新型ステップワゴンの試乗レポート!ワクワクゲートの使い勝手はぶっちゃけどう?

新型ステップワゴン試乗レポート

2015年4月にフルモデルチェンジとなった、ステップワゴンを試乗してきました。

今回で5代目となるステップワゴン!

今ではファミリーのミニバンの代表的存在と言っても過言ではありません。

内覧会や試乗会のある週末は多くの人が訪れていて、ゆっくり見るどころじゃないという話を聞いたので。

平日の午後に一人で伺ってみました。

新型ステップワゴンの外観を見てみましょう!

新型と いうことで試乗車と展示車が各1台ずつ用意されていました。

試乗車として用意されていたのはコチラ!

新型ステップワゴン 外観 顔

stepwgn005

STEP WGN SPADA Cool Spirit 車両本体価格 2,887,000円~
ボディーカラーはプレミアムスパークル・ブラックパール

お隣にはグレード違いの別の車両がありました。

新型ステップワゴンG

STEP WGN 「G」 車両本体価格 2,480,000円~

こうして並べてみると印象は違いますね。

格好良さを求めるならば、断然SPADAになるでしょう。

 

stepwgn020

メッキを多く使っている印象ですね。

SPADA Cool Spiritのタイヤとアルミホイールは17インチです。

他のグレードになると16インチが標準装備となります。

ヘッドライトは最近の車には導入率の高いLEDです。

stepwgn004

オートライトコントロール機能つきになります。

後姿も見てみましょう。

stepwgn021

リヤスポイラーが特徴のある形になっていますね。

悪くはないけれど、あまり良くもない・・・そんな感じでしょうか。

そして今回のモデルの最大の特徴がこちらです。

ステップワゴン ワクワクゲート

横にも縦にも開く「わくわくゲート」なるものです。

後が狭くてバックドアが明けられない!
そんなことって結構ありますよね。

そんな時にこのワクワクゲートが便利です。
横開きになるので狭いスペースでも荷物を入れることもできますし、サードシートの1つをたたんでおけばこちらから乗り降りすることもできちゃいます。

今後、これがどれだけ世間に受け入れられるか?
もしかしたらこの手の横開きが増える可能性はあるかなと思っています。

そういう意味でホンダは先駆者になっていますね。

新型ステップワゴンの内装を見てみましょう!

シート素材はブラック×シルバーのコンビシートです。

ステップワゴン内装他にはブラック、ブラウン、アイボリー、ダークグレーと5つのインテリアカラーを選べます。

stepwgn011

こちらも低床で乗り降りがしやすくなっていることが分かります。

 

助手席側と2列目のスライドドアの部分です。

stepwgn014

そして、前に戻って運転席周りです。

 

本革ステアリングに操作スイッチがついています。

stepwgn018

エアコンスイッチにシフト部分

stepwgn010

メーター部分になります。(逆光でスミマセン)

stepwgn006

インフォメーションディスプレイつきです。

2列目シートです。

stepwgn012

stepwgn017

スライド幅ですが、ノアやヴォクシーと比較したら狭いです。

足元のゆとりを考えるのであれば、こちらはトヨタ社の圧勝かも知れません。

 

室内はゆとりのある空間です。

stepwgn024

ウォークスルーにもなっており、機能的で細かな収納も多いです。

シートバックテーブル

stepwgn016

こちらはテーブルにドリンクホルダーがついています。

使わない時は折りたたむことが出来ます。

 

トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコン

stepwgn025

3列目シートは使わない時は床下収納が可能です。

stepwgn008

stepwgn009

運転席、助手席や2列目と比べるとシートの材質が薄いです。
長距離ドライブ向けではなく、補助的な役割かと思われます。

収納は力もいれずに簡単に出来ますので、女性の方でも扱いやすいと思います。

収納することでこんなに広々とします。

stepwgn022

内装に高級感みたいなものはありませんが、ユーザーの目的を考えた設計だとは思いますね。

ホンダ初のエンジンを体感!乗り心地、パワー、燃費はどうなの?

新型ステップワゴンに は新しいエンジンが採用されました。

ホンダ初のダウンサイジングターボは期待以上と言っても良いかと思います。
フィットやフリードと同じ排気量とは思えないくらいパワフルです!

実は乗るまでは排気量が大きくないこともあり、期待していませんでした。

でも実際に乗ってみると走り出しがスーッと軽い!

圧倒的な加速ではありませんが、必要に応じたパワーがあると思います。

静粛性もなかなかです。
アクセルを踏めば踏んだなりにエンジンの音は感じますが、普通に運転する分には気になりません。

ただ、試乗車の燃費計が「7.5km」となっていたことが気になりました。

カタログでは15.4km/lとなっていますが、なんと50%とは・・・・。

まぁ、試乗ということもあり走行距離も短いし、街中でストップ&ゴーが多かったのもあるでしょう。

走行距離が伸びればもう少し変わって くるのでしょうか?

 

新型ステップワゴンの総額はいくら?気になる値引きはどこまでいけるのか

まず、値引きは2015年5月時点では殆どないと思って良いと言われました。

いくら新型とは言え、値引きゼロって・・・

そう思いますが、いざ契約となればゼロということはないでしょう。

ただ単に私が買う意思がないように見えたのか?(汗)

見積書を作成してもらいましたが、かなり良い値段です。

ステップワゴン見積り

3,850,090円には驚きました。

あと少しお金を追加すればオデッセイ・アブソルートが買えますね。

総評!買うべきタイミングは?

ホンダ初の新しい試みもありますし、悪い車じゃないと思います。

でも好き嫌いもハッキリとわかれると思います。

サイズ的にも扱いやすいですから女性でも難なく乗りこなせるでしょう。

内装も細々とした部分に配慮があるので、ファミリーにも受け入れられるでしょう。
ファーストカーとしても、平日はママが運転して週末はパパが運転してお出掛け!なんて使い方がピッタリな車だと思います。

確かにダウンサイジングターボは魅力的ですが、現状では購入決定にはなりません。

もう少し時期をずらして、値引きの幅も広がってきたらまた違うことを思うかも知れませんけどね。

余程急いでいるのでなければ、時期をずらして値引きの数字を出すのもありでしょう。

なお、オデッセイが12月予定でハイブリッド車を追加投入するとのことです。

行く行くはステップワゴンもハイブリッド車が投入されるのでは?とも思えます。

ハイブリッド車を投入することで、ノアやヴォクシーなどのハイブリッドを検討している顧客の獲得も出来そうな気がするのですが・・・

こちらの動きも気になるところです。

5ナンバーミニバンを選ぶなら、ヴォクシー、ノア、セレナ、ステップワゴンあたりを乗り比べて見るとそれぞれの違いが発見できて好みも別れると思いますよ。

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…
  2. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  3. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る