【2019年】人気コンパクトカーランキング!一番評価の高いのはコレ!

コンパクトカーが欲しいなぁ。

と考えている方に、人気の車種をランキングで紹介していきます。

 

ただ、コンパクトカーと言ってもタイプは様々。

ハイブリッドカーやスライドドア付き、女性に人気の可愛い車などなど。

また、通勤・通学用、ファミリーカーとしてなど、乗車人数や用途によってもおすすめは変わります。

あなたはどんな条件のコンパクトカーを求めているのでしょうか?

ここでは、人気コンパクトカーのそれぞれの特徴を見ていきます。

きっと、あなたにピッタリの一台が見つかりますよ!

コンパクトカー販売台数ランキング2019

2019年1月~6月までのコンパクトカー合計販売台数を車種別にまとめました。

販売台数TOP10をご紹介します!

※車種名をクリックすると詳細ページへジャンプします

順位メーカー名車種販売台数
1日産 ノート68,543台
2トヨタアクア60,349台
3トヨタルーミー45,544台
4トヨタヴィッツ45,279台
5ホンダフィット45,089台
6トヨタタンク37,232台
7スズキソリオ24,771台
8トヨタパッソ23,209台
9マツダデミオ20,507台
10スズキスイフト19,006台

 参考:一般社団法人日本自動車販売協会連合会

それでは、詳しく見ていきましょう。

【1位】加速の力強さに惚れる!「ノート」

カタログ燃費18.2~37.2km/l
車両価格142.1~245.3万円
サイズ(全長×全幅×全高)4,100mm×1,695mm×1,520mm~1,535mm 
室内サイズ(長×幅×高)2,065mm×1,390mm×1,255mm
乗車定員5名
最小回転半径4.7~5.2m 
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
X/3.8万km/72.8万円

※中古車価格はグーネットを参考。以下同様。

今ノリにノッているのが、日産ノート!

人気の理由は、2016年に「電気自動車の新しいカタチ」としたNOTE e-POWERの発売。

e-POWERは、ガソリンエンジンで発電してモーターだけで走行する「ガソリンで動く電気自動車」です。

ガソリンエンジンと電気モーターを使い分けて走行する、ハイブリッドシステムとは違います。

「モーターだけで走行すると何が良いの?」と思いますよね。

それは・・・加速が全然違うんです!

優れた瞬発力でグーンッと加速し、急な坂道も楽々登ってくれます。

2.0Lターボエンジンと比較しても、この加速力。

ノート e-POWER

出典:ノート公式サイト

また、アクセルペダルを戻すと強く減速する「e-POWER Drive」も、とっても便利。

アクセルペダルで加減速ができるので、ブレーキペダルに踏み換える回数が減りドライバーの負担が減ります。

慣れるまでは違和感を感じますが、慣れればこんなに楽なことはありませんよ!

さらに、全車追従システムも搭載。

アクセルやブレーキから完全に足を離しても、前の車についていきます。

長距離運転の時、ドライバーの疲労軽減になりますね。

最先端の技術を備えた、ノートe-POWER。

ぜひ試乗してみてください!

新型ノートの口コミ評判。e-POWERの実力はどう?

  2016年11月2日に日産ノートがマイナーチェンジをしました。 今回のモデルチェンジでの最大の変化は「e-POWER」というシステムです。 この技術によってカタログ燃費は37.2km/l ...

続きを見る

【2位】燃費は世界トップレベル!「アクア」

 

出典:アクア公式サイト

カタログ燃費34.4~38.0km/l
車両価格178.5~253.4万円
サイズ(全長×全幅×全高)4,050mm×1,695mm×1,455mm 
※Crossoverは4,060mm×1,715mm×1,500mm
室内サイズ(長×幅×高)2,015mm×1,395mm×1,175mm
乗車定員5名
最小回転半径4.8m ※Crossoverは5.4m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
L/6.5万km/73.4万円

アクアは2013年からずっと首位をキープしてきました。

しかし、ノートe-POWERの出現により王座争いとなり、今回は王の座を奪われてしまいました。

ですが、アクアは低価格のハイブリッドコンパクトカーとして非常に人気があります。

3位と大きく差を開き、堂々の2位です。

 

ガソリン車と比べると、多少価格は高くなってしまいますが・・・

しかし、ハイブリッド車が178.5万円から買えるというのは、かなりお手頃ですよ。

 

しかも、世界トップレベルの燃費を誇り、カタログ値は38.0km/l驚異的!

