新型シエンタ値引き額

新型シエンタの値引き額相場【2017】限界まで引き出す交渉術

投稿日:2016年7月25日 更新日:


新型シエンタが売れていますね。
1~6月の販売台数は、プリウス・アクアに次いで3位です。

デザインは賛否両論分かれていますが、低価格で低燃費のミニバンとして支持を得ているのでしょう。

ヴォクシーなどに比べるとちょっと狭いですが、4人家族なら全く問題なさそうです。

→新型シエンタの口コミはこちら

シエンタの値引き相場はいくら?

さて、そんなシエンタですがどのくらいの値引きができるのでしょうか?

フルモデルチェンジから時間がたち、値引きもある程度できるようになっています。

2016年7月の値引き相場はズバリ18万円です。

オプションと合わせて20万円引きまで持ち込めれば合格でしょう。

 

限界値引き額は25万円です。ここまで引き出せたら大成功と言えるでしょう。

2015年8月のフルモデルチェンジ後は10万円前後が相場でしたが、1年立ってかなり緩んできましたね。

ちなみにフルモデルチェンジ前の値引き相場は20~23万円でした。
また、ライバルであるホンダフリードの値引き相場は23万円くらいです。

 

限界値引きを引き出す交渉術

25万円値引きを目指す方に、値引きを最大にするための交渉術をお伝えしますね。

シエンタは非常に人気ということもあって、販売店によって値引き額も変わってきます。中には値引きはほとんどしないという販売店もあるでしょう。

またライバルであるフリードとの競合もなかなか厳しいでしょう。

シエンタの値引き交渉のポイントは「シエンタ同士の対決」です。

シエンタはトヨタの4つの販売店全てで取り扱われています。
なので、4つのディーラーを回って見積もりをとって交渉するのがいいでしょう。

4つの店舗とは「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」です。カローラ店とネッツ店が狙い目です。

とりあえず4店舗すべて回って見積もりをとって、営業マンの出方を探ってみるといいでしょう。

その中で印象の良かったディーラーを2~3店舗に絞って交渉していくといいでしょう。

交渉の際には「ネッツのほうが条件が良いのでネッツに決めようと思っています」などと直球勝負をしてもいいでしょう。

とにかく、「競合相手がいること」「条件次第ではそちらで買うこと」を匂わせて交渉しましょう。

営業マンの出方を見て、ちょっと無理目の値段をふっかけるのもいいでしょう。

ただ、交渉は駆け引きが大事です。営業マンの性格やノリなどの空気感を読んで、押したり引いたりする必要があります。

 

この辺りは苦手意識を持っている方も多いでしょう。

そんな方は、無理に交渉しなくてもいいので、相性のいい営業マンを見つけて何度か足を運ぶだけでも違ってきますよ。

あと、乗り換えの場合下取り価格にも注意をはらいましょう。

下取りありと下取り無しだと値引き額が違う?

見積もりをもらうときには「下取り車はありますか?」と聞かれますよね。

最初の見積もりの時には「下取り車なし」としておきましょう。

と言うのは、下取りありと下取り無しだと値引き額が違ってくることがあるからです。

なぜなら、値引き額と下取り価格を操作できるからです。

どういうことかというと、値引き額を上げる代わりに下取り価格を下げるのです。

最近は、中古車査定のサービスも充実してきたので、価格操作をするのですぐにバレるのであまりありませんが、注意しておくにこしたことはないですね。

なので、最初は「友達に譲るんです」等と言って下取り車なしで見積もりをもらいましょう。

また、ディーラーを回る前に、一括査定サービスで査定額を知っておくのもいいかもしれませんね。

→下取りと買い取りでは16万円の差が?愛車の査定額をしるならこちら

 

シエンタの乗り出し価格(総額)はいくら?

シエンタのグレードごとの価格をまとめました。

乗り出し価格は
車両本体価格+諸費用+オプション代-値引き額
となります。

諸費用が15~20万円。オプションは30~50万くらい見ておきましょう

グレード 価格 乗り出し価格
X Vパッケージ 168.9万円 198.9万円
X 181.6万円 211.6万円
G 198.0万円 228.0万円
ハイブリッドX 222.6万円 252.6万円
ハイブリッドG 232.9万円 262.9万円

※諸費用20万円・オプション30万円・値引き20万円で計算

ガソリン車なら200万前後、ハイブリッド半裸250万は見ておきましょう。

ヴォクシーやセレナなどのミニバンだと300万くらいはするので、ファミリいーカーとしては安いですね。

また、燃費もガソリン車20.6km/l、ハイブリッド車27.2km/lとかなり低燃費なのでガソリン代が抑えられます。

→新型シエンタの実際の燃費はどのくらい?

ただ、3列目は本当に狭いので3列目を利用しようと考えている方は試乗のときにしっかり確認してきたほうがいいでしょう。

 

まとめ

新型シエンタの値引き相場は17万円です。オプションも含めて交渉次第では25万円超えも狙えるでしょう。

フリードがフルモデルチェンジをすればフリードとの競合、するまではトヨタ店同士の競合が効果的です。

今まさに交渉途中という方や、これから見積もりを貰いに行くという方は、雑誌等で交渉の流れを見ておくのもいいでしょう。

おすすめの雑誌は「月間自家用車」です。この中に「松本隆一の値引き生情報」というコーナーがあるので読んでおくと交渉の役に立つかもしれません。

 

また、下取り車があるなら買取業者との一括査定をしておきましょう。たったそれだけで16万円も安く買えるかもしれません。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-シエンタ

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.