N-BOXカスタムの違いを簡単解説!~スラッシュやプラスも比較

投稿日:

N-BOXカスタムには、グレード駆動方式ごとに様々な仕様があります。

でも、違いがよくわからず、お悩みの方もいると思います。

確かに仕様の一覧表って、細かくて見るのが大変です...

とはいえ、決して安い買い物ではないし、適当に決めて損はしたくないもの。

そこで、今回はN-BOXカスタムの違いを、様々な角度から解説します。

その他、派生車種のN-BOXスラッシュやプラス、初代N-BOXとの違いにも触れますよ。

N-BOXカスタムのグレードごとの違い

N-BOXカスタムのグレードは、以下の3つ。

  • G・L Honda Sensing
  • G・EX Honda Sensing
  • G・スロープL Honda Sensing

また、全グレードにターボモデルがあります。

価格

N-BOXカスタムのグレードごとの価格は、以下のとおり。

青:最安値 赤:最高値

G・L Honda SENSING
 FF4WD
ノンターボ¥1,698,840¥1,829,520
ターボ

¥1,895,400

¥2,026,080
G・EX Honda SENSING
 FF4WD
ノンターボ¥1,752,840¥1,883,520
ターボ¥1,949,400¥2,080,080
G・スロープL Honda SENSING
 FF4WD
ノンターボ¥1,888,840¥2,009,840
ターボ¥2,143,800¥2,274,480

「G・L」→「G・EX」→「G・スロープL」の順で価格が高くなります。

「G・L」→「G・EX」の価格差は54,000円。

「G・L」→「G・スロープL」は19万円。

「G・EX」→「G・スロープL」だと、13.6万円の差があります。

燃費

N-BOXカスタムのグレードごとの燃費は、以下の表のとおり。

※数値はすべてJC08モード。

G・L Honda SENSING
 FF4WD
ノンターボ27.025.4
ターボ25.023.0
G・EX Honda SENSING
 FF4WD
ノンターボ27.024.2
ターボ25.023.0
G・スロープL Honda SENSING
 FF4WD
ノンターボ27.024.2
ターボ25.623.4

単位:km/L

燃費が悪くなる要因はターボと4WDですが、大きな違いはありません。

ハイブリッドではないのに、この数値はすごいですね。

装備

N-BOXカスタムのグレードごとの装備の違いは、以下のとおり。

フロントシート

最大の違いです。

グレードごとに、異なるシートが設定されています。

G・L:ベンチシート

※画像はN-BOXのものです。色合いが異なりますが、シートの仕様は同じです。

G・EX:助手席スーパースライドシート
G・スロープL:ベンチシート+スロープ

※画像はN-BOXのものです。色合いが異なりますが、シートの仕様は同じです。

出典:N-BOX公式サイト

リアシート

リアシートは、G・スロープLのみ以下のような違いがあります。

チップアップ(はね上げ)機能がない。

G・スロープLは荷室にスロープが付いているため、↓ のようにリアシートの座面をはね上げられません。

 

出典:N-BOX公式サイト

助手席シートベルトの位置

↓ G・EXの助手席スーパースライドシートは、シートベルトが肩口に付いています。

出典:N-BOX公式サイト

フロントシートのアームレスト
G・L:一体型G・EX:左右独立型

出典:N-BOX公式サイト

収納の数

↓ G・EXは、助手席側のドアポケットとセンターロアボックスがありません。

出典:N-BOX公式サイト

コンビニフックの位置
G・L助手席の前と背面、リアシート座面裏
G・EX運転席背面、リアシート座面裏
G・スロープL助手席の前と背面

出典:N-BOX公式サイト

アレルクリーンプラスシート

G・LとG・EX

※ただし、G・Lはターボモデルのみ。

出典:N-BOX公式サイト

G・スロープLだけの装備

以下の装備は、G・スロープLにしかありません。

  • スロープ
  • カラードバックハンドル
  • バックドア用LEDランプ
  • 車いす専用装備(ただし、ターボモデルは非搭載)

まとめ

N-BOXカスタムのグレードごとの違い

  1. 価格:「G・L」 → 「G・EX」 → 「G・スロープL」の順で高くなる。
  2. 燃費:グレード間でほとんど違いがない。
  3. 装備:最大の違いは、フロントシートの種類

 

N-BOXカスタムはターボの有無や駆動方式(FF・4WD)で違いはある?

N-BOXカスタムは、各グレードから「ターボの有無」「駆動方式(FF・4WD)」の順で枝分かれします。

ここでは、ターボや駆動方式による違いについて解説します。

ターボの有無

ターボの有無による主な違いは、以下の表のとおりです。

 ターボノンターボ
燃費25.6~23.0km/L27.0~24.2km/L
タイヤ・ホイール

15インチ

アルミホイール

14インチ

アルミホイール

パドルシフトありなし
スライドドア左右左のみ(右はオプション)
シートの素材

合皮&トリコット

トリコット

リアシートのアームレストありなし
ステアリングホイール本革巻きウレタン

出典:N-BOX公式サイト

エンジン燃焼量の多いターボモデルは、どうしても燃費が悪いです。

また、ターボモデルのタイヤは15インチにインチアップし、見た目やグリップ力に優れています。

駆動方式(FF・4WD)

駆動方式(FF・4WD)の主な違いは、以下の表のとおりです。

 FF4WD
価格 FFより12~13万円高い
燃費27.0~25.0km/L25.4~23.0km/L
車高 FFより25mm高い
スタビライザー前後前のみ

スタビライザーは車体の揺れを低減する部品で、サスペンションに付いてます。

FFは前後にスタビライザーを装着しているので、4WDより揺れが少なく乗り心地が良いです。

なお、乗り心地については、以下の記事で詳しく紹介しています。

新型N-BOXは乗り心地が軽以上?4つの改善でさらに進化!

