スペーシアカスタムの試乗レポート

投稿日:2015年10月16日 更新日:


スズキの軽自動車、スペーシアカスタムを試乗してきました。

本当はターボモデルを試乗したかったのですが、足をのばせる範囲のディーラーはNAモデルばかり。

人気はNAモデルなのでしょうか?気になるところですね。

ターボモデルはまたの機会ということで、今回はNAモデルをレポートさせていただきます。

 

スペーシアカスタムの外観はこんな感じ!

スペーシアはベースモデルである「スペーシア」と専用外観をとりいれた「スペーシアカスタム」に分かれます。

両方あったので外観の比較をしてみましょう!

スペーシア↓
スズキ スペーシアカスタム 外観スズキ スペーシアカスタム 外観テレビCMでは女優の堀北真希さんが真っ白なワンピースを着用しています。

柔らかさや優しさが溢れる雰囲気が出ていて、女性的な外観ではないでしょうか。

それに対してスペーシアカスタムはガラっと雰囲気が変わります。

カスタム↓
スズキ スペーシアカスタム 外観スペーシアと比べてシャープな印象で男性も好みそうな外観になっていると思います。

こちらのグレードはGSでNAモデルです。
スズキ スペーシアカスタム 外観 サイド

横から見るとこんな感じです。すっきりしてスタイルが良いですね。

後ろから見るとこんな感じです。
スズキ スペーシアカスタム 外観 バックさらにアップです。

スズキ スペーシアカスタム 外観 バック

スペーシアカスタムのグレードは大きく分けるとXSとGSの2種類で、その中からターボモデルかNAモデルを選ぶようになります。

スズキ スペーシアカスタム 外観 フロント

こちらがXSのターボモデルです。

ではXSとGSの外観上での違いはあるのでしょうか?

 

まずはアルミホイールのインチの違いです。

XSは15インチ

スズキ スペーシアカスタム タイヤ

タイヤは165/55R15

 

GSは14インチ

スズキ スペーシアカスタム タイヤ155/65R14

あとはワゴンRスティングレーと同様にグリルにはLEDイルミネーションがついています。

スズキ スペーシアカスタム 外観 フロント

ここがXSでブルー

スズキ スペーシアカスタム 外観 フロント

GSでホワイトという感じに光り方が変わるそうです。

試乗は昼間なので、確認できないのが残念・・・。

 

あとは、ヘッドランプが違います。

オートレベリング機能などがついたディスチャージヘッドランプ

スズキ スペーシアカスタム ヘッドランプ

これはXSとGSともに共通しています。

ヘッドライトまわりは見た目も同じ・・・と思いきや!?

スズキ スペーシアカスタム 外観 ヘッドライト周辺

ここは違いました。

フロントフォグランプはXSでLED

スズキ スペーシアカスタム フォグランプサイドにはワゴンRスティングレーと同じくLEDイルミネーションつきです。

スズキ スペーシアカスタム フォグランプ

GSのフォグランプはハロゲンになり、イルミネーションもないので幾分シンプルにはなりますね。

他にはドアハンドルがXSはメッキ、GSはカラーを使用することで差別化をはかっていました。

ドアミラーはリモート機能つきの電動格納式です。
スズキ スペーシアカスタム ドアミラー

こちらは全グレード共通ですね。

XSとGSの比較を交えながら外観を紹介していきましたがどうでしたか?

スペーシアは女性的な印象を持っていましたが、カスタムは結構かっこいいですね!
これなら男性も満足度が高いと思います。

ホンダのN-BOXやダイハツのタントなどと比べると、無難な外観かも知れません。でも飽きがなかなか来なくて長く乗れそうという気もします。

 

スペーシアカスタムのインテリアはどうかな?

次は内装です。

スズキ スペーシアカスタム 内装 運転席スズキ スペーシアカスタム 外観室内はブラックで統一されています。

スズキ スペーシアカスタム 内装 前部座席落ち着いた雰囲気で、高級感も十分にありますね。スズキ スペーシアカスタム 内装 前部座席見渡してみるとこんな感じです。

また、今の流行りでもあるピアノブラックも使われています。
スズキ スペーシアカスタム 内装 ドアパネルまずはドアパネル部分に使われているのですが、指紋がすごく目立ちます(汗)

こまめに拭けば良いのかも知れませんが、忘れてしまうこともありますからね。

ナビゲーションのパネルもピアノブラックでした。
スズキ スペーシアカスタム 内装 ナビゲーションこちらはワゴンRスティングレーと同じです。スズキ 内装 シフトレバー周辺標準装備のオートエアコンや上位グレード(スペーシアカスタムですとXS)のエアコンにナノイーが搭載されているのも同じです。

