新車って高いですよね~。

最近はデザインも装備も良くなって魅力的な車が増えています。

新車欲しいけど、高くて手が出ない・・・。中古で我慢かな?

 

という方はちょっとまって!

 

しっかりと値引き交渉の知識を持って、さらにお得に買う【究極奥義】を使えば、新車がグーンと安く買えます

 

今日は、そんな魅力たっぷりの新車をなるべく安く買うための究極奥義をすべてお伝えしていきます!

 

値引き交渉でやってはいけないNG行為3つ

さて、それではいよいよ具体的な値引き交渉術についてお話していきます。

まずは、絶対にやってはいけないNG行動から。

 

せっかく交渉のテクニックを学んでも、NG行動をしてしまってはすべてが水の泡。

相手の術中にハマって、値引きが出来たつもりになって損をしないようにしましょうね。

お客様は神様?いやいや横柄な人とは付き合いません

『お客様は神様です』

なんて言葉がありましたが、最近はどの店舗もお客さんを選んでいます

つまり、来てほしくない人には来てもらわなくてもOKという姿勢なんですね。

 

値引き交渉も、あまりしつこ『あーこの客面倒だな。あまり付き合いたくないから、他の店舗に行ってもらおうw』

というのが営業マンの心情です。

あくまで、人と人とのコミュニケーションですので、上から目線にならず対等に接しましょう。

 

予算を教えると営業マンの術中にはまる

営業マンと親しくなると言っても、すべてを話すのはNGです。

ディーラーに行くと、営業マンがきていろいろ話をしますよね。

 

その中で必ず聞かれるフレーズが

『予算はいくらですか?』

というものです。

 

正直に

『250万円くらいですね』

なんて言ってしまうと、250万円をラインに話が進んでいきます。

 

車はグレードやオプションによって価格が全然違ってきます。

グレードを一つ下げて、5万くらい値引きしたら250万円に収まれば

 

予算を聞かれたら、

『やすければ安いほうが良いですね~(⌒-⌒)ニコニコ』

と答えておきましょう。

 

下取りは『なし』で

予算と同じように必ず聞かれるもう一つのフレーズ

『今日乗ってきたお車は下取りに出されますか?』

です!

 

なぜ、下取りに出すのかを必ず聞かれるのでしょうか?

それは、下取りありとなしでは値引き額が違ってくるから

 

下取り金額を下げてして、値引きを増やすというようなことをしてくるのです。

例えば、下取り額が38万円の中古車を28万円にします。

その分の10万円を値引き金額に回す。

お客さんも値引きが大きくなったと勘違いして喜ぶわけです。

この技法は、私達が気が付かないというのが厄介なところです。

 

なので、下取りに出すつもりでも、最初は

『友達に譲るかもしれないので、下取りはわかりません』

と答えておきましょう。

 

その後、買取専門店にも査定をしてもらって、あなたの愛車の本当の価値を知ることも大事です。

→あなたの愛車は今いくら?

 

限界値引きを引き出す交渉術の3つのポイント

それでは、どうすれば限界まで値引きを引き出せるのか?というところをお伝えしていきます。

値引きの王道から、チョイテクまですべて書いていきます!

 

1.私から買って~!ライバルをチラつかせて焦らせる

2.営業マンは敵じゃない!真のラスボスを倒すべく仲間にしちゃおう

3.【奥義】営業マンはイチコロ♪『●●決めます!』

の3本立てです!

詳しく見ていきましょう。

 

1.私から買って~!ライバルをチラつかせて焦らせる

値引きの王道といえば、競合です。

家電を買うときも、ヤマダとコジマとを競わせるじゃないですか。

 

車も同じで、ライバル車やライバル店との競合で値引きが引き出せます。

 

例えば、N-BOXならタントやスペーシア、デイズルークスがライバルです。

アクアなら、ノートe-POWER。

ヴォクシーならセレナ。

という感じです。

 

経営資本の異なる店舗で同じ車を競合させる

さらに効果的なのが、経営資本の異なるライバル店で同じ車同士を競わせることです。

例えば、トヨタは4つの店舗があります。

『トヨタ』『トヨペット』『カローラ』『ネッツ』

プリウスなんかは4つの店舗で売っているので、それぞれで見積もりをもらい安いところで買う。ということもできます。

 

日産も『日産自動車』と『日産プリンス』は経営資本が異なります。

 

あと、基本的にディーラーは県ごとに経営資本が異なります

神奈川日産とか、千葉日産、長野日産、北海道日産とそれぞれ名前が違います。

 

調べ方は、グーグルマップで『日産 ディーラー』などと検索すればすぐに分かりますよ↓

本命は最後♡ライバル車から調査していこう

ライバルチェックをしたら、試乗や見積もりもらいにディーラー巡りをしましょう。

このときのポイントは、ライバル車から先に回って、本命は最後に行くこと

最初にライバルの傾向を探っちゃおう!ということです。

 

本命ディーラーで

『他にも検討してる車種などあるんですか?』

と聞かれたらチャンス。

 

『いやぁ、タントとかスペーシアあたりで悩んでいます。
私はN-BOXが良いと思っているんですが、妻がN-BOXは高い!っていうんですよ。』

 

などと奥さんの存在をチラつかせ、さらに価格アピールをしておくのも効果的!