カラーバリエーションも豊富で、イエローやライムグリーンなど鮮やかなカラーも個性的で素敵です。

アクア ボディカラー

出典:アクア公式サイト

これだけ売れていると、街中をアクアを見かけることも多いですが、色で個性を出すという手もありますね。

 

アクアは、2017年に2度目のマイナーチェンジを実施しました。

変更点など詳しいことは、こちらの記事にまとめてあります↓

トヨタアクアってどう?口コミ、燃費、値引き相場の最新情報

トヨタアクアってすごい人気だけど実際のところどうなの? ハイブリッドのコンパクトカーとしてデビューを果たしたアクアは、低燃費を武器に、カラーバリエーションの豊富さも手伝って、とても人気があります。 & ...

続きを見る

【3位】小さいけど広い!プチミニバンな「ルーミー」

 

ルーミー

出典:ルーミー公式サイト

カタログ燃費21.8~24.6km/l
車両価格146.3~196.5万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,700mm×1,670mm×1,735mm ※カスタムは全長3,725mm
室内サイズ(長×幅×高)2,180mm×1,480mm×1,355mm
乗車定員5名
最小回転半径4.6~4.7m
中古車価格(2016年式)
グレード/走行距離/価格 
G S/3.8万km/140万円

”車体は小さく室内は広く”を実現した、ボックス型のコンパクトカー「ルーミー」。

両側スライドドアだから子供も乗り降りしやすく、ファミリーカーとして人気です。

ルーミー スライドドア

出典:ルーミー公式サイト

「ミニバンじゃ大きすぎてママが運転できない。でも軽自動車じゃ走りが物足りないしなぁ・・」

なんて方に丁度いい、小回りが利くコンパクトサイズで安定した走りのルーミーは、まさにプチミニバン!

しかも、シートがフルフラットになるから、車中泊も可能。

ルーミー シートアレンジ

出典:ルーミー公式サイト

ルーミーは、ダイハツの「トール」をベースに作られたOEM車です。

しかも、何がスゴイってトールのOEM車は他にもトヨタ・タンク、スバル・ジャスティとあり4兄弟。

この4兄弟は、それぞれデザインやメーカーが異なるだけで、中身(スペック)は同じです。

2016年11月に4車同時発売して以来、売上をグングン伸ばしています!

その中でもトップの販売台数を誇るのが、トヨタのルーミー。

次いで販売台数が多いのはトヨタのタンク。

OEM車ながらトヨタは強いですね~。

 

トヨタのルーミー&タンクをお得に買うには・・・

ダイハツ・トールやスバル・ジャスティからも見積もりをとって、値引き交渉するのは効果的ですよ!

タンク・ルーミーの値引き相場は?限界値引きを引き出す交渉術

dBの後継車として人気のある2車種「タンク」と「ルーミー」ですが、人気があるだけにあまり値引きが期待できないと思っていないでしょうか? だからといって、ディーラーの言い値で購入していては、決して得はで ...

続きを見る

【4位】老若男女に愛され続ける「ヴィッツ」

ヴィッツ

出典:ヴィッツ公式サイト

カタログ燃費21.6~34.4km/l
車両価格118.1~ 231.8万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,945mm×1,695mm×1,500mm 
室内サイズ(長×幅×高)1,920mm×1,390mm×1,250mm ※ハイブリッドは高1,240mm
乗車定員5名
最小回転半径4.5~5.6m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
U/2.8万km/89.7万円

世代や性別に関係なく人気のヴィッツ。

乗る人を選ばないデザインと実用性の高さ、価格などトータルバランスの良さが安定した人気の秘密でしょう。

スポーツタイプやハイブリッドタイプなど、ラインナップの豊富さがターゲット層を広げています。

突出した特徴はないですが、だからこそ万人受けし長く愛されるんですね。

荷室はデッキボードで2段にでき、荷室を分けて収納したり背の高いものを載せることができます。

ヴィッツ 荷室

出典:ヴィッツ公式サイト

また、最小回転半径が4.5mと小回りがきくため、使い勝手は抜群!

日常使いの万能さが、ヴィッツの強みでしょう。

運転の苦手な方やマイカーデビューの方にもおすすめですよ。

ただ、万人受けするが故、個性の薄さが気になるところです。

しかし、ヴィッツのカラーバリエーションは全17色!

vitscolar

出典:ヴィッツ公式サイト

ここにきて”突出した特徴”を発揮しています。

これだけの色があれば、自分らしいヴィッツに出会えますね。

ヴィッツ(ハイブリッド)ってどう?口コミ、燃費、値引き相場の最新情報

トヨタのコンパクトカーのメインモデル「ヴィッツ」は、様々なラインナップを揃えており、ファミリーから車好きの人まで幅広い層に支持されています。 広い室内とコンパクトなサイズ、パワフルな走り、オシャレなス ...

