トヨタエスクァイアの口コミまとめ。ハイブリッドとガソリン車どっちがイイ?


2014年10月に発売開始されたトヨタエスクァイア。

インパクトのある顔つきで上質感のあるインテリアでかなり売れているようです。

発売以来、新車販売台数は毎月5,000台を超えていて、5ナンバーミニバン争いに食い込んできています。

 

エスクァイアの口コミ。ぶっちゃけどうなの?

そんなエスクァイア、実際どうなのよ?

ということで、エスクァイアに乗っている方の生の声を集めてみました。

室内の広さや使い勝手、乗り心地、燃費、パワーはどうなのか?
また、ハイブリッドって買いなの?というところまで徹底調査したので参考にしてくださいね!

良い点

maruotoko

  • フロントグリルが気に入りました!
  • 純正フルエアロ装備しましたが、かなりイカツクなりました!
  • 内装やシートが高級感があっていいです!
  • ハイブリッドの燃費はさすがなレベルです!
  • セカンドシートがゆったり座れる

 

悪い点

batuotoko

  • 乗り心地は固めで段差で突き上げを感じる。
  • バックドアがオートクロージャー(半ドア防止)ではないこと
  • 自動ブレーキシステムがついていない
  • 価格がちょっと高め

 

フロントグリルがかなり印象的ですが、好みはわかれるでしょう。

ノアやヴォクシーに比べて、シートやインパネなどに合成皮革を使用していて内装に上質感があります。

不満な点として意見が多かったのが、乗り心地が固めなことや自動ブレーキシステムがないことです。

アルファードやヴェルファイアはちょっと手がでないけど、今までの5ナンバーミニバンよりも高級感が欲しい!

そんな方におすすめのミニバンです。

 

nebikibana

 

スポンサードリンク

エスクァイアの特徴

文字を読むよりも動画を見たほうが印象が伝わるでしょう。

トヨタエスクァイアのイメージムービー↓

 

何じゃこのフロントグリルは?

外観は基本的にノアと同じです。

エスクァイア↓

noa

 

ノア↓
es

大きな違いはフロントフェイスです。

エスクァイアエクステリア正面

同じトヨタの高級ミニバン、アルファードを彷彿とさせるようなフロントグリルのデザインです。

トヨタの5ナンバーミニバン、ノアやヴォクシーと比べても明らかにワンランク上の見た目です。

「最初は顔が派手すぎかと思ったが、見慣れるとよい顔」という口コミもあります。

 

 

合成皮革を多用した内装は高級感たっぷり!

上級感があふれているのはエクステリアだけでなく、インテリアにもそれが表れています。

エスクァイア 低床

エスクァイアの上級グレードには、シート表皮やインパネ、ドアトリムなどに合成皮革が使われています。
合成皮革といっても本革に匹敵する肌触りですし、夏の熱さ、冬の冷たさを感じにくいです。

その点では、並みの本革シートよりも優れているといえますね。
他にも、ステアリングやシフトノブには本革と黒木目調が使われており、これも質感アップに貢献しています。
「シートの触れた感じがよい」や「座り心地もよい」、「高級感がある」など、コンセプト通りの口コミも集まっています。

ただ、「シートがツルツルして滑る」という不満の声もあったので実際に座って確かめる必要がありそうです。

 

燃費もいいよ!ミニバンで10キロ超えたら合格でしょ?

エスクァイアのガソリンモデルの燃費性能は上々です。
ガソリン車でも16km/lの低燃費です。

5ナンバーサイズミニバンのガソリンモデルではトップレベルの低燃費です。
それだけでなく、日産セレナのS-ハイブリッドモデルと比べても同等の燃費をガソリン車で叩き出しています。
吸排気効率を高めたりCVTを進化させることで、この低燃費を実現させました。

実際の燃費は、「高速道路ミックスで11km/l」という報告もあります。
実燃費の平均は10~14km/l位になっているようです。

 

ハイブリッドモデルに至っては23.8km/lの低燃費です。
実燃費は14~18km/lです。

ハイブリッドモデルは確かに低燃費ですが50万円弱高くなりますので、コスト重視ならガソリンモデル、燃費重視ならハイブリッドモデルがいいでしょう。

 

→営業マンが教えたくない値引き交渉3つのポイント

 

意外とコスパが高いエスクァイア

高級ミニバンのエスクァイアですが、コストパフォーマンスもなかなかのものです。

エスクァイアの新車価格は、ノアやヴォクシーと比べると15万円ほど高く、250万円程度から設定されています。

前述したようなエクステリアやインテリアな触れる高級感が要因です。
しかし、エスクァイアを購入したユーザーからは「価格差以上のお得感がある」と、そのコスパの高さを評価する声も上がっています。

アルファードやヴェルファイヤを買いたいが、そこまでお金がない人ユーザー向け、といったところでしょうか。

5ナンバーミニバンを購入予定なら、セレナ、ステップワゴン、ノア、ヴォクシー、エスクァイアあたりが候補になりそうですね。

デザインの好き嫌いがあると思うので、好きなデザインから3つほど選んで、乗り比べてみるといいですよ。

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. 2016~2017年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか? 新車販売台数でラン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. 最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…
  2. ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…
  3. あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る