日産ジューク15RX Vセレクション購入レポート

投稿日:


今回は日産ジューク15RX Vセレクションを購入したNさん(35歳男性 沖縄県)に購入レポートを書いていただきました。

ジュークの購入を考えている方は参考にしてくださいね。

 

ジュークを購入したきっかけ

昨年(2016年)日産のジュークを購入しました。

色はラディアンレッドで、グレードは15RX V セレクションです。

ジュークのグレードには15RX V Selectionの他、15RX、15RX V Urban Selectionなどがあります。

 

グレードを決める際、私は車体を2色に塗り分けられるドレスアップや、ドアミラーやドアハンドル等を自分の好きな色の組み合わせにすることができるパーソナライゼーション、アルミ製スポーツペダルなどは必要ないと感じたため、15RXと15RX V Selectionに絞って違いを比較検討しました。

 

エクステリアに関しては15RX V Selectionは15RXにはないフォグランプやアルミホイールが装備されており、ドアミラーはドアをロックすると自動で格納する仕様になっていました。

 

また内装に関しては15RXにはないプッシュエンジンスターターなどが装備されています。

ボタンでエンジンをかけることができるというのが私にとっては新鮮でした。

 

15RX V Selectionは15RXよりもグレードが上なので、様々な装備が充実しているのは当たり前かもしれません。

しかし、多少値段が上がっても上記のように魅力的な装備がある15RX V Selectionを選びました

 

引っ越しがきっかけで車を買い替えた

私がジュークを購入しようと考え始めたのは引越しがきっかけでした。

昨年沖縄に引っ越すことになりました。

 

元々住んでいた場所では知り合いから譲っていただいた古い軽自動車に乗っていましたが、これをわざわざ島まで船で車を運ぶのは大変手間暇がかかります

また、車の古さも考慮すると運ぶメリットがあまりありませんでした。

 

そこでせっかくなのでこれを機に新車を購入しようと考え始めました。

 

ジュークを選んだ理由はエクステリアのかっこよさ

実は新車購入を考え始めた当初から、購入対象としてジュークという選択肢が私の中には既に存在していました。

 

というのもまだ車の購入など全く考えていない頃、路上を走っているジュークを見たことがあり、その時からずっと他の車とは違ったその独特なエクステリアが気に入り頭の隅に残っていました

一瞬ヘッドライトが2種類付いているかと勘違いしてしまいそうな面白いフロント、コンパクトSUVだけれどもずんぐりとしたボディ、ブーメラン状のテールランプなどは他の車にはあまりありません。

ジューク15RX V Selection

 

私は昔から他の人が持っているものと似ているものや同じものを好まないため、ジュークのこのような奇抜なデザインにどこか心惹かれるものを感じていたためか購入対象の選択肢としてすぐに思い浮かびました。

車を購入する際そのまま他の車との比較をせずに日産の販売店に行き、すぐにジュークの購入を決めようとも思ったのですが、一応念のため他社との比較も行いました。

 

マツダCX5と比較、値引き交渉も

念のためと行った他社との比較でしたが、これは最終的に値引き交渉の材料として使うことができました。

私がジュークと比較検討したのはマツダのCX-5です。

ジュークと同じSUVであり、デザインも良かったため比較の対象としました。

 

事前に日産、マツダ双方の販売店に試乗の予約を入れたうえで、伺わせていただき双方で見積もりも作りました。

最終的にはジュークを選んだのですが、その決め手になったのが運転のしやすさ、中でもコーナリングのしやすさが決め手の1つとなりました。

 

ジュークとCX5を比較してみて

ジュークとCX-5を試乗してみると、どちらも座席が一般車よりも高いため、視界が開けており遠くまで見渡すことができる点は安全対策にもつながると感じました。

両車とも大変優れていたのですが、ジュークはコンパクトSUVというだけありCX-5と比べてコーナリングなど細かい動きがしやすいことが試乗でわかりました

 

沖縄は、路上駐車が多いため道路が細くなっていることが多い道路に合っていると感じ、ジュークを選びました。

 

オプションでおすすめはアラウンドビューモニター

購入時には次のオプションを付けました。

キセノンヘッドランプ

ハロゲンランプの約2倍の光量があるため、普通のヘッドランプよりも遠くまで照らすことができている気がしています。

 

