パッソ試乗レポート

トヨタパッソ試乗レポート!内装や外装のデザインや燃費をしっかり調査。

投稿日:2015年6月29日 更新日:


パッソを試乗するためにカローラ店へ行って来ました。

ダイハツ工業との共同開発になり、「ブーン」とは双子車になるそうです。

「プチトマト」をもじった「プチトヨタ」という呼び名もあり、可愛らしさの溢れた車になってそうですね。

 

現在のモデルは2代目となります。

2010年にフルモデルチェンジをして、その後は2014年にマイナーチェンジをしています。

 

パッソが2016年4月にフルモデルチェンジしました。

→新型パッソなにが変わった?デザインや燃費をチェックする

 

 

可愛い!女性に人気のパッソの外観

カローラ店へ着いて、真っ先に飛び込んで来たのがコチラ!

パッソ 外観

パッソエクステリア
1000cc HANA Series 車両本体価格 1,444,255円

ボディカラーはサクラパールマイカというもので、ドラえもんのしずかちゃんカラーとのことです。

「可愛いですね」と思わず口にしてしまいました。

このカラーですが HANA Seriesのみのオプションカラーとのことです。

サクラパールマイカが良ければHANA Seriesしか選択肢がありません。

 

passoIMG_202201

passoIMG_202801
全長3,650mm×全幅1,665mm×全高1,535mm

ホイールベース 2,440mm

車両重量 940kg

 

展示車ですが、別グレードがありました。

passoIMG_200601

1.0X Lパッケージ 車両本体価格 1,356,873円~

ボディカラーはルリマイカメタリックと言う綺麗なブルーですね。

 

HANAとは外観上の差が多少ありますね。

こちらはどちらかと言うと一般的なモデルになるのかと思います。

1000ccですとホイールキャップが標準装備になります。

passoIMG_201701

サイズは165/65R14です。

1300ccになるとアルミホイールが標準装備です。

一通り見ると、女性の好みを取り入れた外観になっているというのが率直な感想でした。

 

パッソの内装。質感は?収納は?

次は内装です。

トヨタパッソ 内装

トヨタパッソ ベンチシート

運転席と助手席が繋がっているのが分かります。

passoIMG_201101

ベンチシートは後部席へのウォークスルーはできませんが、前席のみを使う場合なかなか便利です。
助手席から乗り込んで運転席へ移動もラクラク。
荷物がたくさんあってもいちいち助手席側から積まなくても大丈夫。

また、彼氏とラブラブデートなんてことも♡

ベンチシートがイヤ!という方は、1.0X"Vパッケージ"ならセパレートシートになっているのでご安心下さい。

 

なお、写真の内装色のエボニーブラウンはHANAのみの設定色です。

通常の内装色はモカです。

パッソシート色

画像:公式サイト

 

運転席と助手席の間には必要に応じてコンソールを出すことも可能です。

passoIMG_201001

狭いスペースを上手く使えていますよね。

メーターです。

パッソ メーター

タコメーターはなく、コンパクトに仕上がっています。

ステアリング

パッソステアリング

エアコンとナビゲーション

passoIMG_202901

収納関係ですが、扉がついた一般的なものがありません。

パッソ ダッシュボード

passoIMG_201401

鍵はかけなくて良いけど、外から見えないように収納したいと言う方は少し困りそうですね。

でもこうすることで見た目の可愛さは引き出せていると思いました。

全体的にプラスチックの多用感があるのはトヨタらしいです。

特にこのドア部分がオールプラスチックで驚きました。

passoIMG_200901

passoIMG_202401

少し内装はチープな気もしますが、このクラスのコンパクトカーならしかたがないかな。

後部座席です。

パッソ 後部席

passoIMG_202001

車そのものがコンパクトなので、快適さを求めてはいけません。
ぶっちゃけ狭いです。

 

パッソ ラゲッジスペース
ラゲッジルームもこの車なりに出来た範囲だと思います。

ただ、ただ、パッソは1~2人で乗ることが多いと思うので後部席の使用頻度はそんなに多くはないかなと思いますが。

そう考えると後部座席やラゲッジルームに関しては受け入れられる範囲かと思いますね。

いざ、試乗!乗り心地や実燃費はどうなのか?

いざ、試乗に出掛けます。

乗り込んでみて一瞬戸惑ったのがこのシフト!

passoIMG_202301

コラムシフトの車って未だにあったんですね・・・。

スペースを確保するためだったのでしょう、きっと。

 

昔はちょっとカッコイイ!と思ったこともありましたが、結構操作しにくい印象です。

ま、慣れれば問題無いとは思いますが。

加速や出足などは1000ccでしたし期待はしていませんでした。

信号待ちからのスタート、そして加速はやはり非力です。

少し加速したい時は当然ながらアクセルにグッと力をいれるようになります。

ちょっと踏んだくらいでは加速はしません。

そして踏めばうるさいです。

パワーのある車ですとスッと踏めばそれなりに加速はしますが、そこは1000cc・・・

走りを求めてはいけないと思いますね。

二車線を走行していると後続車にどんどん抜かれていきました。

車重の差がある分、軽自動車の方が良いのかも・・・とさえも思えます。

ただこう書くと軽自動車を推奨する形になりますが、やはり室内空間や安定性に関しては普通車のパッソの方が格段上になります。

今回は試乗でしたのでアクセルワークを試す部分はありますが、街乗りであれば満足は出来るレベルかと思います。

「真っ直ぐ走って曲がる」の基本的な部分には何ら問題はありません。

パワーを求めるなら1300ccを選んだほうが良さそうです。

 

パッソの実燃費はどのくらい?