ステアリングはXSで本革、GSでウレタン素材です。

スズキ スペーシアカスタム 内装 ハンドルこちらはGSのウレタンのステアリングです。

また私が感激したのがこのメーター

スズキ スペーシアカスタム 内装 メーターすごく綺麗だと思いませんか?
エネルギーの流れがわかるエネルギーフロートインジケーター付き
スズキ スペーシアカスタム 内装 メーター

あとは運転状態にあわせてメーターの照明色が変わるステータスインフォメーションランプがついています。

さりげなく、エコドライブのサポートにも繋げていますね。

 

収納

収納も沢山ありますので、機能的という部分もクリアです。
スズキ スペーシアカスタム 内装 収納スズキ スペーシアカスタム 内装 収納足元にも収納がありました。

スズキ スペーシアカスタム 内装 収納
スズキ スペーシアカスタム 内装 収納こちらは取り外せるのでダストボックスとして使いやすそうですね。

あと驚いた収納がコチラ!

スズキ スペーシアカスタム 内装 収納助手席の前にはこんな感じにボックスティッシュまで収納出来てしまうスペースもあります。
スズキ スペーシアカスタム 内装 収納これは機能的ですね。

ドリンクホルダーは四角形でこれも最近のスズキでは多く見られる形状です。

スズキ スペーシアカスタム 内装 ドリンクホルダーでも意外とホコリがたまりやすいというので、こちらも掃除はこまめになるでしょう。

続いてはシート~ラゲッジルームにかけて見ていきましょう。

 

シート

スズキ スペーシアカスタム 内装 前部座席運転席と助手席はぴったりと付いているベンチシートでウォークスルー機能などはありません。スズキ スペーシアカスタム 内装 アームレストアームレストがボックスになっています。

そして後部座席ですが、これが思った以上に広い!

スズキ スペーシアカスタム 内装 後部座席

後部座席に座って足をダラーっとのばしてもまだ余裕があります。

スズキ スペーシアカスタム 内装 後部座席 足元スズキ スペーシアカスタム 内装もちろん、サンシェードもついています。

スズキ スペーシアカスタム 内装 サンシェードこれはベースモデルの画像ですが形状は全く同じです。

ラゲッジルーム

ラゲッジルーム(荷台)はありきたりと言えばそれまでですが・・・・スズキ スペーシアカスタム 内装 ラゲッジルームこんな感じです。

スズキ スペーシアカスタム 内装 ラゲッジルームシートに紐があったのでグイっとひいてみたら・・・
スズキ スペーシアカスタム 内装 ラゲッジルームさらに前に後部座席を持っていけて平らな状態にすることが出来ました。

こちらもベースモデルの画像ですが、カスタムも機能は全く同じです。

居住空間は広いですが、やはり長さがないためラゲッジルームは狭いです。

でも空間使いがすごく上手で、限られたスペースを有効に使える工夫がされています。
スズキの車はその辺をしっかり理解しているのかなと思います。

軽自動車よりもコンパクトカーのほうが良いという方も居ると思いますが、一度軽自動車を見て見る価値はありますよ!

 

スペーシアカスタムの乗り心地や走行性はどう?

スズキ スペーシアカスタム 外観試乗したのはNAモデルのGSです。

案内してくれた営業スタッフにターボモデルの走りについて聞いてみたのですが、「ライバル車と比べると車両重量の軽さもあってストレスなく走れる」とのことで期待が膨らみます。

NAモデルとターボモデルを乗り比べてみると、結構な確率でターボモデルを選ぶ方が多いということも言っていました。

テレビCMで「グーンダーン」というキャッチコピーがありますが、まさにその表現ぴったりだそうです。

だったらターボモデルも用意しておいて(笑)と内心思いながらエンジンスタートです。

こちらもプッシュスタートシステムです。
スズキ スペーシアカスタム 内装 プッシュスタートシステムエンジン音は「ま、こんなもんか」という感じです(笑)

軽自動車のNAという感じにやや軽い感じではありますが、嫌な音ではありません。

アクセルを少しずつ踏んでいきますが、スタートも良好。

ワゴンRスティングレーと同様にこの辺はスーッと出ていく感じでした。

幹線道路にでて更にアクセルを踏んでいきますが、低速は安定していて頑張っている感じは特に感じませんでした。

ただし40kmを過ぎたくらいで、息切れが起こりました。加速が鈍くアクセルをグッと踏んでもエンジンが唸るだけでスムーズに加速してくれません。

高速道路の合流で苦労しそうです。

NA車は「グーン ダーン」のキャッチコピーはNAにはあてはまらないと考えて良いでしょう・・・。

ただ街乗りメインであまり加速はいらない!という方でしたら間違いなくNAを推奨するでしょう。
安いし燃費が良いですからね!