続きを見る

【5位】開放的な室内空間がシーンに合わせて変幻自在「フィット」

出典:フィット公式サイト

カタログ燃費19.2~37.2km/l
車両価格142.8~236.7万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,990~4,045mm×1,695mm×1,525~1,550mm
室内サイズ(長×幅×高)1,935mm×1,450mm×1,280mm
乗車定員5名
最小回転半径4.7~5.2m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
13G・Fパッケージ/5.6万km/92.1万円

ヴィッツやマーチと共に「日本のコンパクトカー御三家」と言われている、コンパクトカーの定番車。

ガソリンとハイブリッド、排気量も1.3Lと1.5Lがあり、用途や予算に応じて選べるのが嬉しいですね。

また、燃料タンクを前席下に収納することで、後席の足元や頭上の空間に余裕が生まれました。

フィット 室内空間

出典:フィット公式サイト

コンパクトカーの標準的なサイズながら、移住空間の快適性はとても高いです。

大人が4人乗っても、ゆとりがあります。

シートアレンジが豊富で、26インチの自転車やサーフボードも積めますよ。

フィット シートアレンジ

出典:フィット公式サイト

日常使いから週末のレジャーまで、様々なシーンにフィットする一台です。

 

安定の人気があるフィットですが、近々フルモデルチェンジするようですね。

更にパワーアップしたフィットの快進撃に期待しましょう!

【2019】フィットのフルモデルチェンジ最新情報!発売日はいつ?

「なんか今年フィットがフルモデルチェンジするんだって?」 そうなんです。フィットもついに4代目になります。 そこで今回は、フルモデルチェンジによって『今までと何が違ってくるのか?』を隅々までご紹介しま ...

続きを見る

【6位】スタイリッシュで使い勝手が抜群「タンク」

タンク

出典:タンク公式サイト

カタログ燃費21.8~24.6km/l
車両価格146.3~196.5万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,700~3,715mm×1,670mm×1,735mm
室内サイズ(長×幅×高)2,180mm×1,480mm×1,355mm
乗車定員5名
最小回転半径4.6~4.7m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
カスタムG・T/4.1万km/161.6万円

ダイハツ・トールのOEM車でトヨタ・ルーミーと姉妹車であるタンク。

違いは何かというと、見た目

柔らかい印象のあるルーミーに比べて、タンクはイカツさがあります。

実は、ルーミーは子育てファミリー、タンクは独身の若者とターゲット層が違うんです。

ストップランプがルーミーが赤色なのに対し、タンクはクリアホワイト。

ルーミーとタンクの違い

引用:ルーミー公式サイトタンク公式サイト

タンクのほうがスタイリッシュな感じがしますよね。

この大型ストップランプは、はじめ若者受けを狙ってタンクにデザインしたものでした。

しかし、大きく視認性の高いストップランプは他の年代にも好評だったそう。

そこで、柔らかい光にしてルーミーにも採用したそうです。

中身はルーミーと同じで、両側スライドドアにシートアレンジも豊富で使い勝手は抜群!

シートがフルフラットになるので、「彼女と車中泊したいな~」なんて考えているメンズにおすすめですよ♪

タンク・ルーミーの口コミ評価はどう?デザインの違いや乗り心地をチェック

若い男性が好きそうな精悍な顔つきのタンクとルーミー。 2016年11月に発売された新型コンパクトトールワゴンで、発売以来とっても人気でガンガン売れています!   実は、トヨタが作った車ではな ...

続きを見る

【7位】広すぎちゃって困る!?驚きの室内空間「ソリオ」

ソリオ

出典:ソリオ公式サイト

カタログ燃費22.0~32.0km/l
車両価格145.9~223.1万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,710mm×1,625mm×1,745mm
室内サイズ(長×幅×高)2,515mm×1,420mm×1,360mm
乗車定員5名
最小回転半径4.8m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
S-DJE/3.8万km/125万円

今回紹介している10車の中で、室内の広さNo.1。

特に室内長は2,515mmと、圧倒的な広さ!

