親の車を売りたい!売るときの手続きを詳しく解説しました

投稿日:


いざ、親の車を売らなければならなくなったとき、「どうやって手続きすれば良いのか分からない」という人も多いのではないでしょうか?

そんなとき、まず「何からすれば良いのか」を悩むかもしれません。

 

しかし、「分からないから」と放置していると、ほぼ必ず後悔することになります

ここでは、親の車を売るときの手続きや注意点を、詳しく解説します。

 

親の車を売るときの手続きと必要書類

「親の車を売る」といっても、車を売ることに違いはありません。

そのため、まずは車を売るのに必要な書類を紹介しましょう。

自分の車を買取業者などへ売るときにも、これらの書類は必要になります。

 

 1. 車検証
 2. 自動車納税証明書
 3. 自賠責保険証
 4. リサイクル券
 5. 譲渡証明書
 6. 名義人の委任状
 7. 名義人の印鑑登録証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)

 

 ※車検証の住所と名義人の現在の住所が違う場合は、住民票や戸籍謄本も必要です

 

ただし、4.までは車に積んであることがほとんどですし、5.と6.は買取業者から書類をもらえます。

(※国土交通省のサイトから事前にダウンロードしておくこともできます)

そのため、事前に準備しておくものは7.の「印鑑登録証明書」くらいでしょう。

 

親の車を売るのに、名義変更は必要なの?

車を売るわけですから、名義変更の手続きは必ず必要なものです。

しかし、事前に名義変更をしておく必要はありません。

 

ほとんどのディーラーや買取業者は、名義変更していなくても、必要な書類があれば、買い取ってくれ、名義変更の手続きを代行してくれるのです。

 

名義変更とは?

公道を走ることができるのは登録された自動車だけです。そして、登録情報には、その車の所有者の情報があります。

名義変更というのは、その所有者を変更することです。

つまり、「車を売る」ということは、車の名義を換えることなのです。

(自分の車を売る場合でも、名義変更が行われることになりますので、名義人の委任状が必要書類に含まれているわけです)

そのため、「親の車を売る」場合は、上述の書類に加えて「親から自分への名義変更」に必要な委任状も必要になるということになります。

 

なお、車の名義は、車検証の所有者欄(なければ、使用者欄)を確認することで分かりますので、車を売る前には、必ず確認しておきましょう。

 

親の車を売るときに追加される手続きや書類はこれだけ

親の車を売るといっても、必要な書類を集めれば、買取業者が手続きを代行してくれます。

ここでは、その「必要な書類」を説明します。

 

「必要な書類」は、親の状況によって違ってきますので、具体的なケースごとに説明していきましょう。

 

高齢で乗らなくなったケース

昨今の高齢者の自動車事故を見るまでもなく、一定の年齢に達すると運転をやめる人も多くいます。

その結果、車を子供に譲渡することになるわけです。

 

この場合の特別な手続きとしては、親に委任状を書いてもらって、実印を借りることくらいでしょう。

それ以外については、以下の書類を追加で揃える必要があります。

 

・親の委任状
・親の印鑑登録証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)
・親の本人確認書類

 

書類が揃っていれば、買取業者が手続きをしてくれますし、書類の説明なども詳しくしてくれることが多いので、それほど難しくありません。

 

 親が死亡している場合

「親が亡くなっている」場合は、少々面倒です

なぜなら、「車を相続してから売る」必要があるからです。

 

相続は、実質「名義変更」ですが、1.のように「親の委任状」などを入手して買取業者にお願いできるものではありません。

まずは、遺産分割協議をきちんと行って、財産を明確に相続する必要があります。

 

その上で、以下のような書類を揃えなければいけません。

 

・相続人全員の記載がある戸籍謄本(こせきとうほん)
・故人(被相続人)の戸籍謄本
・印鑑証明書(相続人全員分)
・車を相続する人の住民票
・遺産分割協議書

 

これらを揃えて名義変更を行った後に、車を売ることができるわけです。

 

親が痴呆などで判断能力が欠如している場合

この場合は、親の委任状は無効です。

そのため、まずは法定代理人を立てることからはじめ、その後法定代理人から委任状をもらうことになります。

法定代理人には相応の人を立てなければいけませんので、弁護士や司法書士へ相談したほうが良いでしょう。

 

ローンが残っている場合

親の車にローンが残っている場合でも、売ることは可能です。

一般的に、ローンが残っている車を売るには、借り換えるなどしてそのローンを完済してから売らなければいけません。

 

しかし、一部の買取業者などでは、ローン会社と提携しており、車の買取価格の一部を残ったローンの支払いに回す形で、車を買い取ってくれるのです。

ただし、親の車の状態によってはローンを完済できず、残債を支払わなければならない場合もありますので、事前に見積もりを取っておかなければいけません。

 

また、ローン会社や車を購入した店舗へ事前に相談したほうが良いでしょう。

勝手に手続きをしてしまうと、最悪の場合、残額の一括返済を求められてしまうこともあります。

 

車は早く売ったほうが高く売れる

親の車を売るのは、自分の車を売るよりも少し手間がかかります。

そのため、そのまま放置してしまう人もいるかもしれません。

しかし、それはとてもな状態です。

 

車は、持っているだけで維持費がかかります

自動車税、重量税、車検代、駐車場代など、車種によっては非常に高額な金額になります。

乗りもしない車でも、持っていれば払わなければいけませんので、無駄としか言えないでしょう。

→え?車の維持費ってこんなに高いの?月額を計算してみた

また、なにより、車は古ければそれだけ価値が下がります。

タイミングもありますが、一般的には1日でも早く売るほうが、高額で売れる可能性があるのです。

 

書類や手続きは業者任せでも大丈夫?

ここまでに説明した通り、「親の車を売る」場合でも、買取業者などに手続きを代行してもらうことができます。

そのため、「親の車を売る」のも、それほど手間がかかるものではありません。

(親が亡くなっている場合は、少々面倒ですが、仕方がありません)

 

ただし名義変更は法定手続きですので、代理で行ってもらうことに不安のある人もいるでしょう。

 

しかし、安心してください。

 

買取業者は車に関するプロですので、安心確実に処理をしてくれます。

むしろ、素人の私たちが手続きするほうが、失敗のリスクが高まるでしょう。

 

もちろん、不正や偽造などの可能性もあるのかもしれませんが、ライバルの多い業界で個人との車売買で不正をしたところで、マイナスのほうが大きいでしょう。

 

そのため、そんな心配をするくらいであれば、買取業者を活用していきましょう。

そうすれば、手間なくお得に車を売ることができます。

 

特に、「車の一括査定」を活用することで、より高額での売却が見込めますので、一度検討してみてください。

 

→一括査定でプロに任せるならこちら

 

まとめ

親の車でも、生きているなら意外と簡単に売ることができます。

一括査定で、業者を選び、「親の車なんです!」といえば必要書類などを案内してくれるでしょう。

 

ただ、死亡している場合はちょっと複雑です。

こちらの場合も、記事を読んでよくわからない場合は、とりあえず一括査定をしてみて、あとは業者に聴くほうがスムーズに進むと思います。

わからないことは、ネットなでで調べてみてもやはりわからない・・・ということが多いですよね。

それなら、プロに聞いて手伝ってもらうほうが簡単です。

 

親の車を売りたい!と考えたなら、まずは一括査定で高く買い取ってくれる業者を探すことです。

業者が決まったら、プロに任せて必要書類などを揃えていきましょう!

→親の車を売りたいなら、まずは一括査定!

 

 

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-車の下取り・買取

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.