燃費ですが、どのグレードに排気量を選ぶかで差があるようです。

ガソリン登録車の中ではNO1燃費とのことで1000ccのJC08モードは27.6km/lというものになります。

車重が軽いのもありますけど、なかなか良い数字ですよね。

試乗でしたので今回は参考にならない数字ですが、担当営業の方が実際にパッソを所持しているとのことで話を伺いました。

走り方次第では24km/lくらいまでは行くとのことです。

街乗りですと当然ながら16km/lくらいまで下がることもあるそうで、渋滞などが入ると14km/lくらいだそうです。

それでもなかなかの数字だと思います。

1300ccに関してはもう少し数字が下がり、JC08モードで19.0km/lになります。

こちらは排気量がある分、加速を楽しむ機会もありそうです。

実際に話を聞くとエコ運転に徹して17km/lくらいの数字になることが多いそうです。

この辺は乗る方によってかなりの差が出るでしょう。

 

 

パッソの見積書。総額、値引きはどうなの?

パッソの見積りをとりました。

パッソ見積書

やはり、最初にコレ!と思ったHANAにしました。

担当営業の方が見積書を作成してくれています。

パッソだからそれほど金額は行かないかな?とそう思っていました。

2,313,307円

まさかのパッソで200万円超え???

1300ccにしたのもありますが、ちょっと高い気がします。

オプションは最低限のものとナビ&ETCとちょっとした付属品を付けて34万円くらい。

諸費用が意外と高く37万円。

車両本体価格以外に70万かかっています・・・。

 

1000ccですと車両本体価格が144万円代のものもありますが、それでも200万円近くにはなる計算です。

HANAにこだわらなければ120万円代のものもあります。

そのことから、グレードによっての差が大きいことも分かります。

ナビを付けず、オプションも減らせば、車両本体価格+40万くらいに抑えられるかもしれません。

 

ただ、やっぱり高い!とにかく驚きました。

もうちょっと出したらアクアが買えちゃいますよ!

 

パッソの値引き相場はいくら?

では値引きは?という話ですが、そこもあまり期待出来ないようです。

もともとトヨタは値引きには渋いので想定内ではありましたが・・・

10万円程度で、それ以上になると店長判断とのことでした。

雑誌等で、目標値引き額を調べてみると、本体価格から18万円いけばかなりいいようです。

オプション等を含めて20万円を目指したいところです。

 

パッソの値引き交渉のポイントは、マーチやヴィッツなどの競合をだすと効果的です。

また、同じカローラ店で売られているピクシス(軽自動車)を希望すると
「パッソなら大幅値引きができます」
などと声がかかることもあるらしい。

カローラ店に行ったらまずはピクシスを眺めながら
「小さくてかわいい車が欲しいんですよね。予算が限られているので迷っていて」
などと切りだすといいかもしれません。

下取車の査定金額も何処のディーラーよりも低めです。

トヨタ店、ネッツ店、トヨペット店と比較してもカローラ店が一番低かったです。

乗り換えなら愛車を高く売ることも忘れずに!

→車乗り換えで20万円も損するところでした・・・(体験談)

納期はちょうど1か月とのことでしたので、比較的早いと思います。

 

パッソ試乗レポート~総評~

パッソはHANAとXで大きくわかれます。

特にHANAのみのボディカラーである、サクラパールマイカじゃなくては嫌だ!というのでなければXでいいかなと思います。

正直、外観は可愛いのですがチープさの否めない車に230万円はちょっと高い気がします。

ただ、これに惚れてしまう女性も居るかと思います。

確かにHANAは女性好みの内装色、細部に女性の好みを取り入れてると思います。

 

排気量も1300と1000で選択出来ますが、街乗りメインや週末のちょっとした移動手段であれば1000ccで十分な気もします。

通勤距離が長くて少しパワーが欲しかったり、2人以上で乗る機会が多いのでしたら1300ccが良いでしょう。

実際に売れているのはどっちかと聞いた所、「地域差はありますが、ウチでは1300ccが売れています」
都のことでした。

アクアは乗っている人があまりにも多いと言った理由からパッソにする方もいるそうです。

私の個人的な意見としてはパッソを合うなら、将来的なことも考えてフィットやアクアのほうがいいかなと思ってしまいます。

予算を抑えたいなら、軽自動車という選択もありですし。
最近の軽自動車は本当に優秀で、可愛い車もあるし室内も広々。
そして、なにより燃費がいいです。30km/l超えは当たり前のようになってきました。

あくまでも1000ccの試乗を通しての感想になるので、1300ccを試乗すればまた走行性などで違った意見も出てくるかも知れません。

もしも検討されるのでしたら、1000ccと1300ccを乗り比べてみることをおすすめします。

私も機会があれば1300ccに乗ってみたいと思います。

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-パッソ, 試乗レポート
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.