10年落ち・10万キロオーバーの車を査定したら売値はいくら?

投稿日:

Pocket

多くの日本人が「10年落ち」「10万kmオーバー」という境界が近づいたときに車を売ろうかと考えます。

それは、車の買取価格が、10年や10万kmを境に大きく減額されていると言われているからです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

購入してから10年以上経っている「低年式車」や10万km以上走っている「多走行車」には、価値がないのでしょうか?

 

いいえ!実ははそうではありません。

 

ここでは、「低年式車」や「多走行車」が売れる理由と売るための方法を解説していきます。

 

10年落ち10万キロでも10万円以上で売れるかも

10年落ち、10万キロ以上の、一見オンボロ車のレッテルを張りたくなる車であっても、意外と高く売れることがあります。

実は、私が以前乗っていた車が10年目12万キロで査定に出したことがあります。

 

結果・・・30万円の査定額が出ました\(^o^)/

 

業者によって価格がバラバラで、ディーラーに至っては5万円。

3社に査定をしてもらいましたが、13万円・18万円・30万円という結果でした。

 

整備は1年点検もして、しっかりしていましたし、車検でタイミングベルトの交換も済ませていたのでプラスになったのかもしれません。

しかし、30万円にはびっくりでした。

状態が良ければ、10年落ち、10万キロオーバーでも高く売れるので、諦めずにまずは一括査定をしてみたほうが良いですよ!

 

→あなたの愛車も高く売れるかも!?一括査定はこちらからできますよ

 

10年10万kmを超えた車に価値はないの?

そもそも、なぜ「低年式車」や「多走行車」は、買取価格が大きく減額されるのでしょうか?

それは、購入してから10年以上経ったり、10万km以上走ったりした頃から、故障や不具合が起こることが多いと言われているからです。

 

もちろん、一般的に「車の寿命」はもっと長いものですから、きちんとメンテナンスして修理すればまだまだ乗っていられます。

しかし、消耗品の交換タイミングが、10年や10万kmと設定されていることが多く、実際に車の「どこか」が10年程度で故障する確率が高いからです。

 

なにより、買い手として考えると、10年以上経っている中古車と5年程度の中古車であれば、多少値が張っても後者を選ぶのが一般的ではないでしょうか?

そのため、中古車を売る側の買取業者やディーラーも、低年式車や多走行車の買い取りには消極的になってしまうわけです。

 

低年式でも多走行でも、日本車は大人気!

安く買いたたかれるイメージのある低年式車や多走行車でも、喜んで高額で買い取ってくれるところがあるのをご存知でしょうか?

 

それは、東南アジア諸国やロシアなどの海外です。

 

実は、世界中を探しても、日本車ほど故障が少なく長い間乗れる車は珍しいのです。(もちろん、メンテナンスをきちんとしておけばという条件付きです)

 

日本人の運転手の多くが、車のメンテナンスを自分でできないということは、周りを見れば分かると思います。

それは、日本車が、メンテナンスらしいことを数年に1回しかしなくても、10年程度であれば何の問題もなく走るからです。
(数年に1回のメンテナンスも、車検のときに業者にお願いするのが一般的です)

 

しかし海外の車は、メンテナンスを少しでも怠れば新車でもすぐに故障するのは当たり前で、だからこそ普通の人が車をメンテナンスできるが当たり前になっています。

 

そのため、ほとんどメンテナンスしなくても走る日本車は、彼らにとって驚異的で、10年落ちでも10万km超えでもまったく気にしません。

 

それどころか、彼らなら低年式車でも多走行車でも、高値で買い取ってくれるのです。

※もちろん、そういった国の多くでも日本車は販売しています。そのため、その国で新車を買えば良いと思うかもしれませんが、残念ながら新車は高額で、なかなか手に入らないのです。

 

廃車にするか、下取りに出すか

いくら高く買い取ってくれるといっても、一般の人が海外へ車を売るのは難しいでしょう。

売り先を見つけることすらできませんし、仮に見つかったとしても、法的な手続きや交渉などを進めることは簡単ではありません。

そのため、最初は、廃車にするか、ディーラーに無料で引き取ってもらうかを考えることになると思います。

 