新型N-BOXの乗り心地って、どんな感じなのでしょうか。 特に初めて軽トールワゴンに乗る場合、車高の高さが気になるかもしれません。 「ちゃんと曲がれる?揺れが激しくて酔わない?」なんて心配になっちゃい ...

続きを見る

その他、次の装備は4WDにしかありません。

  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 親水/ヒーター付きドアミラー
  • フロントドア撥水ガラス

コストや乗り心地を優先するなら、FFがオススメ。

除雪していない雪道や、荒れた道を走るなら4WDが必須です。そうじゃなければFFで十分間に合います。

まとめ

1.ターボの有無による違い

  • 燃費:ノンターボ > ターボ
  • パドルシフト革巻きステアリングホイールなど、ターボモデルだけの装備がある。

2.駆動方式による違い

  • FFの方が12~13万円安くて、低燃費。
  • 4WDは車高が25mm高い。
  • シートヒーターなど、4WDにしかない装備がある。

 

中古で買う方は注意!初代モデルの前期型と後期型

N-BOXカスタムは価格が高いから中古で買いたい、という方もいるでしょう。

中には予算の都合で、初代モデルを選ぶ場合もあると思います。

ただ、初代モデルは2015年2月にマイナーチェンジをしており、その前後で前期型と後期型に分かれています。

微妙に仕様が異なるので、違いを知っておくとお得ですよ。

主な違いは、以下のとおり。

燃費

わずかながら、後期型の方が低燃費です。

G・Lパッケージ FFモデルの場合(JC08モード)
前期型
ターボ21.0
ノンターボ22.0
後期型
ターボ23.8
ノンターボ25.6

単位:km/L

外装

最大の違いは、フロントグリルのデザイン。

出典:N-BOX公式サイト

また、LEDポジションランプとLEDフォグランプを標準装備しています(ターボモデルのみ)。

内装

後期型は、内装の装備が追加されています。

リアシートのスライド機能

紫外線・赤外線カット仕様の窓ガラス(フロントコーナーとフロントドア)

さらに、2015年11月以降のモデルでは、すべての窓に装備。

サンシェード

出典:N-BOX公式サイト

大きな違いとしては、燃費見た目リアシートのスライド機能の3つ。

基本的に後期型の方が装備を追加されているので、内容的に充実しています。

違いを知った上で選んだ方が、納得して買えますよね。

 

まとめ

  1. 初代モデルは2015年2月を境に、前期型と後期型に分かれている。
  2. 後期型は前期型よりも低燃費で、リアシートにスライド機能が追加されている。また、フロントグリルなど、見た目も少し違う。

 

スラッシュやプラスとカスタムの違い

N-BOXカスタム以外にも、N-BOXには様々な仲間がいます。

ここでは、N-BOXをベースにした派生車種とN-BOXカスタムの違いについて解説します。

N-BOXスラッシュ:初代モデルがベースの派生車種

出典:N-BOXスラッシュ公式サイト

N-BOXスラッシュは、初代モデルをベースにデザイン重視で開発された車です。

N-BOXカスタムとの主な違いは、以下の4つ。

1.ルーフの高さ

N-BOXスラッシュのルーフは、N-BOXカスタムより100mm低い(下図①)。

2.リアドアのハンドル位置

N-BOXスラッシュはリアドアのハンドルが、窓側に付いている(下図②)。

出典:N-BOXスラッシュ公式サイトN-BOX公式サイト

3.内装

内装パターンがなんと8種類もある。

出典:N-BOXスラッシュ公式サイト

4.サウンドマッピングシステム

N-BOXスラッシュに最適化された音響システムを搭載。

従来の軽自動車のサウンド環境を越えた、パワフルな重低音が味わえます。

出典:N-BOXスラッシュ公式サイト

実用性を重視しているN-BOXとは、対照的ですね。

N-BOXプラス:現行スロープ仕様の前身

出典:N-BOXプラス公式サイト

N-BOXプラスは、現行スロープ仕様の初代モデル版。

最初は別車種でした。

ここではN-BOXカスタムのスロープ仕様と比較します。

主な違いは以下のとおり。

1.スロープ周り

N-BOXカスタムはスロープが軽量化され、女性でも扱いやすくなっています。

N-BOXプラスでは荷室の底面を平らにする床板が必要でしたが、N-BOXカスタムでは不要です。

ただ、N-BOXプラスはN-BOXカスタムよりも、荷室のアレンジパターンが豊富です。

床板とシートの組み合わせで、下図のように車内をフルフラットにできます。

車中泊したい人には魅力的かも。

出典:N-BOXプラス公式サイト

2.安全装備

N-BOXプラスは「あんしんパッケージ」、N-BOXカスタムは「Honda Sensing」を装備しています。

あんしんパッケージは、自動ブレーキとサイドカーテン付きエアバッグの2つだけです。

これに対し、Honda Sensingは自動ブレーキ以外にも車間や車線を維持したり、事故を防ぐ機能が8つもあります。

安心感という点では、N-BOXカスタムの圧勝です。

まとめ

N-BOXスラッシュ:車高が低いN-BOX。

N-BOXプラス:初代モデルのスロープ仕様。

 

まとめ

N-BOXカスタムの主な違いは、価格内装です。

要するに、使い勝手と見た目に関する装備の内容に合わせて、価格が変わります。

迷ったら、実物を見に行くのもオススメです。

写真とはまた違ったイメージで、印象が変わることもあります。

迷うのは悩ましいですが、それができるのはその時だけ。

楽しんで選んでください。

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

\52万円UPした人もいます。/

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-NBOX

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2019 All Rights Reserved.