新型シエンタ 外観デザイン

新型シエンタデビュー!外観や内装の画像たっぷり。納期や値引きはどうなる?

投稿日:2015年7月10日 更新日:


2015年7月9日。ついにトヨタシエンタがフルモデルチェンジを果たし販売開始された。

ガラッと印象を変えてきましたね。旧モデルは丸目で可愛らしい印象でしたが、新型シエンタはスポーティでアクティブ感があります。

内装もオシャレで使いやすく改良されています。ハイブリッド車も新しく追加され燃費は27.2km/lと3列ミニバントップの低燃費ですよ。

さて、それでは新型シエンタについて詳しく見て行きましょう。

先日試乗会をしていたので試乗してきました!実物の写真をたっぷり撮ってきたので試乗レポートも見て下さいね。

→シエンタ試乗レポート

 

スポンサードリンク

 

新型シエンタCM動画

まずは新型シエンタのCM動画です。2パターンあるようです。

フラットシート編

 

開会式編

 

イメージ動画

こちらの動画をみれば新型シエンタの全てがわかります。

このサイトを読む必要がなくなっちゃいますが・・・(笑)

 

エクステリアデザイン(外観)を画像で解説

旧型と比較してみるとかなりイメチェンしたのが分かります。

このデザインをどう取るかはあなた次第ですが、ツイッター上では早くも賛否両論でしたね。

ま、感じ方は人それぞれでしょう。

 

人気カラーはどれ?

カラーバリエーションは全部で9色。イエローがメインカラーのようですが、他には緑、赤、青、白、グレー、黒、茶色があります。

 

また、フレックストーンバージョンもあるようで下記のようにアクセントカラーが入ります。ちょっと配色がどうなのか疑問ですが・・・。

しかもオプションで5万円します。

人気カラーはやはりメインカラーの黄色か無難な白や黒になると思います。フレックストーンで他と差別化する人もいるでしょう。

展示車は全部の色を揃えていないと思うので、カタログや公式ページ、または店頭でミニカーで確認することになるでしょう。

 

内装はどんな感じ?

インテリアデザインは非常に落ち着いた感じですね。機能性と操作性を意識したデザインにしたとのことです。

 

オレンジのアクセントカラーが入っていて、オシャレ♪と感じる方もいるようです。

 

 画像:https://toyota.jp/sienta/

 

メーターにはマルチインフォメーションディスプレイを採用していて、非常に見やすくなっています。
同タイプの車(コンパクトミニバン)の中では一番いい感じに仕上がっているのではないでしょうか?

ミニバンなので小さい子供がいる家庭をターゲットにしています。

子供やお年寄りでも乗り降りしやすいように低床設計になっているし、乗り降りの際に捕まるところも工夫があっていいですね。

3列目まであり、定員が6人と7人のタイプが有ります。
ただ、普通のミニバン(ヴォクシーなど)に比べるとコンパクトサイズなので3列目の実用性は低いです。

3列目に座るのは緊急用として、普段は畳んでラゲッジスペースにしておいたほうが実用的です。

子供が3人いるとか大人が5人以上乗ることが多い方には不向きだと思います。

 

新型シエンタの気になる実燃費は?

今回のモデルチェンジでハイブリッドタイプが加わりました。

旧モデルの燃費は17.2km/lでしたが、新型シエンタはガソリン車で20.6km/l。ハイブリッド車は27.2km/lとなっています。

実際の燃費はカタログ値の60~80%なので、ガソリン車が12~16km/l。ハイブリッド車は16~22km/lくらいになるでしょう。

ライバルであるフリードのカタログ燃費がガソリン車16.6km/l、ハイブリッド車21.6km/lなので、かなり大きく差をつけています。

 

総額はいくらになる?値引きはできるのか!

新型シエンタのグレードごとの価格を下記の表にまとめました。

X Vパッケージ 1,689,709円
X 1,816,363円
G  1,980,327円
HYBRID X  2,206,763円
HYBRID G  2,329,855円

 

この他に、オプション代と諸費用がかかります。オプションは何をつけるのかで決まってきますが、ナビやETCをつけるだけでも20万円かかります。

諸費用は代行手数料や税金等でこちらも20~30万くらいかかるでしょう。

つまり、総額は車両本体価格+50万円は見ておきましょう。

 

目標値引き額はいくら?

値引きに関してはかなり厳しいでしょう。モデルチェンジ直後はかなり強気でクルので5万円程度と思われます。

少し時間が立てば10万円は狙えると思いますが、しばらくは期待しないほうがいいでしょう。

値引交渉のポイントとしては、トヨタ4店舗で売られているため全部の店舗で見積りをとって感触のいいところと交渉を進めるといいでしょう。

値引きはあまり期待できないので、今乗っている車を高く売ることに専念したほうがお得に買い替えられるでしょう。

下取りじゃなくて複数の買取業者に見積依頼することがポイントですよ!

無料だし簡単なのでやっておいたほうがいいです。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

この方法を知らずに危うく20万円以上も損しそうになったことがあります・・・。

→車買い替えで20万円以上も損しそうになった体験談はこちら

 

納期に気をつけて!

6月10日から予約開始された新型シエンタですが、やはり注文が殺到しているようです。

そうなると気になるのが納車日。

どこまで販売台数が伸びるのかわからないのでなんとも言えませんが、現段階でも納車は3ヶ月ほどかかるようです。

今後も売れ続けると、かなり先になるので購入予定の方は早めに動いたほうが良さそうです。

 

カタログがほしい方はネットか販売店で!

まだ購入は決めてないけどちょっと気になるから新型シエンタのカタログが欲しい。

そんな方は、お近くのトヨタディーラに出向くかネットで申込できます。

トヨタ4店舗どこでも販売しているので、家の近くに販売店があれば寄ってみてはいかがでしょうか?

近くにトヨタが無いとか面倒な方は公式サイトからカタログ請求できます。→カタログ請求はこちら

 

まとめ

デザインはかなり斬新なので好き嫌いが分かれそうですが、その他の部分はかなり良くできています。

子供が生まれたからなどの理由でミニバンが欲しい!でも、ヴォクシーなどのような大きさはいらない。

そんな方にはかなりお勧めです。

ヴォクシーやヴェルファイアなどのミニバンに比べて、室内は狭いですが、価格も安く燃費もいいので経済的です。

4人家族までならシエンタクラスで十分でしょう。

気になるならぜひ試乗に行ってみてください。ただ、試乗も混んでいると思うので電話予約をしてからのほうが良さそうです。

 

シエンタに乗り換えようと考えている方は、愛車の査定をしておいて適正の価値を知っておいたほうがいいですよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-モデルチェンジ情報, シエンタ
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.