もし、このどちらかを選ばなければならなくなったとしたら、手間を惜しまず、「廃車にする」ことをおすすめします。

じつは、自分で解体業者へ持ち込んで廃車にする場合、解体業者が買い取ってくれることがあるからです。

 

解体業者は、ただ車を解体するだけではなく、使えそうな部品や解体したあとの鉄や金属を売買するルートを持っているのです。

そのため、彼らは廃車費用を取るのではなく、車を買い取ってくれることがあるのです。

 

仮にディーラーへ持ち込んで下取りの相談をしても、10年落ちや10万kmオーバーの車は価格がつくことすらなく、むしろ廃車手数料を要求されることも少なくありません。

もちろん、ディーラーはすべての手続きを代行してくれますので、ただディーラーに持ち込むだけで次の車の納車まで何もする必要はないという利点はあります。

しかし、売れる可能性がある車を、お金を払って引き渡すのはあまりにも損です。

 

→廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

 

買取業者なら高く買ってくれるかも

解体業者へ売れるといっても、所詮は鉄くずや中古部品としての代金ですので、数千円~1万円程度にしかならないこともあります。

そのため、10年落ちや10万kmを超える程度の車であれば、なんとか車としての価値で売りたいものです。

そうなると、やはり海外への販売ルートを探すのが得策になります。

 

しかし、前述の通り、個人で海外へ車を輸出するのはほぼ不可能です。

そのため、海外の業者へ直接売るのではなく、海外への販売ルートを持っている買取業者へ売る方法を探すのが良い方法と言えるでしょう。

海外への販売ルートを持っている輸出業者であれば、当然ながら低年式車でも多走行車でも、買い取ってくれるはずです。

しかし、そんな業者を一般の人が見つけるのは、簡単なことではないかもしれません。

 

「車の一括査定」なら、輸出業者が見つけてくれる!

そこでおすすめするのが、「車の一括査定」です。

 

「車の一括査定」サイトには、数多くの買取業者が登録しており、日々サイトから流れてくる査定依頼をチェックしています。

そして、自分が欲している車の査定依頼を見つければ、依頼主にコンタクトを取りに行っているのです。

 

そして、そんな買取業者の中には、海外へ中古車を輸出するために登録している輸出業者も少なからずいます。

そんな業者の目に留まれば、予想以上に高額な査定価格が提示されることがあるわけです。

 

10年落ちの車は、いったいいくらで売れるのか?

では、「低年式車」や「多走行車」は、「車の一括査定」でどれくらいの査定価格を得ているのでしょうか?

具体的な金額を紹介しましょう。

なお、時期や条件、業者によって価格は様々ですので、あくまでも1つの例です。

 

低年式車(2005年から2007年登録車)

トヨタ ヴィッツ 平均9.0万円
トヨタ プリウス 平均24.0万円
日産 オッティ 平均3.9万円
日産 キューブ 平均3.4万円

多走行車(10万km以上)

トヨタ ヴィッツ 平均9.0万円
トヨタ プリウス 平均24.0万円
日産 オッティ 平均3.9万円
日産 キューブ 平均3.4万円

 

まだまだ売れる!

本当に一部の例ですが、軽自動車やコンパクトカーなど、乗りつぶすような車であっても、1万円以上の価格がついています。人気車種では、40万円台など、とても高額です。

つまり、ディーラーへ持ち込んで無料で引き取ってもらうということは、数万円から数十万円(車種や状態によります)ものお金を諦めるということになる場合があることになります。

 

まずは、一括査定でいくらで売れるのかを査定してみるといいですよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

まとめ

現在の日本車は、10年落ちや10万km超え程度では、すぐに壊れることはほとんどありません。

もちろん、可能性としてはゼロではありませんが、きちんとメンテナンスされていれば、あと10年くらいは問題なく走るのです。

そう考えれば、10年落ちだからといって廃車にするのはもったいないということが分かるでしょう。

10年落ちや10万kmオーバーの車でも、数万円から数十万円にもなる可能性を秘めているのです。

そのため、一度は「車の一括査定」を使って「いくらで売れそうか」ということを確認することをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-車の下取り・買取

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.