N-BOXスラッシュの試乗レポート


N-BOX/(Nボックススラッシュ)は2014年12月に発売され、ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の中では最新となる車種です。

またNシリーズ増やしたの?と最初はそんなことを思ったような気がします。

ただ形が違うだけでしょう?の気持ちでディーラーに行きましたが、実際に見てみるとなかなか好印象(笑)
見てみないことには分からないものですね。
やはり売れる車はどんどん開発されて展開して行くとも言えるのでしょう。

N-BOXスラッシュの外観が結構特徴的でかっこいい!

N-BOXスラッシュですが、モデル&グレード展開と価格設定はこんな感じです。

 

 グレード 価格 (FF) 価格(4WD)
G(NAエンジンモデル) 1,380,000円 1,500,000円
G・Aパッケージ(NAエンジンモデル) 1,460,000円 1,580,000円
G・ターボAパッケージ 1,590,000円 1,710,000円
X(NAエンジンモデル) 1,650,000円 1,770,000円
X・ターボパッケージ 1,650,000円 1,880,000円

結構高めの価格設定ですね。最終的な乗り出し価格は結構な金額になる予感・・・(汗)

今回、見せてもらったのはターボエンジンモデルのX・ターボパッケージ

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 フロントベースとなるN-BOXと比べるとルーフが100mm、サスペンションが10mm、全高にすると110mmほど低くなっています

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 斜め前
窓の形状も特徴的ですよね。
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 サイド窓の上部にはグルっと一周でメッキ加飾がされていますし、ガーニッシュがテールに向かって付いています。
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 後部ドアハンドルがメッキですが、こちらは全モデル&グレードに標準装備。
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 ドアハンドルタッチすることで施錠解錠の出来るスマートキーも標準装備です。

LEDウインカー付のドアミラー

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 ドアミラーGグレード以外はオートリトラミラーが装備されています。

ヘッドライトはディスチャージヘッドライト
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 ヘッドライトこれも全モデル&全グレードに標準装備です。

やはり車両本体価格が高めなだけあり、下位グレードでも装備には満足出来そうです。

メッキも多く使われており、給油口の蓋もメッキでした。
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 給油口全体的な質感はかなり良いのではないでしょうか。

後部座席のドアハンドルですが、これも特徴的です。

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 後部座席ドアハンドル最初は2ドア?とも思えるようなスタイリングでしたが、ここにありました。

N-BOXスラッシュリアドアハンドルそういえばホンダの人気SUVのヴェゼルもこんな感じでしたね。

軽自動車にしてはなかなか思い切ったデザインを取り入れたように思います。
でも、ドアハンドルが高い位置にあるので、子供は手が届かなそうですね・・・。

アルミホイールは15インチ
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 タイヤ大きめサイズを履くことで格好良さが増していますね。
N-BOXスラッシュの中でアルミホイールが標準装備となっているのはX・ターボパッケージのみ

他のモデル&グレードですと形状は違うもののスチールホイールになってしまいます。

NAモデルのXですとこんな感じですね。

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 タイヤこちらは14インチになり、カラードディッシュホイールとなっています。

リアから見てみるとこんな感じです。

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 バックN-BOXとの比較になってしまいますが、ルーフがすこし低く感じます。
スーパーハイト系ワゴンが多いので、こういうデザインは新鮮さがあります。

他にはカラーアレンジとして2トーンカラースタイルも選択が可能です。
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 2トーンカラースタイルこちらはNAエンジンモデルのXにプレミアムホワイトパールⅡとレッドの2トーンカラーホンダN-BOXスラッシュ 外観 2トーンカラースタイルホンダN-BOXスラッシュ 外観 ドアミラー ルーフにドアミラーのカラーを変更出来ますが、グレードによって選べるカラーと金額に違いがあります。

値段は32,400円~81,000円
ホンダN-BOXスラッシュ 外観 2トーンカラー例えばこのカラー組み合わせですとNAエンジンモデルのXのみに設定されたもので、81,000円となります。
ただ内装も変わりますので一概に81,000円が高額かは分かりません・・・。

外観を振り返るとトヨタのbBやヴォクシーのような少しヤンチャな感じがあり、女性よりも男性が好みそうですね。
またデザイン的に若い世代にも支持されるのではないでしょうか。

CMやウェブサイトで見た時はあまり格好良さを感じませんでしたが、実際に見たらかなり良かったです。

インテリアもかなりこだわっていました!

