買い換えで損しない!リセールバリューが高い車ランキング【2018】

投稿日:

Pocket

車を3年、5年で買い換えていく方にとっては、リセールバリュー(下取り&買取価格)というのはとても大切なポイントになりますね。

3年後に売る時に、できるだけ高く売って、次の車をお得に買いたい。

 

高く売れる車なら、新車価格の80%以上の値が付くこともあります。

逆に、3年で50%以下になってしまう車もあります。

 

売ることを考えるなら、しっかりとリセールバリューについて知っておきましょう。

 

リセールバリューってどう決まるの?

リセールバリューとは・・・。みたいなことは書きませんよw

「リセールバリュー」って検索してきていると思うので。

 

じゃ、下取りや買取価格がどうやって決まっているのかは知っていますか?

なんとなーく知っているよ。という人は読み飛ばしてもらって大丈夫です!

 

わからない方は、知っておくと今後の車選びのときに役立つでしょう。

 

タイプ別のリセールバリューランキングを今すぐ見せろ!という方はこちらをポチッとな↓

 

リセールバリューが安い車の特徴

リセールバリューが高い車の特徴を知る前に、逆に安い車ってどんな車?ということを知っておきましょう。

 

ズバリ・・・、中古車市場で人気がない車です!

中古車屋さんが高い値段を出してでも買ってくれるってことは、それだけ売れるということ。

お店い並べればすぐに売れるので、在庫を抱え込まなくてもすみますよね。

 

でも、不人気車はなかなか売れず、ずーっとお店に置いておかないといけません。

維持管理にも費用がかかる。もし、売れなかったら買い取った金額も維持管理費も損してしまうわけです。

 

そういう車はなるべくなら、買い取りたくない。というのが中古車屋さんの心情ですよね。

 

じゃぁ、どういう車が不人気なのか?

不人気車には次の5つの特徴があります。

 

 

1.そもそも売れてない

2.生産中止になった。モデルチェンジした。

3.OEM

4.修理歴がある

5.一般的な外車

 

 

1.そもそも売れてない

新車で売れてない車は、中古車でも売れません

発売当初は人気だったけど、今は全然・・・という車もありますよね。

 

例えば、トヨタのbBなんかは10年くらい前は若い人にすごい人気がありました。

でも、フルモデルチェンジをした後は、徐々に人気が下っていき、月に数百台しか売れなくなって生産中止。

 

実は、私の初めての新車がbBでした。

人気があったモデルで、カラーは黒。

事情があって3年目に売ることになったのですが、購入時の60%くらいで売れたと記憶しています。

 

トヨタのアイシス、ウィッシュ、FJクルーザー、SAIなんかも生産終了が決まっています。

 

とにかく、売ることのことを考えたら人気がない車は避けましょう。

もし、安く買って乗り潰すと言うなら、不人気車のほうが値引きはしやすいでしょう。

 

2.生産終了した。モデルチェンジした

購入後に、生産終了したりモデルチェンジをすると、リセールバリューも下ってしまいます。

生産終了については不人気車のところで書いたのと同じですね。

 

モデルチェンジをすると、デザインや装備がガラッと変わります。

新しい装備がついてより魅力的に、より便利になりますよね。

 

そうなると、1つ前のモデルはやっぱり人気が出ない。

その分価格を下げて、売るので当然買取価格も下げなければいけません。

 

稀に、「前のモデルのほうが良かった!」という声が多く、プレミアが付くこともあります。

先程書いたbBなんかがそうです。

 

ただ、最近の車はモデルチェンジをするといろんな新しい装備が付きます。

自動ブレーキやクルーズコントロール、ハイビームアシストなどなど

 

これらの装備がついていたほうが、買取価格は高くなります。

 

3.OEM

OEMとは、エンブレムだけを変えて作られた車。

軽自動車に多いです。

例えばスズキ・ワゴンRのOEMはマツダ・フレアです。

他にも、

スズキ・ハスラー→マツダ・フレアクロスオーバー

ダイハツ・ウェイク→トヨタ・ピクシスメガ

軽自動車のOEM一覧はこちらが見やすいです。

→軽自動車のOEM一覧

 

普通車でも、セレナ→シフォンとか数は少ないですがありますね。

 

なぜOEMが高く売れないのか?