アラウンドビューモニター

アラウンドビューモニター&ディスプレイ付自動防眩式ルームミラーも付けることにしました。

これはジュークを今後購入する方には、ぜひ付けたほうがいいとオススメできるオプションです。

 

現在駐車をする時にバックモニターを使うという方も多いと思います。

けれども周りに障害物がある場所では、後ろだけではなくてそれらにも気をつけなくてはなりません。

 

バックモニターが後ろのみを見るのに対して、このアラウンドビューモニターは自分の車を俯瞰で見た状態や死角になりやすい左前輪側、前進時には前の車、後退時には後ろの車を車内のモニターやルームミラーに映し出すことができます。

つまり、アラウンドビューモニターはバックモニター以上の利便性を兼ね備えていることが実際に使うことでわかりました。

 

これがあるおかげで駐車の際に隣との距離が微妙な時や周りが見えにくい場所、障害物がある場所への駐車が以前より簡単にできるので助かっています。

 

値引き交渉でいくら引けたのか?

ジュークを新車で購入する時に気になったのが、元々の値段そして値引き額についてでした。

付けるオプションやジューク自体のグレードによって値段は変化しますが、値引き前の額としてはだいたい190万円から300万円の間になります。

私の場合は値引き前の額としてはオプション込みで約290万円となりました。

 

ここから値引き交渉を行ったのですが、値引き交渉で重要なことはただ単に販売員に値引きをお願いすることだけではなく、他社の車と比較しているということをきちんと伝えることです。

 

私の場合日産の販売員の方に、きちんとジュークとマツダのCX-5を比較検討しているということをお伝えすると、すぐに上司のところへ行って値引きをした見積書を作ってくれました。

 

最終的には値引き額は29,4036円、約30万円値引きをしてもらい、乗り出し価格は260万円ちょうどとなりました。

 

納車は2ヶ月かかりました。

ジュークは特に人気がある車種ではないので、納車も早いと思います。

 

納車されて改めてジュークの良さがわかった

納車されたジュークの乗り心地や使い勝手は快適そのもので、実際に乗り続けることでジュークの良さに改めて気付くことができました。

 

座高の高さやアラウンドビューモニターなどは前述した通り素晴らしいです。

 

エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報などの安全装備がカタログや試乗だけではいまいちピンときませんでしたが、日常生活で乗ることで非常にしっかりした装備であり、付いていてよかったと思えるものでした。

 

特に車線逸脱警報は夜街灯が少なく見にくい場所で非常に役に立ちます。

 

また燃費に関してはアイドリングストップが備わっているため、無駄なガソリンの消費を抑えることができます。

 

後悔していること

一方で車内、特に後部座席についてはもう少しきちんと座ってみたりと確認しておくべきだったと納車後に思いました。

私は単身のため試乗の時は運転席に座って運転しただけで、日頃使わないであろう後部座席は見るだけにとどまっていました。

納車後実際に座ってみると思っていたほど広くはなかったので、個人的にはジュークはファミリー向けというよりはむしろ私のような単身者や夫婦のみの方に合っています。

 

ジュークを購入しようと考えている方へ

私のように他の人と同じデザインは嫌だ!という特殊な方(笑)にはジュークはオススメの一台です。

最近コンパクトSUVの人気が上昇していて、トヨタC-HRやマツダCX-3、ホンダヴェゼルなんかも売れています。

その中でも、ジュークのデザインを好む方もいると思います。

それぞれ特徴のある車なので、乗り比べてみると面白いかもしれませんね。

ジュークのことが気になる方は、ぜひ1度試乗をしてみてください。

きっとジュークのパワフルな走りやスムーズなコーナリングなどに魅力を感じてもらえるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ジュークは確かに他の車とは異なるデザインで、好き嫌いが別れるかもしれませんね。

カッコイイ!と思う方もいればダサい!と思う方もいるでしょう。

あなたはどちらですか?

カッコイイ!と思うなら試乗にレッツゴーです♪

 

ジュークについてもっと詳しく知りたい方は口コミも参考にしてください

→ジュークの口コミってどうなの?良いところ、悪いところまとめました

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-試乗レポート

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.