室内空間の広さに長けているルーミー&タンクの室内長より、335mmも広いんです。

口コミでも、「室内がとにかく広い!」と高く評価されています。

センターフォークスルーにより前席と後席の移動が楽なのも、ソリオの大きな魅力。

ソリオ センターフォークスルー

出典:ソリオ公式サイト

また、「あったらいいな」と思う細かな収納が所狭しとあり、荷室下のサブトランクも重宝します。

ソリオ サブトランク

出典:ソリオ公式サイト

また、ソリオは「ガソリン車マイルドハイブリッド車ハイブリッド車」の3タイプが用意されています。

価格は20~30万ほどの差があり、予算に合わせて選べる価格帯の広さもソリオの良いところです!

 

【8位】丸いシルエットが可愛い!女性に人気「パッソ」

パッソ

出典:パッソ公式サイト

カタログ燃費24.4~28.0km/l
車両価格117.7~169.5万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,650~3,680mm×1,665mm×1,525mm
室内サイズ(長×幅×高)1,975mm×1,420mm×1,270mm
乗車定員5名
最小回転半径4.6m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
X Lパッケージ/2.5万km/63万円

コンパクトカーの中でも小さめサイズの「パッソ」。

可愛いデザインが女性に人気です。

販売台数1位の日産ノートと比べると、全幅が3cm小さいです。

たった3cmですが、感覚的には大きな差があるんですよ。

最小回転半径が4.6mと軽自動車なみに小回りが効くので、運転も楽々!

狭い道でも運転しやすいので、運転に自身がない方にもおすすめですよ。

また、全高が1,525mmなので立体駐車場も利用できます。

MODAシリーズとXシリーズがありますが、おしゃれに拘りたいなら断然MODAシリーズ!

パッソ 内装

出典:パッソ公式サイト

ダークグレーを基調とした内装にカッパー色がアクセントとなり、品のあるデザインになっています。

さり気ない高級感が素敵ですね。

新型パッソの口コミ・評判まとめ。パッソって実際どうなの?

トヨタパッソって実際のところどうなの?   2016年に6年ぶりとなるフルモデルチェンジをして、燃費がグーンと向上し、便利な機能も搭載されました。 新型パッソのコンセプトは「カワカッコイイ」 ...

続きを見る

【9位】乗り心地の良さとワクワクする走り!「デミオ」

デミオ

出典:デミオ公式サイト

カタログ燃費ガソリン車:17.2~19.8km/l(WLTCモード)
ディーゼル車・15MB:19.2~30.0km/l(JC08モード)
車両価格139.3~227.8万円
サイズ(全長×全幅×全高)4,060mm×1,695mm×1,500~1,550mm
室内サイズ(長×幅×高)1,805mm×1,445mm×1,210mm
乗車定員5名
最小回転半径4.7~4.9m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
XDツーリング/5.0万km/119.3万円

走行性と上質なカッコ良さに重きをおくマツダの「デミオ」。

「匠塗-TAKUMINURI-」という特殊な塗装法は、深さと強さをもった美しさがあります。

デミオ 匠塗

出典:デミオ公式サイト

振動吸収ウレタンを使用したシートは、体を包み込むようにフィット。

デミオ 内装

出典:デミオ公式サイト

後部座席も同様の作りなので、誰が座っても感じる座り心地の良さを追求しています。

また、デミオがこだわった「楽しい走り」。

コンパクトカーは1.3L程度のエンジン排気量が多いのですが、デミオは1.5Lへ一本化しました。

パワーアップした走りに、国産コンパクトカーで唯一のディーゼルエンジン車も設定。

さらに力強い走りとスムーズな加速を実現し、運転を楽しませてくれます。

上質な美しさと「ワクワクする走り」を堪能できる車です。

 

【10位】抜群のハンドリングで思い通りに走れる!「スイフト」

スイフト

出典:スイフト公式サイト

カタログ燃費20.0~32.0km/l
車両価格135.0~201.6万円
サイズ(全長×全幅×全高)3,840mm×1,695mm×1,500mm ※4WDは全高1,525mm
室内サイズ(長×幅×高)1,910mm×1,425mm×1,225mm
乗車定員5名
最小回転半径4.8m
中古車価格(2014年式)
グレード/走行距離/価格 
RS/4.4万km/96.3万円

洗練されたスポーティーなデザインのスイフト。

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用で、120kgの軽量高剛性の向上に成功!