こんな感じで、ディーラー巡りをすると営業マンとの相性や、感触がいいディーラーなどがわかってくると思います。

 

相性が良く、頑張ってくれそうなディーラーを2~3つ選び、2回目の商談に向かいましょう。

2回目、3回目では、営業マンとの親密度を深めながら価格交渉をしていきます。

 

買う気をアピールせよ!

ディーラー側は、買う気がある人を相手にしたいと思っています。

買う気がない人との時間は無駄ですから。

『このお客さんは買う気がありそうだな』と思わせると、商談にも熱が入り値引きも最初からそこそこの金額が引き出せるかもしれません。

 

最初の商談で見積書をもらおう

電話アポイント作戦同様に見積もりをもらうことで本気度をアピールすることができます。

見積もりを取るときに不要なオプションをつけてくるディーラーには要注意!

 

フロアマットだけで他のオプションは付けないで見積もりをとって、値引きはどのくらいになるのか聞いてみましょう。

そのときに、他の候補車も聞かれると思うので、ライバル車をいくつか上げておくと効果的です。

 

あなたが本命です作戦

そして、『いろいろ迷っているのですが、ここの車がNo1候補なんです』と伝えておくのもかなり有効です。

買う気、熱意が伝われば、セールスマンも頑張ってくれるでしょう。

 

2.営業マンは敵じゃない!真のラスボスを倒すべく仲間にしちゃおう

実は、あなたの担当してる営業マンはじゃありません。

本当に攻略しなくては行けないのは、その裏にいる上司なんです。

 

営業マンには『ここまでは値引きしていい』というラインが決められています。

このラインを超えるとなると上司の決済が必要になります。

なので、営業マンにきびだんごを与え、一緒に鬼退治に行くようにするのです!

 

世間話をしたり、車や営業マンを褒めたりしながら親密度を高めていきましょう。

『あなたから買いたい!』

『あなたに勝って欲しい!』

と、両思い♡になれれば交渉はかなりうまくいくでしょう。

 

最終的には、ちょっと無理目の値引き額を提示して、奥にいる鬼を退治してもらうように仕向けます。

その時のポイントは●●です!

いよいよ奥義を授けるので心してくださいね♪

 

3.【奥義】営業マンはイチコロ♪『●●決めます!』

ちょっと無理目の価格をふっかけて、鬼を退治する奥義を授けましょう。

 

例えば、見積もりで乗り出し価格(総額)が324万円になったとします。

現時点での値引きは20万円。値引き相場は30万。

 

自分
『○○さん(営業マンの名前)、この車に心底惚れました! そして、○○さんから買いたい!だから、今日決めようと印鑑を持ってきました。 ただ、ちょっと予算オーバーなんで相談させてください。ズバリ、300万を切ったら今この場で契約書にサインします!

 

営業マン
『いやぁ、ちょっとそれは無理じゃないでしょうか・・・。』

じーっと見つめる。

営業マン
『うーん。上司と相談してきます!』

よしよし、鬼退治に行ってくれた♪

営業マン
『上司に確認したところ、さすがに300万円は無理なので、310万円でどうでしょうか?』

という感じで、妥協策をもってきてくれます。

他にも

・下取り車があればさらに値引きができます
・値引きは無理なのでオプションをサービスします

というケースもありますね。

 

さて、今までの流れの中に【奥義】が秘められています。

わかりましたか?

その奥義とは・・・

【今日決めます!】

です。

 

営業マンは『今日決めます』という言葉に弱いんです。

 

下取りよりも10万円以上お得!買取で高く買い取ってもらう方法

究極奥義は『愛車を高く売る』です。

さきほど、『下取りなし!』という話をしました。

実は、ディーラーで下取りに出すよりも、買い取り店に上手に売ったほうがはるかに高く売れるのです。

 

その差はなんと、平均16万円

平均ですよ。

 

中にはディーラー下取りの見積もりより、50万円も高く売れたという方もいるんです。

これは、ディーラー下取りはもったいない。

 

やることは、とっても簡単。

ネットの一括査定を利用して愛車の車種と年式、走行距離を入力するだけでOK。

 

実は私もやってみました。

10年落ち12万キロも乗った日産セレナ。

ディーラーに持っていったら、廃車宣言w

 

確かに、故障も増えてきたし、10年も乗っていれば廃車にするしかないよな。

とほぼ諦めていたんです。

でも、物は試しと一括査定をしてみたところ、なんと23万円で売れたんです!

 

ぜひ、あなたもトライしてお得に新車を買っちゃいましょう。

→あなたの愛車は今いくら?

 

まとめ

車を最大限に値引きして買う奥義をお伝えしてきましたがどうでしたか?

実際の商談ではこの通りに行くことはないかもしれません。

 

ディーラーのセールスマンもプロです。

あなたよりも一枚上手でうまくかわされることもあるでしょう。

 

でも、人生の中で何度か車を買い換える時があると思うので、今回の経験は絶対に次につながります。

交渉をするのが苦手という方も、使えるテクニックを1つでも2つでも試してみてください。

 

値引き交渉の楽しさがわかるかもしれません。

あと、絶対にやっておいて欲しいのが愛車の見積もりです。

 

値引き交渉は結構たいへんです。

何度もディーラーに足を運んで、駆け引きをしてようやく掴み取れるものです。

 

でも、愛車の見積は複数業者に見積もりを頼むだけで10万円以上の差が生まれることもよくあります。

なるべく愛車を高く売ってその分でアップグレードしたり、頭金の足しにしたりオプションをつけたりしてくださいね。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2022 All Rights Reserved.