新型ヴォクシーの口コミどうなの?ハイブリッドと比較もしてみた

投稿日:2015年5月18日 更新日:


価格:227万円~305万円
カタログ燃費:14.6~23.8km/l
目標値引き額:22万円
取扱店:ネッツトヨタ
公式サイト:http://toyota.jp/voxy/

 2014年1月にフルモデルチェンジしたトヨタヴォクシー。

エクステリアがガラッと変わり、なんともやんちゃな顔つきになっています。

室内空間も一新して、より広くなり乗り降りしやすい低床設定になっています。

悪そうな顔だけど、心は優しいんです(笑)

ぴょん吉も先日試乗してきました。写真もいっぱい撮ってきたので見て下さいね。

→ヴォクシーの試乗レポートはこちら

 

新型ヴォクシーの口コミ。実際どうなのよ?

そんな新型ヴォクシーを購入した方々の口コミをまとめましたので参考にして下さい。

乗り心地や使い勝手、実際の燃費、などなど購入前に気になるところを抜粋して見やすくまとめました。

■満足している所

  • デザインに一目惚れ!かっこいい!
  • シートのすわり心地が良くて長時間座っていても疲れにくい
  • フルフラットにできるので車中泊にも便利
  • セカンドシートが広くて快適
  • 座席が高くて窓も大きいので視界が良くて運転しやすい
  • 横揺れが改善されていて乗り心地がよいです
  • シートアレンジが豊富でかなり便利
  • 小さい子供でも乗り降りしやすい

 

■不満な所

  • 家族全員乗ると登坂でパワー不足を感じる
  • ミニバンだから仕方ないけど燃費がイマイチかな。
  • ステアリングスイッチでできることが少ない
  • 内装がちょっと安っぽいところが気になる
  • 運転席がちょっと狭いかな
  • 衝突回避システムがついてない

 

フルモデルチェンジをしてかなりパワーアップしているようですね。

外観に関しては好みが別れると思いますが、釣り目で角張っていてイカツイ顔つきになっています。

居住空間もとても広く、シートアレンジも豊富なので、ファミリー層に非常に人気です。

シートや収納なども申し分ないと思いますが、中には不満の声もありましたので、市場の際にしっかり確認したいところです。

走行も安定していて長時間運転していても疲れないとの声が多かったです。

実際の燃費はガソリン車で10km位なのであまり良いとは言えませんが、ミニバンなので仕方ないですね。

安全性能で衝突回避システムがついてないのがちょっと残念です。

→5ナンバーミニバンランキング!人気車を徹底比較

 

あなたは好きですか?インパクトの強い外観が特徴

ヴォクシーは、セレナやステップワゴン、ノアといったライバル、兄弟車と比べて押し出しの強いエクステリアデザインが特徴です。

ノーマルのヴォクシーでもかなり迫力を感じるエクステリアです。

ヴォクシーハイブリッド外観しかし、エアロボディにすればその迫力はさらにパワーアップ。

特に足回りはかなりのかっこよさです。

細いスポークを付けたアルミホイールは、疾走感をアピール。

フロントバンパー周りにもメッキが施されており、キラキラ感がたまりません。

ヴォクシーには特別仕様車でその名も「煌」があります。

ヴォクシー煌

サイドスカートやリアバンパーもかっこよくデザインされていますので、360度かっこいいです。

ゆったり広々、乗り降りもしやすいよ

ミニバンを使う人は室内スペースの広さを重視するものですが、ヴォクシーもその例にもれません。

言葉で語るよりも動画で見るほうがわかりやすいのでyoutube動画をアップしました↓

 

2列目のゆとりが、新型ヴォクシーはさらにアップ!

従来のヴォクシーと比べて、2列目の足元スペースが300mmも広くなったんですよ。

これに大きく貢献しているのが、ヴォクシーのシートアレンジメント。

3列目を折りたたみ、2列目を後ろにスライドさせます。
そうすることで、最大で810mmものロングスライドを可能にしたのです。

3列目を横に、2列目を前にスライドさせることで、大容量のラゲージスペースが出現。

「見た目以上に多く荷物が積める」と大好評です。

地面からラゲージスペースまでの高さが500mmですので、荷物の出し入れも楽ちんです。
「自転車も楽々積める」と大好評です。
床下収納スペースもありますので、ラゲージスペースに入らなかった荷物も入れられます。

 

ヴォクシーの実燃費はどのくらい?燃費を求めるならハイブリッドかな

ヴォクシーの燃費はカタログ値でガソリン車が16.0km/lで、ハイブリッドが23.8km/lです。

実際の燃費はガソリン車が10~12km/l、ハイブリッドが14~18km/lです。

この数字をみて、燃費が悪いね・・。と思う方もいるかもしれませんが、ミニバンは車体が重いのでこんなもんです。

ミニバン同士で比較したら、なかなかよい燃費です。
モデルチェンジ前のヴォクシーの燃費は13.6km/lでしたからね。

ライバルの日産セレナのハイブリッドモデルの燃費は、16.0km/l。

セレナのハイブリッドシステムはシンプルなものを使用しているため、燃費改善効果は大きくありません。
燃費で選ぶならば、ヴォクシーのハイブリッドモデルが一番です。
セレナとの比較をしたユーザーさんも、「ハイブリッドの燃費が決め手」とヴォクシーを購入しています。

 

総額はいくら?気になる値引き相場は?

気になる価格ですが、ガソリン車が227万円~、ハイブリッドは293万円~となっています。

車両本体価格のみの価格なので、ここにオプション代と諸費用がかかるので、最低でもプラス40万くらいになるかな。

ガソリン車で中間グレードのVを購入すると仮定すると、車両本体価格が267万円+オプション+諸経費で300万オーバーでしょう。

目標値引き額は22万円なので、しっかり交渉すれば280万くらいまで行けるかもしれません。

下取り車があればもうちょっと頑張れそうですね。

値引交渉については下記を参考にして下さい。

→値引交渉必勝テクニック集

ハイブリッドとガソリン車ってどっちがいいの?と迷う方もいるかもしれませんが、価格の差は40万円くらいあります。

この40万円をガソリン代の差額でうめるのは現実的に難しいです。

なので、ガソリンかハイブリッドで迷ったら、両方試乗してみることをおすすめします。

 

ぴょん吉は両方試乗して見積りをもらってきたので気になる方は試乗レポートを参考にしてくださいね。

→ヴォクシーHVの試乗レポート

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-トヨタ, ヴォクシー
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.