ノア/ノアハイブリッドの最新値引き情報!限界値引きを引き出す交渉術

投稿日:


ノアを新車で購入したいけど、値引き相場はいくらなんだろう?

ノアの商談を勧めているけど、なかなか値引き額が上がっていかない・・。

 

そんな方に、トヨタノアの最新値引き相場と交渉術をお伝えしていきます!

「交渉が苦手」という方も、簡単に10万円以上お得に購入できる方法があるのでぜひ、読んでみてくださいね!

 

トヨタノアの値引き相場はいくら?

トヨタノアの値引き相場は、ズバリ・・・

 

25万円です!

 

ただし、マイナーチェンジ直後は値引きが渋くなる傾向にあり、20万円くらいでストップがかかることもあります。

 

初回商談では値引き額が10万円以下のこともあります。

多くの場合は15万円くらいからスタートで、交渉次第では25万円以上の値引きも可能です。

 

マイナーチェンジ前は、28万円~30万円ほどの値引き相場だったので、時間がたてば徐々に値引きも緩んでくるでしょう!

 

ノアの限界値引きを引き出す交渉術とは

では、どのように値引き交渉をすれば、限界値引きを引き出せるのでしょうか?

 

鉄板ではありますが、一番効果のあるのはライバル車との競合です。

 

ノアのライバル車は、兄弟車であるヴォクシーやエスクァイアが一番効果が高いでしょう。

また、売上好調な日産セレナも営業マンの目の色が変わります。

他にもステップワゴンもライバルに当たりますが、先に上げた競合車よりもちょっと弱いかもしれません。

 

具体的な交渉方法

「具体的な交渉方法ってどうやるの?」

という方に、価格交渉のポイントをお伝えします。

 

値引きを引き出すポイントは次の3つ!

1.本命は最後に行こう!

2.交渉では下取りなし!

3.経営資本の異なるディーラーを狙う

 

ひとつひとつ見ていきましょう!

 

本命は最後に行こう

まずは、ライバル車の試乗や見積もりを取りにディーラーを回りましょう!

本命のノアは最後に行くようにしましょう。

 

なぜらな、ライバル車たちの値引き額やサービス内容を知ってから行くことによって、交渉の幅も広がるからです。

 

また、買う気満々で行くことも大切です。

冷やかし客には値引き額はでません。だから

「今月中に決めるつもりです!やすければ安いほうが良いので、最初から本気の見積もりをお願いします!!!!」

などと伝えておくと良いでしょう。

 

そこで出てきた見積金額をもとに、最後のノアを攻めます。

そして、ノアの条件を持って、条件や印象の良かったライバル車に持ち込むのです。

 

これを2~3回繰り返すことで、値引き額も徐々にUPしていきます。

 

交渉では下取りなし!

愛車に乗って見積もりを取ると、必ず下取りについて聞かれます。

 

「今日乗ってきたお車は下取りに出されますか?下取りに出していただいたほうが値引きもしやすくなります

などと言ってくるので、最初は断りましょう

 

下取りありと下取りなしでは基本的には値引きに影響はないと言われます。

しかし、中には値引き額を大きく見せるために下取り額を安くする店舗もあります

 

また、最初は下取りなしにしておいて、交渉のクライマックスで下取りもお願いすることで、さらなる値引き額UPを狙えます。

 

さらに言うと、実はディーラー下取りよりも買取店のほうが高く買い取ってくれます。

平均16万円も高くなったというデータもあるので、買取店への見積もりも忘れないようにしましょう!

 

たとえば、ディーラー査定が50万円の車なら、買取専門業者に売ると66万円以上で売れることになります。

値引きが30万円できたとすると、合計96万円引きで購入できることになります。

 

これはかなりお得ですよね!

 

一括査定は、スマホでも簡単にできるので、ディーラー周りに行く前にやっておくと良いですよ!

→60秒で完了!愛車の一括査定はこちら

 

経営資本の異なるディーラーを狙う

ライバルとの競合は非常に効果があります。

ライバルというのは、メーカーではありません。

 

経営資本の異なるディーラーがライバルなんです!

 

ホンダや日産、トヨタといったメーカーが違えば経営資本が異なることはわかりますよね。

トヨタでは、「トヨタ店」「カローラ店」「トヨペット店」「ネッツ店」という4つの販売チャネルを持っていて、全て経営資本が異なります。

 

ノアは「トヨタカローラ店」、ヴォクシーは「ネッツ店」、エスクァイアは「トヨタ店・トヨペット店」で販売されているので、ライバル関係に当たるのです!