それは1と同じ理由で、人気がないからです。

多分、今紹介したOEMを知らないって人のほうが多いのではないでしょうか。

 

シフォンってどこのメーカーだよ!?って感じですよね。(スズキです)

 

そんなふうに感じる人が多いので、買い手がつかないというわけです。

 

ただ、たまーにOEMのほうが人気が出ている車種があります。

例えば、日産デイズ・デイズルークスとかがそうですね。

三菱のek・ekスペースが製造元なんです。

正確に言うと、合同開発ですけど。

 

基本的にはOEMのほうが人気がなく売れていないので、リセールバリューを狙うなら製造元を買ったほうがいいですね。

 

4.修理歴がある

当たり前ですが、事故を起こして修理歴があると高く売れません。

事故を起こしても修理歴が付く場合とつかない場合があります。

 

修理歴が付くケースは、車の主要フレーム・骨格部分にダメージがある場合。

ドアを交換したとか、エンジンを積み替えたというのは修理歴になりませんよ。

 

5.一般的な外車

外車と聞くと高く売れそうですが、実は全くそんなことはないんです。

むしろ、日本車よりも安い。

 

日本でも大衆化している、メルセデス・ベンツやBMW、アウディの一般車は意外とリセールバリューは低いです。

具体的に言うと、ベンツCクラス・EクラスやBMWの3シリーズ・5シリーズ、アウディA3は全然高値が付きません。

廉価グレードだとなおさらで、ウソでしょ!?ってくらい値段がつかないです。

 

この5つを抑えておけば、売る時に外れはないです。

でも、もっとお得に!

と考えるなら、リセールバリューがめちゃくちゃ高い車を買ったほうが良いですよ。

では、リセールバリューがめちゃくちゃ高い車ってどんな車なんでしょう。

 

リセールバリューが高い車はどんな車?

ではリセールバリューが高い車ってどんな車でしょうか?

普通に考えると、リセールバリューの低い車の反対で「人気がある車」が高く売れると思いますよね。

 

でも、人気がある車でもそんなに高く売れることはないんです。

不人気車に比べれば高くは売れます。

 

でも、3年落ちで60%の残価率でしょう。

300万円の新車なら3年落ちで180万円です。

 

リセールバリューがめちゃくちゃ高い車というのは、海外で需要がある車です。

日本車で言えば、アルファード・ヴェルファイア・ハイエース・ランドクルーザーなどが該当します。

 

え、ウソでしょ?残価率が90%!!!

世の中には、3年落ちなのに残価率が80%とか90%もある車も存在しています。

90%と言ったら、400万円で買った車が360万円ですよ!

 

そんな車があるなら、3年毎に乗り換えていつでも新車が楽しめます♪

しかし、そんな甘い話はどこかに落とし穴がつきもの。

 

具体的な車種はあとでお伝えしますね。

どんな落とし穴があるのか?

 

それは、タイミングです。

残価率が80%以上の車というのは、外国で人気の車種なんです。

ちょうど今、良いタイミングが来ていて、国産の人気SUVやLクラスミニバンが非常に高く売れているのです。

 

また、装備や駆動方式などの条件もあります。

例えば、今非常人気なのはトヨタアルファードですが、下記のような装備が高く売れるようです。

 

・サンルーフ

・ガソリン車

・カラーは白or黒

 

アルファードはどのグレードでもリセールバリューは高いですが、2WDでガソリン車、7人乗りのほうが高く売れる傾向にあります。

 

ただ、今が良いタイミングだからといって3年後も高く売れるかはわかりません。

ここが難しいところですね・・・。

今は80~90%で売れるかもしれませんが、3年後には70%になっているかも。

 

車の輸出情報や買い取り事情に詳しい人や、そういうお友達がいるなら、リセールバリューのめちゃ高い車を乗り換えていくのはありだと思います。

 

そうじゃない一般の人は、狙ってもなかなか難しいので、実は損してた・・・。ってことになりそうです。

 

車にあまり興味がないという方は新車を乗り潰すほうがトータルコストは安くなるでしょう。

 

リセールバリューが高い車ランキング

前置きが非常に長くなってしまいましたが、どんな車が高く売れるのか、安く売れるのかがわかったと思います。

それでは、具体的な車種を紹介しながら、タイプ別にリセールバリューランキングを見ていきましょう。

 

 

ランキングの残価率

A・・・70~90%

B・・・60~70%

C・・・50~60%

 

 

【SUV】海外で人気!高く売りたいならSUVを狙え

海外では爆発的にSUVが売れています。

日本でも徐々に人気が出てきましたよね。

現在、一番リセールバリューが高いタイプがSUVなんです。

 

