【2017】エスクァイア値引き相場。いくらで買った?値引きレポートを公開

投稿日:

Pocket

トヨタエスクァイアの値引き相場や、乗り出し価格を知りたい方へ。

 

ノア、ヴォクシーの兄弟車でありながら、外観や内装デザインに高級感を漂わせるエスクァイア。

上質がゆえに、価格も高くなっています。

 

ちょっと上質なミニバンが欲しい!でも予算が・・・(´;ω;`)

 

と言うかたに、最新の値引き相場の情報や、限界値引きを引き出す交渉のコツ、さらにもっと安く買う方法をお伝えします!

 

「エスクァイアを安く買いたい!」

「限界値引きを引き出したい!」

 

という方は参考にしてくださいね。

 

エスクァイアの値引き相場はいくら?

エスクァイアの値引き相場は、ズバリ・・・28万円です!

 

なお、これはすべてのグレードでの平均値引き価格ですので、高いグレードであればその分車体価格も上がりますので、値引き価格も高くなるでしょう。

また、オプションは20%程度の値引きが期待できます。

合計すると、エスクァイアの値引き相場は、28万円+オプション費用の20%以上になります。

この金額以上の値引きを引き出せれば、お得な価格だと言えるでしょう。

 

2017年7月にマイナーチェンジをしましたが、値引きへの影響は少なく、しっかりと交渉すればガッツリと値引きができそうです!

 

では、エスクァイアを実際に購入した方はどのくらいの値引きが出来たのか見てみましょう!

 

エスクァイアの値引きレポート

2017年の年末商戦にて購入しました。
グレードはGi(4WD)で、車両値引きで20万円、オプションが30万円の合計50万円値引きに成功!
また、今まで乗っていたヴォクシー(7年目5万キロ)の下取り額が50万円でした!
乗り出し価格は、オプションをたくさんつけたため310万円とちょっと高くなりましたが、上質なデザインに満足しています!
2017年8月に購入。
マイナーチェンジしたばかりでしたが、合計で35万円の値引きでした。
新型セレナとの競合が効いたのかもしれません。
ハイブリッドGi特別仕様車を購入しました。
値引きは車両価格から25万円、オプションから10万円の合計35万円でした。
ネットではもっと値引きをしている人がいましたが、営業マンはここが限界とのことでした。
もっと粘ればよかったかな・・・。
マイナーチェンジ前に購入。 車両本体価格から20万円、オプションから15万円の値引きができました。
下取り車は買取専門店で売りました。
ディーラー査定で40万円でしたが、なんと58万円の査定額が出てびっくり。
本当に高く売れるんですね。

 

値引きレポートを見ていると、結構バラバラです。

50万円近く値引きできた方もいれば、30万円以下という方もいます。

 

値引きは地域や時期、ディーラー、営業マンによっても変わってきます。

また、交渉次第でも大きく変わってくるので、安く買いたいならしっかりと作戦を立てて商談に向かいましょう!

 

限界値引きを引き出す交渉術のポイント

ではどのように作戦を立てて、値引きを引き出していくのか?

値引き交渉には、鉄板の方法があります。

これをやっておけばある程度の値引きまでは引き出せる!というコツで、覚えておくと商談を有利に進めていけるでしょう。

 

ただ、あとは営業マンとの駆け引きが大切になってきます。

押したり引いたりしながら、限界値引きを引き出しましょう!

 

1.営業マンを味方につけろ!

交渉の基本は「営業マンに勝つ」ことではありません。

営業マンには、それぞれ値引きの上限があり、それ以上を引き出すには上司に掛け合わないといけません。

 

つまり、営業マンは敵ではなく、一緒にラスボス(上司)を倒すための味方なのです。

 

営業マンを味方につけるには、上司へ相談できる材料を与える必要があります

 

大切なのは、「本当にエスクァイアを気に入っていて、買ってくれそうだ!」と思わせること。

そのためには、エスクァイアの魅力を語り合ったり、雑談をして親密度をあげてください。

一見客と思われてしまうと、値引きも出ませんし、営業マンも本気になってくれませんから。

 

ここが値引き交渉のスタートです。

1回目の訪問では、営業マンとの相性を見ながら、親密度を上げ、本気度を見せ、見積もりをもらってきましょう。

 

その時に

「エスクァイアは非常に魅力的なのですが、価格がちょっと高く、妻が難色を示しているんです。

妻を説得させるためには、最初から全力の見積り書が必要なんです。よろしくお願いします!」

 

などと、初回で出せる限界の値引き額を提示してもらいましょう。

 

2.ライバル車との競合

値引き交渉の鉄板中の鉄板です。

エスクァイアのライバルといえば、日産セレナ、ホンダステップワゴンです。

特に、セレナはフルモデルチェンジをして、すごい人気が出ているので効果がありますよ。

 

また、トヨタ同士の兄弟対決もかなり有効です。

ノア(カローラ店)やヴォクシー(ネッツ店)と競合させたり、エスクァイア同士(トヨペット店・トヨタ店)の競合もかなり効果的です。

 

まずは、すべてのディーラーを回って、全力の見積もりをもらってきてください。

その中から、条件が良かったり営業マンとの相性がいいディーラーを3つほどに絞って交渉していきます!

