも知れません。

juke02801

ちょっと怖い場面が何度かありましたので、こちらも試乗の際に確認してみると良いと思います。

 

~燃費編~実際の燃費はリッター○キロでした

あくまでもベースグレードのRXの話になりますが、カタログ値が18.0km/lです。

他にも1600ccやニスモ仕様がありますが、当然ながら燃費は12~14km/lとグンと下がります。

試乗車としてお貸ししてくれた担当営業の方に燃費について実際の声を聞いてみました。

毎日の通勤距離は片道20分だそうです。

実際の燃費は15~16km/lで大体落ち着いているとのことでした。
カタログ値と比べるとかなり優秀な数字ですね。

道路状況に関してはあまり混んでない時間に走行しているため、渋滞などには殆どかからないそうです。

最近の燃費優先のクルマと比べて良いとは言えませんが、だからと言って悪くもないと思います。

 

他の方の燃費レポートを見てみると実燃費は10~15km/l位になるようです

 

 

~金額編~見積りをもらってビックリ総額は・・・

お勧めのグレードは?とお伺いしたところ、先述のパーソナライゼーショングレードを選ぶかどうかについて聞かれました。

特にその辺の希望がないのでしたら、お勧めは15RX(2WD)とのことです。

 

見積りはこちら

juke00901

車両本体価格は1,966,680円に特別塗装色のブリリアントパールを37,800円にて選択しています。

 

3,037,497円!

見積書を頂いて、値段を二度見してしまいました(汗)

 

車両本体価格そのものは低めではありますが、オプションの品物が多いことが分かります。

キセノンヘッドランプに17インチのアルミホイールにアラウンドビューモニターだけでも20万円を超えています。

そこにナビゲーションやら入れたらオプション総額が47万円に!

それに加えて諸費用が35万円。

車両本体価格の他に約80万円かかっています。

 

担当営業のお勧めでドライブレコーダーが入っていますが、これは必要でしょうか?

最近、商談すると決まってドライブレコーダーが何も言わなくても見積に入っている場合が多いです。

オプションは必要なものとそうでないものをしっかり見極めたいですね!

 

オプションに何を選択するかでかなり変わってくると思います。

グレードごとの価格表を載せておくので、車両本体+オプション+諸費用(35万)で予算を計算しましょう。

グレードごとの価格表

15RS

173.7万円

15RX 196.6~203.6万円
15RX アーバンセレクション 221.5~228.5万円
 16GT/16GTFour 233.8~267.8万円
 ニスモRS 343.4万円

 

15RSなら200万前半で購入できそうですが、装備がかなり貧弱になります。

最低でも15RXくらいの装備は欲しいところです。

 

ジュークの値引きはいくらまで?大幅値引きを引き出すコツ

気になる値引きはどうでしょうか?

初回商談で引き出せた金額は15万円という金額でしたが、この数字は大体想定内です。

何度も商談をしていると最初はいかに低めの金額を提示されるのかが分かりますね。

事前に調べておいたところ、25~30万円くらいの数字が出ることも普通にあるようです。

目標としては30万円程度で、そこにオプション面で何かあれば上出来かと思います。

 

値引交渉のポイントとしては、ヴェゼルヤCX3と競合させると効果的のようです。

あとは、経営資本の異なる日産があればジューク同士対決をさせるといいでしょう。

オプションを含めて40万超えしたという方もいるので、しっかり交渉したいところ。

 

あと、忘れちゃいけないのが今乗っている車を高く売ることです。

ディーラーに下取りに出すと損してしまうことがあるので、複数の買取業者に見積りをとってから行きましょう。

これだけで下取り車の価格が10~20万円の差が出るかもしれません!

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

日産ジュークの評価。買いなのか?

車としての性能は総合して良いと思います。男性だけではなく、お洒落な見た目は女性にも人気が高いとのことです。

自分好みにアレンジ出来ることもあり、パーソナライゼーショングレードを選ぶ方は女性が多いそうです。

 

ただし、見た目に関しては好き嫌いの部分はハッキリ分かれるのではないでしょうか?

私は好きですが、家族はどうも好きでないようです。

やはり独創的な外観から若者に人気なのかと思えば、そこまで極端ではないみたいです。

 

購入層としては30~40代の子供の居ないご夫婦や単身の方が多いとのことです。

ファミリーカーとしては不向きですね。

またはセカンドカーと言う使い方もあると思いますが、それに300万は贅沢・・ですかね?

 

気になっている方はぜひ試乗してみてください。

私のように試乗車を見つけるのに苦労するかもしれないので、電話などで確認してから行くといいですよ。

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ジューク, 試乗レポート
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.