リセールバリューが高い順にランキングしたのがこちら↓

※リンクをクリックするとその車種の詳細ページに飛びます

メーカー車種名評価新車価格
レクサスLXA1115万円~
レクサスRXA-497万円~
トヨタランドクルーザーA-472万円~
トヨタランドクルーザープラドB+353万円~
レクサスNXB+440万円~
マツダCX-8B+319万円~
マツダCX-5B+249万円~
スズキクロスビーB+176万円~
トヨタハイラックスB+326万円~
トヨタハリアーB294万円~
トヨタC-HRB251万円~
日産エクストレイルB-219万円~
スバルレヴォーグB-282万円~
ホンダヴェゼルB-207万円~
マツダCX-3B-210万円

第1位はレクサスのLXでーす。

ドーーン!

これはかっこいい。

が・・・高すぎる。新車で1115万円は貧乏人の私には手も足も出ません。

 

ローンで勝ったら金利を払わないといけないから、意味ないし・・・。

銀行回って低金利で貸してくれるところがあるなら、考えてもいいか。

1000万も貸してくれないと思いますが(笑)

 

ランキングを見てみると、やっぱり総じてリセールバリューは高いですね。

SUVなら予算や好みに合わせて買っても大丈夫ですね!

 

【ミニバン】アル・ヴェルの一人勝ち!グレードやオプションによって変わる

メーカー車種名評価新車価格
トヨタアルファード/ヴェルファイアB335万円~
トヨタヴォクシー/ノアB-246万円~
トヨタエスクァイアB-267万円~
トヨタプリウスαB-256万円~
トヨタハイエースワゴンC+281万円~
日産エルグランドC+321万円~
日産セレナC+250万円~
ホンダステップワゴンC+245万円~
トヨタシエンタC+168万円~

ミニバンについては、アルファードとヴェルファイアが強いですね。

新型アルファード

評価はB-ですが、これはあくまで全体の平均。

オプションやグレードによってはAランクに入ります。

 

先程も書きましたが、サンルーフ&両側スライドドアを装備は必須。

4WDより2WD。

ハイブリッドはリセールバリューが低いのでガソリン車を選択。

排気量は2.5Lでカラーは白か黒。

 

というように、細かく指定すればAランク入です。

残価率80%以上は狙えるでしょう。

タイミングがバシッと合えば、90%も狙えるかも!?

 

【軽自動車】コンパクトカーより高く売れるんです!

メーカー車種名評価新車価格
ホンダS660A198万円~
マツダコペンA185万円~
スズキジムニーA-130万円~
スズキハスラーB110万円~
ホンダN-BOXB-138万円~
スズキスペーシアB-133万円~
ダイハツキャストB-122万円~
スズキワゴンRC+107万円~
ダイハツタントC+128万円~
ダイハツウェイクC+135万円~

1位のS660と2位のコペンは、趣味性が強く希少性もあるのでリセールバリューが高くなっています。

s660

http://www.honda.co.jp/S660/

 

ジムニーは2018年に20年ぶりのモデルチェンジします。

ジムニーはオフロードが強く、特定のユーザーに根強い人気があります。

 

とは言え、上記の3車種は一般向けではないですね・・・。

 

一般向けで言うと、やはりN-BOXが無難ですね。

発売当初から、販売台数No1に君臨する軽自動車の王者です。

もちろん中古車でも人気なので、どの買取業者も喉から手が出るほど欲しいでしょう。

 

他にも、ハスラーもまだまだ人気です。

スペーシアが高くて、タントが低い理由はモデルチェンジです。

スペーシアは最近モデルチェンジをしたばかりで、安全装備や軽自動車初の装備などが着いています。

タントの最近のフルモデルチェンジは2013年ですので、その分リセールバリューが低いのです。

 

そろそろフルモデルチェンジするのでは!?

と言われているので、買うならモデルチェンジ後を狙ったほうがいいかも。

 

【セダン】輸入車は要注意。とりあえずトヨタ買っとけ?

メーカー車種名評価新車価格
トヨタプリウスPHVB+326万円~
レクサスGSB+577万円~
メルセデスCクラスB+441万円~
トヨタミライB723万円~
日産スカイラインB-416万円~
トヨタクラウンB-381万円~
BMW3シリーズB-419万円~
トヨタプリウスC+242万円~

不動の人気を誇るプリウスはC+とそこまで高くはありませんでした。同じプリウス買うならPHVにしといたほうが後で高く売れます。

 

先程、「リセールバリューが低い車」で、Cクラスや3シリーズはやめとけ!って言ってたのにランクインしとるやないか!?

