スバルXV試乗レポート

スバルXVハイブリッドの試乗レポート。乗り心地や実燃費を徹底調査

更新日:

Pocket

スバルのXVに試乗してきました。

私の中ではXVはあまり印象にない車でしたが、スバルに他の車を試乗した際に気になったのでついでに乗ってきましたw

現在の新車販売台数は月に1000台前後となっていてまずまずの売り上げではないかと思います。

今回は2013年6月に追加されたハイブリッドモデルに試乗してきました。

写真もたくさん撮って来たので、交えながらレポートさせていただきます!

【スバル・XVハイブリッド~外観編~】

スバルのディーラーの入口にやたら目立つオレンジ色の車が・・・・

そう思ったらそれがXVでした。

スバルXV

HYBRID 2.0i-L EyeSightというグレードです。

それにしても特徴的なボディーカラーですね。

XV33

カラーバリエーションとしてはブラックやクリスタルパールホワイトなどの定番カラーを含めて全9種類!

他にもプラズマグリーンパールなどと言った明るく特徴的なカラーがあります。

でもこのカラーですが、意外なことに人気があるんだそうです。
そういえば知り合いもこの色に乗っていたなぁと思い出しましたw

色んな角度から見てみましょう。

まずはグリルを間近で撮影!

XV34

すっきりしている・・・そんな印象です。

リアから

XV35

斜め後ろから

ドアミラー

XV37

ドアハンドルはメッキで仕上げてあります。

XV38

ルーフレールが装着されていました。

XV39

標準装備と思いきや、こちらはオプションのようです。

ヘッドランプを近くから見てみましょう。

XV40

ポジショニングランプにクリアブルーのインナーレンズを採用しています。

ランプ全体にもシルバーメッキを施すことで、輝きと透明感が出ています。

フォグランプは小さめながらもしっかりとしたデザインです。

リヤのコンビランプも見てみます。

XV41

クリアタイプのアウターレンズにクリアブルーのインナーレンズに印象的なテールランプ。

しっかりとこだわりのようなものを感じます。

17インチのアルミホイール&225/55R17のタイヤです。

XV01

センターにはスバルのロゴが入っています。

一通りサッと見て来ました。

随所に高級感があるわけではありませんが、普通に悪くない外観です。

それでは内装も見て行きましょう!

【スバル・XVハイブリッド~内装編~】

まずドアに手をかけてみましたが・・・・

XV02

ドア、軽すぎない????ちょっと不安になります。

でもこれまでに見てきたハイブリッドモデルの車はドアは共通して軽かったですよね・・・。

それだけじゃなく、ハイブリッドモデルの車は内装にガッカリなんてことがよくあります。
XVはどうなんでしょう?

スバルXVインテリア

運転席周りを見る限りでシンプルで落ち着いていてなかなか良さそうな感じです。

なお、運転席&助手席ともに8ウェイパワーシートが標準装備されています。

シート表皮は手触りが良く、通気性にも優れたアルカンターラを使用しています。

XV06

夏は涼しくて冬は温かい素材みたいです。

2.0i-L以上でシルバーアルカンターラ/トリコットのコンビになります。

ドアパネルにもシルバーアルカンターラが使われていました。

XV07

ステアリングは本革巻きでシルバーステッチが施されています。

XV08

パドルシフトつきでステアリングから手を離さないでMT感覚のシフト操作が楽しめます。

シフトレバーも本革巻きです。

XV09

メーターは立体的で透明感があって綺麗です。

XV10

ハイブリッド専用の常時発光式ブルー照明メーターです。

車両の様々な情報を入手できるマルチファンクションディスプレイのカラーもブルーがメイン。

XV11

上手くコーディネートされています。

XV12

見ているだけで楽しくなってきます。

ナビゲーションからエアコンにかけてのパネルはピアノブラック加飾です。

XV13

エアコンは左右独立温度調整式フルオートエアコン

運転席と助手席で別々の温度調整が可能です。

下部には収納とUSB出力電源(DC15V)があり、スマートフォンの充電も可能です。

XV15

スマートフォンが当たり前の時代ですので充電機能は有難いですね。

他の収納も写真におさめてきました。

ダッシュボード

XV16

ドアポケット

XV17

センターコンソール

XV20

センターコンソールの前にドリンクホルダーがあるのですが、位置的に少し使いずらそうです。

XV19

サイドブレーキレバーが手前にあるので、運転しながらドリンクホルダーに手を伸ばして・・・って邪魔だよ!ってなりそうですねw

 

後部座席です。

スバルXV後部席

真ん中にはアームレスト&ドリンクホルダーが設置されています。

XV23

外から見た感じだと狭くて窮屈そうでしたが、座ってみると余裕があります。

上手く空間作りが出来ているのでしょう。

ラゲッジルームを見てみましょう。

XV25

XV26

後部座席を倒すことで広々と利用することが出来ます。

サブトランクの蓋をあけてみると工具が入っているのと、わずかな小物入れスペースがあります。

シンプルで飽きの来ない内装かなという印象です。

ハイブリッドモデルならではのチープさもあまりなく、スバルの魅せる努力みたいなものも感じました。

他のメーカーにも見習って欲しいですよね。

 

【スバル・XVハイブリッド試乗レポート~アイサイト編~】

XVに標準装備されたアイサイトはバージョンは2になります。

XV27

なお、レガシィ・アウトバックなどでは既にバージョン3が入っています。

アイサイトの主な機能は4つ!