 

静粛性は高く、ロードノイズはあまり響いてきません。(軽自動車レベルですけどね)

後部座席に乗っていた家族はロードノイズの少なさに感激していました。

車高の高さがゆえの横揺れもあまりなく、安定した走りを見せてくれます。

ただ、他の車にもいえますが強風の時の横風には注意が必要でしょうね。

また、この日は途中で雨が降ってきたのですが天井にあたる雨音が他の軽自動車に比べて少しうるさい気がしました
雨の日の試乗をする機会があったら気にしてみると良いかも知れません。

 

スペーシアの実燃費はどのくらい?

燃費はJC08モードでNAモデルが30.6km/l、ターボモデルが26.8km/lになります。

ちなみに、スタンダードモデルのカタログ燃費は32.0km/lです。(XとGグレード)

S-エネチャージというハイブリッドシステム搭載でライバルに差をつけています。

カタログ燃費は非常に魅力的ですが実際にはどのくらいの燃費で走ってくれるのでしょう?

やはり普通車などと比べるとアクセルをガンと踏む機会が多めの軽自動車です。
NAモデルで20km/lに及ばないといった口コミも見かけます。

また流れの良い道路メインの方ですと25km/l近いという情報も見かけるので、この辺はやはりドライバーによって大きく変わるということになります。

ネットの燃費レポートを見ていると、街中では18km/lくらいで、高速なら24km/lくらいが平均値のようです。

 

見積もりとってみました!総額はいくら?

スペーシアカスタムの見積書は3パターン作成してもらいました。

 

まずはGS。

スズキ スペーシアカスタム 見積書

1,905,076円

 

ターボモデルのGSスズキ スペーシアカスタム 見積書1,987,976円

ターボモデルのXS

スズキ スペーシアカスタム 見積書

1,978,216円

いずれもデュアルカメラブレーキサポートシステムを装備しての金額です。

ターボモデルのXSは別ディーラーでの見積りで、オプション価格が違うのでちょっと安くなっています。

ナビゲーションとコーティングをつけると+12万円程度が乗り出し金額になってきます。

オプションは何をつけるのかで変わってきますが、ナビをつけるなら20万円くらいは見ておきましょう。

また、税金や手数料の諸費用に10万円ほどかかるのでお忘れなく!

 

値引きはどのくらいできる?

スペーシアの値引きの相場としては大体10万円~15万円程度であることは調べてわかりました。

値引きなし!なんて言ってくるディーラーもあるようですが、契約前の一交渉で多少の色がついてくるようです。

車両値引きが難しそうであればオプションサービスなどに切り替えて交渉してみるのも手段かも知れません。

他社競合という方法もありますが、私が伺ったスズキのディーラーではあまり通用しませんでしたね。

これは私には買ってほしくないという意味合いなのか・・・買う気がないように見えたのか・・・。

通常ならN-BOXやタントと競合させていくと効果的ですが、どうなんでしょ?

値引き対応は店舗によっても変わってくるので、経営資本が違うスズキディーラーがあったら何店舗か回ってみるのもおすすめです!

 

総評 スペーシアカスタムは買いか?

スズキ スペーシアカスタム 外観格好良くて室内も広くて質感が良い軽自動車を探している方には満足出来る1台だと思います。

通勤やちょっとした足として軽自動車がほしいけど、可愛い軽自動車は出来れば避けたい!そんな方の要望にもしっかりと答えてくれるでしょう。

男性向けというような気もしますが、女性の評判も上々ではないでしょうか。

カスタムなので、外観や内装をスタンダードモデルよりもグレードアップさせています。
デザインにこだわりがなく、もっと安くならないの?という方ならカスタムではなくスタンダードモデルで十分でしょう。

 

スペーシアには、軽自動車で初めての衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」が付いています。

スズキ スペーシアカスタム 内装 デュアルカメラブレーキサ ポートスズキ スペーシアカスタム 内装 デュアルカメラブレーキサ ポート前方衝突警報機能、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能などが付いています。

安全面も気にしている方には嬉しい装備ですよね!

でも、サイドエアバッグやカーテンシールドエアバッグはオプションでも装備されてい無いのはちょっと残念です。

燃費、乗り心地、静粛性、居住性どれをとってもかなり評価が高いです。
一緒に行った家族も「これ欲しい」と言って、カタログをしっかり読んでいました。
スズキ スペーシアカスタム 外観買うまでには色々迷いもあるかも知れませんが、いざ買って後悔ない車だと思いますね。
スズキ スペーシアカスタム 外観今度はぜひターボ車にも乗ってみよう!と思いディーラーを後にしました・・。

 

タイプ別に軽自動車を比較ランキングしたので参考にして下さい。

→軽自動車人気ランキング!人気度や燃費、デザインでタイプ分けしました

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-スペーシア, 試乗レポート
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.