トヨタアクアの値引き額相場は?最大値引きを引き出す交渉術も

投稿日:2017年6月20日 更新日:


2017年6月、アクアがモデルチェンジをして、燃費が38.0km/lになりました!

ノートe-POWERに燃費も販売台数も負けていましが、これでコンパクトカー燃費No1は奪取。

あとは販売台数を奪い返せば、また王者復活ですね!

 

さて、ノートに販売台数No1が奪われたと言っても、まだまだ人気のアクア。

価格は200万ほどですが、「もっともっと安く買いたいよぉ!」と思っている方も多いことでしょう。

 

これから、アクアを購入する方に、アクアの値引き相場や最大値引きを引き出す交渉術をお伝えします!

 

 

ガッツリ値引き交渉する人も、控えめな人も見ておいて損はない情報です。

 

トヨタアクア値引き相場

アクアの値引き相場を見てみましょう。

現在のアクアの車両本体価格からの値引き額相場は20万円です。

 

 

オプション値引きも含めれば25万円位を目標にしていきたいところです!

 

2017年6月のマイナーチェンジで、値引きが多少渋くなっているかもしれませんが、ノートe-POWERやフィットHVを競合にして交渉していけば、確実に値引きを引き出すことができるでしょう。

 

ただ、グレードやオプションの種類によって値引き額は当然変わってきます。

グレードが低いより高いほうが価格も上がるので値引き額も上がります。

 

オプションも純正のナビなどの高額のものをつけると値引きもどんどん増えてきます。

でも、値引きにつられて不要なオプションを付けないようにしましょうね。

 

アクアを買った人の値引きレポート

車体価格からは15万ほど値引きしていただきました。
オプションは新車購入でナビプレゼントキャンペーンをしていたため、その分だけやすくすみました。
車両本体価格から13万円、オプションはコーティングの5万円分を値引きしてもらいました。
オプションを20万円分付けて合計で18万円の値引きが出来ました。
人気車なのでディーラーも強気でした。あまりガッツリとは交渉していないですが気持よく取引が出来ました。
車両本体価格から22万円、オプションから5万円、合計27万円に成功。
フルモデルチェンジ前だったのが高額値引きのポイントでした。

 

限界値引きを引き出す!アクアの交渉の3つのポイントは?

okane01

アクアの値引きを成功させるために3つのポイントがあります。

それは

 

1 ライバル車と競合させる

2 買う時期を考える

3 愛車を高く売る

 

です。

一つ一つ解説していきます!

 

ライバル車と競合させる

今も昔も値引き交渉で有効なのが「他のハイブリッドカーと迷っている」と伝えること。

こうすることで、他車よりも魅力的なポイントを伝えてきたり値引きをしてくれたりします。

 

アクアのライバルはノートe-POWERフィットハイブリッドでしょう。

特に、ノートe-POWERは販売台数も抜かれたことから、ライバル視をしているので、交渉にもってこいです!

 

他にも、デミオ(ディーゼル)やヴィッツHVなども競合できるので、自分が迷っている車を2~3台、当てていくと良いでしょう!

 

フィットHVやノートe-POWERの試乗にも行き、見積もりをもらいましょう。

 

その時に

「今回はあまり時間がないので、条件が良い車に決めようと思います!最初から最大値引きをおねがいします!」

などと伝えておくと良いかもしれません。

 

また、無理っぽい予算を伝えることも効果的です。

「予算はいくらですか?」「いくら値引きを希望ですか?」

などと営業マンが聞いてくることもあるので、最初は「やすければ安い方がいい!」などと伝えておくと良いです。

 

アクアの値引き相場は20万円程度なので、諸費用を含めた金額から30万円を引いた金額を、予算に設定しても良いでしょう。

 

Gグレードのソフトレザーセレクションの車両本体価格が206万円なので、諸費用とディーラーオプションを入れると240~250万円程度になります。

ですので、「予算は200万円なので、200万円を切ったら即決しても良いんですが・・・」と言うのもいいでしょう。

 

あとは、営業マンの出方次第で駆け引きをしていく事になります。

このあたりは、販売店の方針で変わってきます。

値引きに応じないお店もありますし、かなり頑張ってくれるところもあります。

 

もし、近所のトヨタディーラーが値引きに応じない場合は、経営の異なる販売店に行くのもありでしょう!

 

アクアの同士討ちで値引きを引き出せ

トヨタは4つの販売チャネルを持っています。。

トヨタ店・トヨペット店・ネッツトヨタ店・トヨタカローラ店。

 

アクアはこの4つの販売店での取扱があるので、全て回ってみるといいですよ。

店舗によって値引きの方向性が全く違うので面白いです。

 

この中から、一番頑張ってくれそうな店舗に通い、フィットHVやノートe-POWERを競合させていくと効果的でしょう!

 

 

アクアを最大値引きする時期はいつ?

