アクアを買ったら維持費がこんなに安くなる!軽自動車とも比較してみた!

更新日:

Pocket

「アクアって維持費も安そうだよねぇ♪」

という気軽な気分で車を買い換える前に、実際にどのくらいの維持費がかかるのか、数字を確認してみましょう。

 

もしかしたら、本当に欲しいSUVとそんなに変わらないかもしれないし、軽自動車のほうがもっと安くなるかもしれません。

 

車の維持費には「何を」「いくら」「いつ」支払う必要か知っておくことも大切です。

 

アクアの維持費はこれだけかかる!年間・月間維持費の一覧表

 

維持費 年間 月間
自動車税 34,500円 2,875円
自動車重量税 7,500円 625円
自賠責保険 13,920円 1,160円
ガソリン代
(年間1万キロで計算)
60,000円 5,000円
駐車場代 120,000円 10,000円
車検費用 40,000円 3,333円
任意保険
(11等級 車両保険あり)
80,000円 6,666円
消耗品 50,000円~ 4,166円
合計 約40万円 約3.3万円

 

ガソリン代や駐車場代、任意保険料は人によって大きく金額が変わるため、一概には言えませんが、だいたいこのくらいの維持費がかかります。

 

費用によっては、毎年支払うものから、2年に一度、必要な時など支払う時期が変わってきます。

一つ一つ詳しく見ていきましょう!

 

自動車税

自動車税は、毎年5月か6月に納税通知書が届きます。

排気量によって、税額が変わってきます。

アクアは、1500cc以下なので34,500円です。

 

ちなみに、排気量別の自動車税はこんな感じ↓

軽自動車 10,800円
~1000cc 29,500円
~1500cc 34,500円
~2000cc 39,500円
~2500cc 45,000円
~3000cc 51,000円
~3500cc 58,000円
~4000cc 66,500円

 

 

エコカー減税についても、ちょっとお話しておきます。

アクアは平成32年度燃費基準+50%という最高レベルです。

自動車税は、グリーン化特例で約75%の25,500円が減税となります。

 

減税の恩恵を受けられるのは1度だけで、購入した翌年の自動車税が減税となり、9000円の負担となります。

購入した年の自動車税は、月割計算されて割引はありません。

 

 

自動車重量税

重量税は、いつ支払っているのか知らない人も多いかもしれませんね。

実は、車検時に支払っています。つまり、2年に1度

 

重量税は車の重さが500kg増えるごとに、5,000円増額されます。

アクアは、1.5t以下なので、15,000円です。

 

重量税もエコカー減税の大正です。

アクアの場合は、最初の3年間と次の2年間が免税となります。

つまり、5年間支払う必要が無いのです。

 

2回目の車検から15,000円かかりますので、覚えておきましょう。

 

自賠責保険

自賠責保険は強制保険と言われていて、車やバイクに乗るなら必ず加入しなければいけません。

自賠責保険料も車検時に支払われます。

 

保険料は、普通車ならどのクラスでも同じ金額で、24ヶ月27,840円です。

 

 

ガソリン代

ガソリン代は、月にどれだけ乗るかによって大きく変わってきます。

アクアの燃料タンクは36Lで、実燃費は20キロ程度なので、満タンで720km走ります。

 

アクアは、カタログ燃費34.4~38.0km/lと、コンパクトハイブリッドカーでNo1の低燃費です。

実際の燃費は約20km/lくらいになるので、年間1万キロ走るとして計算して年間6万円です。

(ガソリンは1リットル120円)

 

計算式は以下の通り↓

10,000km÷20km/l×120円=60,000円

 

あなたの年間走行距離を当てはめて計算してみてください。

 

駐車場代

駐車場台は場所によって大きく変わってきますね。

 

田舎なら賃貸アパートで1台3,000円~5,000円くらいでしょう。

都会なら1万円~3万円くらいしますね。

 

アパートに駐車場がない場合は、月極契約と割高になります。

逆に持ち家なら駐車場台は0円です。

 

はじめて車を買う場合は、駐車場台がいくらになるのかも計算しておきましょう!

 

車検代

車検時に支払うお金は大きく分けて3つあります。

 

法定費用

点検費用

修理交換費用

 

 

法定費用とは、先程出てきた、重量税と自賠責保険、印紙代のことで、どこで車検を受けても金額は変わらず、43,000円くらいです。

 

点検費用は、点検する人の人件費とお店のマージンですね。

ディーラーは高めでコバックなどの専門店のほうが安い傾向にあります。

ユーザー車検なら、自分でやるので点検費用はかかりません!

維持費一覧表の4万円はここの金額を入れています。

 

車検では、各部分の点検が行われ、正常に動かないと車検に通りません。

整備士さんが、車ををチェックしてくれて、交換や修理が必要な部品を教えてくれます。

ブレーキパッドやライト、ベルト類などです。

 

アクアはコンパクトカーなので、交換費用は比較的安いです。

高級車になると、この修理交換費用が高くなってきます。

 

また当然ながら、長く乗っていくと修理交換が増えて高額になります。

うちの11年目のセレナちゃんは、車検代30万でした・・・・(涙)

 

任意保険

任意保険代は「高いなぁ・・」と不満を抱える人が多いのではないでしょうか?

