スバルインプレッサスポーツハイブリッド試乗レポート!

インプレッサスポーツ試乗レポート

先日インプレッサスポーツのハイブリッドモデルが発売されました!
どんなできになっているのか気になったので試乗に行ってきました。

グレードはレヴォーグやレガシィB4などと同じように幾つもありません。

HYBRID 2.0i EyeSight

HYBRID 2.0i-S EyeSight

二択と言うこともあり、あれやこれやと悩まなそうなこともポイント!

 

外観はどうなの?スポーティでかっこいいエクステリア

ディーラーの中に入ると展示車がありました。

上位グレードにあたるHYBRID 2.0i-S EyeSightです。

インプレッサスポーツハイブリッド エクステリア クリスタル・ホワイトパール

ボディカラーはクリスタル・ホワイトパール(オプション色:32,400円)

外に出ると試乗車として用意されていたのは同じくHYBRID 2.0i-S EyeSight

インプレッサスポーツハイブリッド エクステリア クォーツブルーパール

こちらのボディカラーはクォーツブルーパールになります。

定番と言えばクリスタル・ホワイトパールですし、実際に人気があります。

個人的にはブルーの光加減などが綺麗でかなり良い色に思いますが、将来的に売ることを考えたらリセールバリューに差が出てきそうです。

 

impreza05

タイヤ&アルミホイールは17インチです。

サイズは215/50R17でダークガンメタリック塗装です。

標準グレードはシルバー塗装になるようです。

 

フロントグリルを見てみましょう。

インプレッサスポーツハイブリッド フロントグリル

スバルらしさのあるグリルです。

メッキを使用することで、さりげない上質感を引き出せていますよね

 

ヘッドランプです。

impreza07

ポジショニングランプにはクリアブルーのインナーレンズを採用。

ブラックべゼルとのコントラストで洗練さや精悍さを主張させています。

フロントフォグランプはメッキ加飾付ピアノブラック調カバーで更に精悍さが出ていますね。

メッキの部分をオプションでLEDライナーに変更するのも素敵ですが、このままでも十分かも知れません。

 

ドアハンドルもメッキ加飾つき

impreza09

ボディ同一カラーではなく、あえてメッキにすることで横から見た時の質感がよくなりますね。

 

リアスタイルです。

impreza11

コンビランプはクリアレンズを使っています。

impreza12

 

一通り見たのですが、レヴォーグとはまた違ったスポーティーさや高級さがありますね。

ハイブリッドカーは今でこそ国内に何台も出てきていますが、その中でスポーティーさは群を抜いいると思いました。

ブルーの差し色が爽やかなインテリア

内装を見て行きましょう。

まず、ドアを開けて確認です。

インプレッサスポーツハイブリッド インテリア

ペダルはアルミでスポーツカーを演出しています。

impreza15

他のメーカーにはないのですぐに目が行きます。かっこいい!

 

室内空間のあらゆる部分にブルーステッチが施されています。

impreza16

シート表皮はウルトラスエードと合皮による組み合わせにブルーステッチ。

 

本革巻きのステアリングにシフトレバー

impreza20

impreza21

ドアの部分を見てみましょう。

impreza23

こちらにもウルトラスエードが使われていて上質な印象を与えてくれます。

センターコンソールにもブルーのステッチがあっておしゃれです。

impreza27

開けてみるとこんな感じ

impreza26

 

ナビゲーションからエアコンにかけてはXVと同様にパネルにピアノブラック加飾がされています。

impreza28

エアコンは運転席と助手席で別々の温度調整が可能な左右独立温度調整式フルオートエアコン

impreza29

USB出力電源(DC15V)とちょっとした収納スペースにもなっています。

 

後部座席も見て行きましょう。

インプレッサスポーツハイブリッド 後部席

レヴォーグほどの余裕はないですが、狭くはありません。
大人が乗っても膝が当たることは無いと思います。

 

さて、ラゲッジルームはどうでしょう?

impreza36

後部座席を倒すことでここまでの広さが確保出来ます。

impreza37

後部席はセパレート式になっているので、シートアレンジを駆使すれば様々なシーンで活用できそうですね。

乗り心地はどうなのか?いよいよ試乗です!

デザインはかなり上質感があっていい感じです。
では、乗り心地やどうなのでしょう。

ワクワクしながら車に乗り込みエンジンスタートです。

impreza40

まずはボタンをプッシュします。

すると浮かんで来たのは常時発光式ブルー照明メーターです。

impreza41

メーターはハイブリッド専用デザインで、ブルーのイルミネーションがとっても綺麗ですし落ち着きます。

マルチファンクションディスプレイもついていて様々な情報を教えてくれます。

impreza42

 

さて、準備は整ったのでスタートしてみましょう!