続いてはN-BOXスラッシュの内装も見てみましょう。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 運転席ドアを開けた瞬間に何やら良い予感がします。

ドアの内側はこんな感じです。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 運転席ドアメッキドアハンドルだけではなく、ピアノブラック×メッキのドアスピーカーもあります。

シルバー調のガーニッシュや広々としたドアポケットも装備されていますね。

シートはファブリックです。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 前部座席インテリアカラーパッケージ次第では素材も変わります。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 前部座席こちらはオプションで選べるダイナースタイル。ぜんぜん雰囲気が違いますね。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 前部座席明るさと派手さのあるアメリカンな雰囲気ですね。

軽自動車でここまでの内装はなかなか無いですよね。

では通常の内装に戻りましょう。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 前部座席運転席を見渡してみるとブラックを基調にし、所々にシルバー加飾を施しています。

ステアリングは上級モデルにあたるXの2グレードとG・ターボAパッケージのみが本革巻きとなっています。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 ハンドルステアリングにあるスイッチは全モデル&グレードに標準装備です。

ステアリングの横にはドリンクホルダーがあり、シルバー加飾されています。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 ドリンクホルダー エアコンの吹き出し口にも囲うようにメッキが使われていますね。

メーターは自発光式となっており、かなり見やすくなっています。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 メーターこれはN-ONEやN-BOXとも同じ感じになりますが、部分的に見えずらくなっている箇所があります。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 メーター視線をずらさないと見えないのはちょっと不安です・・・。

Xの2グレードのみですが、運転席&助手席シートヒーターとステアリングヒーターが標準装備されています。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装冬にステアリングヒーターを使うとこれがなかなか手放せなくなります。これは女性にも喜ばれますし、標準装備になっていない普通車も多いです。

もうこれだけで高級感をひしひしと感じてしまいます。

インパネの部分も見ていきましょう。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 インパネエンジンはプッシュスタート式で電動ブレーキが採用されているじゃないですか!

普通車ももう少し頑張って欲しいものですね。

エアコンはフルオートエアコンでプラズマクラスター付きです。

下に視線を向けてみるとバックロードフォーン型サブウーファー。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 バックロードフォーン型サブウーファーこちらはサウンドマッピングシステムが標準装備となる上位グレードX以上に入っています。

サウンドマッピングシステムとは簡単に言えば、いい音で音楽が聞けるシステムです。
限られたスペ-スの中で低音から高音まで高性能スピーカーでクリアにすることをはじめ、臨場感のある音空間を実現しています。

ウーファーの上でワイヤレス充電が可能で、シートヒーターのスイッチもありました。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 シートヒータースイッチルームランプはLEDになっています。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 ルームランプサングラスを収納するスペースつきです。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 収納 その他の収納はどんな感じでしょう?

グローブボックス
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 グローブボックスアームレストの中には小物入れ
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 アームレストフックは助手席の横と後ろの二ヵ所に設置済
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 フックホンダN-BOXスラッシュ 内装 フック収納としてはシンプルですが、それ以上に室内の装備の充実ぶりが凄い!

あえてオプションにせずに値段は上がるものの最初に装備してしまうのも、ある意味潔くて良いのかも知れませんね。

後部座席

後部座席を見てみましょう。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席後部座席にもガーニッシュとメッキハンドルが装備されていますね。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席ドアドリンクホルダーもありました。

後部席はまずまずの広さです。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席 足元
いかがでしょうか?

助手席をスライドすることでこのくらいの広さの確保は可能

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席 足元大人が乗っても余裕がありますね。
シートは、軽自動車としては良いほうですが、まぁまぁかなという印象。

後部席は跳ね上げも可能です。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席写真だとわかりづらいですが座る部分を上に跳ね上げてスペースを確保できます。

片方だけ跳ね上げてベビーカーなどをおいたりなど、大きな荷物も積めそうです。

ラゲッジスペース

では、ラゲッジスペースの広さはどのくらいでしょうか?

