トヨタアイシス

トヨタアイシスの口コミまとめ!乗り心地や燃費はどうなの?

投稿日:2015年5月13日 更新日:


トヨタアイシスは2004年9月にデビューして、2007年にマイナーチェンジをして依頼ちょこちょこ改良をしながら現在まで来ています。

つまり、発売以来フルモデルチェンジはなく、マイナーチェンジも一度しかしていない事になります。
新車販売台数もかなり低迷していて、月数百台という感じです。

フルモデルチェンジも噂されていますが、多分このまま廃盤、またはウィッシュなどと統合という形になるでしょう。

でも、アイシスが決してダメな車というわけじゃありません!

魅力的なポイントは多数あり、中古車も結構出回っているので、リーズナブルな価格で手に入るかもしれませんよ。

アイシス公式サイトはこちら

 

アイシスの口コミ!悪い評判、良い評価まとめました

そんなアイシスの口コミをまとめましたので、買おうか迷っている方は参考にしてくださいね

満足しているところ

  • デザインが気に入った
  • 加速もよくキビキビ走る
  • パノラマオープンドアで開放感がある

不満なところ

  • 内装がチープ
  • サードシートが狭くて乗り心地が悪い
  • ピラーが邪魔で死角になる
  • モデルチェンジがされない
  • 車重が重く燃費が悪い
  • あまり人気がない

 

セレナやヴォクシーといった代表的なミニバンよりも少しサイズが小さく価格も抑えられたミニバンです。

サイズが小さめなのでサードシートが狭くて乗り心地もイマイチなのがデメリットでしょうか。

アイシスの最大の特徴はパノラマオープンドアでしょう。
助手席のドアとリアドアを開けば一つにつながって開放感が半端ないです。

ダイハツタントのミラクルオープンドアと同じですね。

ただ、パノラマオープンドアを活用できるのか?と言われればそこまで利用するシーンはなさそうです。
あと、車重が重くなり燃費が悪くなっているのは残念なところです。

 

→5ナンバーミニバンランキング!人気車を徹底比較

 

アイシスの最大の魅力?パノラマオープンドアってどうなの?

ライバルを寄せ付けないアイシス最大の特徴といえば、パノラマオープンドアでしょう。

isis02

助手席の横には通常センターピラーがあるのですが、アイシスにはそれがありません。

正確には、センターピラーがドアに内蔵されていて一緒にオープンになるといったほうがいいでしょう。

リアのドアと助手席のドアを一緒に開けば、そこにはピラーに邪魔されないワイドなスペースが出現します。

景色がグーンと広がるのはもちろんですが、実用性もあります。

口コミでも特に、この実用性についての高評価が多く寄せられています。

「大きなスペースですので子供の乗り降りがとっても楽」や「お年寄りの乗り降りがとっても楽」といった声も。

さらに、「狭い駐車場での利用が便利」と、荷物の積み下ろしや人の乗り降りに関する利便性はかなりあります。

ただ、助手席側の2枚のドアを開く必要があるので、あまり需要がないという意見もあります・・・。

 

赤ちゃんがいても大丈夫!スライドドアの開閉がラクラク

手がふさがっていても、アイシスでは簡単にドアの開閉ができます。
しかも、ドアを開閉する方法はいくつもあるのです。

まずは、スマートキーを使う方法です。
スイッチを1秒ほど押すだけで自動で開閉します。

そして室内のコントロールスイッチでも開閉は可能。
運転席に誰かいるときはこれがいいですね。

そしてドアのハンドルを操作しても、内側、外側ともに自動開閉できます。
「両手に荷物を持っているときに役に立つ」「子供を抱えているときは重宝」といった声が寄せられています。

しかも、バックドアも自動開閉できるのです。
女性の方にはバックドアの開閉で苦労されている方も多いはず。
「自動開閉だからバックドアの開閉の楽」の声も寄せられています。

 

気になる燃費はどうなの?アイシスの実燃費を調査

ミニバンに欠かせない要素といえば燃費性能ですが、アイシスの燃費はまずまずといったところでしょう。

モデルチェンジをしていないのでそこまで改良されていませんが、ノアやセレナなどのガソリン車と同じくらいの燃費になっています。

カタログ燃費は15.2km/lで、実燃費は10km/l前後といったところです。

ノアやセレナに比べたら一回り小さいのでもう少し頑張って欲しいところというのが本音です。

 

走行性はしっかりしていて、キビキビ走るし、パワー不足を感じることもなさそうです。

実際に乗っている方も
「走りに多少こだわりのある人でも納得できる」
「パノラマオープンに隠れてはいるが非常にしっかり作られている」
「街乗りでも高速走行でも安定している」

と言っています。

 

 

グレードごとの価格はいくら?

グレードは5タイプあります。それぞれの車両本体価格は以下のとおり

PLATANA“V-SELECTION” 2,489,143円

PLATANA(2.0L):2,403,771円

G(2.0L):2,376,000円

L(1.8L):2,057,143円

L“X-SELECTION”:1,974,857円

グレードが上がると、ライトの自動点灯やプラズマクラスター、アルミホイールなどの装備がつきます。

また、特別仕様車のNoirとBlancもあり、内装と外装がちょっと違うタイプも有ります。

 

まとめ。アイシスは買いなのか?

アイシスと同タイプの車種ではウィッシュやシエンタがありますが、シエンタがそろそろモデルチェンジして大幅改良してくるとのことでコチラは期待が高まります。

最近はダウンサイジング化といってファミリー層でも無理にミニバンではなく2列シートのプチバンと呼ばれている車の需要が高まっています。

軽自動車のタントやNBOXなどもそれに当たりますね。

価格が手頃で車内が広い、そして燃費もそこそこ。
という車を求めているならアイシスはちょっと中途半端な位置なのかもしれません。

アイシスはモデルチェンジが行われていないので、無理に新車を買う必要はないかと思います。

中古車も検討してみると掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-アイシス, トヨタ

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.