新型ソリオどうなの?フルモデルチェンジでハイブリット登場

更新日:

Pocket

2015年8月26日にスズキソリオがフルモデルチェンジをしました。

今回のフルモデルチェンジでの最大の変化はやはりハイブリッドシステムの搭載でしょう!

マイルドハイブリッド搭載でクラストップレベルの低燃費を実現しています。

また、デュアルカメラブレーキサポートを搭載し安全面もバッチリカバー。

そんな新型ソリオについて詳しく見て行きましょう!

 

→試乗に行ってきました!新型ソリオの試乗レポートはこちら

 

エクステリアは変わった?新型ソリオのデザインはコレ

フルモデルチェンジでデザインもちょっと変わっています。

ちなみに旧型ソリオはコレ↓

ソリオ

そして新型はコレ↓

新型ソリオ

新型ソリオバンディット↓

新型ソリオバンディット

あまり大きな変化は見れませんが、スマートにかっこ良くなった印象を受けます。

今回のフルモデルチェンジにあたり、新開発プラットフォームを導入したそうです。
静粛性や剛性、衝突性能、走行性を向上させながら大幅な軽量化にも成功しています。

また、室内の広さが拡大しより快適な居住空間になっています。

 

広々空間の内装も工夫がいっぱい

内装部分も広さや快適さをUPさせる工夫が見られます。

インパネ周りの出っ張りをなくし余裕を持たせています。
また、センターウォークスルーで後部席への行き来も楽々できます。

 

クラスNo1の低燃費を実現。気になる燃費はいくつ?

ソリオはスズキの普通車で初めてのハイブリッドシステム搭載車です。

ハイブリットシステムといっても今までワゴンRやハスラーなどの軽自動車に採用しているS-エネチャージと同じです。

呼び方は違いますがシステムは同じです。
なぜ呼び方を変えたのかというと、普通車は「ハイブリッド」という呼び名が浸透していて、軽自動車ではスズキのS-エネチャージという名前が浸透したからとのことです。

マイルドハイブリッド搭載のソリオの気になる燃費は27.8km/l(JC08)です。

実際の燃費はこの数字の60~80%となるでしょう。

この数字はコンパクトハイトワゴンというクラスではNo1の低燃費です。
ちなみに、同タイプのライバル車はポルテ、スペイド、キューブ、フリードスパイクがあります。

この中で一番燃費がいいのはフリードスパイクハイブリッドで21.6km/lです。
6.2km/lの差は圧倒的ですね!

同タイプではないですが、最近トヨタシエンタがフルモデルチェンジをして注目を集めています。
ソリオかシエンタかと迷う方もいるかもしれませんね。
シエンタハイブリッドの燃費はソリオに匹敵する27.2km/lです。

ただシエンタハイブリッドとソリオを比べると50万円くらい価格差があります。(ソリオのほうが安い)

これらのことを考えたら、スライドドアで5人以上乗れるコンパクトカーはソリオがかなり優秀ではないでしょうか?

 

新型ソリオの価格はいくら?

新型ソリオのグレードごとの車両本体価格です。

グレード 価格
G 145万~158万円
HYBRID MX 169万~188万円
HYBRID MX 184万~202万円
バンティット 182万~201万円

グレードは上記の3つです。

各グレードで2WD・4WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車が選べるようになっています。

実際に新車を購入するときには上記の車両本体価格に、オプション+諸費用がかかります。
オプションに何をつけるかにもよりますが、ナビやETCなどをつけると軽く20万円を超えてきます。
また、諸費用は20~25万円位かかります。

車両本体価格+50万円を考えて予算を立てておくといいでしょう。

 

新型ソリオの値引きはいくら?

総額で200万円を超えてくるので決して安い買い物ではないですね。

なるべく安く買いたいと思っている方は値引交渉もしっかりやりましょう。

ただ、やはりフルモデルチェンジ後でかなり値引きは渋いです。

5万円までが限度という販売店も増えてきて、5万円+オプション値引きや無料サービスで終わるケースがほとんどのようです。

うまく交渉できれば総額から15万円値引きできたという方もいるので、相手の出方を見てうまく交渉してみてください。

交渉のポイントとしては、フリードスパイクハイブリッドやスペイド、ポルテなどのライバル車を競合に出すといいでしょう。
また、OEMのデリカD:2との競合も効果的ですよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-モデルチェンジ情報, ソリオ

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.