アクアを少しでも安く買いたいなら購入する時期は結構大切です。

 

決算月を狙う

一番値引きが高くなる時期は1月~3月上旬の決算月です。

1月は初売りセール、2月~3月にかけては決算セールがあるので狙い目です。

 

中間決算時期を狙う

次に値引きがしやすいのは9月です。

9月は中間決算があるのでセールを実施しているはずです。

 

月末もチャンス

決算や中間決算まで待てないよ・・・。という方も安心してください。

月末も値引きが伸びる可能性があります。

なぜならノルマを達成できずに焦っている営業マンがいるからです。

契約を取ろうと必死になっているはずなので、他社との競合をチラつかせ、値引き額UPを交渉していきましょう。

 

 

1店だけ注意したい事があります。

3月や9月の決算月に購入しようと考えているなら、なるべく早めに動いたほうがいいということです。

交渉期間もありますし、契約から納車まで時間がかかることもあります。

だから、車を買おうと思ったらなるべく早く行動することがポイントですよ。

 

あと、決算期などはかなり多くの人が車を買い替えます。

普段買うよりも納車が遅くなることも予想されるので気をつけましょう。

 

愛車を高く売る!下取りなしで様子を見よう

3つ目のポイントは、今乗っている愛車をなるべく高く売ることです。

アクアの見積もりをもらう時に「乗ってきたお車は下取りに出しますか?」ということを聞かれます。

 

「友達に売るかもしれないので、下取り車は無しでお願いします」

 

と答えておきましょう。

 

下取りありと、下取りなしでは値引き額は変わりませんが、中には下取り価格を抑えめにして値引き額を多く見せる「値引き充当」をしてくるお店もあります。

この値引き充当を使わせないためにも、最初は「下取りなし」で値引き交渉していくのがポイントです!

 

また、ディーラー下取りだとあまり高くは売れないので、まずは買取専門店で査定をしてもらい、一番高く売れる店舗と価格を知っておくことが大事です。

 

買取業者に査定してもらうと言っても、持ち込む必要はありません。

インターネットの一括査定を使えば、たった60秒で、あなたの愛車がいくらで売れるのかがわかります

 

最大10社から見積もりが取れるので、その中から一番高い値段を付けてくれた業者を3つくらいに絞って、交渉すればさらに高く売れますよ。

 

調査によると、ディーラー下取りよりも買取業者のほうが平均16万円も高く売れるそうです。

 

もし、最終的にディーラーに下取りに出すとしても、買取業者の価格を持って行けば、下取り額を引き上げる交渉にも使えるでしょう。

 

まずは、一括査定でどのくらいで売れるのかだけ確認しておきましょう。

試乗に行く前に、買い取り価格がわかっておくと、交渉もしやすいので、なるべく早めにやっておくことをおすすめします。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

アクアの納車はどのくらいかかる?

現在は納車時期は安定していて、2~3ヶ月で納車となるでしょう。

発売当初は納車期間が6ヶ月とかかかっていましたが、今は受注も落ち着いてきているので大丈夫です。。

 

アクアの乗り出し価格(総支払額)はいくらになる?

車は車両本体価格だけは購入できません。

その他に、重量税や自賠責保険、手数料などの諸費用とナビやETCといったディーラーオプションの金額がかかります。

 

諸費用は車両本体価格の10%程度なので、アクアの場合は20万円ほど見ておくと良いでしょう。

オプションは、何をつけるかによって変わってきますが、ナビやETC、フロアマットなど最低限のものなら20万円程度で済むはずです。

 

値引きを含めない、乗り出し価格(総支払額)は、車両本体価格+40万円程度見ておくと良いでしょう。

 

グレードごとの乗り出し価格は以下のとおりです↓

グレード 車両本体価格 乗り出し金額
Crossover 206.2万円~ 246万円
G 206.2万円~ 246万円
S 188.6万円~ 228万円
L 178.5万円 218万円

 

この金額から20~25万円程度の値引きを目標に交渉していきましょう!

 

おすすめグレードはGグレードです。

中でも、ソフトレザーセレクションは内装にもこだわりたい方におすすめです。

シートが合成皮革で、カラーも選べて内装の高級感がグッと上がりますよ。

 

 

「ちょっと高いなぁ・・・」と感じる方もいるかもしれませんが、愛車を高く売れれば手が届くでしょう。

 

SグレードとGグレードの差額は18万円です。

買取専門店に査定してもらえば、下取りよりも平均16万円も高くなるので、ちょうど同じくらいですよね!

 

中には、「下取りよりも50万円以上高くなった!」という方もいるんですよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

まとめ

 

アクアを安く買いたいなら、値引き交渉は必須です。

交渉しなければ、営業マンの思うツボです。

 

営業マンもそれぞれ、値引きできる限界金額というのを持っています。

しかし、誰にでもすぐにその限界金額を出してしまえば、利益が減ってしまうわけです。

だから、他店の様子を見ながら、ちょっとずつ値引きを引き上げてくるのです。

 

また、「せっかく来たお客様を他店に取られたくない!」と思っているのも事実です。

特にノートe-POWERには負けるわけには行かないのです。

 

だから、競合をチラつかせていくと値引き額もグイグイっと上がっていくんです。

 

目標はオプションを含めて25万円です。

がんばって交渉してみてくださいね!

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-トヨタ, アクア
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.