1・プリクラッシュブレーキ

2・全車速追従機能付クルーズコントロール

3・AT誤発進抑制制御

4・警報&お知らせ機能

 

4番に関しては車がふらついたり車線逸脱を検知した時や先行車の発進に気付かない場合は警告音と表示を出すものです。

これだけ見ても装備の良さは感じますけどね。

でも、10月のビッグマイナーチェンジでバージョン3となってグレードアップしてくるそうです

【スバル・XVハイブリッド~試乗編~】

エクステリア、インテリアと比較的良い印象でしたが乗り心地はどうでしょうか?

プッシュエンジンスイッチのカラーはブルーです。

XV28

ガソリンモデルはブラックになるのは他のメーカーと同じですね。

まず感じるのはエンジンが静かだということです。

車内に居るとスタートしてすぐの頃は多少の音はしてきます。

でも、いざエンジンが温まって回転数が下がってくると音がほとんど聞こえなくなってきます。

実際に車を走り出して見ます。

モーターのアシストもあり加速は気持ち良いものです。

Sモードを使わなくても必要十分の加速は得ることが出来ています

乗り心地はやや固めかも知れませんが、悪くはありません。

サスペンションが良いのか段差を越えた時の振動は少ないように思います。

幹線道路に入ってアクセルをグンと踏んで加速しての追い抜きも4000回転はこえません。、

余力をもってスムーズに加速して行くのは2000ccとは思えないくらいです。

モーターアシストも電池の容量の低下ですぐ効かなくなることもありません。

感覚的には2500ccと言っても良いくらいのパワーを感じました。

車線変更もコーナーも安定していて納得出来る走行性です。

 

【スバル・XVハイブリッド~実燃費編~】

ハイブリッドだから燃費はかなり良いのでしょう?と思って期待していましたが・・・。

恐らく、他のハイブリッドと比べてしまうと燃費は少し悪いほうになるかも知れません。

カタログ燃費が20.4km/l(JC08)です。

試乗ではあまり参考になる数字は出ないので、担当営業マンに実際の燃費をズバリ聞いてみました。

「あくまでもお客様の数字になりますが、一般的な道路で12~13km/l程度で信号などのない安定した道になると17km/l程度の数字」とのことです。

平均燃費にすると14km/lくらいのようですね。

ハイブリッドなのにそれほど燃費が良くないことが分かります。

エコ重視でXVを選ぶとなると、ちょっと期待はずれになってしまうと思います。

ちなみにガソリン車はカタログ燃費が16.2km/lです。
実燃費は11km/l位になるようです。

【スバル・XVハイブリッド~金額編~】

アイサイトを着けるかどうかが金額の分かれ道になってきそうです。

やはり万が一のことに備えるとなると安心出来るアイサイトはいれておきたいところ!

見積書も試乗車と同じくアイサイトが入ったグレードでお願いしました。

XV30※クリックで拡大します

3,665,470円

300万円代後半にしては少し内装がチープなような気もしますが・・・

ハイブリッドモデルであることを考えれば仕方ないのかも知れませんね。

XVはガソリン車とハイブリッドを合わせてグレードは大きくわけて6つあります。

グレード 価格(税込) 燃費
2.0i 2,257,200円 16.2km/l
2.0i-L 2,451,600円 16.2km/l
2.0i-L EyeSight 2,559,600円 16.2km/l
HYBRID 2.0i 2,570,400円 20.4km/l
HYBRID 2.0i-L 2,754,000円 20.4km/l
HYBRID 2.0i-L EyeSight 2,862,000円 20.4km/l

この中で何を装備するか、シートの材質などで価格が変わってきます。

車両本体価格+メーカーオプション+付属品+諸費用が乗り出し金額となります。

どんなオプションをつけるかにもよりますが車両本体価格+50~80万円は見ておきましょう。

 

スバルXVの値引き相場はいくら?

さて、気になるXVハイブリッドの値引き金額はどんな感じでしょうか?

ストレートに担当営業に聞いてみましたが、「15万円」の返答です。

この日はSUBARUで他の車種の見積も作成してるのですが、値引き金額はどれも15万円・・・・

何か決まりがあるのか?

それとも私があまり買うように見えなかったのか?真相は不明のままです。

その後お家に帰って、愛読している雑誌で値引き相場の確認をしてみました。

スバルXVの目標値引き額は18万円とのこと。

ただ、付属品からの値引きが結構融通がきくようで、総額から30万円は狙って行きたいところです。

交渉のポイントとしてはヴェゼルやCX-3を競合に当てると効果的です。

マイナーチェンジ後はちょっと値引きを引き締めてくるかもしれないので、安く買いたいなら10月までが狙い目です。

 

【スバル・XVハイブリッド~総評~】

エコカーというよりはスポーティーな車・・そんな感じです。

スポーティーハイブリッドという国内でも難しいコンテンツになるかも知れません。

私自身の主観になってしまいますが、価格と車の内容が見合っているように思えます。

少し高いかな?と印象もありますが、実際にユーザーになれば満足できて後悔はないように思いました。

数多いスバル車の中でコストパフォーマンスがとても優れているかと思います。

ファミリーに独身男性にシルバー世代にと・・幅広く乗って欲しいですね。

スポーティーハイブリッドをスバルには育て上げて頂きたいなと思いました。

私も試乗を通してXVハイブリッドの購入意欲がわいてしまった一人です。

レガシィ・アウトバック、フォレスターと同様にビッグマイナーチェンジを控えてるXV。

どうなるのか詳細が気になるところですね。

 

XVにはハイブリッドモデルだけでなく、ガソリンモデルもあります。

ここは機会あれば乗り比べもしてみたいものですね。

また良い車に出会えたような気がします。

→ハイブリッドカーどれが良い?メーカー別一覧とランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-試乗レポート, スバル

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.