という声も聞こえてきそうです・・。

 

いろんな記事や雑誌などの情報をもとに、ランキングを作っているのですが、とある雑誌では意外と高評価なんですよね。

ただ、車屋さんのブログによるとめちゃくちゃ低いランク。

どっちかわかりません・・・。買うなら注意が必要です。

 

まぁ、輸入車って中古での人気がイマイチなんですよね。

修理費や車検は高くつく。国産車のほうが信頼感があるし。

それに、ベンツとかBMWを買う人ってお金持ちが多いでしょ。

お金持ちは中古車なんか買わない。

最高グレードを新車でドーンですよ。

 

で、こういう車は中古でも高い。

お金持ちは中古買わないし、誰が買うの?みたいな・・・。

 

さらに、貧乏人が無理して新車で買おうとすると、グレードを落として装備もそこそこに・・・。

こういう車も中古では売れない。

 

海外での需要があるなら話は別ですけどね。

 

【コンパクトカー】リセールバリューには期待するな!

メーカー車種名評価新車価格
トヨタアクアC+178万円~
日産ノートC+139万円~
ホンダフィットC+142万円~
マツダデミオC+139万円~
トヨタトール/ルーミーC+146万円~
スズキソリオC+178万円~
ホンダフリード+C+190万円~

ぶっちゃけコンパクトカーは、リセールバリューを気にして買う車ではないですね。

大人気のアクアやノートでさえも、C+という評価。

3年乗れば50%くらいになっちゃいます。

 

リセールバリューを気にして買うならコンパクトカーよりも、軽自動車のほうが少し高いですね。

ハスラーやN-BOXなどを検討してみても良いかもしれません。

 

【スポーツ・オープンカー】やっぱり人気車は高く売れる!

メーカー車種名評価新車価格
ホンダNSXA+2370.万円~
レクサスLCA+1300万円~
日産GT-RA+1023万円~
レクサスRCA+530万円~
ホンダシビックタイプRA-450万円~
日産フェアレディZB+390万円~
マツダロードスターB+249万円~

スポーツカーは希少性があるので、リセールバリューはめちゃくちゃ高いです。

新車価格もベラボーに高いですけど・・・。

 

男ならだれでも憧れたことがある、NSXやGT-R。

一度は乗ってみたいものです・・・(笑)

 

輸入車でも、フェラーリやポルシェ911などは希少性もあり、リセールバリューはめちゃくちゃ高いです。

変える人はほとんどいないと思いますけど・・・。

 

まとめ

リセールを狙って車を買うのであれば、やはりSUVが一押しですね。

SUVの中でも、レクサスLXやトヨタランクルあたりが強いです。

ミニバンであれば、アルファードとヴェルファイア。

 

Aランクの車を買って3年毎に乗り換えていこうという作戦なら、グレードやオプション選びも慎重に行いましょう。

またモデルチェンジ情報などにもアンテナを張っておくことも重要です。

海外需要のタイミングも非常に大事になってくるので、3年後に確実に高く売れるとは言えません。

このあたりはちょっとギャンブルですね・・・。

 

そこまでは考えていないけど、売る時に高くなったほうが良いなぁ・・・という程度なら、ランキング表を見てそこそこの評価の車を買うといいでしょう。

 

買う時に気をつけるのが、カラーとオプション。

カラーは、白か黒。

オプションで喜ばれるのは、純正オプションですね。

ミニバンであれば、サンルーフや両側スライドドア、純正ナビは必須です。

自動ブレーキもあったほうがプラス査定になるでしょう。

逆に、革シートやエアロパーツは個人の好みがあるので、買取価格にはあまり影響はないです。

 

リセールバリューを決めるのは、市場の需要と供給です。

数が少なくて人気のある車種が高く売れるってことです。

 

国内だけで見ると、人気の車種は新車もバンバン作っているので、需要と供給のバランスがあまり崩れないんですよね。

だから、あまり高く売れない。

で、最近は海外にも輸出しているので、海外で需要がある車がめちゃくちゃ高く売れるってことです。

 

そんなことも考えながら、車選びをすると楽しいかもしれませんねぇ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

Pocket

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

 

Pocket

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-車の下取り・買取

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.