 

なお、本命のエスクァイアの見積もりは最後に貰いに行きましょう。

他のディーラーも回って条件を知っておくと有利になります。

 

また、営業マンに

「セレナやヴォクシーも見に行ってきたのですが、やっぱりエスクァイアは素晴らしいですね」

ということを言うと、ライバルがいること印象づけることができます。

 

 

交渉術の実例

2回目の商談から、交渉をしていきましょう。

どんなふうに交渉していけばいいのか、実例を上げていきます。

 

奥さんをだしに使う

「妻がセレナを気に入ってしまいまして・・・。先日見積もりをもらったら、エスクァイアよりも安いし、値引きも結構大きくて。

私は絶対にエスクァイアは譲りたくないんですが、財布を握っているのは妻なんです。

妻を説得させるためには、もう少し良い条件が必要なんです!なんとかなりませんか?」

 

奥さんや旦那さんを説得させるために、値引きを懇願してみるのもおすすめです。

 

競合の条件を伝える

エスクァイア同士の競合なら、総額での対決をするといいでしょう。

「先日トヨタ店にも行って、見積もりをもらってきましたが、こちらよりもいい条件でした!

この金額なら、トヨタ店のほうがお得ですよね。

でもいつもお世話になっているトヨペット店で買いたいと思っているんですが、もう少し頑張ってもらえませんか!?」

 

条件が良いほうで買っちゃうよ!と脅す(笑)のも効果的です。

いい条件が出たら、もう一度ライバル店に行ってその条件を伝えましょう。

そして、また良い条件が出たら本命の店舗で交渉するとグングン値引き額も上がっていくかもしれません。

 

最後はオプションなどのサービスも狙おう

商談の終盤では、ダメ押しのサービスも申し出てみましょう。

「言ったもん勝ち」みたいなところもあるので、遠慮は禁物です!

たとえば、

・ガソリン満タン

・社外品ETCなどの取り付け

・フロアマットやカーバーざーなどのオプション

などをお願いしてみると、案外あっさりOKが出るかもしれませんよ!

 

 

3. 購入時期を見極める

車は時期によっても値引き額が大きく変わってきます。

良い条件が出るのが1年に4回ほどあるセール時期です。

この時期に車を購入すれば、特に交渉することもなく、5万円から10万円程度は値引き(オプションの追加なども含む)してもらえることがほとんどです。

 

1月~3月

正月がすぎると、初売りセールが始まります。

年末年始は車のCMがバンバン流れますよね。初売りセールはかなりお得なので、ぜひ狙いたい時期です。

 

初売りセールの流れで2月からは決算セールが始まります。

3月まで営業マンも目の色を変えて、必死に売りまくりに来るのでしっかりと値引きして解体ですね!

 

6月~7月

夏のボーナス商戦です!

6月のボーナスが出て、財布の紐が緩んでいるところをついてきます!

相手のガードも緩んでいるので、ガッツリ交渉してお得に買っちゃいましょう。

 

8月~9月

中間決算セールの時期です。

夏休みの旅行や帰省で、古い車に限界を感じる方も多いでしょう。

夏休み明けということもあり、財布の紐はちょっときつくなっていますが、その紐を緩めるような魅力あるセールをしてきます。

 

11月~12月

冬のボーナスが出て、古いものを新しくしたくなる年末商戦。

年末は、車の買い替えどころではない人が多く、ディーラーは閑古鳥が鳴いていることも・・・。

だからこそ逆にチャンスなんです!

初売りや決算セールは、非常に混み合うので、この時期を狙うのもありでしょう!

 

 

ざっと見てきましたが、出てこなかったのは4月、5月、10月だけでしたね(笑)

4月5月は決算セールの影響で、どの販売店も閑古鳥が鳴いています。

車が一番売れない時期なんです。

その時期に買ってくれる人はありがたい存在になるでしょうね。

だからこそ、しっかりと値引き交渉をする必要があります。

 

ガードは固いかもしれませんが、しっかりと交渉していけば、限界値引きも引きだせます。

値引きをしやすい時期もありますが、時期よりも交渉術のほうが大切なんですね!

