トヨタアリオン

トヨタアリオンの口コミ評判まとめ。実際の燃費や値引き情報も満載

投稿日:2015年7月30日 更新日:


トヨタアリオンは200万円台で購入できるファミリーセダンです。

2001年に登場し、2007年にフルモデルチェンジをした2代目です。
細菌では2014年9月に一部改良をしているが、このモデルは8年も続いているのでそろそろモデルチェンジなのでは?と期待が高まっています。

フルモデルチェンジはまだ未確定ですが、2015末~2016始めあたりで行われるようです。
ハイブリッドの導入もありデザインや内装がどんな風になるのか楽しみですね。

ただ、アリオンの販売台数を見てみると、かなり低迷しているのが気になります。

あまり人気のない車種ですが、実際に乗っている人の評価はどうなのでしょう?

 

アリオンの口コミ。オーナーに聞いたぶっちゃけどうなの?

アリオンの口コミをまとめました。実際に乗っている人の生の声なのでこれから購入を検討している方は参考にして下さい。

良い所

  • 価格が手ごろ
  • 乗り心地が良い
  • インテリアの質感へのこだわりと高級感
  • 加速がいい
  • 後部座席を倒しラゲッジルームを広げられる

 

悪い所

  • 燃費がイマイチ
  • ハイブリッドがないのが残念
  • 外観が普通
  • アクセルレスポンスが悪い

 

まとめ

シンプルなデザインで質感もよく低価格で購入できるセダンです。
インテリアも高級感がありしっかりと作られています。

低価格なのに安定した走行性、妥協しないデザインでコスパが高いと評判です。

セダンなのにラゲッジルームが広い上、後部座席を倒してラゲッジルームを広げられるのが、とても高評価です。

外観への評価は、「落ち着きがあり高級感がある」という安定したデザインへの声と、「個性がない。普通。」など、デザインの変化を求める声に分かれます。

トヨタのデザインが好きな方は、シンプルながら高級感あるデザインを高く評価しているようですね。

全体的に評価は高く、目立った悪い点はありませんでした。
ただ、それが普通すぎるという声になってしまう様です。

トヨタ車ファンからの評価はとても高いです。

→セダン人気ランキングはこちら

 

アリオンの魅力

 

奇をてらわないアリオンのデザイン

トヨタの5ナンバーサイズセダンであるアリオン、そのエクステリアは奇をてらわないものとなっています。
それは、アリオンのメインターゲットが若干高齢者にあることと無関係ではないでしょう。

近年のトヨタ車は、好みの問題はあれどかなり攻めたエクステリアに仕上げている傾向にあります。
国民車といわれているカローラフィールダーも、マイナーチェンジでかなり攻めたスタイリングとなりました。

しかしアリオンは、嫌われる要素がないといわれるほどまとまったデザインです。
最近では空力を重視して凹凸が多いデザインが増えていますが、アリオンは非常に滑らかな表面となっています。

 

高級感のあるインテリア

同じ5ナンバーサイズセダンのカローラアクシオと比べると、アリオンは「インテリアに高級感がある」という口コミがあります。
ダッシュボードやステアリング周り、ドアのスイッチ部分やシフトノブ周辺には木目のパネルを使用。高級感を与えるのに一役買っています。

インテリアのカラーは、シート部分がアイボリー、インパネ周りがベージュを基調としており、このカラーリングも高級感を感じさせます。

ドア上部やインパネ上部には差し色としてブラックを使用。
ぼやけがちなインテリアカラーにアクセントを加えています。

荷物もたっぷり積めます

セダンというとラゲッジルームにしか荷物を積めないと考えている人も多いですが、アリオンはたくさん荷物を積めます。
アリオンには多彩なシートアレンジがあり、それとラゲッジルームを組み合わせることによって大容量を実現。

後部座席を後ろに倒せば、ラゲッジルームとの一体化したスペースが出現します。
ヘッドレストを取り外さなくてもシートを倒せますので、簡単ですよ。

これならば、ちょっと長い荷物やたくさんの荷物も積み込むことができますね。
もちろん、ラゲッジルーム単体での広さも確保しています。

旧型のアリオンと比べて容量が30lもアップしました。
さらに、開口部の形状を工夫することによって、より荷物の出し入れもしやすくなっています。

燃費も大幅に向上しました

旧型アリオンからの進化は、ラゲッジルームだけでなく燃費も大幅改善しました。
旧型アリオンの燃費は16.4km/lなのに対して、現在のアリオンは19.2km/lと、2.8km/lも向上しています。
アリオンの1.5L車には、アイドリングストップシステムを標準装備しており、これも燃費向上に貢献しています。

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-トヨタ
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.