 

保険料は、等級や年齢などの条件によって大きく変わってきます。

20等級35歳以上、ゴールド免許なら、車両保険ありでも年間5万円くらいです。

しかし、6等級21歳以下、ブルー免許なら車両保険ありで20万円くらい。

 

ちょっとでも安くしたいなら、条件を変更したり、特約を外したりするといいかもしれません。

車両保険を付けなければ、保険料は半額くらいになりますが、自損事故などの修理費は自腹になるので悩ましいところです。

 

また、代理店型よりもダイレクト型のほうが保険料が安いので、一度比較しても良いかもしれません。

 

→自動車保険の一括見積はこちら

 

 

消耗品費

消耗品は、先程車検の時にも書きました。

車検時だけではなく、突然の故障もあります。

 

消耗品というと以下のものが挙げられます

 

オイル→5,000kmまたは半年で交換。4,000円~

タイヤ→3~5年で交換。1本1万円ほど。

ブレーキパッド→3~5万キロで交換。1万円~

バッテリー→10年は持つと言われています

 

など・・・・

 

 

消耗品の交換は頻度が高いわけではないですが、結構大きな金額になります。

タイヤ交換で4~5万円とかかかりますから・・・。

 

車にはたくさんに消耗品が使用されていて、大体は車検時に見てくれます。

古くなってきたら1年点検なども行うといいでしょう。

 

日頃から、不調がないか音や振動に気をつけて、何か不調があるならすぐに点検してもらいましょう!

それが長く乗るコツです。

 

アクアのバッテリーって交換が必要?料金は

アクアのバッテリーはニッケル水素バッテリーを使用していて、基本的には15~20万キロで交換が必要になります。

 

つまり、10年以上は持つということ。

だから、バッテリー交換についてはあまり気にしなくても大丈夫です。

 

バッテリーの料金は2万円くらいですが、5年間はメーカー保証があります。

 

軽自動車・プリウス・ハリアーと比較してみた!

維持費が安い!と言われている軽自動車。

アクアのお兄さんのプリウス。

高級SUVのハリアー。

 

この3台の維持費も見てみましょう!

維持費 ワゴンR プリウス ハリアー
自動車税 10,800円 39,500円 39,500円
重量税 5,000円 7,500円 10,000円
自賠責保険 13,185円 13,920円 13,920円
ガソリン代
(年間1万キロで計算)
60,000円 48,000円 120,000円
駐車場代 120,000円 120,000円 120,000円
車検費用 40,000円 40,000円 40,000円
任意保険
(11等級 車両保険あり)
70,000円 100,000円 100,000円
消耗品 50,000円~ 70,000円~ 80,000円~
合計 約37万円 約44万円 約52万円
月額 約3万円 約3.6万円 約4.3万円

 

軽自動車との維持費は何が違う?

アクアと軽自動車の維持費を比較すると、年間3万円ほど軽自動車のほうが安いです!

 

たった3万円ですね・・・。

 

確かに、軽自動車は自動車税が安いです!その差は2万円。月間に換算すると1600円ほどです。

あとは、自動車保険料がちょっと安くなる程度です。高速道路料金も安くなりますね。

 

一番大きな点は、車両本体価格ではないでしょうか?

アクアは200万円ほどしますが、ワゴンRは150万円ほどと、50万円の差があります。

このあたりをどう捉えるかですけど。

 

プリウスとの違い

プリウスと比較すると、年間4万円ほど維持費が安いです。

 

プリウスのほうが、排気量が多くクラスも上のため、税金や保険料、消耗品費が高くなります。

しかし、燃費が37.2~40.8km/lとアクアよりも低燃費のため、ガソリン代が安くなります。

 

車両価格は250~300万円ほどしますので、アクアを狙う人にとってはちょっと高いですかね。

 

ハリアーとの維持費は何が違う?

3ナンバーのハリアーと比較した所、かなり差がつきましたね!

何が違うのかというと、ガソリン代です。

ハリアー(ガソリン車)の実際の燃費は8~10km/lなので、アクアの倍以上かかることになりますね。

 

あとは、自動車保険料も高くなりますし、高級車なので消耗品費も高いです。

 

まとめ

維持費の一覧表を診てもらうとわかりますが、維持費で大きな割合を占めるのは次の3つです。

 

 

1.ガソリン代

2.駐車場代

3.任意保険料

 

 

燃費

アクアは、燃費がコンパクトカートップクラスで安いので、ガソリン代が安いですよね。

軽自動車やプリウスと比較すると、あまり変わりませんが、SUVやミニバンと比較すると、月額5,000円ほど変わってくるでしょう。

 

駐車場代

駐車場台は、地域によって大きく違ってきますね。

田舎なら、月々3,000円~5,000円。都会なら月々1万円~3万円。

都会で車を持つなら、駐車場台をしっかりチェックしておきましょう!

 

任意保険料

任意保険料は、等級や年齢条件、運転者条件で大きく金額が変わってきます。

免許を取り立てで、はじめて任意保険に入ると6等級からスタートします。

6等級で車両保険ありだと、年間15~20万円とかなり高額になります。

逆に、20等級のゴールド免許だと、年間5万円とかなり安くなりますね。

 

自動車保険料を安くするには、14年のあいだ無事故無違反(保険を使わない)で早く20等級になることですね。

あとは、車両保険を外したり、ダイレクト型の自動車保険にするのも保険料節約になります。

 

車両保険を外すと、保険料は半額くらいにはなりますが、もし愛しのアクアちゃんが事故ってしまっても修理は自己負担になるので気をつけてください。

 

ダイレクト型の自動車保険にすると、平均3万円ほど安くなるというデータもあります。

最大5万円以上安くなった方もいるので、「自動車保険高いんだよあぁ・・・・」と感じているなら、一括見積もりをしてみるのも良いかもしれません。

 

→自動車保険の一括見積はこちら

 

 

→コンパクトカーランキング!今一番人気のコンパクトカーはこれ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-アクア

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.