 

しっかりと交渉をしてもなかなか値引きにつながらない・・・ということもあります。

値引きは大きくできなくても、お得に車を買い換える方法があるのです!

 

4. 愛車を高く売ろう

車をお得に買うには、値引き交渉も大切ですが、愛車を高く売るほうが値引き交渉よりも簡単で、いちばん大切かもしれません。

 

多くの人は、車を購入するディーラーに下取りに出してをしています。

 

車はディーラー下取りではなく、買取専門店のほうが高く買ってくれます。

その差はなんと平均16万円!

 

ディーラーに下取りに出すのではなく、買取専門店に売るだけで16万円もお得に車を買い換えられるのです。

 

やることは、一括査定サイトで車の情報を入力するだけ

無料でできるし、入力は1分くらいで終わるので、やらない訳にはいきませんよね。

 

一括査定で高く売るポイントとしては、3社くらいの買取業者に自宅オークションをすることです。

 

一括査定をすると、メールや電話でだいたいの査定額を教えてくれるので、その中から高い業者を3つほど選びます。

3つの業者を同時に家に呼び、査定をスタート!

 

査定が終わったら、名刺の裏に金額を書いてもらい、一番高い業者に売るなどとすると、限界の査定額を出してくれるはずです!

 

間違っても、街中にある買取業者に持ち込んだりしないでくださいね!

買い取りの方も競合がいないと足元を見られてしまいます。

 

一括査定で複数の業者に査定してもらうのが、高く売るポイントです。

 

→愛車の一括査定はこちら(無料)

 

 

グレードごとの乗り出し価格はいくら?

エスクァイアの値引き相場と値引き交渉の方法を説明しましたが、そもそもどれくらいの金額で購入するのかという予算が分かっていなければいけません。

車を購入するための予算は、あとから簡単に準備できるような金額ではありません。

そのため、実際にいくらかかるのかを確認しておき、その金額に対して、予算を検討し、そこに合わせた値引き交渉をするというのがセオリーと言えます。

 

そのため、エスクァイアを購入して乗るまでにかかる金額を確認しておきましょう。

残念ながら、「車体価格+オプション費用」を支払うだけではエスクァイアに乗ることはできません。

 

各種税金や登録、自賠責保険への加入など、種々の諸費用がかかってくるのです。

それら諸費用を含んだ、乗るために必要な金額を「乗り出し価格」と呼びます。

 

車種や重量、排気量などによって違ってきますが、諸費用は、一般的に「車体価格+オプション価格」の1割から2割が必要と言われています。

それを踏まえて、エスクァイアの「乗り出し価格」を確認してみましょう。

なお、簡単に計算するため、オプション費用については30万円で統一して算出させていただきます。

 

グレード 車両本体価格 乗り出し価格
HYBRID Premium Package 335.9万円程度 402.5万~439.1万円程度
HYBRID Gi 330.1万円程度 396.1万~432.1万円程度
HYBRID Xi 315.2万円程度 379.7万~414.2万円程度
Premium Package 298.1万円程度 360.9万~393.7万円程度
Premium Package[4WD] 318.6万円程度 383.5万~418.3万円程度
Gi 289.3万~292.3万円程度 351.2万~386.8万円程度
Gi[4WD] 309.8万~312.8万円程度 373.8万~411.4万円程度
Xi 267.6万~270.6万円程度 327.4万~360.7万円程度
Xi[4WD] 288.1万~291.1万円程度 349.9万~385.3万円程度

他のMクラスミニバンが250万~320万円なので、エスクァイアは15万円~30万円ほど高いです。

他のライバル車との総額での勝負は、エスクァイアには分が悪いですね。

総額での勝負は、エスクァイア同士の対決(トヨタ店VSトヨペット店)にするといいでしょう。

 

まとめ

エスクァイアの車両本体価格からの値引き相場は25万円~30万円です。

オプション値引きは20%程度できるでしょう。

 

交渉次第では合計で40万円以上の値引きも狙えます!

50万円以上の値引きを狙うとなると、オプションをたっぷり付ける必要があり、不要なオプションまでつけることになるのでご注意を!

 

更に安く買いたいなら、愛車をなるべく高く売ることを考えましょう!

ディーラーに下取りに出すよりも、買取専門店のほうが高く買い取ってもらえるので、一括査定などを利用してお得に買い替えちゃいましょう!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-エスクァイア

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.