大人2人分(120kg)の減量により、燃費もグッと良くなりました。

そして、マイルドハイブリッド車とハイブリッド車を追加することで、さらなる低燃費を実現。

また、コンパクトカーのタイヤは15インチが主流ですが、スイフトは16インチなんです。

タイヤが大きい分コーナリングが安定し、操作性能もアップします。

もともとハンドリング性能に定評のあったスイフトですが、よりキビキビとした走りになりました。

内装もスタイリッシュでカッコいいんですよね~。

スイフト 内装

出典:スイフト公式サイト

2WDだと最低地上高が120mmと低く、スポーツカー感が増します。

デザインから走りまでスポーティーさに拘ったスイフト。

思い通りのドライビングで、運転がますます楽しくなりますよ。

 

スライドドア付きでファミリー層に人気のコンパクトカーは?

おすすめはコレっ!

  • トヨタ ルーミー
  • トヨタ タンク
  • スズキ ソリオ

最近はファミリー向けのコンパクトカーが人気です。

ミニバンは大きくて価格が高いので、ちょっと手が出ないなって方もいますよね。

そこで、手頃な価格で室内も広いプチバンを求めている人が増えているようです。

ミニバン顔負けの居住空間で、小さい子供がいても乗り降りしやすく荷物もたくさん積めますよ。

スライド付きの人気コンパクトカーは、下記の記事にまとめてあります↓

スライドドアコンパクトカー
人気スライドドア コンパクトカーを徹底比較!おすすめはコレ。

スライドドア装備のコンパクトカーを探しているかたに、今人気の車種をランキング形式で紹介していきます!     子供が生まれるから、車を乗り換えようかな・・・。 と思っている方は、ス ...

続きを見る

女性に人気?デザインで選ぶならこのコンパクトカー

おすすめはコレっ!

  • トヨタ パッソ
  • ホンダ フィット
  • トヨタ アクア

女性に人気がある可愛いコンパクトカーといえば、トヨタのパッソです。

外観や内装のデザインやカラーバリエーションなど、女性目線で作られています

”MODA”シリーズと”X”シリーズで顔が違うので、選ぶ楽しみもあります。

燃費も28.0km//lとガソリン車No1!

 

燃費がいい小回りが利くオシャレと、三拍子揃いで女性に支持されています。

他にも可愛いいコンパクトカーはたくさんあります。

下記のランキングを参考にしてみてくださいね!

女性に人気 コンパクトカー
女性に人気!かわいいコンパクトカーのおすすめはコレ

あなたが車に求めるものは何でしょうか? 女性におすすめのコンパクトカーと題しましたが、人によって好みはそれぞれ。オシャレでかわいい車が好きな女性もいれば、かっこよくてスタイリッシュなデザインが好きな女 ...

続きを見る

 

軽自動車も視野に入れているなら、こちらの記事もおすすめです↓

最近の軽自動車は燃費が良く、デザインも豊富なんです。

きっと好みの車が見つかりますよ!

女性に人気!外装も内装もかわいい軽自動車ランキングBEST7+3台

かわいい軽自動車が欲しいなぁ・・・。 と考えている女性の方に、外観(エクステリア)や内装(インテリア)が、かわいい♪と評判の軽自動車をご紹介!   最近の軽自動車は、デザインもカラーバリエー ...

続きを見る

 

走行性で選ぶなら、この車しかない!

おすすめはコレっ!

  • マツダ デミオ
  • 日産 ノート
  • スズキ スイフト

「走りを楽しみたい!」と走行性を求めるなら、モデルチェンジをしてパワーアップしたデミオがおすすめ。

走行性においてはコンパクトカーの中で頭ひとつ抜けています。

 

多くのコンパクトカーは、利便性を追求して作られています。

しかし、デミオはデザイン性走行性で他車と差別化するためにモデルチェンジしました。

MT車やディーゼル車もあり、走りを求める方にはたまらないラインナップでしょう。

 

そして、e-POWER搭載で瞬発力のある加速が武器の日産・ノート。

ハンドリング性能に定評のあるスズキ・スイフト。

それぞれに特徴がありますが、走行性能に求められるのは思い通りのドライビングができるかどうか。

どんな走りをしてくれるのか、ぜひ試乗して確かめてくださいね。

 

安全装備が充実!自動ブレーキが搭載している車種は?

おすすめはコレっ!

  • 日産 ノート
  • マツダ デミオ
  • スズキ スイフト

サポカーってご存知ですか?

高齢者の事故対策として国が推奨する、新しい自動車コンセプトなんです。

サポカーは自動ブレーキを装備している車で、サポカー・サポカーSなどランクが付けられています。

ランクが上がるにつれて、事故予防機能の種類が増えます。

セーフティサポートカーのメーカーごとの一覧。サポカーのメリットは?

