マークX

マークXの口コミまとめ。実燃費や値引き情報もあるよ(゚∀゚)

投稿日:2015年8月16日 更新日:


トヨタマークXは2004年に発売され2009年にフルモデルチェンジをして現在は2代目です。
以前販売されていたマークⅡの後継車でもあり、通算すると11代目となります。

2004年の発売当初の目標販売台数は5,000台でなかなか人気がありました。
現在はというと、月間の新車販売台数は500~1,000台とかなり落ち込んでしまいました。

ミドルクラスセダンの中では売れている方ですが、やはりセダンは売れない時代なのでしょうか・・・。

 

マークXの口コミ。ぶっちゃけどうなの?

そんなマークXは実際どうなのでしょうか?

オーナーの生の声を集めてまとめました。良い点と不満点を乗せておくので試乗する前に参考にして下さい。

Good

  • デザインがカッコイイ。見た目に一目惚れ!
  • 低重心で運転しやすい!カーブは気持ちよく曲がってくれます
  • 加速もよく安定感のあるスポーティな走りがいい
  • インテリアが上質で乗っていて気持ちいい
  • 意外と社内が広く荷物もたくさん積めます
  • 2.5L上級FRサルーンが300万以内とはコスパがいい!
  • シートのすわり心地がよく、長時間運転でも疲れない

Bad

  • 若い人が乗るにはデザインが地味かな
  • ハイブリッドが無い!
  • 燃費が悪い!街乗りで5km/lとは・・・
  • クラウンと比べてしまうとどうしても見劣りする

まとめ

まずデザイン面ですが、やはり賛否両論ですね。
「カッコイイ!」「惚れた!」という方がいる一方で「普通すぎる」「若い人には不向き」などの声もあります。

初代マークXはデザイン面でかなり酷評されていましたが、フルモデルチェンジによって良くなったという声もたくさんありました。
デザインは好みがあるので、あなたの感性を大切にしましょう。

インテリアは高級感があり、満足度は高いようです。
一番低いグレードの250Fパッケージだと、本革ではなくウレタンを使っていたり、ホイールがスチールホイール+キャップになるのでちょっと物足りないです。
プレミアムだと、本革に木目調デザインが加わったり、外観もメッキが使用されていて上質感もワンランクUPします。
価格差は25万ほどなので、上質な車に乗りたいなら上級グレードを選ぶことをおすすめしたいです。

走行性については、スポーティな走りに安定したハンドリングで評価が高いです。
V6エンジンの2.5Lと3.5Lがあり、3.5Lはさすがといえますが、2.5Lでも十分な加速、パワーを実感できます。

ただ、燃費はあまり良くありません。
カタログ値で10~11.8km/lなので、実際の燃費は6~8km/l位になるでしょう。
ハイブリッドタイプもでていないので燃費を重視したい方には不向きな車でしょう。

月間販売台数はあまり伸びていませんが、悪い車ではありません。
むしろ総合的にかなり評価が高くいい車です。
車両本体価格は250万円~でここまでの上質感に走行性があるのはかなりコスパが高いでしょう。

ミドルクラスのセダンを探している方はぜひ試乗してその走行性位の高さを実感してみてください。

→セダン人気ランキングはこちら

 

マークXの値引き相場はいくら?安く買うためのポイントとは?

 

マークXの目標値引き額は車両本体価格から25万円、オプションを含めて30万円を超えれば上出来でしょう。

モデルも古くなってきて値引きは緩んできています。
交渉しなくても20万円の値引きは乗せてくれる販売店が多いようです。

もう少し値引きを引き出すなら、カムリやクラウンアスリート、レガシィB4などを競合させると効果的ですよ。

更にお得に買うためには、買い替えの車を下取りではなく買取専門店に売ることです。

複数の買取専門店に見積りを取ることによって買値もUPして下取りよりも23万円高く買い取ってもらえた!という方もいます。
10万円以上の差が付くことは珍しいことではないので、一括査定を利用しないと損かもしれませんね。

ネットで無料&たった1分で約10社へ見積依頼ができるのでやってみてくださいね。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

マークXの魅力

 

走行性能は申し分なし

トヨタの高級セダンの中でも、走りに重点を置いたのが「マークX」です。
よって、その走行性能は申し分ありません。

走行性能の高さにはいくつか理由がありますが、その一つが重量バランス。
フロント54に対してリア46という重量バランスとなっております。

これによって、きびきびとしたハンドリングや素晴らしいコーナーリングを獲得しているのです。

足回りに関しては、FRを採用しているのもユニークです。
従来は走りに関しては日産スカイラインに譲るところもありました。

しかし、「マークXとなってからはスカイラインと走りで肩を並べるまでになった」との声もあります。

兄貴分であるトヨタのクラウンと比べると、その走りの俊敏さは言うまでもありません。

トヨタには、さらにスポーツに特化した「86」があります。

マークXもその気になれば、そのパワーを生かして86並みの走りだって可能です。

ちなみに、燃費は最高で11.8km/lです。
単純に速いだけでなく、走る歓びを感じさせてくれるのがマークXです。

基本はオートマチックですが、マニュアル感覚でのシフトチェンジも全車に装備。

ワインディングロードなどでは、片手をシフトに据えてシフトチェンジを行うのも結構大変ですね。

マークXでは、ステアリングを握ったままシフトチェンジが可能なパドルシフトも選べます。

走行モード制御スイッチもあります。
エコモードでは省エネをサポートする運転を、スノーモードでは滑りやすい路面などでのスムーズな運転をサポートしてくれます。
そしてスポーツモードではアクセル操作に対する反応が早まるのです。

 

選べる3つのグレード

マークXには、3つのグレードがラインナップされており、ユーザーが好きなグレードを選べます。

まずは標準版ともいえる「スタンダード」。
スタンダードは一見するとなんの変哲もなさそうですが、逆に最もバランスが優れている車です。
落ち着いた色合いの木目調のインテリア、特徴的なフロントマスクなどは十分な色気があります。

よりスポーティーになったのが「スポーツ」。
木目調のインテリアはブルーを基調としており、スポーティーさが増しています。
タイヤのホイールもスポークが細くなっており、フロントグリルの下部部分もメッシュ状になっています。

よりゴージャスさを求めるなら「プレミアム」です。
他のモデルよりも木目調の使用割合が増えており、シフトノブやステアリングにまで及びます。
どのモデルを選んでも、品格と色気、そして余裕は持っていますよ。

 

G'sモデルの走りは別格!?

スポートコンバージョン車であるマークX G'sもでています。
専用サスペンションを採用し、ボディ剛性を高め、19インチのアルミホイール、高性能タイヤなどによりスポーティな走りを実現。

外観や内装も全然違くて、4本出しマフラーや専用エンブレム、専用オプティトロンメーター、スポーツフロントシートなどより一層かっこ良く仕上がっています。

価格は432万円と3.5Lプレミアムよりも30万円ほど高くなってしまいますが、よりスポーティな走りや見た目を求めている方にはかなり魅力的になっています。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-トヨタ
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.