ラゲッジルームはこんな感じです。

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 ラゲッジルーム室内スペースをフルに使っているのでこの辺の広さはコンパクトですよね。

50:50分割方式になっていて、レバーを使ってポンと倒せます。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席 レバーこうすれば少しスペースが増えますよね。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 ラゲッジルームアンダートレイも完備されていますが、コンパクトサイズでした。

後部座席にもサウンドマッピングシステムに装備されるスピーカーがあります。
ホンダN-BOXスラッシュ 内装 後部座席スピーカーまた、後部座席がスライド出来ることもありNシリーズの中でも装備の良さはN-BOXスラッシュがダントツに良いことも分かります。

いよいよ試乗!乗り心地や走行性をターボモデルとNAを比較してみる

ターボモデルとNAモデルがあったので、乗り比べてみました。

ターボモデル

試乗はまずターボエンジンモデルのX・ターボパッケージからです。

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 バック大人3人+小学生の子供1人でのフル乗車でした。

ターボエンジンモデルとは言ってもドッカン系の滑り出しではなく、滑りだすようなスタートです。

他の軽自動車でも滑り出すような感覚は何度か経験していますが、中でもN-BOXスラッシュが一番綺麗な滑り出しのように思えました

幹線道路に出ても3000回転まではとても静かに走ってくれます。

高速道路に出てしまうと結構な音がするかとは思いますが、それは軽自動車には共通することかと思っています。

ターボエンジンモデルはNシリーズでそれぞれに設定がありますが、あまりアクセルをガンガン踏まなくても流れに乗れてしまいます。

少し踏んだだけで他の車を引き離してしまうトルクもあり、走りとしてはかなり十分なもの。

運転していても快適さを感じるのですが、これは重心がN-BOXと比べて低めであることやホイールベースが長めであることに原因があるかと思いました。

後部座席に座る家族の評価も良く、これまでに試乗した他の軽自動車よりも遥かに良かったとのことです。

運転していても大きな突き上げ感などもなく、しっとりと柔らかいという感じでしょうか。

減速を怠ってカーブに入ってしまったところ、結構なロール具合だったのでそこは注意した方が良いかという印象でした。

「上質でしっとり」大人のターボエンジンモデルを思う試乗だったような気がします。

NAモデル

続いてはNAエンジンモデルのXです。

ホンダN-BOXスラッシュ 外観試乗とはあまり関係ないのかも知れませんが・・・このボディカラーと少しだけ見えるインテリアからなのか?すれ違いざまに振り返る人が多いように思えました。
見た目のインパクトがかなり大きいのがプレミアムホワイトパールⅡとレッドの2トーンカラーかもしれません。

N-WGNからかなりエンジン改良されたと聞いています。
乗ってみて感じたのは静粛性がかなり良かったです。

とっても静か!

アクセルも無理して踏み込まなくてもスムーズで、加速をしなくてイライラ・・・なんてこともありません。

ここまでスムーズだとは思っていなかったので感動を覚えました!

軽自動車をいくつか試乗してきましたが、ターボエンジンモデルとNAエンジンモデルを比較するとかなりパワーに差があると感じることが多かったです。
でも、N-BOXスラッシュで乗り比べてみるとNAエンジンモデルでもかなり快適に走ってくれます。

もちろんターボのほうが加速はスムーズですが、普段の足としてはNAでも全く問題なく、というかその辺の軽自動車よりもキビキビ走ってくれるのではないでしょうか。

今回は試乗コースが短く、時間も限られていたので坂道などを試乗する機会がありませんでした。

その辺は営業スタッフに確認してみたところ、ここでターボエンジンモデルとNAエンジンモデルの差は出てくるそうです。
でも坂道のない平坦な場所であれば急加速でもしない限りはそこまでの大きな差は感じないとも話しています。

ターボエンジンモデルとNAエンジンモデルの乗り比べは必須!と思っていますが、なかなか試乗車がないという問題もありますね。

街乗りで使うならNAでも十分。
高速や山道を多様する方や、メインの車として休日のレジャーにも使いたいならターボがおすすめですね。

 

N-BOXスラッシュの実燃費はどのくらい?

