うそ!? 車は13年目から自動車税・重量税が高くなる!

投稿日:2016年2月26日 更新日:


車は短期間で乗り換えるよりも乗り潰すつもりでなるべく長く乗ったほうがコストが安いです。

しかし、13年目から税金が跳ね上がります。

どのくらい上がるのかをわかりやすく解説していきます。

 

新車登録から13年経過した車は税金が15パーセントも高くなる

たとえば2000ccの車に乗っている場合、通常の自動車税は年間39,500円ですが、13年を経過している車については43,400円を払わなければならないのです。3,900円高くなるわけですね。

排気量が大きくなるほど自動車税が高くなっていくため、その差額もまた大きくなっていきます。

排気量 通常 13年経過差額
軽自動車10,80012,9002,100
1,000cc以下29,50033,9004,400
1,000cc超~1,500cc以下 34,50039,6005,100
1,500cc超~2,000cc以下 39,50045,4005,900
2,000cc超~2,500cc以下 45,00051,7506,750
2,500cc超~3,000cc以下 51,00058,6007,600
3,000cc超~3,500cc以下 58,00066,7008,700
3,500cc超~4,000cc以下 66,50076,4009,900
4,000cc超~4,500cc以下 76,50087,90011,400
4,500cc超~6,000cc以下 88,000101,20013,200
6,000cc超 111,000127,60016,600

「年間で数千円程度高くなるくらいなら」とお考えの方もいるかもしれませんが、3年、4年と乗り続ければ、数万円の出費の差になっていきます。その差は大きいですね。

 

ディーゼル車は10年経過で税金がアップ

ディーゼル車については、新車登録から10年経過すると自動車税が15パーセントの割増になります。

古い車は「環境にやさしくないから」が理由

この増税の理由ですが、「自動車税のグリーン化」とよばれています。

環境にやさしい低公害車はエコカー減税などで優遇し、古くなって「環境負荷が大きい」と判断される車齢13年以上の車には厳しい措置がとられることになったのです。

 

自動車税だけじゃない! 重量税も高くなる!

高くなるのは自動車税だけではありません。車検時にかかる重量税も割増になります。

たとえば普通車のセダンなどは1500kgほどですが、通常の重量税は24,600円です。

しかし、13年経過で30,000円、18年経過では37,800円となります。

2年に1度のこととはいえ、自動車税のアップと合わせると出費額が大きくなりますね。

車両重量通常13年経過18年経過
軽自動車6,6007,6008,800
~500kg以下8,20010,00012,600
~1,000kg以下16,40020,00025,200
~1,500kg以下24,60030,00037,800
~2,000kg以下32,80040,00050,400
~2,500kg以下41,00050,00063,000
~3,000kg以下49,20060,00075,600

重量税って、聞き慣れないんだけどいつ払ってるの?

重量税は車検を受ける際に払うことになります。

車検費用は車の点検・整備費や車検代行手数料の他、自賠責保険料、重量税なども含まれた金額を請求されます。

つまり、2年に1度払っていることになり、払っていることに気づいていない方も多いと思われます。

 

13年経過した車に乗り続けることのデメリット

かつては古い車の買い替えに補助金が出されていました。

2009年には、国から「スクラップ・インセンティブ」とよばれる補助金が出されていました。

13年以上経過した車をスクラップにして新車に買い替える場合に25万円の補助金が出される制度でしたが、申込が殺到して予算がなくなったために終了しました

このように、以前から古い車に対しては環境破壊の原因になるとの理由で、処分することが奨励されています

この方針は今後も変わることはなく、古い車への風当たりはますます強くなることでしょう。

 

車の寿命は10年・10万キロ

一般的に車の寿命は10年・10万キロといわれています。

国産車は耐久性にすぐれているため、長期間乗り続けられている車も多くありますが、不調がなく快適に運転できるわけではありません。

車検のたびに交換すべき部品が多くなったり、修理が必要な箇所が増えていたりします。

古い車は何かと維持費がかかってしまう

新車登録から13年が経過したとなれば、走行距離は10万キロを超えているでしょう。

現在の自動車は全般的に耐久性にすぐれていますが、それでも10万キロの走行となるとあちこちにガタがきていてもおかしくはありません。そうなると走行性が悪くなるためガソリンの消費も多くなります。

また、故障する箇所も増え、交換が必要となる部品も多くなります。

→え!?車の維持費で家が買える?維持費の年額と月額を算出してみた

 

修理にも部品交換にも高額な出費

古い車の故障箇所は「めったにこわれることのない部分」の故障が多いのです。特にエンジンとその周辺ですね。

また、エアコンのガス漏れやラジエーターの水漏れなども起こりやすくなります。

それらのいずれも、めったに故障しない箇所であるだけに、修理費用も高額になってしまいます

 

今後車を買い替えるなら考えておくべきこと

古い車を大事に乗り続けるか、新しい車に買い替えるべきか?

愛着のある車であれば、これ以上はもう修理ができないといった状態になるまで乗り続ける「乗り潰し」をお考えの方もいるかもしれません。

そうでなければ、13年が経過する前に手放して買い替えることを検討することもありだと思います。

 

13年以上経過した車には下取り値がつくのか?

13年以上経過している車は、ほとんどの自動車ディーラーでは下取り査定がゼロ円になります。

人気の高い車であっても、古い車は無価値と考えられるためです。

中古車販売店等での買い取りであれば車種にもよりますが、いくらかでも値がつくことがあります。

また、プレミアがついているような車種であれば、高額の買取価格がつくかもしれません。

 

買い替えるならエコカー

「この車に乗りたい」とこだわりなしに新車を買うのであればエコカーをおすすめします。

税金が安くなり、また、燃費の面でも出費を小さく抑えられるためです。

時代は古い車を少しでも減らし、エコカーを増やそうとする流れになっています。

これから車を購入するのであればエコカーをおすすめします。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-雑学
-

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.