最近CMなどで耳にする「サポカー」。 セーフティサポートカーの略称ですが、サポカーとはどんな車両なんでしょうか? そして、サポカー認定を受けているとどんなメリットがあるのか?   今日はそん ...

続きを見る

では、コンパクトカーの中で自動ブレーキがついているおすすめの車種はどれなのか?

基本的には、新車ならほとんどの車種が自動ブレーキ付きです(オプションになっている車もあります)

その中で、一番グレードの高いサポカーSワイドに認定されているのは、上記の3つです。

 

アクアとノートどっちが良いかな・・と悩んでいるなら、安全性能はノートのほうが高いですよ。

アクアは一番ベーシックな「サポカー」認定です。※特別仕様車 S“Style Black”は「サポカーS<ワイド>」

 

特に高齢者が乗るのなら、サポカーS以上の車を選ぶのがいいでしょう。

 

中古車を買うなら

新車はちょっと予算が足りない・・

という方は、中古車を検討していることでしょう。

中古と新車ってどっちがいいの?

と迷うところですが、僕としては新車を買って10年以上乗るほうがお得だと思っています。

新車と中古車はどっちがお得?購入金額や維持費を徹底比較してみたよ

よし!車を買おう!と考えた時に、新車にするのか中古車にするのか迷うところですよね!   先日、私も車の購入をしたときに、ひじょ~~~に迷いました。 結果的には、新型セレナの展示車(未使用車) ...

続きを見る

とは言え、それぞれのお財布事情がありますから、中古を選択する方も多いですよね。

 

しかし、中古車を買うとき、絶対に注意すべきことがあります。

『価格が安いから。』『営業マンが親切だったから。』『なんとなく・・・。』

で選ぶと失敗する可能性が大きくなってしまいます。

 

コンパクトカーの中古車だって50万円以上はするのだから、しっかりと選ばないといけません。

ということで、中古車を検討している方は、下記の記事も参考にしてくださいね。

中古車の選び方
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

続きを見る

 

まとめ

コンパクトカーは手頃な価格に低燃費、様々な用途に使えるので非常に人気があります。

最近は車のダウンサイジング化が進んでいますしね。

今まで必要以上に大きな車に乗っていた方が、軽自動車やコンパクトカーに乗り換えているんです。

 

ただ、コンパクトカーは乗車人数が5人で排気量が1.0~1.5Lくらいと、制限はあります。

居住空間ではミニバンには敵いませんし、走行性やパワーもSUVと比べたら劣るでしょう。

その辺りを理解してコンパクトカーを選びましょう。

 

しかし、日々進化する自動車技術。

ただの「コンパクトで運転しやすい車」ではなくなり、室内の広さや走行パワーも随分とアップしました。

「コンパクト+α」で、それぞれに特徴を持ったコンパクトカーが増えていますね。

試乗する時は、デザインや乗り心地、室内の広さ、内装の質感などプラスαの部分をしっかり確認しましょう。

 

実は、ノートe-POWERが出た時に試乗したのですが、これまでの車とは一味違った乗り心地を感じました。

パワーもあるし、アクセル操作だけで加速&減速ができるのは、なかなかおもしろかったです。

ハイブリッドタイプのコンパクトカーを検討しているなら、アクアとノートe-POWERの乗り比べは必須ですよ!

 

これからコンパクトカーを買おう!という方は、下記の”値引きポイント記事”を参考にしてくださいね。

コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

続きを見る

 

愛車の本当の価値を知っていますか?

車を買い換えるとき、今まで乗っていた車をどこに売りますか?

ほとんどの人は、ディーラーへ下取りに出すと思います。

でも、ディーラー下取りは安く買い叩かれるって知っていますか?

 

高く売りたければ、複数の買取業者に査定してもらうことがめちゃくちゃ大切!

なぜって、1社だけにお願いすると足元を見られ、安く査定される可能性があるからです。

しかし、複数社にお願いすることで、オークション形式で価格が上がるのです。

 

もし、ディーラーへ下取りに出すなら、複数社に査定してもらった価格で交渉するといいですよ。

まずは、あなたの愛車の本当の価値を知ることから始めましょう。

 

たった60秒の入力でOK。もちろん無料です。

→愛車の本当の価値はいくら?一括査定で高く売る

スポンサーリンク

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

\52万円UPした人もいます。/

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-コンパクトカー
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2019 All Rights Reserved.