ワイパーのトラブルの対処法。劣化症状、動かない、ビビリ音を解決!

投稿日:


「雨の日の運転のことを考えると憂鬱になってしまう」という方も多いのではないでしょうか?

路面が滑りやすくなりますので、ハンドル操作にも気をつかうことになります。

何よりも、特に大きな問題となるのが、視界が悪くなってしまうという点でしょう。

雨がフロントガラスに付着することによってかなり視界が悪くなってしまいます。

 

夜になれば、対向車のライトが乱反射して、視界がさらに悪くなるでしょう。

そんな雨に対処するために、ワイパーは欠かすことができないアイテムです。

そんなワイパーに関するトラブルがあると非常に困ってしまいますよね。

そこで、ここではワイパーに関するさまざまなトラブルの原因と、その対処法や費用について考えてみたいと思います。

 

ワイパーの劣化

まず、一番多いのがワイパーの劣化による諸症状です。

例えばこんなことありませんか?

・水がキレイに切れない
・跡が残る
・ビビリ音(異音)がする

これらはワイパーのゴムの劣化による症状です。

もっとも多いのがワイパーを動かしているにもかかわらず、まったく水を切ってくれないというものです。

また、ワイパーを動かすたびにスジが入ってしまい、前方が見辛くなってしまうというケースもあるでしょう。

 

ワイパーのフロントガラスに触れる部分はゴム製になっており、これがガラスに密着して水を切るという仕組みになっています。

ゴムは時間が経過することによって当然劣化します。

また、水で濡れているとは言っても、フロントガラスにこすりつけられることになりますので、削られてしまうこともあるでしょう。

その結果として、ガラスにしっかりと密着することができなくなり、機能が低下してしまうのです。

ビビリ音ってなに?解消法は?

ビビリ音とは、ワイパーを動かすたびに「ビリビリ」とか「ズズズ」「ガガガ」と不快な音のことを言います。

他にも「キーキー」と甲高い音を立てることもあるかもしれませんね。

ビビリ音は、ワイパーの劣化によって起こることもありますが、原因はそれだけではありません。

考えられる原因は次の通。

 

・ゴムの劣化
・ワイパーのアームが曲がっている
・フロントガラスのコーティングにムラがあり凸凹している

ゴムの劣化ならゴムを交換すれば良いだけです。

 

ワイパーアームが曲がっている場合は、自分でも治すことができるには出来ますが、車について素人ならディーラーなどに任せたほうがいいでしょう。

フロントガラスのムラの場合は、一度フロントガラスをキレイにしてあげましょう。

 

自分で原因がわからない場合は、ディーラーに持っていったほうが安心です。

ゴムの交換

水をうまく切れない、スジが入ってしまうというトラブルの場合、ワイパーのゴムを交換することによって解消できます。

ホームセンターやカーショップなどへ行けば、さまざまな車種のワイパーが販売されていますので、これを購入しましょう。

まったく経験がない方であっても、ほんの数分もあれば交換することができるはずです。

また、ガソリンスタンドなどでも数百円から千円程度でワイパーのゴムの交換が可能です。

水の切れが悪くなったと感じたら、できるだけ早く交換するようにしましょう。

ワイパーの交換方法

生まれた初めてワイパー交換するなら、意外と戸惑うかもしれません。

僕も初めて雪用ワイパーに交換するときには、ワイパーをどうやって外して良いのかわからず四苦八苦しました。

まずは動画などで予習してから交換をするとスムーズにできるはずです。

 

You Tubeなどで「車種名+ワイパー交換」と検索すると更に詳しくわかると思います。

ワイパーのサイズと種類

ワイパーのサイズは車種ごとに違います。

自分で購入する場合は、自分の車のサイズを確認しておきましょう。

また、ワイパーには様々な種類があります。

 

人気のワイパーは「ガラコワイパーパワー撥水」で、ワイパー交換後にフロントガラスが乾いているときにワイパーを動かすだけで、撥水加工ができるというスグレモノ。

garakowaipa

 

雨の日の視界確保や、いちいちガラコスプレーなどをするのが面倒な方にはおすすめです。

価格は1,000円もしないので、気軽に購入できるのはうれしいですね!

Amazonなどの通販でも変えますし、オートバックスなどのカー用品店、ホームセンターなどでも購入できますよ。

あと、雪国の方は、スタットレスタイヤ交換とともにワイパーも変更しておいたほうが良いでしょう。

雪が降っている中、走行しているとワイパーが凍りついて前が見えなくなってしまいます。

それを防いでくれるのがスノーワイパーです。

僕も雪国に数年住んでいましたが、ワイパーを変えただけで全然違いました!
1年中使えるスノーワイパーもあるので、雪国に住んでいるなら検討してみてくださいね!

 

ワイパーの故障動かない!止まらない!動作不良!

ワイパーの故障で多いのが

・動かない
・動作がゆっくり
・停止位置がずれている
・止まらない

というものです。

原因は色々ありますが、ディーラーや修理工場で見てもらったほうが早く解決できるでしょう。

考えられる原因は次の3つ。

1.モーターの故障

2.スイッチの故障

3.リレーの故障

です。

どこが故障しているのかは、症状だけではなかなか判断がつかないでしょう。

自分で修理したいんだ!というなら、自己責任でやってみてください。

僕は整備はからっきしダメなので、ここでは修理方法については触れていません。

ワイパーの修理費用はいくら掛かる?

気になるのが修理費用ですよね。

ディーラーに修理に持っていって、いきなり高額な請求書を渡されても困ります。

まずは心の準備をしておきましょう(笑)

 

  部品代 工賃 合計
ワイパーモーター 25,000円 3,000円 28,000円
ワイパーリレー 8,000円 5,000円 13,000円
ワイパースイッチ 8,000円 5,000円 13,000円
ワイパーアーム 3,500円 2,000円 5,500円
ワイパーブレード 4,000円 1,000円 5,000円
ワイパーゴム 1,500円 1,000円 2,500円

※ワイパーアーム、ブレード、ゴムは2本合計金額

※車種、修理場所によって価格は異なります。あくまで目安です。

ワイパーモーターが故障している場合は、修理費が高くなりますね。

しかし、ワイパーが動かないと、クルマに乗ることが出来ません。もちろん車検も通りません。

ワイパーが動かないと、非常に危険なのですぐに修理するようにしましょう。

まとめ

このようにワイパーのトラブルも原因がはっきりとわかっていれば、対処するのはそれほど難しいことではありません。

しっかりと原因を見つけて、早い段階で対処するようにしましょう。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-故障・修理

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.