まずステアリングですが、すぐ前にレヴォーグを試乗していたこともあって軽く感じます。

レヴォーグほどのスポーティーさはありませんが、取り回しもしやすく運転しやすいです。

担当営業から「女性も多く乗っている」と聞いたのですが、納得できます。

 

そのままアクセルに足をかけてスーッと進んでいくのを楽しみます。

まずはハイブリッドならではの静かでスムーズな加速ですね。
直線でグッとアクセルを踏み込んでみましたが、ほんとにスムーズにストレスなく加速していく感じです。気持ちよかったです(笑)

2000cc+αなので坂道や高速での力強さ、軽快さを感じます。
試乗コースは山道ではなかったですが、たぶんスイスイ登って行ってくれることでしょう。

 

足回りは柔らかくも固くもないちょうどいい感じです。
後部席に乗っていても、振動がほとんどなく静かです。

気になったことですが、バッテリー容量が少ないためにか目盛がどんどん減っていくことを感じます。
もともとエコに重視したハイブリッドモデルではなく、走りに重視したハイブリッドモデルなので仕方ないのでしょうかね・・。

試乗は、市街地走行~国道~坂道~を走ってきましたが「安定した余裕の走行」を感じることが出来ました。

モーターからCVTへの切り替えですが、こちらも音や振動がなくてスムーズでした。

 

燃費はどうでしょう?

JC08モードは20.4km/lになります

実燃費はこちらの70%くらいを目安にすると良いそうなのですが、走行状況次第では17km/lくらいのこともあるそうです。

20分ちょっとの試乗で私が出した数字は10.8km/l・・・これはあまり参考にはならない数字ですね(汗)

実燃費記録を参考にしようと探してみましたが、燃費レポートを公開している人がまだいませんでした。

街中では12km/l前後、高速道路では16km/l位はでると思います。

 

 

見積もりをとってみました。総額はいくらに???

車両本体価格ですがHYBRID 2.0i EyeSightで2,505,600円~

HYBRID 2.0i-S EyeSightで2,635,200円~

極端に差がないように見えますが、やはり装備の面では差がありますね。

具体的には、アルミホイールがシルバーになったり、ステッチがシルバーだったり、メッキ加工がなかったりとデザイン面でちょっと劣ります。

走行機能は基本的には同じです。
アイサイトも両グレードについているので、デザイン重視の方は2.0i-Sがおすすめです。
特にその辺は気にしない!ということであれば2.0i EyeSightでも十分です。

 

見積書も試乗車・展示車と同様にHYBRID 2.0i-S EyeSightで作成しました。

インプレッサスポーツハイブリッド 見積書

3,452,932円

 

オプションが45万円、諸費用が27万円かかっています。

これだけ格好良くて上質感のあるハイブリッドカーが350万円以内で買えることに驚きます。
他社の同タイプのハイブリッドカーに比べたらやすいかもしれません。

コストパフォーマンスはかなりいいように思います。

 

ただし、あくまでもハイブリッドカーという括りの中での話です。

やはり350万円は安くはないですよね・・・。
ちょっとでも安く買いたい!という方のためにも値引きについても一歩突っ込んで聞いてみました。

ストレートに8万円とのことでしたが、それで終わることはないと思っています。

初回で8万円なら倍くらいは引き出せると思います。

家に帰って、雑誌を引っ張りだして最新情報をチェックして見ました。
インプレッサスポーツハイブリッドは15~20万円の値引きは狙えるとのこと。

ただ、ハイブリッドモデルは出たばかりということもあり、営業マンも強気のようです。
うまく交渉して値引きを引き出したいところです。

交渉のポイントは、ライバル車であるフィールダーHVやシャトルHVとの競合が効果的です。
あなたが迷っている車があればそれを競合にしてもいいと思います。

 

新型インプレッサスポーツハイブリッドの総合評価

先ほども言ったように、コスパが高い車でしょう。

静かでパワフル、しかも安定感がある走りは走っていて楽しいです。

スバルが提唱する「Fun to Drive」を実感できるハイブリッドです。

アイサイトVer.2も標準装備なので、安全性もたかいですし、クルーズコントロールが非常に優秀です。

ECOクルーズコントロールという機能がついていて、車が勝手にEC走行を最大限に活用する追従走行を行ってくれます。

ただスバルのアイサイトは最新でVer.3となっています。Ver.2というのはちょっぴり残念でもあります。

 

なお、スバルのディーラーですが平日に行ったにもかかわらず試乗や商談をしている方がたくさん居ました。

売れているんだな~って改めて感じましたね。

 

他のハイブリッド車と比較したい方はこちら

→ハイブリッドカーどれが良い?メーカー別一覧とランキング

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  2. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…
  3. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る