免許証の更新忘れの罰則は?

投稿日:


ヤバイ!運転免許証の更新を忘れてしまった・・・。

この状態で車に乗ったら無免許運転になるのだろうか?再取得するにはどのくらいの講習を受けなきゃいけなんだろう?

せっかくゴールド免許になったのに、ゴールドじゃなくなるんだろうか?

そんな疑問にズバッと答えます!

まずは簡単に更新忘れの期間と罰則や講習について表を作成したので御覧ください。

執行機関 講習 罰則 ゴールド免許
6ヶ月未満 通常の講習 なし(※1) △(※2)
1年未満 仮免許の状態から 無免許運転 ×
1年以上 教習所で1から取り直し 無免許運転

×

※1 事故を起こした時は任意保険が使えないことも
※2 やむを得ない理由があった場合のみゴールドが維持できる

詳しく説明していきます。

 

運転免許証の更新時期

運転免許証には有効期限が記載されています。そこに記載された年月日(通常は誕生日の1ヶ月後)が運転免許の有効期限です。

有効期限が近づくと免許更新のはがきが届きます。有効期限の前後1か月、つまり2か月間が更新できる期間とされています。

その有効期限内に更新をしないとペナルティがあります。

更新しない期間がが6ヶ月未満、1年未満、1年以上によって罰則などが変わってきます。

 

半年間は「うっかり失効」期間で罰則無し。しかし・・・

免許の更新を忘れて6ヶ月未満であっても無免許運転となってしまいます。ただし、有効期限から6か月を経過していなければ、無免許運転の罰則がありません
有効期限から6か月の期間は「うっかり失効」とよばれ、「単に更新を忘れていただけである」とみなされるためです。

そのため、無免許運転として処罰を受けることはありませんが、この辺りはかなり曖昧です。もしかしたら罰則を受けることもあるので、更新忘れに気がついたら運転しないほうがいいでしょう。

もし気になるようであれば警察や免許更新センターに確認してください。

また、更新忘れで事故を起こした場合、任意保険が適用外になることがあります

更新を忘れた場合の講習は?

有効期限を過ぎてしまってから6か月以内であれば、更新ではなく「交付」の形で免許証をもらえます。
期限を過ぎてしまい、失効となっているため「更新」とはならないのです。
免許証を交付してもらうためには、所定の講習を受講し、視力や運動能力などの適性試験を受けて合格すれば免許証が交付されます。学科試験や技能試験は免除されます。
つまり、通常の更新と同じ講習を受ければ、免許証が交付されるということです。

講習の時間や内容は?

「うっかり失効」の場合は、通常の更新手続きの際に行なわれる内容と同じで1~2時間の講習を受けます。
これは過去の違反歴等によって講習の内容や時間が決められます。

ゴールド免許はどうなるの?

失効する前はゴールド免許であった場合でも、更新を忘れて「うっかり失効」となってしまうと、ゴールドを取り消されることになってしまいます。

ただし、長期の海外渡航、長期入院などやむを得ない事情で更新ができず失効してしまった場合、6か月以内であればゴールドを引き継いで再交付を受けることができます。

6か月を超えてしまうと、どんな事情があってもゴールドの引継ぎはできません

6ヶ月を過ぎ1年未満の場合

有効期限を過ぎて6か月が経過すると、無免許運転として処罰の対象となります。

その状態で検挙されれば無免許運転として摘発され、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。
また、25点の減点となり、過去に免停等の処分を受けていない場合であっても2年間は免許が受けられなくなります。

その無免許の状態で交通事故を起こすなどすれば、懲役刑を科せられる可能性も高いようです。

免許を再取得するにはどうすればいいの?

大型免許と普通免許については、仮免許の学科試験と技能試験が免除されます。つまり、仮免許の状態から免許を取り直すことができるわけです。

5日間以上の路上教習をしてから試験場で学科試験と技能試験を受けて合格すれば新たに免許を受けられます。
路上教習は、免許を取ってからの期間が3年以上の方が同乗し、運転する車の前後に「仮免許練習中」と書いた木やプラスチック、金属製のプレートを掲示して走行することが必要条件となっています。

自動車教習所に通って免許を取り直す場合は、第1段階は免除され、第2段階から教習を受けることができます。

1年を超えてしまった場合

これはもう完全に手遅れです・・・。まったくの新規で免許を取り直さなければなりません。

検挙されればもちろん無免許運転となり上記に書いた罰則がくだされます。

自動車教習所に通って第一段階から教習を受けるか、運転免許試験場で直接学科試験と技能試験を受けて合格するかのいずれかで再度取得することが必要になります。

費用も時間もかかってしまいますね。

 

有効期限を忘れずに更新することが最善

免許の更新年の誕生日の35日から40日前に、免許を受けている都道府県の公安委員会から更新時期を通知するハガキが送られてきます。
このハガキは交通安全協会に加入していなくても送ってもらえるのでご安心ください。

ここで気をつけるべきなのは、このハガキは免許証に記載されている住所に送られるということです。
そのため、転居したため免許証の住所と現住所が違っている場合は、手元に届かないことがあります。

住所変更の手続をしていれば新しい住所に送られます。
しかし、「更新の時に手続をすればいいや」と手続きをせず旧住所のままにしているとハガキが届きません。

なので、転居した場合はすぐに警察にいき住所変更をしましょう。住所変更をしないと身分証明書にも使えないので面倒でもやっておくほうがいいですよ!

事情があれば、更新期間の前に更新することもできる

やむを得ない事情がある場合は、更新期間の前に更新手続きをすることができます。
海外渡航の予定がある、ケガや病気で長期の入院中である、また、妊娠中であるなどの事情があれば、更新期間が到来する前に更新を受けることができます。

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-雑学
-

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.