トヨタエスティマの口コミまとめ。モデルチェンジはいつ?

エスティマ口コミ

1990年5月に発売が開始され、2006年に3代目へとフルモデルチェンジをしたエスティマ。

一般的なミニバンと差別化されたデザインは人気でしたが、かれこれ9年以上フルモデルチェンジをしていないので斬新さを失ってきている感じはあります。

直近では2012年にマイナーチェンジ、2014年に一部改良などちょこちょこと改良はしていて販売台数もそこそこありますがやや下がってきている感じはありますね。

そんなエスティマの乗り心地や燃費などはどうなのでしょう?

エスティマオーナーの生の声をまとめたのでエスティマが気になっている方は参考にして下さい。

先日ぴょん吉も試乗してきました。

さすがエスティマという感じでしたが、やや不満も残る試乗でした。

→エスティマ試乗レポートはこちら

 

エスティマの口コミ

エスティマにはガソリン車とハイブリッド車があります。またアエラスというグレードも用意されています。

基本性能は同じですが、ハイブリッドは燃費性能、アエラスはエアロスタイルでデザインがかっこよくなっています。

 

満足している点

  • スポーティなデザインがかっこ良くて気に入った
  • 室内が広くて高級感がある
  • 遮音性に優れていて静かで快適
  • パワーもあるし走りも安定していていいですね
  • 長時間運転も疲れません
  • 3列目シートの床下収納で荷台が広々できる
  • セカンドシートがオットマン付きでリラックスできる

不満な点

  • 早くモデルチェンジしてくれー
  • 燃費がイマイチかな
  • 小回りが効かない
  • ロールが大きい

 

モデル末期ですが、ファンが多く中間グレードのミニバンとして人気があります。

アルファードやヴェルファイアには手が届かないけど、ノアやヴクシーよりも高級感が欲しい。そんな方におすすめしたいミニバンです。

ただ、最近はそのポジションにエスクァイアが入り込んできたので、このままモデルチェンジがないと売上も落ちていくのではと思っています。

車内の広さ、高級感、安定感、パワー、静粛性は評価が高く満足度も高いです。

しかし、一方では燃費やロールが大きいことに不満を持っている方もいました。

試乗する際にはこの辺をしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

エスティマってこんな車!特徴をわかりやすく説明しちゃうよ

文字で読むより動画がわかりやすいでしょう↓

 

美しいエクステリア

エスティマを一目見て、まずその美しいエクステリアに魅了されることでしょう。
最近のミニバンにはないその流線型のフォルムは、いつまでも新しいスタイリングです。

エスティマデザイン
グッドデザイン賞を受賞したのも納得ですね。
同じトヨタのミニバン、アルファードやヴェルファイアはかなり押し出しの強いフロントマスクをしております。

一方エスティマは、それらと比べると控えめな顔つき。
「いかつい顔のミニバンが苦手」という方にエスティマは支持を受けております。
「フロントマスクに惹かれて買った」という人もいるほどです。

ボディカラーも、ホワイトやシルバー、ブラックといった定番色はもちろんラインナップしています。
それに加えて、ボルドーやブルーマイカといった優雅で爽やかな色もラインナップ。
カラーリングも、エスティマの流麗さに一役買っているのです。

 

くつろぎの室内空間

エスティマに乗り込んでみると、そこにはくつろぎの空間が広がっています。
7人乗りの2列目シートにはオットマンが装備されています。

estima014
最大で800mmスライドしますので、まるで飛行機のファーストクラスのようなゆとりの空間です。
シートアレンジがいくつか用意されているエスティマですが、ユニークなのが「トライアングルモード」。

2列目左シートを前に、右シートを後ろにスライドさせて、そして3列目左シートで三角形の配置にできます。
隔絶されがちな3列目も、これならばおしゃべりに花を咲かせられますね。

3列目シートは電動で格納でき、完全にフラットな空間ができます。
これならば、大きな荷物も余裕で積み込めます。

 

走行性能も良いです

エスティマは居住空間が上質なだけでなく、走行性能も優れています。
まず燃費ですが、ガソリンエンジンモデルでさえ11.6km/lの低燃費。

コンパクトカーや軽自動車と比較すると燃費は悪いように思いますがエスティマのボディの大きさを考えれば、なかなかの低燃費です。

エスティマにはハイブリッドもラインナップされており、18km/lと大幅に燃費を向上させられます。

ハイブリッドのため静粛性にも優れており、上質な室内空間の助けとなっています。
ハイブリッドには「EVモード」というボタンもあり、これを押すとモーターのみの運転にできます。

深夜や早朝の住宅地の運転などに便利ですね。
さらに、路面状況に応じて2WDと4WDを自動で切り替えてくれる機能も搭載。
「いざとなればいい走りができる」「ほかのミニバンと比べてしっかり曲がる」との評価も得ています。

 

エスティマのフルモデルチェンジはいつ?

良い車なのは間違いないですが、モデル末期というのが気になります。

アルファードやヴェルファイア、ノア、ヴォクシーがフルモデルチェンジを果たしパワーアップしているなかエスティマは現状維持。

9年以上もフルモデルチェンジをしていないので、そろそろ・・・という声も多いです。

2016年にフルモデルチェンジをするという噂があったのですが、大型マイナーチェンジに変更されたということです。

フルモデルチェンジはなく、このまま廃れていくのを待つのか、それとも大幅に変える計画があるのか・・・。

エスティマの次期モデルに期待を込めて待ちたいと思います。

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…
  2. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  3. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る