中古車購入に関する必要書類は?

投稿日:


この中古車が欲しい!と確定的になった場合は、見積りやローン計算を経て実際の購入手続きに移ることになります。
幾度か同じ販売店に足を運ぶことができないという場合、つまりインターネットなどであらかじめ目星をつけておいて即決するつもりで店舗に行くということもあるでしょう。
その場合は、契約時の必要書類を揃えておくとスムーズに契約が行えます。
ただお金を払うだけでは車は買えませんので、その点をしっかりと認識しておくようにしたいものです。

中古車購入時に必要になる書類とは

 

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車検証
  • 車庫証明

 

まず自分で用意が必要なものは実印とそれを証明するための印鑑証明書です。
購入と同時に下取りもするという場合は印鑑証明書は2部必要です。
この実印は販売店で用意されている委任状に押すことになります。

この委任状の作成で、車取得に関する複雑な手続きを販売店が代行できるようになるというわけです。
ほとんどのケースで、手続きを購入者が行うという選択肢はありませんので、実印と印鑑証明書をしっかりと用意することが必要です。
もし少しでもお金を安くしたいなら、書類作成や提出を自分ですればそれだけ手数料を安くできます。

他には購入する車の車検証です。これは販売店側で用意していると思います。
任意保険を自分で選ぶという場合はこの書類のコピーが必要になりますので、契約の際に要請することがポイントです。
販売店によっては任意保険の加入も取り扱っている場合があります。

最後は車庫証明書です。警察での申請して取得することができます。
賃貸の駐車場の場合は不動産会社の署名と押印が必要です。

 

以上が中古車を購入するときに必要な書類です。

特に難しいことはありません、役所や警察に行って申請書を書いて少しばかりのお金を払えばもらえます。
事前に車屋さんにどの書類が必要か聞いておくと確実でしょう。

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-中古車購入
-

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.