 

また、ノア同士でも競合することができます

 

基本的には、ディーラーは県ごとに経営資本が異なります。

なので、県境に住んでいるなら経営資本の異なるカローラ店に行くことで、ノア同士の競合ができます。

ディーラーごとに値引きの考え方が違うので、値引き額にも差が出てきます。

 

経営資本の異なるカローラ店の探し方

経営資本の違うカローラ店を探してみましょう!

まずは、トヨタの店舗検索から車種と地域を選択しましょう。

 

ぴょん吉は神奈川県在住なので、横浜市を選択します!

 

すると、こんな結果が出てきます↓

 

「トヨタカローラ神奈川」と「トヨタカローラ横浜」があるのがわかりますか?

 

このトヨタカローラ○○ △△店の○○が違うのが経営資本の異なるディーラーということです。

近所のトヨタカローラ店を探してみて、経営資本の異なるディーラーがあれば、交渉にいってみましょう!

 

 

交渉のかけひきが苦手・・という方に

交渉が苦手・・・・。

かけひきがイヤ・・・。

という方もいるでしょう。

 

私も、あまりガツガツした交渉は苦手なので、ある程度のところで満足して契約してしまいます。

 

どの程度、交渉していくかはあなた次第ですが、ガッツリ交渉したいけどどうやっていいのかわからない!という方におすすめの雑誌を紹介します。

 

それがこちら↓

『月刊自家用車』という雑誌です。

その中の、「松本隆一の値引き生情報」というコーナーがすごく参考になるので、交渉前に一冊買って読んでみると良いですよ。

 

 

愛車を高く売ろう!

実は値引き交渉よりも大切で、お得に買えるかもしれないのが、愛車の査定です。

 

先程もちらっと話しましたが、下取りよりも買取のほうが断然高く売れます!

年式が新しく走行距離が少なく、人気車種であれば下取りよりも50万円以上も高くなることもあります

 

高く売るにもポイントがあり、複数の買取業者に査定を依頼することが大切です。

 

買取査定も値引きと同じように、ライバルがいるほうが買取価格がグングンとUPします。

最低でも3社以上に査定してもらうといいでしょう。

 

インターネットの一括査定サービスを使えば、たった60秒で最大10社に査定依頼ができます

こちらを利用することで、ある程度の査定額がすぐに分かるので、査定額が高い業者を3つ選び、出張査定をしてもらうと良いでしょう。

 

査定したと言っても必ずウラなきゃいけないわけじゃないので、気軽にやってみてください。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

グレードごとの乗り出し価格はいくら?

ノアのグレードごとの乗り出し価格を出してみました。

乗り出し価格は次の計算式で算出できます。

車両本体価格+オプション+諸費用-値引き額-下取り価格

※諸費用とは、自動車取得税、自賠責保険、重量税などの税金や登録手数料など。

 

「○○万円以下になればサインします!」などの交渉術にも使えるので、乗り出し価格知っておくと良いですよ!

 

諸費用(税金+手数料)が約30万円。オプションが40万円として計算してみましょう!

 

値引きと下取りなしの金額を出してみます。

グレード 価格 総額
X 246.6万円~ 316.6万円
G 275.6万円~ 345.6万円
Si 274.5万円~ 344.5万円
HYBRID X 301.4万円~ 371.4万円
HYBRID G 314.2万円~ 384.2万円
HYBRID Si 326.9万円~ 396.9万円

 

グレードが高いほど値引きもしやすくなるでしょう。

オススメグレードは、GまたはSiです。

 

ガソリン車なら、値引きと下取り合わせて乗り出し価格が300万円を切ると嬉しですよね!

ハイブリッド車なら、330~350万円が目安となるでしょう!

 

ちなみに、車は現金一括よりもカーローンで購入したほうが値引きがしやすいです。

なぜなら、ローンの手数料がディーラーに入るから。

カーローンは金利分を余計に支払うことになるので、なるべく現金一括で購入したいところですね!

 

まとめ

トヨタノア・ノアハイブリッドの値引き相場は25万円~30万円です。

 

ただし、モデルチェンジ直後は値引きが渋くなるので注意してください。

また、時期や場所によっても大きく変わってきます。

 

時期は、1月の初売り、2~3月の年末セールが一番値引きしやすいです。

次に、8~9月の中間決算が狙い目です。

 

田舎よりも都会のほうが値引き額が出やすいです。

 

2月に大都市で交渉した所、40万円の値引きに成功した方もいますので、頑張ってください!

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ノア

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.