N-BOXスラッシュの燃費をカタログで見てみると

25.8km/l(FF)24.8km(4WD)
G・Aパッケージ 25.8km/l(FF)24.8km(4WD)
G・ターボAパッケージ 24.0km/l(FF)21.8km(4WD)
25.8km/l(FF)23.8km(4WD)
X・ターボパッケージ 23.0km/l(FF)21.0km(4WD)

 

Nシリーズはパワフルな走りが特徴ですが、燃費を犠牲にしているような気がします

他の軽自動車に比べて馬力が高いことが原因なのか、それともエンジンの開発が間に合っていないのかはちょっとわかりません・・・。

でも、スズキと比較すると明らかに燃費は悪いですね。

では、実燃費はどのくらいなのか?
試乗した時に計測してみました。

X・ターボパッケージ

ホンダN-BOXスラッシュ 内装 メーター8.9km/l(# ゚Д゚)

この後に試乗したXでは12km/lでした。

距離にして3km程度の試乗コースだったのであまり参考になりませんね
ある程度の距離数を走ってみないと平均燃費はどうしても伸びません。

ネットで実燃費レポートを見て見ると、平均としては20km/l行くか行かないかあたりのようですね。

ターボエンジンモデルよりもNAエンジンモデルのデータの方が多めですが、カタログ値の60~80%が実際の燃費になるようです。

ターボエンジンモデルですとアクセルの踏み具合に個人差が出ますからね・・・。
あまり燃費云々気にする軽自動車ではないのかな・・・なんて気もしました。

N-BOXスラッシュの見積もりをとってみました

見積書はNAエンジンモデルとターボエンジンモデルにて作成します。

X・ターボパッケージ

ホンダN-BOXスラッシュ 見積書2,325,646円


ホンダN-BOXスラッシュ 見積書2,207,046円

オプションに関してですが、ナビゲーションも8インチの一番良いモデルにしています。
ナビゲーションを何にするかで値段はまた変わるかと思います。

ただ道案内くらいで良い!のであれば10万円少々で装備出来るのではないでしょうか。

値引きはこれだけの金額なこともあり、10万円は初回商談で提示されました。

今回、N-BOXスラッシュで伺ったディーラーと営業スタッフには以前にもお世話になったことがあります。

その時は契約には至りませんでしたが「また来ていただけた」ということも含めて最終的には15万円は出しますとの案内もありました

値引きの相場としてもやはり15万円前後となっています。

でもホンダは軽自動車の中でも値引きの数字が出ると思うので、根気強く交渉してみても良いでしょう。

競合となる車種がなかなかありませんが、ホンダのチャネルを変えての競合でも良いかも知れません。

N-BOXスラッシュは買いか?

ホンダN-BOXスラッシュ 外観 前方車両本体価格や維持費が安いという理由が全てで軽自動車が選ばれる時代ではなくなっている気がします。
集合住宅が増えたり、入り組んだ住宅地に家を建てたりと住居状況も様々です。

軽自動車しか選択肢がないという方も増えていると思います。

そんな中で街乗りはもちろん、装備も優れた軽自動車を求めている方も多いのではないでしょうか?
ただ走って止まるだけではなく、その上を行く軽自動車です。

N-BOXスラッシュはやはり最後発のNシリーズだけあり、装備の充実度はかなり満足できるものです。

シートヒーターにステアリングヒーターに電動ブレーキなどのプレミアム装備まで備えられています。

カタログやウェブサイトを見てあれこれ思うよりもまずは実車を見て欲しいです。

是非、ホンダのディーラーへ出かけてみてはいかがでしょうか?この質感の高さに軽自動車に対する常識が覆るかも知れません。

 

タイプ別に軽自動車を比較ランキングしたので参考にして下さい。

→軽自動車人気ランキング!人気度や燃費、デザインでタイプ分けしました

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  2. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…
  3. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る